« 女子アナの頭の程度(携帯電話の話) | トップページ | 三重県のコンビニの話(サークルK) »

2011年10月13日 (木)

本を読もう!親父の思い出!(日経・明日への話題・読書の秋・作家諸田玲子)

日経新聞夕刊、明日への話題を最近良く読む。読書の秋。作家諸田玲子が書いている。
自身の経験だ。

本が好きだ。自分が好きなのは、親が本が好きだった。
本を読みたいばかりに仮病を使い、学校を休んで本を読んだ。
休んでいると、父親がお土産に沢山本を買って来てくれた。
普通の会社員の家庭で、親の愛情を注がれて育った。
目に見える財産は無かったが、それに優る物を貰った!


「どうしたら子供に本を読ませることができますか?」
答えは、「親が本を読む事!」
二郎自身も本をよく読む。読まない方がおかしいのではないか? と思っている。
家では本の置き場に困り、奥さんに怒られている。
とうとうトランクルームを借りて本をしまっている。もっとも、箱に入れた本は奥さんが番号をつけてリストに整理している。

親父に 「本を整理しろ!」 と言われ、「蔵書や!」 と言ったら完璧にバカにされた!
親父と読む本は重なっていたので、親父が引退してからはよく本を持って行った。
喜んで貰えた本も多かったが、「この作者の本は、もうええで!」 と言われた事もある。
親父が亡くなった時の葬式で、兄貴が挨拶した。
「親父によく本を読め!」 と言われたと話した。その通りだ!


最近の子供は本を読まないと言われる。そりゃそうだろう。親が読まない。
二郎の周辺も漫画しか読まない人がほとんどだ!と言ったらどうなるか?あまり反論は無いだろう。

奥さんに叱られながらも、本は買うだろう!
アマゾン・ブックオフ・紀伊國屋・・・・・・

« 女子アナの頭の程度(携帯電話の話) | トップページ | 三重県のコンビニの話(サークルK) »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/42480669

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読もう!親父の思い出!(日経・明日への話題・読書の秋・作家諸田玲子):

« 女子アナの頭の程度(携帯電話の話) | トップページ | 三重県のコンビニの話(サークルK) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。