« 日本経済新聞・あすへの話題・「筆記用用品としてのパソコン・作家久間十義」~ | トップページ | 山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学 (角川oneテーマ21)・山本 七平 »

2012年3月28日 (水)

日経新聞・こころの玉手箱・「ポーランド語のテキスト・ピーター・フランクル 「強い動機あれば上達早く」

いつも奥さんが言う!
ブルガリアのベネッタちゃんとイバさん親子(奇麗な女性ですが)と喋りたいでしょ!
どうしたもんでしょうかね?
そんな時に奥さんが日経新聞を持って来た。3月23日の夕刊のコラムだ!
何が言いたいのか?

ピーター・フランクルはハンガリー出身のユダヤ系フランス人。
12ヶ国語話せるそうだ。凄いと思ってしまう。
ポーランド語を話したくて勉強したそうだ!
はっきり言って、動機が不純!
(女好きのおっちゃんヤ!)
美しいポーランド女性と話したかったからだ。
2カ月間、文通して勉強して、ハンガリーからポーランドへ会いに行ったそうだ。
結果は、女性は表れなった。
それでも喋れるようになった!
自身の体験が物語っている。
「強い動機あれば上達早くだ!」
これも本人の体験だが、日本語が一番難しいそうだ!
日本人はこの難しい日本語をマスターしているのだがら、本気で勉強すれば簡単に習得出来るのではないか?

20120327_peter

奥さんは二郎に英会話を勉強させようとしている!
この間、外国人に道を聞かれて往生した事が発端だ!
奥さんは自分も行っている、知り合い(英語べラベラ・・・・)が教えてくれた個人の教室を勧めている。
○○の手習いか?
無駄な事はやめるべきか?
はたまた意地を通すのか?
辛いです!

« 日本経済新聞・あすへの話題・「筆記用用品としてのパソコン・作家久間十義」~ | トップページ | 山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学 (角川oneテーマ21)・山本 七平 »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/44658751

この記事へのトラックバック一覧です: 日経新聞・こころの玉手箱・「ポーランド語のテキスト・ピーター・フランクル 「強い動機あれば上達早く」 :

« 日本経済新聞・あすへの話題・「筆記用用品としてのパソコン・作家久間十義」~ | トップページ | 山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学 (角川oneテーマ21)・山本 七平 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。