« 期待、ふくらませ過ぎ! | トップページ | いたってシンプル? マイナーな旅行先の決定 »

2010年10月16日 (土)

渡部昇一 「報われる努力 無駄になる努力」

渡部昇一の「報われる努力 無駄になる努力」 を読んだ。 読んでいて面白い?為になる事が書いてあった!

渡部昇一は英語の教師であり、その時の体験での話である。
以下その一部引用である。二郎は我田引水なところはありますが・・・

デスカッションでもなんでも、そうだと主張したい、パッといいたい衝動にかられるときがある。このときに、ちょっと抑えて前後の脈絡やデータから考えて、冷静にシチュエーションのつながりを考察してから発言する人が、できる人なんですね。人が発言しているときにも、違うなと思うとパッと発言したくなる。しかし、それを、あの人の意見にもいいところがあるな、と、ぐっと抑えて待っている。これが大切なんだね。

20101016_book2_2 

場の空気を読む、状況判断が出来なければならないと言う事でしょうね?
仕事の話になるが打合せ時、お客さんに変更を求められた時、どう言うのか!
冷静な判断が求められ 「場の空気を読む」 眼力を養うと言う事か?
会議でも必ず人が発言している時、考えも無く口を挟む人がいる。
これも場の空気が読めないんでしょうネ!

« 期待、ふくらませ過ぎ! | トップページ | いたってシンプル? マイナーな旅行先の決定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡部昇一 「報われる努力 無駄になる努力」:

« 期待、ふくらませ過ぎ! | トップページ | いたってシンプル? マイナーな旅行先の決定 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。