« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

神戸国際会館、石川さゆりコンサート

司会も石川さゆりが一人でやった。なかなか面白かったです。
着物を4回着替えた。休憩時を除くと着替えも早い早い!
レコーディングした曲が2116曲とか・・・・・・
本人も覚えてない曲も多いのでは・・・・

奥さんは直にのってしまう!嬉しそうに手拍子を打っていた。
変った傾向として、バナナのたたき売りをやった。
チョット良く分からなかった。
音量は豊かと言うか、迫力は感じた!会場全体に響き渡っている。
ファンは遠くからも来ている。山口・広島・奈良・三重・名古屋から・・・・・・
プレゼントの時間だ!
わざとらしく、分かっていて「プレゼントですかと!」
嫌味は感じなかった。人柄がよいのか?
途中で、プレゼントは楽しみなんです。遠くの人も2階の人も来て下さい。と言って笑わせた。
男性の人が多かったようだ。

20101030_sayuri

山口のお客さんのプレゼントを、「名物ですか?名物にうまい物無しと言いますからねsign01
会場がどっと沸いた!
「私、一言多いんですよねhappy01
又盛り上がった。
来年は歌と芝居の公演を2回やるそうだ。
ちゃんと宣伝して行った。
楽しめたコンサートだった。

フランケンシュタイン顔で旅行出発?

10月27日(水)目の手術をした。
以前から健康診断でひかかっていた。右の目の下側のまつ毛が内側に向いているそうだ。
それで黒目をまつ毛がさしているらしい。
「気になりませんか?」 と言われると気になりだした。
もう手術された方がよいとすすめられて、する気になった。別に女医だから決めたわけではないですヨ!
日を決めたのは8月で10月のこの日まで予定が入っていた。
それから旅行に行く事を決めたので、どうなのかと思った。
相談したら 「大丈夫でしょう!」

手術は昼からで15時30分。14時半までに病院に入り、それまで目薬をさしたりして待っていた。
手術は一時間弱だった。麻酔の注射をする時がチョッと痛かった。
後はやはり気持ちが悪かった。
時々聞かれる事にうなずいたりしていたが、分からないようだ。はっきり言葉で返事しなければならない事は分かった。
終わった後は片目だし少しふらついた。看護婦が待っていて受付まで付き添ってくれた。
奇麗な看護婦だった。やはりか?

その後、込んでいたので薬も貰うのに一時間ぐらいかかった。
麻酔が切れて引っ張る感じがして、少し感じが悪かった。
次の日に眼帯を取ると、フランケンシュタインみたいだった。

20101030_furanken

それ以来ずっとサングラスをかけている。
旅行前に手術して、とみんなに言われている!

2010年10月29日 (金)

豪快な祭り、播州 魚吹八幡神社

10月22日(金)、取引先の社長に祭りに招待された。
奥さんと取引先の元事務員と一緒に行った。
播州、網干、魚吹八幡神社である。
調べてみた。

播州地区では最大の氏子数を抱える祭り。神輿3台、屋台18地区、壇尻(だんじり)4地区、獅子舞1地区、提灯練り7地区が参加する。提灯練りが有名で、提灯祭とも呼ばれている。

20101029_maturi_1_3

20101029_maturi_2 

20101029_maturi_3_3 

社長の孫が乗り子に選ばれている。
大変だ!
着物代からの負担は相当な金額になる。
みんなからお祝が来ていた。行った時で70件ぐらいあった。
凄いものだと思った。みんな仕事を休んでいる。
褌でみこしを担ぐ!
社長の息子さん二人も担ぎ手だ。

お尻に出来物でもあったら大変!
これを言って奥さんに怒られたcoldsweats01

社長が言っていたが、昔は百姓が多く力もあったが、最近は中抜きをしている。
地区のお年寄りがたおれて、運ばれているのを見た。
ご苦労さんである。

播州は灘の喧嘩祭りもある。これにも知り合いが参加していて、仕事を休んでいた。
秋の風物とは言え、大変そうだ。

2010年10月28日 (木)

旅行前の更新テスト

旅行前の更新テスト
いつもブログ見て戴いて、ありがとうございます。
携帯からの更新テストしてます。
写真は二郎の子供時代です。

2010年10月24日 (日)

「コーヒー・カカオ・米・綿花・コショウの暗黒物語ー」

コーヒー・カカオ・米・綿花・コショウの暗黒物語ー
生産者を死に追いやるグローバル経済
ジャン=ピエール ボリス

20101024_book

先日読んだ、「世界の水が支配される」のシリーズ的な本である。
著者はフランス人である。生産者が苦しい状況が分かる。ここも世界銀行が出て来る。
生産状況と生産国について、品目毎の説明が分かりやすく書かれている。
つい何年か前は、そんなに生産量が多くなくてもやっていけてたのが、ダメになっている国も多い。
コーヒーも品質が落ちているらしい。やはり大量生産のせいか・・・・
少しびっくりしたのはベトナム!コーヒーとコショウの大産地にのし上がって来ている。
知らなかった・・・・・
この大量生産が農民の生活に跳ね返って来ている。
コショウの、オランダ企業対ベトナムの攻防。コメの、貧しいアジアが貧しいアフリカを養い続ける。
化学肥料がいる農業を取り入れた事での問題。
多国籍企業の手口・相場変動の助長・原産国の汚職腐敗等が書かれている。
ベトナムは成功したようだが、まだ生産だけで品質まで手がまわっていない。
品質の悪い豆を使うので、インスタントコーヒーもまずいらしい。
途上国の生産者が極度の貧困に追い込まれている。
最後にフェアトレードの話が出て来るが、なじみが無いので分かりにくかった。
ともあれ希望に満ち溢れた話では無い!

ますます楽しみ、ブルガリア旅行!

今度の旅行先のブルガリアのガイド、マリアさんから連絡があった。
ブルガリリア内のホテル等が取れ、計画がまとまった。
目的の一つと言うか、すべての目的である、ベネッタちゃんがお母さんと一緒にホテルに会いに来るという予定が変わった。
なんと家に招待してくれるそうだ!
またまた舞い上がってしまったlovely

20101024_rose 奥さんも喜んでいるが、お土産を心配している。
ガイドのマリアさんは「大事な事は、ブルガリアに来る事です」
と言っている。

ベネッタちゃんのお母さんも綺麗な人だと思う。
やはり女好きのおっちゃんヤsign01

2010年10月19日 (火)

野村克也 「あぁ、監督」

久しぶりに野村克也を読んだ。第2回WBC前に書いた本だ。その監督決定の話も出ている。
最年長監督であり、実際に対戦したかっての名監督、三原・水原・鶴岡・川上等から出てくる。
かって高名な財界人が、男としてやりたい職業として、オーケストラの指揮者・連合艦隊司令長官・プロ野球の監督をあげていたのは知っていた。
いろいろ書いてある。自身の経験からきているので納得できる話ばかりである。

① 監督はキャッチャーがよい。(古田の失敗例も出てくる。しかし本当に成功したのは野村・森しかいないのでは)
② 名参謀必ずしも名監督ならず

選手を動かすファクターとして
① 恐怖で動かす
② 強制して動かす
③ 理解して動かす
④ 情感で動かす
⑤ 報酬で動かす
⑥ 自主的に動かす

20101019_book

監督ではないが人を使う苦労が良く分かる。実名をあげて分類している。
今後の名監督候補として落合をあげている。
分からないが、特に目立った補強もせずに毎年優勝争いに絡んでいるのは凄いと思っていた。
大賛成である。
ただ鶴岡監督との軋轢は、解任時喚きまわっていたのを覚えているが、今回はサラリと流している。
ただ単にやっていればいいのでは無いし、人間教育も必要と言う事である。
持論を展開しながら、実例が出てくるので楽しい内容である。
今後もボヤキを駆使しての解説は楽しみである。
いつまでも続けて欲しい。

2010年10月18日 (月)

がんばれ! 加西の「北条鉄道」

仕事で加西に行った。
加西と言えばフラワーセンターがある。
若かりし頃はデートコースでもあった。
が、加西には他には見るものが無いのか?
中心になるのか、北条鉄道の北条町駅があった。
新しく奇麗であるが、一時間に一本で一車両である!
駅前は整理されている。と言っても本当に駅前だけである。
知っている名前の店があった。「希望軒」 「南風」

20101019_1_2

20101019_2

20101019_3

帰りに乗って帰った。
のんびり、外は田んぼも多く残っている風景を見ながら帰った。
切符を見てびっくりした。スルット関西は効かないし自動販売機も無い。
昔ながらの硬い切符で駅員が、昔ながらの切符切りで切っていた。
懐かしい!

20101019_4

粟生まで400円。高い。
お客さんはじいさんばあさんだけと言ってよい。
しかしこの鉄道は必要なのだろう。
各駅は花が植えられているし、花壇も多い。
ボランティアで整理されているのだろう。
案内を見て気が付いたが、石仏が多いみたいだ。
奥さんが好きなので、また来てみたい。

粟生から神戸電鉄で新開地まで。こちらはのどかな風景とは言えなかった。
サンヨーと言うか、パナソニックの工場もある。
これからも大変そう・・・・

「北条鉄道:サル駅長誕生」
 兵庫県加西市の第三セクター「北条鉄道」(社長・中川暢三加西市長)の北条町駅に16日、ニホンザル2匹の子ザル駅長が誕生した。100%バイオディーゼル燃料(BDF)で走行する列車が国内で初めて営業運行したことから、2匹はさっそくBDF列車に乗り込み、制服姿で愛嬌(あいきょう)を振りまきながら「環境に優しい鉄道」をPRした。

 20101019_5_42匹は今年3月生まれのメス「ねひめ」と7月生まれのオス「らかん」。中川市長から駅長就任の辞令を受け取り、特別住民票も交付された。中川市長は「北条鉄道の未来へモンキーマジックを期待したい」と語った。2匹の駅長就任は今年8月、北条鉄道の経営難を知った飼い主の男性(63)=同県豊岡市=が「赤字解消の一助に」と提案。和歌山電鉄貴志駅の三毛猫「たま駅長」をはじめとした動物駅長人気にあやかろうと、中川市長が提案に応じた。
毎日新聞 2010年10月16日 大阪夕刊

2010年10月16日 (土)

いたってシンプル? マイナーな旅行先の決定

11月に旅行に行く予定である。
奥さんがノバで教師にその話をしたらしい。行き先を聞いて、教師が少し驚いたそうだ。
我が家はマイナーな旅が好きだ。と言うかチョッと変わっている、と自分で思う。
行き先はトルコ・ブルガリアである。東欧と言って良いところだ。
トルコには前から行ってみたかった。食べ物が絶対に美味いと思う

年に一度はヨーロッパ方面に旅行に出かけるが、行き先はその時々の二郎の気分で決め、それに奥さんが自分の希望を少し?のせて計画を立てる。
2008年の冬にデンマーク行きを決めた時の理由(日々の出来事 デンマークへの旅

ブルガリアは2008年に行った時に、ガイドのマリアさんと奥さんが仲良くなり、もう一度行く気になった。表向きの理由である。
実際は二郎は、ブルガリアのべネッタちゃんに会いに行くのが大きな目的だ!
やはり女好きのおっちゃんヤ!

前回の旅行では大変可愛らしい少女だった。日本語で挨拶してくれた。
今はもう大きくなっているだろう。子供のつもりで行ったら面食らうだろう。

ガイドが旅行予定をだいたいまとめたようだ。
べネッタちゃんとお母さんが、ホテルまで会いに来てくれるそうだ。
顔が崩れっぱなしなのが分かるだけに情けない!

20101016_blugaria_2

そういう旅行は今回が初めてだ。
まだルーマニア、クロアチアも、ガイドさん達と連絡をとっているので、また是非行きたい。
今回はパリにも一日半だけ、乗り継ぎの関係で寄ることになった。
奥さんはパリ郊外在住フランス人の学生に連絡をとっている。時間が合えば、お茶でもしたいようだ。
楽しみな旅行だsign01

渡部昇一 「報われる努力 無駄になる努力」

渡部昇一の「報われる努力 無駄になる努力」 を読んだ。 読んでいて面白い?為になる事が書いてあった!

渡部昇一は英語の教師であり、その時の体験での話である。
以下その一部引用である。二郎は我田引水なところはありますが・・・

デスカッションでもなんでも、そうだと主張したい、パッといいたい衝動にかられるときがある。このときに、ちょっと抑えて前後の脈絡やデータから考えて、冷静にシチュエーションのつながりを考察してから発言する人が、できる人なんですね。人が発言しているときにも、違うなと思うとパッと発言したくなる。しかし、それを、あの人の意見にもいいところがあるな、と、ぐっと抑えて待っている。これが大切なんだね。

20101016_book2_2 

場の空気を読む、状況判断が出来なければならないと言う事でしょうね?
仕事の話になるが打合せ時、お客さんに変更を求められた時、どう言うのか!
冷静な判断が求められ 「場の空気を読む」 眼力を養うと言う事か?
会議でも必ず人が発言している時、考えも無く口を挟む人がいる。
これも場の空気が読めないんでしょうネ!

期待、ふくらませ過ぎ!

待ちに待った手紙が来たheart04

期待に胸を膨らませて待っていた手紙だ。
やはり女好きのおっちゃんヤ!

20101016_letter

期待が大きいほど外れた時のショックは大きいthunder
何を期待していたのかと思う。
行きたくなる手紙を期待していた・・・・
写真も入っていないweep

奥さんに馬鹿にされようと、一抹の期待があったのか?
ともあれもう一度手紙が来るらしい。
奥さんには期待しないとは言っているが、やはり女好きのおっちゃんですワsign01

岩崎 夏海  「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 

知り合いの学生が面白いと言って勧めてくれた。
表紙が可愛らしい女子の漫画である。内容を勘違いする恐れはある!
あり得ない話が面白いのか・・・・
しがない公立高校の、それも最激戦地区の東京での話だ。
甲子園まで女子マネージャーが、野球部を引っ張って行く。
ドラッカーの『マネジメント』を頼りに・・・
こういう話は面白い。普通の人間を目標に向けて引っ張って行く。
モチベーションを保つ、反抗等の問題をいかに解決していくか・・・・

下記の項目が気になった!
①   必ず出てくるが、プロセスが大事か?結果が伴わなければ意味がないか?
②   人は最大の資産である。
③   規模は戦略に影響を及ぼす。逆に戦略も規模に影響を及ぼす。
④   働きがいを与えるには、仕事そのものに責任を持たせなければならない。

20101016_book

読み易い本である。バスケットをやっていたが、こう言うマネージャーだったらもっと練習に身が入っただろう!
やはり女好きのおっちゃんヤ!
甲子園への目標は達成出来た。良かったですネ!
ただ親友の死、余命3カ月が1年以上伸びたのは涙である。

勧めてくれた知り合いに感謝感謝!

著者を始め名前から見て女性かと思った。
本の女性マネージャーは、AKB48の誰かがモデルらしい。
次はちゃんと時間がかかるが、マネジメント【エッセンシャル版】を読みたい。

2010年10月11日 (月)

塩野七生の名言 より。。?

塩野七生の名言である。
面白い物が多いし、読んでいて楽しい。
あまり良い読者では無い。
エッセイを読んでいて覚えているのは、夏にビールを冷やす方法である。
ビールの容器を濡れタオルでまきつける。そうすればその水が蒸発する時、ビールから熱を奪い飲めるぐらいには冷やす事が出来ると言う話である。
ちょっと面白くないですか?

①優れたリーダーとは、優秀な才能によって人々を率いていくだけの人間ではない。
率いられていく人々に、自分たちがいなくては、と思わせることに成功した人でもある。

②戦闘の結果を左右する戦術とは、コロンブスの卵であると同時にコロンブスの卵ではない。
誰もが考えなかったやり方によって問題を解決するという点ではコロンブスの卵だが、そのやり方を踏襲すれば誰がやっても同じ結果を産むとはかぎらないという点で、コロンブス
の卵ではないのである。
③天才とは、その人だけに見える新事実を、見ることのできる人ではない。誰もが見ていながらも重要性に気がつかなかった旧事実に、気づく人のことである。
④人間、これまではずっと有効であったことを変革するくらい、困難なことはない。
⑤信頼は、小出しにしないほうが、より大きな効果を産みやすい
⑥真に優秀な弟子ならば、師のやり方の全面的な模倣では終わらない。必ず、与えられた条件のオリジナルな活用も、忘れないものである。

20101011_shiono_3 

⑦介入とは、長びけば長びくほど介入した側に不利に変わるのである。
⑧敗北とは、敵に敗れるよりも自分自身に敗れるものなのである
⑨スキャンダルは、力が強いうちは攻撃してこない。弱みがあらわれたとたん、直撃してくるものである。
⑩指導的な立場に就いた者ならば、遅かれ早かれ、人々の嫉妬と疑いと中傷を浴びないではすまなくなる。
⑪貧しいことは恥ではない。だが、貧しさから脱出しようと努めないことは、恥とされる。
⑫敗けっぷりに、良いも悪いもない。敗北は、敗北であるだけだ。重要なのは、その敗北からどのようにして起ちあがったか、である。

やはり女好きのおっちゃんヤ!

休日にYouTubeで音楽を検索していた。 黒木瞳が出て来た。
そこから検索していたら写真が出てきた。
次から次へ写真を見ていたら、入浴シーンが出てきた。
これは動画あるならば見なければsign01

20101011_girl_2

「・・・見るとか?」を押して行ったら、次は「18歳以上ですか?」 で、「YES」を押した。 いきなり登録完了となり、登録料の振り込み画面がでてきた。8万5千。 焦ったsign03
こうなれば恥も外聞も無い。一人でこっそりしていたが奥さんを呼んで見て貰った。
答えは、「ほっといたら」。
情けない!
結局見れずで、奥さんに馬鹿にされた。
やはりアダルトと言うか、訳の分からないのには注意が必要であると言う事ですネ!
大反省ですbearing

勝谷誠彦 「麺道一直線」

二郎は筆者、勝谷誠彦のファンである。知ったのは「たかじんのそこまで言って委員会」である。
フィギアスケートの荒川静香がオリンピックで金メダルを取った時、日の丸を背負い場内を回ったが、これをNHKが放送しなかった。その事について、勝谷誠彦のコメントを聞いた。もっともな意見だと思った。それ以来のファンである。特に田嶋令子に遠慮せずに言っているのが良い。三宅久之も同じだ。
うどん屋を経営しているのは知っていた。BOOKOFFで105円で見つけた!
紹介のコメントは下記の通りだ。

横手の焼きそば、長崎ちゃんぽん、沖縄そばから熊本太平燕、姫路駅「えきそば」まで全国の麺を、日本一の麺喰いが鉄道を乗り継ぎ乗り継ぎ、一軒一軒食べ歩いた。選り抜きの約100品を写真付きで紹介。土地の文化にしっかり練りこまれた麺を探れば、その土地の心が見えてくる。ところで、韓国“幻のオタマジャクシ麺”って…?あらゆる麺倒、もとい面倒を越えて、麺道探求は続く。

20101011_book

勝谷の写真を見ていていると、何と柔和な表情かと思う。過激な発言が信じれない。
姫路駅の駅そばが紹介されていた。勝谷も兵庫県出身である。
良くミスマッチと言われる麺である。和風だしに黄色い麺である。
以前当社のえらいさんが「美味いで!」、と食べに連れていってくれた。知っていたが知らん顔して一緒に行った。
別に御馳走してくれたわけではない。
勝谷へのギャップがあるが、楽しい本である!
又次を読んでみたい。

2010年10月10日 (日)

映画 「十三人の刺客」

休日の日曜日、映画を見た。「十三人の刺客」リメイク版である。
オリジナルはビデオで観た。又最近DVDでレンタルされていたのも観た。好きな映画である。

20101010_film2

昔から丹波哲郎、内田良平が好きだ。
監督は工藤栄一。カメラを俳優と一緒に走らせ、同一目線の揺れる画面が印象的である。

オリジナルとほとんど内容は同じである。
今回は川での襲撃をあきらめるシーンが無い。
宿場で食い詰め浪人に逆に襲撃されるシーンが新たに加わった。
最後の大殺陣は長過ぎたのと、殺し過ぎ!

20101010_film

脇を大物俳優が演じているのも同じだ。尾張藩家老に、月形龍之介が松本幸四郎。明石藩家老に、内田良平が市村正親。土井大炊頭利位に、丹波哲郎が平幹二郎。
倉永左平次に、嵐寛寿郎が松方弘樹。 食客に、西村昇が伊原剛志。
水島道太郎もよかった!この辺りは役者を感じさせる。
ただ市村正親を知らなかったが、うまい役者と思った。
最後は130人も残っているところへ13人で切り込むのは無謀である。
討ち洩らしたらあとがメチャメチャになるのだから・・・・・
このところが気に入らない。
映画は楽しめた!
しかし日本映画は役所広司しかいないのか?

2010年10月 9日 (土)

塩野七生 「十字軍物語Ⅰ」

塩野七生の「十字軍物語Ⅰ」を読んだ。メチャメチャ面白い。
谷光太郎「ロジステックス」に塩野七生が防衛大学校の卒業式に来賓として招かれ、祝辞を述べた話が載っていた。
古代の名将ほど補給線の確保を重視した話が載っていた。腹が減っては戦は出来ぬ!と言うことでしょうかね!
女性の身で防衛大学校の卒業式にとは、やはり大物と思う。
その事が頭にあったせいか、十字軍の補給の、兵站の話が出ているのではないかと思い読んだ。
十字軍は陸路を通っている。だから略奪の事がもっと書かれているかと思った。

20101009_book

今回は第一次十字軍の話だけだった。
イェルサレム制圧までと、シリア・パレスティーナの十字軍国家樹立までが書かれている。
3次ぐらいまで書かれているかと思ったがちょっと違った。
しかし一気に読まさせてくれる。
あと2巻で全部書けるのかなと思った。考えすぎですネ!

「海の都の物語」で第4次十字軍の事は詳しく書かれていた。
多分今回省かれるのではないかと思う。その話は面白かったが・・・・・
「ローマ亡き後の地中海世界」 ではクレタの戦いは省かれ、マルタの戦いは詳細に書かれていた。
やはり順を追って読んだ方がよく分かる。
たいがいみんな読んでいる人ではないかと思う。
この本から読み始める人は少ないのではないか・・・・

次が早く出て欲しいと思う!来年だが、リチャード対サラデンの駆け引きを期待して待とう!

2010年10月 8日 (金)

三文判を探して人助け?

10月6日(水)、三宮に印鑑を買いに行った。
三文判である。文房具屋で300円である。
印鑑を探していると、女性に声をかけられた。中国の人か?
良く分からないが、何がいるかと聞いた。
「魏」のような漢字の印鑑が欲しい、とのことだ。しかし、これは無い。
字を見せるのに携帯電話の画面に出しくれた。
ちょっとびっくり!

20101008_hannko
「ここには無いと思う」 と言った、「何処にあるか?」と二郎に聞いてきた。
近くに無い印鑑でもすぐに掘ってくれる店を知っていたので、そこまで連れて行った。
歩いているとかなり大柄な、骨太と言う感じで、背も高かった。
昼休みなので丁度良かったが、何をしているんだろうかと思った。
店に行くと、中国と言う事で、別の専用の箱を出してきてくれた。
調べてみるとありましたネ!
そこの店は元町にいたので、中国人も多く、付き合いもあったので持っていた。
普段の行いが良かったのでしょうか?
ホッとしました!
700円だった。普通は250円だ。
マァ、良い事をしたのだろう。

「継続は力なり」、もうひとつ意味あり!

奥さんがフランスの学生から連絡があり喜んでいる。
好きで始めたフランス会話も10年になる。

8年程前にスペイン、グラナダに行った。
フラメンコを見に行くバスの中、まわりはみな外人で日本人は二人だけである。
ここで、はっとするような美人に声をかけられた。「日本人ですか?」
ビックリした!
フランス人女性で、以前日本の語学学校で講師をしていたそうだ。
奥さんが喋っていたが、フランス語かと思うと日本語だった。
今だったらフランス語で喋りかけただろう。

20101008_spain

(グラナダでフラメンコ観賞、前の女性がフランス人女性、後ろ姿で残念despair )

まさに「継続は力なり」である。

そこで調べてみた!
「何事も、続けて(継続)行くことで力が付いていく」と言った意味で使われますが、
「何事も、続けて(継続)行くには力がいる」と言った意味もあるらしい。
「人間は忘れる動物である。忘れる以上に覚えるのである。→継続は力である」
と言った意味がある様だ!
その中でチョッと変ったのがあった。
『最も強い者が生き残るではなく、最も賢い物が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは変化できる者である。』
変化に対応できる、順応できるものが生き延びれる様だ!

これからも頑張って下さいsign01

何も協力できません。自分の力ですすんで下さい。(喧嘩を売っているみたいですネ!)

妻コメント(昨日1年ぶりにNovaお茶の間留学のレッスン受けました。一緒にレッスン受けた中に、美人の女性いましたlovely 彼女も8年フランス語勉強してるそうですart

2010年10月 7日 (木)

大阪のたこ焼き、スタバのカプチーノ 「多賀SA」 にあります☆

彦根からの帰りに、多賀のサービスエリアによった。
ビックリした!

20101007_taga1_2

20101007_taga2_2 


どこかのショッピングセンターかと思った。ます「餃子の王将」の看板が見えた。
間違いでは無く、本当にショッピングセンターだった。
何処にでもある、同じ内容のサービスエリアでは無い!
出店している店も名が知られている。「スターバック」が出店していた。
あの不味い定食では無い。本当にびっくりした!

20101007_taga3

お土産も良い物が多い。ここでも充分にお土産は買える。
案内所もあり、コンセルジェもいる。
調子に乗って話しかけた。女性だった。やはり女好きのおっちゃんヤ
今年の6月に最初にオープンして、今は3館のうち2館が営業している。
今工事中の3館目は11月にオープンだそうだ。
これは案内を見ていて気がついたが、3サービスエリアがこうなっているそうだ。
中京地区と言うか東海方面なのか・・・・
凄い事と思う。
お土産も買ってしまった。
規制緩和の効果か・・・・
嬉しい事である。
もっと増やして欲しい。サービスエリアに寄るのが楽しくなりそう?

20101007_taga4

大阪のたこ焼き買いました。

運転担当の奥さんは、スターバックスでカプチーノをテイクアウトした。

ひこにゃん、 「彦根城」は本当は恐ろしい?

彦根城は、徳川四天王のひとり、井伊直政が築城した。
関ヶ原の合戦の後、石田三成のあとだったので、家康も大物を配置したのだろう。
佐和城跡の石垣も使ったようだ。
確か司馬遼太郎だったと思うが、直政は三成の事を悪くは言わないようにした。
三成は領民に慕われたらしいから・・・・
しかし直政は関ヶ原の傷がもとですぐに亡くなった。
彦根は複雑だ。

20101007_hikone4

20101007_hikone3

大阪の豊臣秀頼の抑えでもあり、越前結城秀康の抑えでもあった。
結城秀康は好きだ。秀吉の養子であり、家康の実子でもある。
大阪と手切れになった時、どう動くか分からないとされていた。
福島正則が「天下に事あらば、貴方(秀康)について行く」と言った。
かって秀吉の家臣が馬を秀康に並べた時、即座に切って捨てた。
「無礼者!」と言う事です。
その果断さが世の人気者にしていた。
その心配が彦根城で、秀康を招いた時、毒を盛ったそうだ。

家督は長男の井伊直勝が継いだが、病弱であったため、家康の命により、直勝は隠居して直勝の弟・井伊直孝が家督を継いだ。
となっているが、直勝が毒を盛る事を断ったので、弟直考は引き受けた。
それにより直考が家督を継いだ。
信じれない話だが、事実であろう!
そう思ってみると、恐ろしい城である。

20101007_hikone1_3 

20101007_hikone2

2010年10月 6日 (水)

また登りたい、「佐和山城跡」 !

もう随分前に佐和山城跡に来た事がある。
石田三成のファンである!
佐和山城跡への登り口まで行った。
「野生の猿がいるので注意して欲しい」の注意書きがある。
ちょっと怖い話だ。

20101005_sawayama_2 

20101005_sawayama2

この登り口の前に、道路を挟んで佐和山城がある。なんとも言い難い城である!

20101005_sawayama3
あまり意味は無いと思う。
もっと簡単でも良いのでちゃんとした石田三成の展示場が必要では?

予算が有れば佐和山城を復元して欲しいと思う。

しかし前に本丸跡まで行った時、感慨深いものがあった。
又来てみたい!
奥さんが行ってくれればなぁ。

戦国の合戦地、「姉川古戦場」

来年の大河ドラマは、お市の方の娘、江の物語だ。
別に意識したわけでは無いが、姉川に来た。

Sdscf6672_2 

Sdscf6674

織田・浅井は「野村合戦」。朝倉は「三田村合戦」。徳川は「姉川の合戦」と言うらしい。
最後に笑った徳川の名称が歴史に残った。
大きく名称がかけられている。
又この古戦場跡には、観光バスが止るようになっている。
ここで何万の人間が戦ったとは思えない。
織田徳川3万弱。朝倉浅井2万弱らしい。
この戦いも本当の織田苦戦説。徳川の活躍を強調する為の織田苦戦説があるようだ!
勝った方が言う事が正しいのか・・・・・

20101005_setumei

姉川古戦場について 滋賀県のサイト

2010年10月 5日 (火)

今度は入れた、「国友鉄砲の里資料館」

昔この、「国友鉄砲の里資料館」の来たが、遅く来たので閉館になり、けんもほろろに追い返された事がある。
マアそれが正しいのだろうが、やはり遠くから来ている人もいるのだから配慮が欲し
い。

Dscf6664

入り口の側溝の蓋に鉄砲が描かれていた!面白い。入館料300円。

20101002_kunitomo3

最初に映像を見せてくれた。他にお客さんはいなかった!
面白かった!が、国友で鉄砲が造られたのは刀鍛冶が多かったからと言っていた。
それならば備前長船はどうなのかと思ったが・・・・・
備前長船も刀で有名である。
口径がいろいろな鉄砲が置いてあった。
鉄砲の見本が有り、持てるようになっていた。肝心なところは外してあり盗難防止対策はとられている。
奥さんも持ったが重かったらしい。二郎は舞い上がって構えた。
楽しく見学出来た!

20101002_kunitomo1_2 

石田三成の展示会-長浜城

奥さんが長浜で、石田三成の展示会をやっていると教えてくれた。
二郎は絶対に行くと思っている。
絶対に行く!
と言う事で10月2日の土曜日に長浜へ行った。

展示会場は長浜城の三階にある。

20101002_nagahama1

石田三成の肖像画もあった。

20101002_nagahama2

領内の支配の指示書とか、家族の事などが展示されていた。
やはり少ない!
負けたせいだろう。
石田三成ファンの二郎としては、見に行って良かった。
長浜城はもう3回目である。入場料400円。
天正期を想定して造られているそうだ。どうせなら木で復元して欲しかった。
城を造っている状況が、模型で表わされていた。伊予大洲城でもあった。
徳川時代には廃城になったそうだ。
一時期、有名な山内一豊が治めていた。
ともあれ情報を探してきた奥さんに、感謝感謝!

2010年10月 4日 (月)

「スマイル神戸」 引き継ぎ式、に行きました☆

10月3日(日)、神戸親善大使 「スマイル神戸」 の引継ぎが神戸空港である。
知り合いから時間があれば来て欲しい、と連絡があった。
ビックリした!
二郎なんかが行っていいのか?
返信は「御迷惑でなければぜひ」
これはみんなに黙って行かなかれば!
事後報告で無いと、そこら中から何を言われるか?
奥さんには絶対に事後だ。先に言えば絶対に馬鹿にされる。
単なる女好きのおっちゃん?

と言う事で行きました。11時からと聞いていた。
ポートライナーで神戸空港まで行った。
三宮駅で沢山の人が待っていた。まさか神戸空港まで・・・・
と思ったら市民広場でほとんど降りた。

神戸空港には初めて降りた。(降りた時は飛行機は一機も無かった)
神戸の観光大使なので、やはり観光と言う事で神戸空港なのか。
駅を降りるとすぐに2階の出発ロビーだ。
ここでもう新旧スマイル神戸が待っていた。式壇もセットされていた。
入って行くと気がつてくれて手を振ってくれた。と思っただけなのか・・・・良く分からない。
3階にあがり下の式場を見て待っていた。

Dscf6725 

20101003_smaile3

そんなに多くの人が来ていたのでは無かった。
セレモニーが始まると2階に降りて見ていた。
本当に親しい人、家族・友人がほとんどでは。
何事も無く進み、新旧のスマイル神戸の挨拶になった。
知り合いが挨拶した。最初は笑顔に溢れていました。

「一期一会」 の言葉が出た。
『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』

本当にこの一年の活動を通じて出た言葉と思う。
海外にも行き、2度と会えない人との出会いも多かったのでは?
最後は、感極まって涙声になった。
見ていてほほえましかった。

20101003_smaile2

Dscf6738

そうしていると男性に声をかけられた。
ドキッとした!
彼女の勤め先の人で、二郎の事は知っていてくれていた。
同じく彼女から連絡を貰い見に来たそうだ。
同類項か、と言えば怒られそうですネ!
しばらく話しながら一緒に見ていました。
最後は記念撮影をして終わった。
ともあれ本当にご苦労さんでした!
「一期一会」 の通り、沢山の出会いがあったと思います。
これからの人生にインパクトがあった一年だったと思います。
明日から新たな気持ちでスタートして下さい!

2010年10月 3日 (日)

国籍とは何ぞや?

奥さんが外国語を習いに行っている。 そこで中国国籍の女性と一緒になったらしい。
その人は自営業経営で、中国語は話せない。 英語のレッスンを受けている。
今度海外に行くそうだ。
そこでビザを取るのが大変だと言う話をしたらしい。

話していて国籍の話を思い出した。 あの高名な「たかじんのそこまで言って委員会」で日本国籍の話をやっていた。
日本国籍を取った中国人、張景子。取った理由は日本国籍の方が仕事上便利だと、堂々と高言していた!

最近見たDVDでハリソンフォード 「正義のゆくえ」 が何なんだと思った。
アメリカでの移民が国籍を貰う苦労の話である。
ユダヤ人、韓国人・中東、ニュージーランド、メキシコ等審査の大変な事が描かれている。
追い返される話もある。殺される人もいる。 それから見ればなめているとしか思えない。
この番組とかテレビタックルに出ているこのての女、田嶋令子をはじめ、頭はいいのだろうがなんと可愛げのない女ばかりか! もっと知的な可愛い女性がいないのかと思う。 
そう思うと、金美齢なんか素晴らしいじゃないですか!


20101003_movie 

2年ほど前にルーマニア・ブルガリアに旅行した。 そこではオスマントルコの影響がある。
当然いい影響ではない。
ブルガリアで奥さんが気分悪くなり、ガイドの女性と二人でお茶を飲みながら話をした。 個人的偏見はあると思いが次のような話をしてくれた。
①若者は海外に働きに出ている。老人社会である。ガイドさんの生まれたところトルコ人が多く、トルコ人の政党を作っている。
民主化以降、トルコとブルガリアの二重国籍を持つトルコ人がトルコに多いようである。選挙の時は本国の意向で投票に来るそうである。
③本人は、トルコ人の多く住む地域を分離独立しようと図っている。
聞いていて、本気で言っているのが良く分かった。 長い間支配されていた感情の軋轢が残っている。 それに国籍の問題も絡んでいる。日本も簡単に考えてはいけないのでは!

今尖閣の問題で舐められている。
ここで冷静な対応をと、言う売国奴が必ずいる。
日本の常識で考えて通じる相手か?
弱みを見せればつけ込むのは当たり前ではないか?

ここは本当に石原慎太郎の出番である!

「アメリカが日本を捨てる時」 古森 義久

先日読んだ、「凛とした日本」 の続きとして読んだ。
異論反論はあると思うがもっともな話だ。
中国には何も言えないが、アメリカにはなんでも言う。甘えている。
今となっては、鳩山政権を期待しすぎたのではないか?
日本人は血、血統に対する変な信仰があるのでは・・・・
近衛文麿、細川護煕にしてもそうではないかと思う。
鳩山も今となってはピエロにしか思えない。

20101003_book_2

アメリカのいろんな、保守・リベラルの考えもインタビューを交えて紹介されている。
日本の核武装容認の意見まであるそうだ。飽きない本である。
国際的に約束した事は守らなければならない、のは誰にでも分かる。
3党連立、社民党なんか入れて沖縄をどうするつもりなのか・・・
沖縄も飛行場で危ないなら、小学校も移転させれば良いと思う。
アメリカと対等と言うのは、アメリカ兵が事件を、沖縄県で起こした場合、ちゃんと日本の法律で裁ける事と思う。
何か、NOと言う事が対等と誤解しているのでは?
今の尖閣の問題も、誰が見ても主導権は中国がにぎっている
ボールは返したと、自分で勝手に思っている官房長官もいる。
巧いですね!チョッと軟化した様に見せかけて次へすすむ。
相手が弱いと見れば徹底的に突っ込んできますよネ!
やはり石原慎太郎か・・・・・・

反論に反論できない、「おっちゃんヤ!」

人から見れば、このプログは自己中らしい。
神戸観光親善大使 スマイル神戸」の記事に、「単なる女好きのおっちゃん?」、と「か」をつけた。
反論がきたsign01

「か」と言う事は、そう思っていないと言う事なのか?

ドキッとして、ムッときたpout

しかし言われてみればその通りかも。
確かにそう思っていない。と言うか 「そんなんちゃうで」 と思っている。
しかしここは素直になろう。
今度からは改め、「単なる女好きのおっちゃんヤsign03

2010年10月 2日 (土)

応援しよう! われらが阪神タイガース?

三宮のそごう神戸店が応援セールをしている。
阪神タイガースだ!
そごうは西武と一緒になった。
以前は西武ライオンズの優勝感謝セールをやっていた。
百貨店も大変である。何か売り物が無ければ客が来ないのか?
昔阪急ブレーブスが優勝した時、上田監督が大阪のおばさんに「早く決め!」と言われたそうだ。
バーゲンを待っていたんですネ!
神戸で西武ライオンズはもう一つだったようだ。
池袋とは違う。

本日10月1日、中日の優勝が決まった。
でもまだCSがある。
セールはCSが終わるまであるだろうか?
阪神巨人戦からCSは始まる。
ともあれ関西だ。景気付けの為に頑張って貰いたい!
ヴィッセル神戸の優勝セールは、いつあるのだろうか?

20101001_tigers

食料品売り場には、はっぴを着たスタッフがいますwink

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。