« サスケ対八尾 | トップページ | 震災の影響 »

2011年4月 7日 (木)

「あ~ぁ 楽天イーグルス」 野村克也

2009年発行。楽天の監督を解任されてからの本だ。うらみ・ボヤキが沢山ある。
解任には思うところがあるのだろう。
2009年10月11日、契約満了で解任。ここで面白いエピソードがある。
ソフトバンクの孫正義が 「二位躍進おめでとうございます」 のメッセージ!
楽天との違いを言いたかったんだろう。

球団関係者に理解者がいなければチームを変えれない。阪神タイガースの関係者。
「野村君、阪神は巨人と優勝を争って、最後に負けるのが理想的だよ」
勝つ気が、優勝する気があるのかと!

ボヤキも戦術。選手に伝わるように言う。間接的に言うのが手だ。
南海時代、門田にたえずボロクソに言った。反発心をあおる為に。
南海時代も解任されたが、その時に門田に、「そう言う事で他意は無かったんや」
と本心を話した話を思い出した。

20110406_book

いろんな選手の話が出て来る。
山崎・田中・岩隈・・・・・
「人間は無視・賞賛・非難の段階で試される」
人間が、人間性が出ると言う子でしょうかネ!
岩隅も自分の成績を先に考えていたらしい。

信頼!信じればこそ、この人についていけば間違いないと思われたい。
三原魔術に踊った選手。3球目にカーブがくる。ストレートだったらしいが本人はカーブと信じた。信じればこその魔術である。


吉川栄治 「難しい。やさしい。どっちも本当だ。しかし難しい道を踏み越えて、真に難しい道を知ったものだけが本物だ!」
この時代、若い時の苦労は買ってでもするなんて、はやらないでしょうネ!


スコアラーの重要さ!
「野球は成功する確率の高い作戦を選択するスポーツ」で、失敗する確率を極力抑えるのが準備。野村がよく言っているが、全盛期の杉浦の球を受けていたら、キャッチャーは考えなくなる。それほど凄い球だったらしい。出なければ38勝も出来ない。
今はそんなピッチャーはほとんどいない。だから考えろ!と言う事でしょかネ!


超二流。一芸に秀でる。自分もそうありたいと思う!
魔術師、三原脩の専売特許だ!


読んでいて自画自賛な感じが多いと思ったが、まだまだ頑張って欲しいと思う!

« サスケ対八尾 | トップページ | 震災の影響 »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あ~ぁ 楽天イーグルス」 野村克也:

« サスケ対八尾 | トップページ | 震災の影響 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。