« 来世は金本夫人? がんばれ阪神ファン! | トップページ | 「風が吹けば桶屋が儲かる」 は本当!? »

2010年9月29日 (水)

谷岡一郎 「ツキの法則」

部下が好調である。普通引き出せない銀行より引き出しているらしい。本人負ける気がしない様である。
そこで思い出した。谷岡一郎 「ツキの法則」
時々読み返す。面白い!
当社の人間に読ませたいが、著者言うところの、破滅に向かうタイプの人間ばかりである。
誰も読まない。論理的に考えるより自分の感(本人たちは科学的感と思っている!)を信じている。
勝った時の記憶は大きく残る。負けた記憶は少なく残る。
勝った時は大きな声で、負けた時は小さな声で!
「大数の法則」 避けれない法則らしいです。
ひとつひとつの事象や、短期間での一連の事象においては、どんな不思議と思われることが起こりえたとしても、充分に大きな回数行われる事象においては、より理論上正確な予想値に収束していく

20100929_book

筆者に言わせると勝ち続けることはあり得る話らしい。それも長い間の一瞬のゆらぎらしいです。
筆者言うように、遊びには金がかかる。その時にいくらかでもお金が返ってきた。
そう思えばいいのだと!競馬では75%と言う数字も出ている。
ばくちには完全なる確率の問題だけの物と、ハッタリが必要なものがあるのは分かる。
麻雀・ポーカー・競馬はやはり実力が必要な賭け事である。
二郎は趣味で麻雀はする。やはり長い間やっていれば「大数の法則」に行きつくみたいである。
「確実に負ける賭け方」が出ていた。二郎は納得する。
そう言えば上司だが麻雀をする。頭はいいし、小技は得意と思う。
しかし勝手にルールを作る。著者言うところの3人打ち、ドラを増やす等の事が好きだ。
取り巻きを集めルール変更に応じる相手とやっている。4人いるのに3人打ちをする。長い時間やらない。
勝つ人間は、勝つようになっている!

« 来世は金本夫人? がんばれ阪神ファン! | トップページ | 「風が吹けば桶屋が儲かる」 は本当!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷岡一郎 「ツキの法則」:

« 来世は金本夫人? がんばれ阪神ファン! | トップページ | 「風が吹けば桶屋が儲かる」 は本当!? »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。