« ローマ・ローマ空港に到着 | トップページ | ローマ・空港からホテルへ②(チョッとしたトラブル②二郎の談話) »

2011年11月 6日 (日)

ローマ・空港からホテルへ①(チョッとしたトラブル①・奥さんの手記)

用意周到なペテン師運転手

空港からホテルまで行くのに電車なら一人14ユーロ、二人で28ユーロになる。

タクシーなら40ユーロの一律料金があると本に載っていた。

大きく変わらないし疲れているので、タクシーで行こうと思った。

タクシー乗り場に向かったら、「タクシーが必要か?」と言うので、「いいえ」と断った。

白タクだと思ったからだ。

「オフィシャルだ!」と言い、首から吊っている身分証を見せる。

もう一度断る。

また身分証を見せ「オフィシャルだ!」と繰り返し、強引に荷物を運び車に乗せた。

車に乗る前に「ローマまでいくら?」と聞いた。

「ホテルは?」
「デイアナ」
「ミドル」と答えた。

車に乗ってから「ミドルって50ユーロ?、40ユーロって聞いているけど?」と聞くと、
ローマの幹線図を見せて、「このローマの郊外なら40ユーロ。でもあなたのホテルはセンターだから、50ユーロ」 と言った。

なにか釈然としない感じがしたが、10ユーロならまあいいかと思った。

「何処から来たか?」「初めてのローマか?」と聞き、主要モニュメントのそばを通るときは説明してくれた。

車はベンツ、ルーフウィンドーがついて乗り心地は悪くなかった。

ホテルについて、チップも含めて52ユーロ渡そうとすると、

「ここを見てくれ!」とイタリア語で小さなメーターを指差す。

そして初めて自分の料金表を見せて、この距離なら120ユーロだと言う。

びっくりして「あんた、こう言ったやろ!」 と言う調子で訴えたら、ジョージー・クルーニーを崩したような顔をした運転手、全く引こうとしない。

先に車から降りていた夫を呼んで説明すると、「なんでや?・・もうええやん。払とけ」 と言い100ユーロ手渡した。

腹が立つので、「120ユーロは私達には高すぎる。100ユーロにしてよ!」 と言うと、

全く通じてない。

まださっき出した50ユーロをくれと、10ユーロだけお釣を渡そうとする。

チップ込みで140ユーロを取ろうとしている。

「そんなに払えるか、馬鹿やろう!」と言いたかった。

「会社の名前は何?」

「こんなきたない字で、120ユーロってわかれへん」

と渡された領収書の文句を並べて言った。

結果120ユーロで運転手が折れた。

ホテルに入って相談するとか、警察を呼ぶとか言えばよかったかと思う。。

ポルトガルで優しい人達に出会って和んだ気持ちが、一機に引き締まった。

人を騙す手口はこういうことかと思った。

チップで払うのと騙されるのは違う。

もう1ユーロも騙されないぞ!

と気合まんまんになってますsign03

« ローマ・ローマ空港に到着 | トップページ | ローマ・空港からホテルへ②(チョッとしたトラブル②二郎の談話) »

イタリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに 日々の出来事 を覗かせてもらったら トラブルとのこと 気分の悪いこと きわまりないですね。
長い旅の途中には いいこともあるけれど 悪いこともあるよ って 中村先生が言われていたのを 思い出しました。
岩井さんが タクシーの運転手と やりあったのは 勇気があって たのもしいです。
ご主人が 折り合いをつけて 何事もなく 無事に済んだのも よかったなあ と思います。
 やはり  その国の言語を 少しでも 勉強しておかないと だめかなあ と 感じています。
NHKラジオのイタリア語講座を 半年で リタイアしてしまった 私ですが、また 頑張ろうという気持ちに なりました。
フランス語 もままならないのに 欲張りなことです。

コメント、ありがとうございます。

本当に! またふりかかりました。

タクシーに乗る前に 「How much?」 を聞いたのは初めてだったんですよ。
何か予感がしたんでしょうね。

でも笑えるのが、40ユーロ、50ユーロと私は数字だけフランス語で話して
相手の50ユーロはイタリア語だったんです。
運転手はもう一度英語で、40、50ユーロと言いましたけど。。

私がポルトガル語を勉強しようと思ったのは
今年の夏にフランス人の旅行者2人に会いました。
どちらも日本語を勉強してきてました。

やはり旅行先の言葉は知っている方がいいのと
それでコミュニケーションが取れれば
もっと楽しい旅になりますものね。

ポルトガル語はイタリアで少し役に立ちました。
イタリアではポルトガル語、フランス語、日本語で話してました。
相手が英語なら、英語でしたが。。
どれも単語を並べただけで通じました。

旅も進むにつれ、どんどんあつかましくなって行きましたhappy01

こんにちは。
いつも「食べ歩き放浪記」を参考にさせていただいております。ありがとうございます。
ローマには一昨年行きましたがテルミニ駅からホテルまでタクシーに乗った時に私もやられました。
ホテルについてメーターを見ると調べていった金額と近かったので「OKOK」と
いざ、支払おうとすると2人だからこの2倍を払えとこうです。
まさかそう来るとは、その点は確認してなかったので「そうなのか・・・???」と
思いながらも払ってしまいましたよ~~( ´;ω;`)
あとで知り合った現地ガイドの日本人によると車体に5ケタだったか登録番号が書いてあるらしいです。
で、それをメモして「通報するぞ」っていうと震えあがるそうです。
タクシー乗り場に並んでいるタクシーなので白タクではないと思うのですがね。

食べ歩きを見ていただいているようで、ありがとうございます!ローマの剣闘士と写真を写した人も、二人だから20ユーロX2の40ユーロ払えと言われていました。イタリアほど観光国ではないが、ポーランドは空港にも係員が多く、同じ制服で一律空港からワルシャワまでの料金は決めてありました。
イタリアは多いと聞きますが、おとなしく払うからダメなんだと言われそうですね!イタリアは本当のタクシーでもやりそうですね!ミラノからベネチア間の列車の中でも、パソコンと携帯を、カバンの中からを抜かれました。取られたほうが悪いんでしょうかね!
ともあれ何かあるとすればイタリアです!食べ物は美味しいのになぜでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/42882353

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ・空港からホテルへ①(チョッとしたトラブル①・奥さんの手記):

« ローマ・ローマ空港に到着 | トップページ | ローマ・空港からホテルへ②(チョッとしたトラブル②二郎の談話) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。