« 舞台・華の道頓堀(藤山直美)・松竹座 | トップページ | 「暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで」 サイモンシン① »

2011年6月17日 (金)

時代小説の面白さ!戦国武将の多さ。

先日「三人の二代目」を読んだ。
改めて武将の小説の多さに驚く。
昔は天下取りの武将が主人公なのが多かったと思う。 信長・秀吉・家康・・・・・・・
元就・信玄・謙信・早雲・道三とかがあった。

最近は大名でもランク?の下の大名、家臣も書かれるようになったと思う。

大名:島津義久・義弘。佐竹義重・義宣。最上義光。宇喜多直家・秀家。 北条綱成・北条氏照。大谷吉継。
安国寺恵瓊。尼子経久。立花宗茂。 小西行長。細川幽斎。
織田家家臣:荒木村重・柴田勝家・丹羽長秀・滝川一益。蒲生氏郷。 
毛利の両川:小早川隆景・吉川元春。
徳川家四天王:井伊直政・本多忠勝・榊原康政・(酒井忠次)
武田家四天王:馬場信春・山県昌影・高坂弾正・(内籐昌豊)
伊達正宗家臣:伊達成実・片倉小十郎景綱。
超大物の直江兼続。

20110616_naoe

直江兼続

作家もいろんな武将を描かなければやっていけないのではないか?
しかし出来不出来と言うか、面白さには大分差がある。 色々読めて楽しいが・・・・・・・

そう言えば後北条もある。九州では竜造寺・鍋島・・・・・
今後が楽しみになる。

« 舞台・華の道頓堀(藤山直美)・松竹座 | トップページ | 「暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで」 サイモンシン① »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/40426256

この記事へのトラックバック一覧です: 時代小説の面白さ!戦国武将の多さ。:

« 舞台・華の道頓堀(藤山直美)・松竹座 | トップページ | 「暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで」 サイモンシン① »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。