« ギャンブルはやめれるか?戦国武将の博打について | トップページ | 「国家と政治―危機の時代の指導者像」 田勢 康弘 »

2011年9月27日 (火)

個人の権利は何処まで守るべきか!②

先日エアコンのフロンの事を記述した。
この前近江守山に行った。久しぶりに 「ありがとう、浜村純」 を行きながら聞いた。
この時も面白い話をしていた。


後見人の話だった。
生まれて間もない赤ん坊を残して、両親が亡くなった。
遺産があったようだ。後で6千万円とか言っていた。高額だ!子供為の残したんだろう!
後見人を決めたそうだ。身内だったようだが、お金を持ってドロンした!
子供はほっていった。仕方なく、コウノトリの施設に入れたそうだ。

この後見人が育てるのはどんなもんかなと・・・・・・・
何年もたった今年、名乗り出てきた。
東北の震災もあり、このままではいけないと思い名乗り出たと言いう。

出てくるまで全国の競艇場を廻り、金を使い果たした!
どう言う事か?殺してもかまわないと思う!
これを浜村節で話す!面白いと言ったら怒られるが上手い!
しかしボロクソニ言っている!

単に金が無くなり名乗り出ただけの事だが・・・・・
しかしどうすればいいんでしょうかね?
強制的に放射能除去の作業にでも従事させればよいのでは?
東北の震災があったから出て来たと言っているんだから?
もうやる事はやりつくしたと思いますが・・・・・

« ギャンブルはやめれるか?戦国武将の博打について | トップページ | 「国家と政治―危機の時代の指導者像」 田勢 康弘 »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/42072716

この記事へのトラックバック一覧です: 個人の権利は何処まで守るべきか!②:

« ギャンブルはやめれるか?戦国武将の博打について | トップページ | 「国家と政治―危機の時代の指導者像」 田勢 康弘 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。