« 「妻に捧げた1778話 (新潮新書)」 眉村 卓 | トップページ | 「中国最大の弱点、それは水だ!水ビジネスに賭ける日本の戦略」 浜田和幸 »

2011年5月30日 (月)

ドキュメンタリー 「歴史に残る空中戦:ゼロ戦とF4F」

日曜日朝から録画しているドキュメンタリーを見た。光テレビだ。
後で見るつもりで、とりあえず録画しているのは多い。今回はゼロ戦だ!
デスカバリーチャンネル・セレクション 「歴史に残る空中戦:ゼロ戦とF4F」
ゼロ戦については、長く生きているのだから知識も豊富になっている。
子供の頃の無敵と言う幻想からは卒業している。冷静に判断できると思っている。
このドキュメントは現役のパイロットと整備士?が案内する。
ゼロ戦とグラマンの比較を、映像で見せてくれるので分かり易い。
グラマン製鉄所と言う言葉が出て来た。頑丈だという意味だ。
両機の比較が分かりやすい。

①攻撃重視か防御を重視するか?(日本はすぐに落ちるがアメリカは簡単に落ちない)

②エンジンと機体重量。(エンジンは両方とも空冷・星型だ!お互い太平洋の海の上を飛ぶので信頼のあるエンジンがいる)

③武装(これは三野正洋が詳しい。小口径・中口径・大口径どれが良いのか?アメリカは信頼のある12,7mmがほとんどだ。ゼロ戦は7,7mmと20mmだ。組み合わせが難しいようだ。)

④航続距離(両機とも太平洋を飛ぶ為に長い)

20110530_zerosen

繊細な職人芸のゼロ戦と大量生産がきく頑丈なグラマンの比較が良く分かる。
このあたりは三野正洋をよく読んでいるので、理解しやすかった。
ただゼロ戦がアメリカの戦闘機のコピーと言うのは解説者が否定していた。
プロペラはアメリカ製だが、ちゃんとライセンス生産していたと説明していた。
1942年8月のガタルカナル上空でのエース同士の対決を再現する。現役のパイロットが実際に飛んで説明する。エース坂井三郎が登場だ!面白かったです。

話が変わるが気に入りのDVDがある。「空軍大戦略」バトルオブリテンの映画だがたまに見る。メッサ―シュミットとスピットファイヤーが楽しい。
見れて楽しかった!

« 「妻に捧げた1778話 (新潮新書)」 眉村 卓 | トップページ | 「中国最大の弱点、それは水だ!水ビジネスに賭ける日本の戦略」 浜田和幸 »

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

テレビ番組」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

紹介、情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/40198728

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー 「歴史に残る空中戦:ゼロ戦とF4F」:

« 「妻に捧げた1778話 (新潮新書)」 眉村 卓 | トップページ | 「中国最大の弱点、それは水だ!水ビジネスに賭ける日本の戦略」 浜田和幸 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。