« 「石油の支配者」 浜田 和幸(2008年発行) | トップページ | 蒲生家浪人、蒲生頼郷・蒲生郷舎 »

2011年9月26日 (月)

個人の権利は何処まで守るべきか!

引っ越したマンションの傍に古い家がある。 

誰も住んでいないようだ。 

外壁もひび割れている。 

ほりっぱなしと思うが気になる。 

特に気になるのはエアコンである。 

何年も使っていないと思う。フロンガスだ。 

もう漏れて無くなっている可能性のほうが強い。 

この家の持主はどうなっているの分からない。 

が家の修理もしないし、エアコンのフロンを垂れ流しているだろう! 

勝手にはいれば問題になりそう。ならない事まで問題にしそうだ! 

何とかならいものかとおもってしまう。 

あれだけ温暖化温暖化と言っているのに、何か矛盾を感じる! 

こう言う場合は国も地方自治団体も強引に行くべきと思う! 

そんな事を言うと、全体主義者と言われそう・・・・・・・

« 「石油の支配者」 浜田 和幸(2008年発行) | トップページ | 蒲生家浪人、蒲生頼郷・蒲生郷舎 »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/42020596

この記事へのトラックバック一覧です: 個人の権利は何処まで守るべきか!:

« 「石油の支配者」 浜田 和幸(2008年発行) | トップページ | 蒲生家浪人、蒲生頼郷・蒲生郷舎 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。