« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

映画・タイタンの逆襲

サムワーシントンが髪の毛をはやして出て来る。
ターミネーター4、タイタンの逆襲、アバターでは丸刈りだ!
チョッとイメージが違う。
タイタンの戦いから10年経っている。
神々の力が衰えている。そう言う風に映像化してある。
ゼウスも華やかさが全然無かった。不老不死が年を感じさせる。
今回神々がよく死ぬ。死んだと言うが砂になる。
死んではいないのかかも知れないが・・・・・・・

ゼウスと人間の間に生まれた半神半人のペルセウスが、怪物クラーケンを打ち破ってから10年。神々とタイタン族との間では、地上の支配を巡る争いが激化。人間からの崇拝を失ったことで、力を弱めた神々は、投獄していた凶悪な、ゼウス、ハーデス、ポセイドンの3兄弟の父クロノス率いるタイタン族を制御できなくなりつつあった。彼らは父からその絶大な権力を奪い、不気味な冥界の奥深くにある牢タルタロスの薄暗い穴の中に放置していたのだ。冥界の神ハーデスは、ゼウスの正統な息子アレスとともに、クロノスと取引してゼウスを捕えようとする。ゼウスに残る神としての力が奪われてゆくにつれ、タイタン族は力を増し、地上は地獄と化す。女王アンドロメダ、ポセイドンと人間の間に生まれたアゲノル、そして堕ちた神ヘパイストスの力を借りて、ペルセウスは冥界への危険な旅に乗り出す。

20120430_movie

アンドロメダ女王が出て来る。
当然前作でいけにえにされかけた女王と同じと思う。
今回は戦う女王だ!演じる女優は違う。
キメラ!
イメージしたのは誰か?なかなか不気味だった。
兵たちが戦い、4匹始末するのに300人の兵を失ったようだ。
スピーディーにくるくる回りながら戦う!
冥界が不気味だった。
入り口がある。キーとなる石を外すと扉が開く。
どうして開くのか?動力源は何なのか?
中は火を噴いている。又石の道が上下左右に動く!
見ていてハラハラドキドキするが、動かしている力は何なんだろう?
神々の力なのか?

神々の関係が良く分からない。映画用の脚本なのか?
本当のギリシャ神話なのか?
デウス・ポセイドン・アレスと砂になった。
ペルセウスとアレスの戦いは、演出者はプロレスファンか?
ブレーンバスターが出て来た!
なんとなく笑ってしまった!
死んだとは思えないが・・・・・・

ともあれ懐かしいペガサスも出て来る。
アンドロメダ女王のところに行くが、ペガサスがキメラと間違えられそうになる。
面白い場面だった。
クライマックスは、ペガサスと共にクロノスに突っ込む!
火の中へ突っ込むが、ペガサスも生身では無いのかと思ってしまう。

見ていて楽しかった!
続編が決定しているようだ。
今回で死んだ神々はどうなるんだろうか?
相手は再びタイタン族なのか?
期待して待っていよう!

大手銀行の対応とは!(MS銀行!)

車上あらしにあった後の泣きたくなる話だ!
部下が珍しく興奮している!珍しくもないか・・・・・
銀行の盗難後の保険対応だ。
隠しても仕方が無い!
銀行はメガバンクだ!MS銀行だ。
金融対策室?という部署が出て来たらしい。
その担当者の態度が気に入らなかったらしい。
話を聞いていると、まるで自作自演とばかりに言われたそうだ。
自分で金をおろして、盗まれたと言っているのではないかと?
警察にまで行っているのによく言うとは思った!
それと残高が多かったのが気にいらないのか知らないが、残高が多過ぎると言い、
他の金融機関の残高と言うか、貯蓄高を申請し無ければ処理しないとまで言ったらしい。
叩けば埃まみれの銀行がよく言うと思った
それで部下は興奮してしまったようだ!
確かにおかしいとは思った。
余程詐欺と言うか騙しが多いのかと思ったが・・・・・・・

奥さんにこの話をしたら反応が面白い。
自分の知り合いも同じ様な話があったらしい。
やはり盗難にあった!
カードを盗まれて、チケットを40数万円購入された。
盗難と言う事で手続きをしたら、「自作自演か!」、と言われたらしい。
イオンカードも持っていて、食料品や雑費などに使っていたそうだ。
3万円のゲームソフトの購入が変だとカード会社が気づき、確認のために連絡があった。
そこで本人は初めてカードを盗まれたと気が付いた。イオンカード会社は大変親切だったそうだ。
MS銀行のカード取引を辞めたそうだ!

20120429_money

今回部下は大人しく引き下がらない!
知り合いに紹介して貰った弁護士に相談した。
知らなかったが留守番電話のある電話器なら録音できるようだ。
会話を録音して、相手に 「今の会話録音しました。上司と話したい」 と言うように言われた。
その通りの事をしたようだ!
180度ひっくり返ったようだ!
東京の上司と言う人から、謝りの電話と連休明けに神戸に行くとの連絡があったようだ!
何となくボケと突っ込みみたいな感じがしないでも無い!
それとも出来レースか?
こう言うのはマニュアルが絶対にある。
担当者はその通り言っているはず!
たまにこう言う風に文句を言って来る例があるのだろう!
その時は上司と言われる人が出て来るのではないか?

吾輩のローンの不愉快な気持ちになった銀行もMS銀行だ。
メガバンクかなんか知らないが、上から目線の銀行だ!
こう言う話で銀行に電話する時は、携帯からはダメ!
絶対に録音しなければならないと思った!
まだまだひと波乱ありそうな感じだ。

謎解き「張作霖爆殺事件」・加藤 康男

ブルガリア大使館でこの本が置いてあった。
場違いな感じがしたが、面白いと言われたので読んでみようと思った。
何より渡部昇一・中西輝政が推薦している。

昭和三年六月四日早朝、満州を支配していた奉天派の大元帥・張作霖は、北京から奉天への帰路途上、乗車していた列車が爆破炎上して暗殺された。
満州事変のきっかけとなったこの事件は、戦後、本人の自白をもとに関東軍の高級参謀河本大作による犯行との説が定着していたが、近年この定説が覆されようとしている。
証拠、証言が多数あった河本犯行説は、なぜ破綻したのか。
暗躍するソ連特務機関の影。
長男・張学良周辺の不穏な動き。
発掘された新資料―真犯人はいったい誰なのか?
昭和史の大きな謎に迫る。

20120429_book1

あとがきに、お力添えを頂いた人にお礼を述べていた。
その中で、特にと言う人の名前の中に、日本ブルガリア協会理事長の猪谷晶子の名前があった。
ブルガリア大使館でこの本の説明をしてくれた人だ。
チョッとビックリ!恐らくブルガリアでの調査に協力したのだろうと思う!

日本軍が、河本大作が主犯だと思っていた。
著者が面白い事を記述している。
この事件、証拠?が多過ぎる!
読んだ後もその意見は変わらない!
情けなくなる人間が多い。
張作霖も第五夫人を列車に乗せている。
何様だと思っているのか?それほどの英傑なのか?
そんな人間を担ぐ日本!
この時代の中国はどんなんだったんだろう?
それよりどんな教育をしているのか興味津津だ!
他国の歴史については大声を出すくせに、自国はどうなんだろう?
言われっぱなしのようだが・・・・・・・・
昭和天皇・側近・陸軍省・参謀本部・中堅幕僚の同志・閣僚・河本本人・協力者・河本の遺族までが、
「関東軍関与、河本主犯」 を確信して来た!
陰謀説があったのにもかかわらず!
コミンテルン説と、張学良説がある。
ここでブルガリア人が出て来る。
母国では、ベルリンの壁崩壊まで英雄だったある。
今はどうなのか?
これらの説にはうなずけるものが多い。

実際に爆弾が何処に取り付けられたか?
河本は線路沿いと言うが、実際の爆破された列車の後から見れば、天井と言うか上からの爆破としか考えられない。誰が取り付けたかと言う問題は残るが!
この事実を、面白い人物が説明する。
田母神俊雄、元航空自衛隊幕僚長。
実際に爆発の訓練をしているのでよく分かっている。
証拠写真を見て線路沿いの爆発では列車はこうならないと証言する!
正しいのだろうと思う!
犯人のイギリスの見解がある!
①ソ連説
②蒋介石の国民党
③張作霖の背信的な部下
④日本軍
イギリスはソ、連の関与を見抜けず、早々と日本軍の犯行で幕引きを図った日本の対応に疑問を持っている。
もっともありうるシナリオは、ソ連がこの不法行為をお膳立てして、日本に疑いが向くような場所を選び、
張作霖に敵意を持つ人物を選んだ!
その結論にはうなずける!

ソ連・張学良の陰謀に日本が乗らされたのかと思う!
陰謀なんて秘密のはずだ!
それを自分がやったと言うアホな日本人がいる。自分は愛国者と信じている・・・・・
自分の、河本大作の名前を残す為に、すすんで自分がやっとしているのか?

日本人は陰謀が大好きだ!
本能寺の変がよい例と思う!
が、相手が中国だと何も言わない。
南京事件の前の中国人による日本人虐殺もあったようだ!
軽く触れているが、もっと問題にしても良いのではないかと思う!
一気に読めたが、ブルガリアとはあまり関係なかった!

2012年4月28日 (土)

ベルリン・コンスピラシー・マイケル バー=ゾウハー

ホテルで目覚めたアメリカの実業家ルドルフ・ブレイヴァマンは、不可解な思いにとらわれた。
昨日はロンドンのホテルで寝たはずだが、ベルリンにいるのだ。
間もなく彼は、62年前に仲間とともに五人の元SS将校を殺した罪で逮捕され、彼の息子ギデオンが一連の奇怪な事件の調査を開始する。
父親の親友などの協力を得て、やがて暴き出す驚くべき国際的陰謀とは?
巨匠が実力を遺憾なく発揮した待望の新作エスピオナージュ。

20120427_book2

久しぶりにマイケル バー=ゾウハーを読んだ。
著者の本はほとんど読んでいる!芸が細かい?
期待通り面白かった。
一気に読めた!
謀略小説の分類に入る。ひっかけと言うべきか?
著者お得意のナチ物と謀略作戦の組み合わせだ。
過去と現代を結ぶ!
1人の老人が罠にかかる。ロンドンで寝たはずが、ベルリンで目覚める。
そこで逮捕される。その辺は無理があると思うが・・・・・
ドイツ・アメリカ・イギリスの諜報組織が絡む!
次第に矛盾点が明らかになる。
ドイツの女性検事の生い立ちと、老人の62年前の過去が結びつく。
複雑に絡み合うのが面白い!
ドイツの首相の選挙が迫る。ドイツの力を誇示したがる?
アメリカのイラン攻撃に反対する。
反対させないためには、首相を変えるのが手っ取り早い!
その為に壮大な計画が練られる。
アメリカは、こう言う事になれば狡猾さを発揮するイギリスに協力を求める。
それにより大がかりな作戦になる。
作戦名がちょっとふざけ過ぎていると思うが・・・・・
作戦は失敗に終わるが、オチは最後のドイツの首相の変心!
作戦なんて上手くいかない方が多い。
その時、臨機応変に対応できるか?
『代替計画作成』
これが生きたような結末だった。
が、それにドイツ首相がのったような感じがしないでも無い!
それ程のアクションも無く、平坦な謀略小説だが、面白かった!
著者も70歳を超えている。次回作に期待したい。
まだまだ元気で書いて欲しい!

日本に足りない軍事力・江畑 謙介 

北朝鮮の弾道ミサイル、宇宙戦・サイバー戦への対応、海外への平和維持・人道支援活動…。
現在の日本が直面する課題に対して、自衛隊は対応することができるのか。
また何ができて、何ができないのか。日本の備えを検証する。

20120427_book1

北朝鮮の弾道ミサイルが話題になっている時に、タイミング良く手に入った本だ!105円!ブックオフで買った!
2008年発行で少し古いかも知れない・・・・・・
北朝鮮のミサイルの話がある。
今話題のPAC3。
北のスカッドミサイルで1億円、ノゾンミサイルでも1基4億円する。PAC3のミサイルは1本4億円する。
これは矛盾なのか?
裏取引して、食糧援助でもした方が北朝鮮の為になる!
著者の本はよく読んだ。
湾岸戦争の解説で、一躍有名になった。
よく読んでいるせいか、分かり易い!
日本の軍は太平洋戦争時と変わっていないのかと思う。
国としての戦略があるのか?と思ってしまう。
どう言う風に戦うのか?当然仮想敵国がある。
陸海空軍がどう協力するのか?
日本は狭い!そこで空陸の協同作戦の訓練なんか出来ない!
オーストラリアなら出来るだろうが・・・・・
各軍が自分の都合のよい使い方しか考えていない。
実戦を経験していない。だから本当に出来るのか分からない!

隣国の非難を恐れて、中途半端なものを装備する。
政治的配慮が優先されている?
ヘリ空母! 
作るなら本格的な空母を造ればよいのに、中途半端に造るから災害援助にも使い難い例がのっている。
インドネシアへヘリを持って行くが、格納出来ないので甲板上に乗せて行く。格納できない!
ヘリに保護のカバーがいる。
自分ところが空母を持つ!なのに日本が空母、それもヘリコプター空母で本格的な空母で無いのに、持つと非難する!
その非難に負ける。結果高い物になる。税金だ!
輸送機もどうせ持つなら、最近は災害援助にも使うので、ヘリを積める方がいいはずである。
それだけの大きさが欲しい!
が中途半端な物しか造らない。

防衛をどう考えるのか?
北朝鮮のミサイル、原発!やられる前に攻撃するのか?
日本は、イスラエルがやったような専守攻撃を出来ないし、その能力も無い!
米軍に頼るしかないようだ。
すでに衛星による情報は米軍頼みのようだ。

分かり易い本だが、識者と呼ばれる人は読まないだろう!

2012年4月27日 (金)

嵯峨野トロッコ列車 『報道ステーション SUNDAY』より

日曜日の朝にテレビを見ていた。
『報道ステーション SUNDAY』
この嵯峨野トロッコ列車の特集をやっていた。
生い立ちが語られる。
最初はJRから9人で始めた、どちらかと言えば島流しにあった状態だったようだ。
地元も初めは、何しに来たのかと思っていたようだ。
社長は居直りにも似た気持ちでやり始めたんだろう。
3年でつぶれてもよいので、何かやろうと!
苦労したと思う!
現在の桜・紅葉・ライトアップ等結果だけ見ればそんな事は分からない。
桜の木も、自分で植えて行ったようだ!
桜の神と言われる人に教えを乞い、後後まで自分で面倒見ると言ったようだ。
苦労して努力もしたと思う!
辞めたくなった事もあったと思う!
逃げずに頑張った結果だったのではないか?
住民も植樹には協力するようになったみたいだ!

20120427_train

初代貴乃花の言葉!
「努力が必ずしも報われるとは限らない。しかし努力しな奴は最初から駄目だ!」
将棋の米長名人。
「勝利の女神は、努力した者に微笑む!」 時差があろうとも・・・・・・・
外国人の観光も多く、外国語も勉強している!
今では地元も受け入れている。
見ていて楽しい特集だった!

2012年4月23日 (月)

4月23日(月)の日経新聞より  『東西の要 トルコ安定成長をめざす』

一面と言うか2ページに渡りトルコの特集がのっている。
『東西の要 トルコ安定成長をめざす』
トルコの現状が記述される。当然悪い話は無い!
NHKスペシャル 沸騰都市 イスタンブールと、その後と言う番組を見た。

特集は、経常赤字拡大の問題。世界7位の観光大国。現地ゼネコンの存在感。仲介外交での存在感。
日本企業の事が記述されている。

このページの広告を大成建設が出している。
が、可愛い女性のアニメが、作業服を着てヘルメットを持っている。
時代の流れと言えばそうなんだろうけど、何か違和感を感じた。
大成建設は、海峡のトンネル工事を請け負っているようだ!
トルコに進出しているんだろうと思う!
ブルガリアでも地下鉄工事を請け負っていた。
工事中にたまたま休憩中の作業員に声をかけられた事がある。
ご苦労さんです!

企業で言えばダイキン工業が、現地の企業、第2位の企業を買収したとある。
ヨーロッパ旅行にはよく行く。行った先々でビルに取り付けられているエアコンの外機を見て、
何処のメーカーかを確かめる。
ダイキン製も多い。が新しいと思えるエアコンはLG、サムソンが多いように思った。
韓国に今は負けているのを実感できる。
中国では、「大金」
ヨーロッパ・ロシア・アフリカの拠点にすようだが、温暖化と言いながらエアコンを売る。
何か矛盾を感じる!

トルコへ旅行した時の、絨毯屋の主人が行っていた。
トルコはヨーロッパの加工業をやっている。中国が世界の加工業を請け負っているのと同じと言っていた。
まだまだ成長する可能性がある。

トヨタ、ホンダの進出のある。
原発を含めて、インフラの整備もある。
今後どうなるか、興味津津である!
最後に投資信託で、通貨選択型で、トルコリラコースをつい最近選んだ!
吉か凶か?

トルコの原発にカナダ参戦!

東京出張の帰り、電光ニュースを見ていた。4月21日の夜だ!
見ている以外はたいがい寝ている。すると気になるニュースが出ていた。
トルコの原発のニュースだ!カナダ参戦のニュースだ。

トルコからの報道によると同国のユルドゥズ・エネルギー天然資源相は、21日までに日本、韓国、中国と交渉を進める黒海沿岸シノップの原子力発電所建設計画について、カナダとも交渉を始めたことを明らかにした。
カナダ企業とトルコの国営電力会社が20日、事業化調査の開始で合意した。
ユルドゥズ氏によると、6カ月後に受注に関する結論を出す予定。 
トルコは2023年までに原発を3カ所で建設する計画で、1カ所目はロシアが受注。
2カ所目のシノップでは、一時は日本が優先交渉権を得ていたが、東京電力福島第1原発事故を機に停滞し、現在は韓国、中国と競合している。(共同)


日中韓カナダの4カ国の争いになるそうだ。
カナダ企業は6カ月で結論を出すようだ! トルコもしたたかだ!これが交渉と言うのもなのか?
外交もギャンブルか?駆け引きが必要と言うのは、谷岡先生の持論だ!
その通りだと思う!多分日本は無理ではないか?
国のトップの意見が通る国!
国をあげて、大統領がトップセールスする国。
相手のトルコは、かってはヨーロッパを恐怖に陥れた国だ!
支配された経験のあるルーマニア・ブルガリアでは、いまだに後遺症がある感じがした!ブルガリアのガイドさんはそう思っている。
そう言う国を相手に、ギャンブルと言うか、ビジネスを行なえる政治家は、今の日本にいるのだろうか?
結論は今年に出るだろう!

「LEATHER & SILVER MOTO & MOTOR」に寄って!

2002年にフランス、トゥールーズの駅で若い日本人と出会った。
今は、「MOTO」 革製品やシルバーアクセサリーの店と工房を青山に持つ、元池大介氏。

奥さんが昨年2011年に美容院の雑誌で、この店の案内を見つけた。
懐かしい!
珍しく二人で東京に出て来ている。
代々木のブルガリア大使館からの帰り道なので、寄って見ようと言う事になった。
帰り道とはいえ、表参道駅で降りる。
小じんまりした店だった。が、センスよく手作りの商品が並んでいる。
行った時は若い男性のお客さんがいた。
奇麗な女性が接客していた。
奥さんが来訪の目的?を行ったら、ちょうど米子の方に帰っているそうだ。
残念でした!
でも女性が伝えておきますと言ってくれた。
奥さんは名刺を渡していた。
よければ何か買って帰ろうかと思っていたが・・・・・・
又縁があれば会えるだろう!

20120423_moto

Leather & Silver MOTO Aoyama
東京都港区北青山3-10-2
TEL 03-3407-5836
ホームページ

日本ブルガリア協会 第12回総会に参加して。

4月21日(土)、 曇り空ながらブルガリア大使館に出かけた。
隣がブラジル大使館だ。
近くにベトナム大使館もある。

稲荷町から地下鉄で表参道まで行く。
東京メトロで230円!間に12駅ある。
(感覚で申し訳ないが、230円は安い!神戸の地下鉄は高いのではないか?猪瀬副知事はどう思うだろうか?)

表参道で乗り換えて、代々木公園駅で降りる。
二人ともお上りさんだ!
方角が全然分からない!
そもそも奥さんは、開始時間を11時と思っていた。
実際は12時からだ。
途中で気が付いたが、遅いより早い方が良いととりあえず場所を確認に向かった。
駅から歩いて行って、ブルガリア大使館を見つけた。
時間も早かったのでぶらぶらして喫茶店でもと思ったが、住宅街で見つけれ無かった。
総会は大使館に隣接している、大使官邸で行われる。入口が違うので、一筋上の通りまで結構歩いた。

20120421_1_1_2

ブルガリア大使官邸

何人か同じ時間に来ている。
入り口で名前をチェックしていた。チョッと強面のする感じの男性!
ちゃんと、IWAIの名前があった。
ここは奥さんが正会員で、二郎は付録だ!

と言う訳で総会が始まった。
場所は広く無く、パイプ椅子が並べてあった。
出席は50人ぐらいか?
年配の人が多い。
司会は年配の女性で、どう言う人かなと思ってしまった。
後で奥さんが、英語バリバリで話していたと教えてくれた。
議案は特に難しく物は無い。

20120421_1_2

総会の後、椅子を片づけた

あまり会員数が多くないので、大がかりな事は出来ないように思うが、ソフィアに「日本文化センター」の設立する計画が進んでいるそうだ。

会長のの挨拶!
大使の挨拶!
明治のヨーグルトの宣伝!
乾杯の音頭取り。
持っていたグラスをテーブルの上に置いた。
長い挨拶になると思ったら、長かった!

20120421_1_5

大使の挨拶

政治家も来る予定だったようだが、秘書が代理で来て挨拶した。
そこでビュッフェに会場を移した。
行く前にブルガリアの本を置いていると言っていたので見てみた。
チョッと場違いと思う本があった。
張作霖爆殺の本だ!
たまたま司会の女性がいたので、聞いてみた。
爆殺の犯人がブルガリア人と言う話だそうだ!
又今度読んでみようと思う!
ビュッフェについては食べ歩きで。

ビュッフェでたまたまヨーグルトの宣伝をした男性と話をする事が出来た。
大使館の人かと思ったら、明治の人だった。
話をしていて、二郎たちが一般会員と言ったら少し驚いたようだった!
本人は留学で日本に来ていたそうだ!静岡と言っていた。
山登りが好きだと言っていた。
留学からブルガリアに帰り、大学に復学?して、学校の先生をやっていたようだ!
どうも給料が安く転職を考えていた時、日本の企業(明治乳業)からオファーがあったそうだ!

20120421_1_6

明治のニコライさん

日本ではヨーグルトと言えばブルガリアヨーグルトだ!
いい選択だったんだろう!名刺を貰った。
こちらも嬉しそうに奥さんの名刺を渡した。
ブルガリアに2回行った話と、べネッタちゃんの話をして、又行きたいと話をした。
チョッとビックリした様な感じを受けていたようだ。
色々と話が出来て楽しかったです!
会費を払って、お土産(ブルガリアヨーグルトの引換券、ブルガリアローズ)を貰って帰った。
よい経験をさせて貰った。

20120421_1_4

官邸内

20120421_1_7

官邸の庭

2012年4月22日 (日)

日本ブルガリア協会の第12回総会に向けて!

3月ごろに奥さんが何か言っていた。
日本とブルガリアの友好団体に、奥さんが入っている。二郎は家族会員になってるそうだ。
その総会が4月にあると。日までは覚えていなかったが、聞いていたのであることは知っていた。
そんな東京までは行けないと思っていた。

二郎は毎年東京で会議があり出張がある。昔は年2回だったが、今は4回ある。
最初が4月だ。普通は水曜日か木曜日にある。金曜日なんか帰りが忙しいのでやらない!
ところが今回20日の金曜日にやることになった。
今までは千葉の柏に研修所があり、泊りがけで行った。
最近は東京で開催されるので日帰りだ!
奥さんに20日に東京に行くと言ったら、舞い上がってしまった!
総会は21日にあるそうだ!
「ご縁があるんやわ」 「神様のお導きやね!」
とか、好きなことを言っている。
そう言う訳で、押し切られて行くことになった!
奥さんは20日の日から東京に行き、友人と会い美術館に行く予定を立てている!
どうなるんでしょうかネ?

2012年4月20日 (金)

ビジネスに活かすギャンブルの法則⑥九勝六敗人生のすすめ・谷岡一郎

「負けを取り戻そう」が最も危険。
酒といくら飲もうが、愛人を囲っても、一晩で借金の山になる事は無い!がギャンブルにはある。
破滅への道。はまりゆくパターン。
①勝ち経験→自信→甘い認識。
②負け続け→金額アップ。
③借金雪だるま→逃避
④破滅
はまるタイプ!
①自己暗示にかかりやすい人。
②プライドが高い人。
③意志が弱く止められない人。
④まじめだが仕事の上ではあまりうだつのあがらない人。
⑤自分勝手で理屈っぽい人。
⑥わりと数字に強いが認識の甘い人。
よく言う。若い時は人並みに遊ぶ事。
若い時遊ばないで、主婦になり狂っているのが日本!
パチンコにはまっている。借金までする。
学校の答えのある試験に強いエリートは、この答えの無い時代に通用しない!
まともな青春時代をおくっていない。結果ノーパンシャブシャブにはまるアホな大蔵省の官僚!
決断できないリーダー!
不良債権・年金、どれも先送り!
真のエリートではなさそう!
人の成功話は鵜呑みにしない!
先生の持論。たまたま運が良かっただけかも知れない!
真の成功者なんてまれではないか?

最後に言う!
九勝六敗人生のすすめ!
①全財産を賭けるギャンブルは、人生に1回あるかないか。
②大穴狙いは何度かやってみる。
③どう生きても短い一生、精一杯楽しもう!ただし自分の責任で!
④最後に笑う者の勝ち。
人生を楽しもう!
勝ち続けることなんて出来ない。
勝ちが負けを上回ればよいとすべし!
実践して行こう!

ビジネスに活かすギャンブルの法則⑤駆け引きの外交・谷岡一郎

日教組、日本の教育はギャンブルを、悪いと教える。
言っている人間は真面目な人間なんだろうと思う。
ギャンブルなんかに無縁なんだろう!
「性善説」 を信じているんだろう!だから、ゆとり教育なんかを言うんだろう!
こう言う成績の良い人間が、官僚等トップになる。
試験は答えのある問題ばかりやっている。
今のように答えの無い時代では通用しない。
先生言う!
外交でも駆け引きが出来ず、相手のいい様にされている。
中国・北朝鮮・韓国との交渉では、負けっぱなしではないか!
交渉は駆け引きだ!
最初は大きい要求をする。
相手を調べる。弱みを徹底的に調べる。
自分の嫌な事は言わせないようにして、いまだに過去の清算が無いと言う!
いつも思っていたが、日本の交渉役が紳士過ぎるのではないか!
喧嘩が出来ない!
北朝鮮との交渉なんか焦る必要なんかない。
何で正常化を急ぐのか?
いいように言われて来る。
かってアメリカは、北との交渉で、譲れるラインを示した。
ところが北は、強く出れば相手は引くとカン違いしたようだ。
結果交渉がやりにくくなった話があった。
常に独裁者の顔を見て、下手すれば粛清される緊張感のある国と交渉しなければならない!
それなりの覚悟が必要と思うが・・・・・・・

先生言う。テーブルの上に手札を公開しながら、しかも将来の賭け金額予定まで公開しながら、ポーカーをしているオメデタイ国がある!(情けない!)
中国は麻雀を正式な頭脳スポーツとしている。
日本では日教組がある限りそんな事は絶対に無い!
どうも北朝鮮との交渉では、日本が決裂と思い帰るギリギリを見極めて、相手が譲歩した様だ!
それぐらいの覚悟で行く必要がある。
イランに行った鳩山元総理。アホの極みだ!
海千山千のイランに、友愛とか言っている宇宙人が行ったらいいようにされるのは分かってる!
成績優秀のお坊ちゃま!喧嘩も出来ないひ弱な宇宙人!

ビジネスに活かすギャンブルの法則④駆け引きの技術・谷岡一郎

駆け引きの技術!超外交オンチ日本!
交渉には駆け引きがいる!
ポーカー・麻雀は駆け引きのゲームだ!
西欧人はポーカーで鍛えられている。
はったりを効かせる。
マッドデイモンの映画がある。
ポーカーのゲームだ!
相手の癖を見抜く!相手も見抜かれた事を察する!
007カジノロワイヤル。
相手の癖を見抜いたと思うが、相手に利用される!
そう言えばヘンリーフォンダの西部劇 『テキサスの5人の仲間』
もあった。これもポーカーゲームだった!もっとも詐欺師の騙しだったが・・・・・
映画『シンシナティ・キッド』
スティーブ・マックィーン、最後の勝負に負け言われる。
「君は強い、確かに強い。だが私がいる限り永遠にNo2だ!」

麻雀が記述されている。
麻雀に弱い人間!
①場を見ず、自分の手ばかり見る。
②どんな手でも上がろうとする。オリない。
③計算に弱い。
④負け始めるとあせる。
⑤ぐちる。言い訳をする。
強い人間は逆だ!
駆け引きのゲームと言う事はよく分っているつもりだ!
しかしこう言う人もいる。
元ヤクルトのピッチャー安田!
巨人の王を抑える。

大したスピードボールも無いのに、どちらかと言えば度強だけで抑える!
この安田が麻雀が強かったようだ!
自分の手しか見ない!安田が放れば、しょん牌も通ると言われていたそうだ!
そう言う人間もいるんだろうが、例外なんだろう。

将棋の大山名人。
相手の点数は覚えていたそうだ!
子供の頃から鍛えられていれば強い!
そう言えば小学生から株をやっていた村上ファンド!
色々ありますよネ!

ビジネスに生かすギャンブルの鉄則③大数の法則・谷岡 一郎 

勝つと言う事はどう言う事か?
連勝・連敗をどう考えるか?ついている!ついてない!
1024人の人間を二人ずつの組にしてジャンケンで勝負する。
1人500円ずつ持っていて、勝った方が相手の金をとるとすると、最後に勝った人は512,000円手にる!
最後に勝った人は10連勝しなければならない!
9連勝した人間は2人!8連勝した人間は4人いる。
最後に勝った人間は、なんてついているんだろう!
最後に負けた人間は、俺はなんて不幸なんだろう!後一人、後二人勝てば俺のものだった!
先生に言わせれば、ある得る話でツキなんて関係ない!
しかしなかなか割り切れるものでは無い!
話は変わるが、当社もこの遊びをした事がある。
忘年会の余興でやったのだが、2回やった。
100人もいない。
先生にとっては珍しくもなんともないと思うが、これに2回とも勝った女性がいる。
憎まれっ子、世にはばかる!ではないが・・・・・・・
後日その女性に聞いた!
いくら勝った?
興味があって聞いたのだが、返事は 「そんなに勝ってない!」
別に誰もくれなんて言わないが・・・・
高学歴を鼻にかけている、可愛くない奴だった!
もっとも転勤も、そこに居れなくなったからとも聞いたが・・・・・・
何の関係も無い話ですが・・・・・・

『アト付け理論のワナ』
言い訳と言う事か!
もっともらしい理由を、もっともらしい顔で言う!
確かに、こう言う人間は信用しない方が良い!
よく当たる宝くじ売り場があると言う!
わざわざ車で買いに行くアホがいる!
それも吾輩の部下にいる!
売り場も派手に宣伝している!
確率は同じだが、当たると言えば買いたくなる!
先生に言わせれば、アホの極めだろう!

『大数の法則』 
カジノで客の立場から言える事がある。
①回数が多くなれば、勝つチャンスは少なくなる。
②同じ金額を賭け続けると、金額を上下するより勝つチャンスは減る!
③おとなしい賭けを続けると、派手な賭けより勝つチャンスは少なくなる!
要は、引き際を間違わない事が大切!
あの時やめておけば!と言うのは見苦しい!
自分なりの止めるタイミングを決めておく!

ビジネスに生かすギャンブルの鉄則②自己責任・谷岡 一郎

知り合いの話だ!
空港でカジノがあり、60万円程勝ったらしい。
時間があったので、欲を出したら、当然60万円は無くなっている!
引き際と言うか、程々と言う事が出来ない。
オール・or・ナッシング!ギャンブルは熱くなる!
ギャンブルを禁止する宗教もある。教育者は禁止するだろう!
この世は偶然に支配されている。
この世は不公平だ!
人智を超えた、運・不運はどうしようもない!

最初から不運と思い、努力とチャレンジをしない人間は、初めから終わっている!
初代貴乃花の言葉!
「努力が必ずしも報われるとは限らない。しかし努力しな奴は最初から駄目だ!」
よく分かります!

ギャンブルもビジネスも同じ様な物なのか?
どちらもリスクがあり、金を儲けれる!
破産する人は、これこそ教育が悪いと言えるのではないか!
リスクを教えない!そう言う事があってはならない!と思う教育者が多いのではないか?
借金をしてまでギャンブルをする事が理解できない!
それは本人の問題である。
ビジネスに失敗して破産するのも、本人の問題である。

先生の持論がある!
『自己責任』 
放漫経営で会社を潰す!
税金が投入される。おかしいと言えばおかしい!
勝ったら自分の懐へ。負けたら他人の財布から!
ギャンブルではありえないが、この日本では、ビジネスではあり得る。
雪印・三菱自動車。ミスを先送りにした!
リーダーシップの無い人間を社長に選んだ悲劇と論じる!
厳しい意見だがその通りと思う!

ビジネスに生かすギャンブルの鉄則①・谷岡 一郎

「ゲーム感覚」に弱い日本のビジネスマンよ、ギャンブルから「勝負の極意」を会得せよ! 今後のランダム性の増してゆく社会で正しくチャレンジできる起業家・企業家となるために必要な概念を解説する。

201200420_book3

メチャメチャ面白い本だ!
谷岡先生の本はほとんど読んでいる。と言っても学術書では無い。
ギャンブルとビジネスとは違うのか?あまり違いは無さそう!

負けるギャンブラーと、負ける経営者!共通点がある!
ギャンブルを知らないで、ギャンブラーと自分で思っている人!
バルブ期のギャンブラーがそうらしい。

先生はカードについて相当な腕を持っているようだ!
二郎はギャンブルは麻雀しかしない。
後は、皆が買う重賞レースをつき合いで買う程度だ!
麻雀は親父に教えて貰った。
学生時代はクラブの先輩にも教えて貰った!
マア普通よりは上かと、勝手に思い込んでいる!
五味 康祐の麻雀の本を読んだ!五味マージャン大学―10戦9勝の奥義!
内容は納得できると思ったら、親父に馬鹿にされた!同じ様に兄貴も馬鹿にされていた!
「そんな事、皆知っている!」
ポーカーと同じで、ハッタリが必要なゲームである!
人生なんかハッタリで勝負しなければならない時が多い!

優秀と言われる経営者。先生に言わせれば、たまたまついていただけなのか?
破産に至る経緯が記述される。
①誰もが入れない大学を出た、優秀であり資産家である。順調に経営が出来ている。
②土地に手を出し、儲けまくる。
③一部の投資が思うように行かなくなり、借金まみれになる。政治家にも助けて貰うが回復できず、借金だけが残る。
こう言う例は山ほどある。
①儲けても、もっと儲けようとした。
②一度負けると、取り戻そうとした。
③取り戻す為に大きな勝負を挑む。
要は、ギャンブルに慣れ親しんでいない!ギャンブルを知らないからそうなる!
そう言う話からはいって行く。

ギャンブルを禁止して喜ぶのは、宗教家と、日教組と、ヤクザか
確かに教育上悪いと言うのは、日教組だ!
幹部クラスを見ればよく分かる。恐らく遊んだ事なんか無いんだろうと思う!
真面目で融通がきかない!自分が正しいと信じている!一番性質が悪いと思う!
この3つには共通点があるのか?

知らないと恥をかく世界の大問題 ・池上 彰 

リーマン・ブラザーズの破綻で始まった世界金融危機。その後、日米ともに政権交代が実現し、金融危機後の新しい世界の在り方が模索されている。そこで、日本はもちろん、世界におけるさまざまな問題点をとりあげ、その中身を理解し、来るべき新しい時代の世界の潮流を読み解く。わかりやすいニュース解説で定評のある、頼れる“お父さん”池上彰さんがズバリ答える。知らないと恥をかく世界のニュースが2時間でわかるおトクな一冊。   

20120420_book2

世界的な話になる。2009年の発行だ。少し古い。
著者らしく分かり易い。ことさら分かり易く記述している。
渡部昇一の本にあったが、いくらいい事を書いても、読んでくれなければどうにもならない!
そう言えば渡部昇一も分かり易く書いていると思う!

世界の枠組みが変わる!
資源・宗教・民族。
金の流れも変わる。
生存権みたいな話がある。
フランスの地中海連合。インド・中国・ロシア・中東・・・・・・
資源・食糧を確保する。

食べるか?燃やすか?バイオ燃料・・・・・
トウモロコシをどう使うか?
日本はアメリカに遺伝子組み換えで無い作物を高い値段で作って貰い買う!
ところが中国はそんなめんどくさい事は言わない。
それにトウモロコシを作れば儲かるのであれば、面倒な日本向けの作物は作らない。
メキシコで暴動が起きた。トウモロコシを食べれない。

そう言う話が山ほどある。
パキスタン・中東・中南米の反米ネットワーク・・・・・・

書店の事が出ていた。
ラオスは書店が無い。意図的に愚民化政策と取っている。国民に教えない!
反対にベトナムは沢山の本屋があり、人が沢山入っている!
そう言う普通の状況から判断できる事もあるのだろう!

日本の現状も記述している。
年金・郵政民営化・学力低下・天下り等嫌になる話ばかりだ!
本を読まない人間も、一気に読めるので読んでみればいいと思う。

謎とき日本合戦史―日本人はどう戦ってきたか②・鈴木 眞哉

時に白兵戦が起こる。
長島の戦いが出て来る。織田信長は一揆衆の降伏を受け入れながら、銃撃する。
死に物狂いで向かって来て、織田の一族も戦死する激戦になった!
死を覚悟して向かって来る敵に、出来ればそんな戦いはしたくないのにと思っている。
それが戦うと思いがけない結果になる!
そう言う白兵戦も時にはある。

渡部昇一 ドイツ参謀本部に、クラウゼビッチと並んでジェミニの名前が出て来た。
今回このナポレオン戦争の体験者、ジェミニの証言が出て来た。
路地等で偶発的な戦い以外、銃剣で戦う場面など無かったと!

雑賀、根来の鉄砲集団は力があったんだろう!
枯れ木も山の賑い、と言うように数があれば何とかなる。
ここは三千丁の鉄砲が持ち込まれたようだ。
ヨーロッパでは集団でメクラ滅法に撃ったようだ。
が日本では照準を合わせて狙撃銃的に使ったようだ!
よくそろえたとは思う!
細川幽斎の言葉がある。鉄砲は最前線に出さなければならないが、木陰等に配置する。
そうでなけれな討ちとられ、味方が崩れかねないようだ!
鉄砲は防御的に使った方がよかったようだ。
石山本願寺がいい例の様だ!
長篠の武田軍も、守りにまわった方がよかったのか?
関ヶ原も石田三成はそれなりに守りの作戦をたてていたとある!
それも小早川秀秋と吉川広家に潰されたようだが・・・・・

最も幕末の戦いでは、性能が優先されたようだ・・・・・・
幕府も相当鉄砲は持っていたらしいが、火縄銃から色々あったようだ!

坂の上の雲での旅順要塞攻略戦!
これはドラマで見たが、迫力があった!
むやみに突撃せずに、鉄板で防護しながら進み、爆弾をも投げる。
この戦いを沢山の観戦武官が見た!
日本軍の戦い方には肯定的で、歩兵の突撃も評価されたようだ!
最も否定的な意見を送った、ドイツとイギリスの武官は本国で無視されたようだ!
面白かったが、どう言っていいのかよく分からない本だった。

謎とき日本合戦史―日本人はどう戦ってきたか①・鈴木 眞哉

華やかな騎馬武者による源平の一騎打ち、川中島の決戦、信長鉄砲隊の三段撃ち…、
日本史を彩る数々の合戦はどのように戦われたのか?我々に語り継がれた「歴史常識」を問い直し、日本人の戦い方を明快推理する。

20120420_book1

1119年フランスとイギリスがノルマンデイーでアラっそった時の戦いの例がある。
フランス騎士400騎、イギリス騎士500騎で争い、死者3名のフランスの騎士が140人捕虜になった!
著者も言う!真面目に戦っているのか?白兵戦などやっていない!
そう言えばオスマントルコ対ベネチア共和国、クレタの戦い!
塩野七生の表現がリアリティがある。
華々しい騎士同士の戦いでは無い!塹壕戦だ!

白兵と言う物は無かったんだろう!
騎射、弓が主たる武器だったようだ!
軍記物の影響で、華々しい戦いが記述されている。
実際はどうなのか?
鎮西八幡為朝、確か弓が凄かったと子供の頃から知っていた。
確か何人も撃ち抜いたとあった!
これを見て平家は持ち場所を変えたのではなかったか?
と言う事は著者の言うように、昔から弓矢の勝負だったんだろう!

武田の騎馬隊が無かったのは信じれる。著者も山本七平を例に出している。
馬の大きさからも、そんな長く走れない!
長篠の戦いも、鉄砲は集めたが」、三段撃ちは無かったんだろう!
著者の事を言っているのではないが、それはそう検証すればよいので、自分だけが鬼の首を取ったみたいに言わなくてもよいと思う事も多い!
著者は過去の例を出して、どんな傷が多かったかを調べている!
やはり飛び道具による物が多かったみたい。

武田信玄と上杉謙信の、川中島の戦いは、戦国の戦いでも例外的な戦いとの記述があった!
信じれる!どちらも名将だ!
戦国時代、最後の一人までと言う戦いはそんなにも無かったようだ。
本当に戦ったのは、川中島と長篠の戦いとも言われているようだ!
そうすると、記述は無かったが、玉砕した筑前岩屋城の戦いも例外だったのか?

2012年4月17日 (火)

映画・ラルゴ・ウィンチ② 裏切りと陰謀

巨大財閥の創始者ネリオ・ウィンチが暗殺され、後継者として迎え入れられたのは、その存在が極秘にされていた養子ラルゴ。
望まぬ権力を手に入れてしまった彼は、「会社は売却し、資産は慈善事業に投資する」と発表したことで、企業乗っ取りをめぐる陰謀が渦まき始める。
大虐殺に関与したという罠にハメられたラルゴは、自ら真相を暴くことを決意する。
だが彼の行く手には、執拗に追いまわす女性検察官や、財界人たちの黒い野望など、幾重もの敵が立ちはだかっていた!

女性検察官役、シャロン・ストーンが、『氷の微笑』そのままのセクシーボディで魅了!53歳の色気婆としか思えない。
とあるが、男を連れ込む検事なんてやめて欲しい!
「ノーブラ&Tバック」の透け透けランジェリー姿!とあるがこれも役には合っているが、必要無いキャスティングでは無いか!
前作に出演していた、中国系のハーバー大卒のエリートが出ていなかった。
少し寂しい!
が執事は出ていた。嬉しい!
今回も企業買収が主体の話である。
かって読んだ、大沢在昌の小説の中に出ていたセリフがある。
主人公に言う。味方みたいなふりをして来る奴が、一番怪しい!
そんなもんなんだろう!
のっけからカーチェイスだ!
ロシア・ビルマ・タイと舞台は変わる。

20120417_movie2

ラストシーンの前だが、ホテルの部屋に入ってこないようにする。
ホテルのドアに入らないようにとのメッセージをかける時、隣の美女が出て行くところで見とれて札を間違える。
マアよくある出来ごととは思いますよネ!
007にもあったが、飛行機から落下傘無しに落ちる。それを追いかける。
落ちていくのに後から追いかけて、追いつけるのだろうか?
又、お互いの位置がずれているのに修正できるのだろうか?
途中で抱きとめ、一緒に落下傘で降りる。
本当の話なんだろうか?
フランス俳優では、昔リノバンチェロ。今ジョン・レノが好きだ。
フランス俳優は、奥さん影響で知るようになってきている!
面白かったです!

映画・ラルゴ・ウィンチ 宿命と逆襲

たまたまテレビを見ていた。WOWOWだった。
そしてたまたま放映していたのが、ラルゴ・ウィンチだった。
奥さんの大好きなフランス映画だ!見た後に奥さんが調べると、続編がDVDで出ると!4月13日でレンタラ開始と出ていた。
早速奥さんが借りて来ていた!

まずは、映画・ラルゴ・ウィンチ 宿命と逆襲

ヨーロッパのベストセラーコミックを映像化したアクション。
巨大財閥グループの創設者、ネリオ・ウィンチが何者かに暗殺される。
ネリオと長く縁を切っていた息子のラルゴは、全財産を自分に託した亡父の棺の前で宿命に従うことを決意するが…。

20120417_movie1

主人公は何事も自分でやらなければ気が済まない。
脱獄・カーチェイス・ヘリの襲撃・海へのダイビング・・・・・・
一杯ある。
暗殺の黒幕は誰なのか?
何処の馬の骨とも分からない息子がグループを相続する!
当然役員達は反対する。
この中に犯人はいると思った!
ライバル企業がいる。
親父に忠実?な部下も誰か裏切っているはず!
実際に裏切っている。黒幕は最後に分かる。
主演はトメル・シスレー!なかなかイケメンだ!
スタントマン無しで、自分で危険なシーンの撮影もやったそうだ!
面白かったです!

神戸国際会館で4月に思う事・・・・・・・

神戸国際会館で4月に思う事・・・・・・・

三宮をウロウロしている。
神戸国際会館がある。そこは仕事の都合でよく通る!
4月になると人が多い!
団体が多い。入学式をやっているようだ。大学、高校と。
3月は卒業式もやっていた!
最近は父親もついて行くケースが多いそうだ!
記念写真を写しているが、3月とは又風景が違っている。
おとなしいポーズだ!
3月はよくやれると思うような格好が多かった。何処も同じようなポーズだった・・・・・
卒業と入学とは違うのか?

先日沢山の人が集まっていた。
何かと思ったら、AKB48のコンサートだったようだ!
ええ年をしたおっさんが声をかけて来る!ダブ屋だ!
エスカレーターの乗り口で声をかけている。
「券あるで!」
相当高い値段で取引されるようだ!
最近はネットでも取引されると聞いた。
これは犯罪なのか?それだけの金を出しても欲しいと言うのだから、それこそ個人の自由だ!
そんな事を思いながらウロウロしています。

20120417_akb

2012年4月15日 (日)

渡る世間に鬼はいるのか?いないのか?(二郎バージョンです)

自分の事を記述する。
その年まで何もなくよく生きて来られた!
と、奥さんや知り合いに言われる!
車上あらしにあった話をアップした。
その前にタクシーで定期入れを忘れた。(キャッシュカード、クレジットカードもはいっている)
全然気がついていない。
奥さんから電話がかかってきた。
タクシー会社から家に連絡があり、カードケースを忘れている!
その次の日は降りる時小銭入れを忘れた。これはタクシーの運転手がクラクションを鳴らして、教えてくれた!

20120414_taxi

店でカメラは忘れる。
店の人が追いかけて来てくれる。
人の善意がにじみ出て来ている!
人徳と言うべきか!
そこら中からブーイングがきそう・・・・・・・

ともあれ、渡る世間に鬼はいない!
車上あらしの件で、自分の運の良さを改めて実感した。

見通す力・池上 彰 

「これから」をより正確に見通すためには、情報を集めるだけではダメ。ジャーナリストとしての経験をもとに、新聞、雑誌、テレビ、書籍、インターネットなどのメディアから価値ある情報をつかみ、今後を予測していく手法を初公開する。不安に満ちた時代でも、「これから」を読むことができれば仕事や人生もよい方向に変えられる。

20120414_book2

最近又ブックオフとアマゾンに凝っている。
その中で探した本だ!
著者の経験が語られる。
見通す為の方法がある。池上流だ!
①情報の収集
②情報の選別
③仮設の設定
④仮設の検証

情報の収集・選別
継続は力なり!
方法は何点かあるが、続ける事に値打ちがありそう。
新聞。テレビ等を使う」。ただし編集されていると思う事!
又複数の記事を読む。同じ事でも違う意味になる。
全盲のピアニスト、辻井さん。確かに凄いと思うが、冷静に全盲のハンデを取り去って見守らなければならない。
コンクールも普通のコンクールだったようだ!
日本ははしゃぎ過ぎとは思う!
ウイキペデイアは大つかみするのに使う。鵜呑みにしてはいけないようだ!情報の入り口として使う!

仮設の設定・検証
仮設を立て、検証して、間違いがあれば仮設を修正して再検証する。
なんか当たり前の事ではないか!
分かり易く説明してくれているのか・・・・・・・
自身の経験談が記述されている。

最後に自動車業界の予測が記述されている。
マイナス要素・プラス要素・気になる要素を考慮する。
そうすれば今後も大きく伸びるとあった!

終わりに損得が自分にかかれば情報収集にも力が入るとあった!
他の本も読んでいきたい!

車上荒らし・・・・・・・

知り合いが車上荒らしにあった!
二郎ではない。
昼に駐車場に停めて食事に行ったようだ。
屋内駐車場だ!
パソコンとかばんを車に置いて食事に行った。
今のご時世、仕事に必要なのでパソコンは持ち歩いている。
持ち歩かな仕事にならない。

それが間違っているが・・・・・・
食事から帰って来ると窓ガラスが割られ、かばんを盗まれていた。
かばんの中に現金とカード類が入っていた。
直ぐにカードを止めたが、銀行で現金を引き出されていた。
それとカードで買い物をされていた。
わずかな時間の間にやられたようだ!
警察に事情聴取された。
その時に警官に言われたようだ!
身内と言うか、知っている人の犯行ではないか?
と言うのは、駐車場には高級車も停まっている。
それより、うらびれた?バンを狙っている。
パソコンに手を出さずにカバンだけ盗って行った。

プロは現金で満足する!
わざわざATMや電気屋でカードを使う危険な事はしない!
必ずカメラがあるのを知っている!
実際に使った時間と場所(ATM)は分かっている。
警察はその場所の映像を手配している。
そう言われてみればそうかと思う!
盗難になるので、キャッシュカードの引き落としのお金は、いくらか戻って来る。

暗証番号は生年月日はやめよう!
今回盗まれたかばんの中に免許も入っている。
それで暗証番号を当てはめたようだ!
うかつだった!
盗難なので、後は保険会社の対応になる。
過失割合!
暗証番号を生年月日にしていると、戻って来るお金は少なくなるようだ!
皆さん、気をつけましょう!

20120414_car

参謀本部と陸軍大学校・黒野 耐

日露戦争に勝利した新興国家はなぜ破綻したのか。組織の欠陥と無定見な教育に敗戦の真因を見出す新史観。

20120414_book1

明治維新後の、参謀本部の設立から記述されている。
山県有朋が重要になる!
よく分からない人物だ!野望はある!
陸軍を牛耳る。

陸軍と海軍の対立!
統合参謀本部の設立!
陸軍はロシア、海軍はアメリカと。
国としての戦略が一本化しない!
それがよく分かる!

ドイツ参謀本部よりメッケル少佐が日本に来る。
もう一人ゴルツ大尉がいたが、トルコに派遣された!
ドイツのとってはトルコの方が重要だったようだ!
このメッケル少佐が実戦的な戦術を教えた。
児玉源太郎を評価したした話は、司馬遼太郎で知っていた。
昭和の様に独断はしない。
児玉源太郎も分をわきまえている!

渡部昇一「ドイツ参謀本部」に政治と軍事のバランスが出ていた。
ビスマルクとモルトケが協力していた時、最大の力を発揮した。
がフランスに勝ってからは偏っていたようだ!
日本も日清・日露戦争はどこで終戦に持って行くかとの認識が、政治家も軍人もあったようだ!
こう言う場合は組織が多少まずくても、人が修正できる。
勝算も終結構想も無しに太平洋戦争に突っ走った昭和の日本!
修正も何も出来ない!
ちょっと疲れる本でした。

2012年4月11日 (水)

戦国15大合戦の真相―武将たちはどう戦ったか・鈴木 眞哉

群雄割拠、武将たちが戦いに明け暮れた戦国時代、さまざまな合戦のドラマがそこに生まれ、今日に伝えられてきた。しかし、 「思い込み」と「思い入れ」による「俗説」が一人歩きをし、それぞれの合戦の真相は意外と伝わっていない。
信長が今川義元を討ち取った桶狭間から、鉄砲で有名な長篠合戦、謙信・信玄両雄激突の川中島、
天下分け目の関ヶ原や大坂の陣等々、戦国15大合戦の真実の姿を明らかにし、「天下人」中心の歴史観を打ち破る痛快な真説。

20120411_book2

著者の持論が展開されている。
桶狭間・川中島・三方原・長篠・織田水軍の鉄船・明智光秀・小牧長久手・関ヶ原と、他が記述されている。
川中島、信玄と謙信の一騎打ち。ロマンは残るがやはり無かったんだろう!

後世の歴史を知っている現在から見れば、なんとでも言える!
御用学者のねつ造と言う意見は同感である。
家康にしても勝ち残ったから神君と言われる!
明智光秀と同じく負ければ何を言われていたか!源氏を詐称したとも言われるだろう!

疑問に思い調査するのは大変と思う。
文献を調べ、年代等間違いがないか調べる。
しかし著者に怒られるかも分からないが、疑問に対する答えを探し出しているような気がしないでも無い!

武田騎馬軍団。これは山本七平の武田信玄を読んだ後だけに、そう思う!
山本七平は実際に兵役に行き、馬で補給していたので馬の事はそれなりに分かっている。
そう言う人が言うのなら信頼できる。
著者はそれほど、藤本正行ほど他の著者を批判はしていない!(本心は分からないが)

明智光秀。やはりそれなりの武将だったんだろう!
二郎の大好きな陰謀説は、やはり無かったんだろうと、今では思う!
これも運が無かったんだろう!
秀吉の信じられない運の強さに寄る。

関ヶ原。徳川家康は勝つべくして勝ち、石田三成は負けるべくして負けた!
それは結果論で、家康も焦っていたと言われる。
司馬遼太郎、「関ヶ原」では、本多正信に言う、「そこが博打だ!博打を打たずして天下が取れるか!」
又、序盤でどちらかと言えば、西軍に押され気味で、小早川秀秋がどう動くか分からない時、仲介をした黒田長政に詰問した話もあった。
やはり焦っていたんだろう!
隆慶一郎、「影武者徳川家康」でも、終わってみれば先を読んだ家康の完璧な勝利!とかの記述があった。
実際は薄氷の勝利の様に書かれていた。
あまり家康の事を誉めすぎても仕方がないとは思う!
石田三成も打つ手は打っている。
著者の別の本では、宇喜多秀家が精鋭では無かったのではないかとの、指摘があったこの宇喜多家のお家騒動を利用して宇喜多家の戦力を抜いた様に、さまざまな手をうったのは事実と思う。
石田三成が人の心まで読めなかったのは事実のようだ。
家康は人心をつかむ為に手紙を書いていたようだ!その数からして違う!

著者の本はまだまだある。アマゾンで検索して1円の本を探した。
セコイ!送料が250円!合計251円!ブックオフに行けないので買ってしまった!

偽装国家Ⅱ ~底なし篇~ ・勝谷 誠彦

食品偽装だけじゃない。年金、原発、防衛、大相撲、政治家…みんなウソばっか!
いかげんにしろ!偽装追及第2弾!なぜ各所で「偽装」が相次ぐのか?
本音と建前の間に生まれる「利権の構造」から、日本を蝕むガン細胞のありかを解明。この「偽装理論」がわかると次の偽装も見破れる。

20120411_book1

勝谷お得意のテーマで、Ⅱ、続編だ!
ズバッと書く!
利権談合共産主義!読んでいるとその通りと思う。
分かり易い例がある。
食品偽装から始まる。
よく製造者を見る。無い方が多い。販売所しか書いていないもが多い。
いつも疑問に思っていた。同じ製品が、例えば「飛騨の雷鳥」になり、はたまた「アルプスの花」になるのか?
地産地消ではない。そんな事をするから賞味期限の偽装をする。
ミートホープなんて最低だ!告発があり、会社も危ないと思い、妻に8千万の退職金を払う。
従業員は解雇されている!
市中引き回しの上さらし首で良いのではないか!

高校野球。
池井優の言葉とは思えない。
「公表したら夏の甲子園なんかできない。」
誰もが分かっているが知らんふりしている。
ええ加減なもんだ!
地方?で野球で有名な高校がある。
その高校を卒業した知り合いに聞いたが、勉強もせず野球ばかりやっているようだ!
それで卒業できる!
高校野球なんて美しなんて思うから間違っている。
プロ予備軍が争っていると思えばいい!

亀田兄弟。
TBSが売りだしたようだが、あの喋り方!
チャンピオンはそれなりの品格も必要!
頭の悪いのが丸分かりだ! 隠そうとしない!それを売りにしている!
内籐大介に対する試合!
アントニオ猪木が、総合格闘技を見ているようだと、的確な表現をした!

大相撲。
そう言う物と思うか?
スポーツにして真剣にやるのか?
これも勝谷言う通り、談合になるのか?

耐震偽装・年金管理偽装・赤ちゃんポスト・防衛利権。
マア読んでいて楽しくは無いが、納得してしまう!
利権が絡む。天下りのポストを確保する為に、目をつぶる。誰も真剣にやらない。
やれば利権が無くなる。
責任の所在をあいまいにする!利権が大きいほどあいまいになる!
いまだに年金で揉めて、犯罪を犯しているアホがいる。
いっそ死刑にすればよいと思うが・・・・・・
税金を納めないアホに何も言わない!
社保庁を機関があるらしい。監視すると言う事は、おかしい事をしているから監視する。
それが 「性善説」 を唱える!虚偽申請をする人はいないだろう!
この人たちは仕事も適当にやっていたのだろう!
天下りで、必要とされる人もいる。とすぐに反論があるが、勝谷流ではないだろう!
勝谷は同和にも、在日にも、創価学会にもはっきり意見を言う!(この点は偉い!)
別に差別している訳ではない。むしろ同じ様に扱っていると思う!
勝谷節だ!
楽しくは無いが一気に読めた!
勝谷ももっと読んでもらうには、そう言う努力が必要ではないか?
服装・口のきき方(亀田と変わりないようだが・・・・・)

昭和の名将と愚将②・半藤 一利・保阪 正康

愚将の方が面白かった。
瀬島龍三が愚将に入っている。
インパール作戦の牟田口廉也とコンビで記述されている。
しかし瀬島龍三が生きていたら書けないのではないか?
いや書くだろう!
台湾沖航空戦の戦果の間違いの電報を握り潰したと言われている。
ソ連との密約!
シベリアにいたのは事実だが、佐官だったので、イが取れて左官になったと言っていたようだ。
戦後も語らず、ソ連の回顧録も間違っているとして、勝手に手を加えて修正したようだ!
誰か亡くなり、その記録が出て来るのを、恐れたようだ!
能力はあったんだろう。
天皇陛下に差し上げる報告書を、実に上手く書いたそうだ!
相手に気にいられるように書く。
どう書けば気にいられるか分かっている・・・・・・
実戦を知らずに作戦を立てていたようだ!
虚像が先走っているのではないか?

牟田口廉也と同じ章なのは、同類項だからか!
メチャメチャ、頭がおかしいのではないかと思ってしまう。
よく書かれたイギリスの文献のコピーを持ち歩き、正当化していたようだ!
戦後インタビューに言ったら、必ず家の外で話したようだ。
家族に聞かれたくなかったんだろう。
「牟田口廉也が畳の上で死ぬのは許せない!」
かっての部下?兵隊に言われている。
東条英機もおかしい!

当然出て来た、辻政信!
実動ははどうだったんだろうか?
人に責任を押し付けているのは確かみたい!
おのれの固定観念にみで考える。
上手く行かなければ相手に責任を押し付ける!
身近にいる感じがしないでも無い!


保阪 正康が言った、海軍にも責任がある。
米内・山本・井上が異質で、海軍の本流は開戦派の方だったようだ!
その代表、岡敬純・石川信吾のコンビ。富岡定俊も入るのではないかと思うが・・・・・
敵を知らず、己も知らず、戦いを始めた!
戦後、アメリカの戦力を想像できなかった、とヌケヌケと言っていたのではないか?
責任も取らずにどう思っているんだろう!

評価なんてどうすればよいのだろうか?
声の大きい、威勢のいいのが勝ちか!

読んでいて富永恭次、情けなくなる!
許せないタイプ!

読んでいて面白かったが、人間て変わらないと思う・・・・・・

面白かったが、人間て変わらないと思う。。。

昭和の名将と愚将①・半藤 一利・保阪 正康

責任感、リーダーシップ、戦略の有無、知性、人望…昭和の代表的軍人二十二人を俎上に載せて、敗軍の将たちの人物にあえて評価を下す。リーダーたるには何が必要なのか。

20120407_book1

「昭和陸海軍の失敗」 はコンビで評価されている。コンビは同罪のようだった。
今回の 「昭和の名将と愚将」 もコンビで記述される。
今回は半藤一利と保阪 正康の二人の対談だ。
その方がいい!

名将と愚将に分けられている。
「愚将は強兵を台無しにするが、名将は弱兵を強兵にする」
  
服部征四郎と辻政信の組み合わせは同じだった。
他は少しずつ違っている。名将の条件を探る。
①決断を自分で下せる。
②任務の目的を明確に伝える。
③情報を自らの目や耳でつかむ。
④過去の成功体験にとらわれない。
⑤常に焦点の場所に身を置く。
⑥部下に最大限の任務の遂行を求める。

参謀にも6種類ある
①書記官型
②分身型
③独立型    (源田実)
④準指揮官型 (辻政信)
⑤長期構想型 (石原莞爾・永田鉄山)
⑥政略担当型 (石川信吾)

名将・愚将も妥当な名前が上がっている。
栗林忠道、再評価されている。
硫黄島からの手紙のおかげか?
二郎は昔から知っている。米軍の被害が日本を上回っている。
ペリリュー島、天皇に島とよばれ持久戦に持ち込んだ戦場だ」!
明治38年の19期は日露戦争の将校不足で、一般中学からの合格者だけだったらしい。
今村均・本間雅晴がいる。
太平洋戦争は、権限も責任も取らなかった人、権限ばかり駆使して責任を取らなかった人が多い!
問題はあるが、阿南惟幾・大西瀧治郎・宇垣纏・・・・・・
山下奉文、 「自分は知らなかったが責任はとる」
潔かったのではないか!

名将の名前は納得出来る。
特に陸軍軍人、インパール作戦、宮崎繁三郎。ジャワ・ラバウル、今村均。
戦後も名将は出しゃばらない。
静かに、亡くなった兵の事を思っている感じがする。
小野寺信が記述されている。
スウェーデンから情報を流す!
取り合ってもらえない!
負けるはずですよね!

2012年4月 8日 (日)

NHKドラマ・マチベン(2006年放映)

オンデマンドで見た。
たまの日曜日に奥さんがオンデマンドで見ていた。
つられて見てしまった。
江角マキコの主演で、今話題の中島知子が出ている。大阪弁で面白い役だ!
人生がある。
それぞれに過去がある。
問題になりそうな話題の話だ!
全6話だった。
どちらかと言うと、過去の清算の物語だ!
こう言うドラマは大好きだ。

20120407_machiben_2 

6年前に作られている!
マチベン!
街の弁護士!
人情派になるのか?
最初にお坊ちゃんの、エリート?の若手弁護士が江角マキコと争う!
敗れてマチベンに誘われる。
苦労がはじまる!
成長過程が描かれているのがいい。
一気に見てしまった!
とかく批判も多いNHKだが、こう言うドラマは大好きだ。
面白かったです!

志道 広良・「君は船、臣は水」 

志道 広良は毛利家の家臣。
毛利隆元に、この言葉を言った為に歴史に名前が残った。
志道 広良(しじ ひろよし、応仁元年(1467年) - 弘治3年(1557年) 相当な長寿である。

毛利氏の庶家として、代々の毛利家当主を補佐していた坂氏の庶流で、父・元良の代から志道氏を名る。
毛利興元の代から毛利家執政を務めていたが、弟・元就の器量を早くから見抜き、親交を結んでいた。
毛利元就とその弟・相合元綱との間で争いが起きると、元就を支持して、他の14人の宿老とともに署名した起請文を提出し、かつ足利将軍家の同意もいち早く取り付けた。
その後元綱を擁立した宿老の坂広秀、渡辺勝の謀反はあったものの、元就に無事家督を相続させることに成功した。元就の軍師的な役割を、さらにはその子隆元の後見役を務め活躍し、91歳の長寿を保った。

毛利隆元に 「君は船、臣は水」 家臣は水であり、その水が無いと船は浮かばない
また、水は簡単に船をひっくり返す。だからこそ君臣の関係は大切にしなければならない)と、主従関係を例えている。 がそうであろうか?
要は君でいられるのも、臣があってのことだと言いたかったのでは無いか?
君でいたいのなら、臣を大切にしろ!
小沢一郎みたいな感じがする。

時代の変化を感じる!(映画ランボー2を見て・・・・)

夜にWOWWOWでランボーシリーズをやっていた。
ランボー2は好きな映画だ。
最後まで見てしまった・・・・・・

時代を感じた!
任務はかって戦ったベトナムに捕虜がいるかの確認に行く。
いない事を写真に撮って来る事だ。
この任務は分かる。
しかしカメラにフィルムを入れる場面があった。
1985年ぐらいの設定だからと言うと当然と言えば当然ある場面だ。

20120407_movie1

しかし今だったらデジカメだ!
それに写した写真も今だったらタイムリーに本部に送れる。
それより衛星から写せば分かる感じがしないでも無いが・・・・・・・・
時代の流れと言うか、歳を感じた場面だった。

秋山信友・武田二十四将

最近は戦国時代をよく読む。色々読んでいたら、甲斐侵攻の場面で岩村城の話も出て来た。
武田信玄の配下の、秋山信友の名前が出て来た。 好きな武将の1人だ。
イメージは珍しく司馬遼太郎で無い。新宮正春だ。
不敵に笑う策士と言う感じだった?
名前はいくらかありそう。春近! 虎繁が本名のようだ。しかし信友の名が好きだ!
秋山信友の絵は好きだ。 座っていて、抜いた刀を見ている絵だ。
秋山信友と言えば、ほとんどこの絵ではないかと思う。
二枚目だったと言う。

20120407_busyo

信玄亡き後、死に場所を求めていたとも言われている。
秋山信友自身は、岩村城を攻めた時の開城の条件を守った。
反対に織田信忠に攻められたとき、城兵の助命を条件に降伏したが、 約束は守られずに皆殺しにされ、自身も信長の叔母と共に処刑された。
信玄と共に生きた武将だったようだ。
皆が反対した 織田方との縁組を勧めたように、先見の明があった重要人物だったと思う。
亡くなったのは49歳。まだまだ働けた年だ。 

岩村城は行った事がある。
日本三大山城のひとつと言う。他は高取城、備中松山城だ。 上り下りがきつかったと思う。 
行った時は、女城主の城を売り物にしていた。
その前に、明智・苗木城と行った。
城跡と渓流の旅だった!

2012年4月 4日 (水)

タクシーに乗って・・・・・・

急いでいたのでタクシーに乗った。
三宮からハット神戸までだ。
行く途中運転手さんと話をした。
69歳で63歳の時にガンになった。
リンパ腺関係のガンでまだ残っていると言っていた。
建設の仕事をしていて、発病後タクシーの運転手をやっている。
今は日の半分ぐらいしか働いていない。
と言う話をした。
引きこもっていても余計に悪くなると思っているので、働いているそうだ。
まだまだ働けると思う!
病気に負けずに頑張って欲しい。

ついでに子供さんが未だ独身のようだ。
娘さんは薬剤師で、なまじ安定しているので余計結婚しないようだ!
つい愚痴がでる。
薬剤師になる時反対すればよかったかも・・・・・・・
ずっとそんな話をしていたら、すぐに目的地に着いた。

20120403_taxi

二郎もいつ病気になるかもしれない!
気をつけよう!?

亀井静香・座右の銘:至誠一貫

亀井静香!
面白い人だと思う!
ちょっと調べてみた!
昔スチュワーデスを臨時で雇う話があった。
乙女の心をもてあそんでいる、とか何とか言っていた。
又税金の話になると、煙草・酒税を上げるように言っていたのも覚えている!
他に言う事が無いのかと思った。
単細胞と言う言葉が当てはまりそう!
四角い顔であの声!
強面がしそう!
調べてみたら面白い信条があるようだ。

20120403_kamei

座右の銘:至誠一貫
意味は「最後まで誠意を貫き通すこと」
誠意と己の信念?とは違うような気がする!
郵政民営化については公認を貰えないと言う事になったが、「そんな事出来っこない!」と高をくくっていたが、最後はちょっと可哀想になっていた。
弱者救済と言うか、目立つ事しかしていない感じがする!
なんせ税金を使いたがっている感じがする!
猪瀬直樹・池上彰の本に少し名前が出ていた!
当然よくは書かれていない!
声が大きいのが勝ちなのか!
新党結成と言われている!石原慎太郎も入っているのか?
もう過去に人なのではないか?
それでも声が大きい!

直江兼続 戦国史上最強のナンバー2・外川 淳

豊臣秀吉の死後、天下統一を狙う徳川家康に対し、「直江状」をもって主君上杉景勝とともに抵抗するも、関ヶ原の戦いに敗戦。会津百二十万石から米沢三十万石に減封されるという未曾有の危機にさいし、「上杉」というお家存続のため兼続が打ち出した経済政策とは?米沢藩発展の礎を築きながら、自身の死後、直江家断絶の道を選んだ男の生きざまに迫る。

20120403_boo2

直江兼続は書きがいのある武将なのか?いくらでもありそうな本である!
たまたまブックオフで見つけた!105円だ!
最近 「関東戦国史と御館の乱」 を読んだ。それから気になっていた武将、北城高広を調べた。
ますます甲斐・越後が気になった。と言う時に直江兼続を見つけた!
内容は目新しいものではない。
実際の姿、実像はどうなんだろう!
関ヶ原の時、最上領に侵攻した。
山形城前の、長谷堂城を落とせていない!
無駄に兵を失いたくなかったんだろうが、手間取り過ぎだった!
指揮官としての能力はどうなのかと言う声もある。
関ヶ原敗北により、最上領からの撤退の指揮は誉められている!
実際に戦った戦いは、あまり伝わっていないようだ!
直江家へ養子に行ったが、奥さんの力が大きく、家中をまとめたようだ!
越後から会津への転封の指示は、詳細に書かれていたようだ!
行政家としては超一流の様だ!
やはり、密謀、関ヶ原でイメージが決められていると思う。
潔い生き方だったんだろうと思う!

織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで・谷口 克広

家督を継いだ十九の年より本能寺に没するまで、織田信長は四方の敵と戦い続けた。
初期には、劣勢を覆した桶狭間の戦いのように少数精鋭の部隊を自ら率いて戦い、後には、浅井・朝倉氏攻めや対本願寺戦のように、羽柴秀吉らの部将を配して多方面にわたる戦線を同時に指揮した。
際だった戦巧者ぶりを示す戦略や戦術への考察も併せ行い、天下統一の基礎を作った信長のすべての戦いをたどる。

20120403_boo1

織田信長の戦いが良く分かる。どちらかと言えば方面別に記述されている。
大体は知っている話だ。
話は変わるが、歴史家と言うのは大変だ!どれが信用できる資料か?
鵜呑みにせずに検証する。ある文献には記述されているが、他には記述されていない。
ウソとは言わないが、間違いもある!その中から選ぶのも大変と思う!

上杉謙信と織田信長の戦い。手取川の戦い!織田軍、敗北!
かなりの戦いがあったと信じていたが、どうもそんな大がかりな戦いでは無かったようだ!
本願寺との戦いは悲惨だ!織田信長でなければあそこまでやっていないだろう!
戦いで死んでいく武将も多い。
生きていれば面白かった武将も沢山いる!
著者の本は、親衛隊・司令官・消えた家臣たち、と読んだ。
それぞれに繋がりはあり、同じような内容だが、復習している感じで面白かった!

武田信玄の人材活用術(山本七平・戸部新十郎より)

会社に置いていた本がある。山本七平、武田信玄論(乱世の帝王学)だ!
片付けの最中にちらっと見てみた。読んだ時に感心したところがあるのを思い出した。
人材の活用方法だ。ちょっとまとめてみた。

よく言われているが、信玄の人材評価術がある。
①うっかりしている人を、落ち着いた人と見そこなう。
②軽率な者を、すばしこい人と見そこなう。
③ぐずな人を、沈着な人と見そこなう。
④そそっかしくて、早合点にあわせる人を敏捷な人と見そこなう。
⑤もののわからぬ人は、道理が分からないので、はっきりとものを言わないが、それを慎重な人と見そこなう。
⑥何の思慮もなくものを言う人を、利発者と見そこなう。
⑦信念のない者は知りもせぬ事を作りごとして、意外と強情にいいはるが、それを固い信念を持った負けず嫌いの人間と見そこなう。
納得する項目がほとんどだ!

エピソードも多い。
ある時武田家を去らなければならない人がいた。信玄は見送るべからずと申し渡した。
どうどうと見送った同僚がいた。責められたが言い返した。
「そもそも同輩を見送ると言う事と、武田家に忠誠を尽くすと言う事は別である」
これが織田信長なら即座に首は飛んでいる。
この辺は武田信玄だ。問題を分けた。
「何何某の行い良し!以後命令に背くべからず!」
一度は許すと言う事だろう!

「渋柿の木を切って小練を継ぎ木するのは小心者のすることである。渋柿は渋柿のままで役立てなければならない!」
渋柿は渋柿のまま育てて役立てる。甘柿に作り変えて口当たりよい部下だけ可愛がって、渋柿のようにひと癖もある部下を除外してはいけない。
と言う事らしい。
しかしこれには別の意見もあるようだ・・・・・・・

以上が特に印象に残った!
他にも色々あるようだ。
三人の武者の武道の話を聞く子供の態度
①口をあけて、語る者の顔を見ているばかり。
②耳をすまし、少しうつむいてこれを聞く。
③語る人の顔を見て、少しずつ笑い、笑顔で聞いている。
④途中で席を立つ。
2番目の子供が楽しみと言う。
3番目は才知が過ぎて人の憎しみをかう。
蒲生氏郷はこういう場合、目を輝かしていたと言われている。
自分はどうか?
絶対に武田信玄にはなれない!
武田信玄論(乱世の帝王学)は読み返そう!

2012年4月 1日 (日)

戦国武将・北城高広・(越後の名将)

井口 朝生著、狼火と旗と (1961年) を読んだのは大分前だった。
当然?古本屋で見つけた本だった。
直江山城守の話だった。
それまでは司馬遼太郎、関ヶ原でしか知らなかった。直江を主人公にした本としては初めて読んだ本だ!
この中で北城高広が出ていた。
直江の口から名将と言うことで出ていた。
初めは、ほうじょうと思っていた。
きたじょうだとは知らなかった!
その時から名前は知っていた。

御館の乱で景虎についた事も知っていた。
事実は分からないが、謙信にも背いたとある。
これは文献の誤読との話もある。
謙信より関東方面の政治や軍事を任されたのであり、高広が武将として優れていたようだ!
御館の乱では、子の景広と共に上杉景虎を支持して上杉景勝と戦うが、北条城などを落とされ、景広は戦死し、自身は武田勝頼のもとへ走った。
武田氏の滅亡後、北条高広は滝川一益に仕え、一益の没落後は北条氏に服属する。
その後没落したとある。

安芸の毛利と同族!
大江広元が祖先であり、名前に広の字を用いる。
誇り高かったのだろう!
なまじ実力があるだけに問題も多かったのではないか?
治めた場所も悪かったのか?
御館の乱では領地と離れ過ぎていた。
単独で景広を雪の為少数の兵で御館に送ったが、態勢をひっくり返すことは出来なかったようだ!
興味ある武将の1人である。

20120401_busyo

ブランド元はどうなっているのか?②

先日ミント神戸の韓国料理の店に行った。
「シジャン」
奥さんが後で教えてくれた。
ここは 「グルメ杵屋」 の系列だと。
ほんまかいなと思った。
本当だった!
調べてみて驚きだった!
儲かると思ったら何でも手を出すのか?
儲からなければ直ぐに手をひくのかと思ってしまう!

うどん:杵屋・みのり・麦まる・つるり・めん房・きなさ・穂の香・むぎ方。
そば:そじ坊・寄り道・おらがそば・そば野・結月庵・二尺五寸。
洋食:グルメ・ブレーメン・ろむれっと・開明軒・ラパッソ・じゃぽるーじゅ・ブレッツカフェクレープレー・ロムレット。
丼・和食:丼丼亭・かつ里・どんぶりキッチン・天はな・天亭。
韓国・アジア:シジャン・市場・サイアムオーキッド・ティーヌン・香楠荘・河内長野荘・レストラン太陽。
これだけブランドを持っていたら、何が何だか分からなくなりそう!
丼屋なんか同じ様なサンプルが並んでいると思っていたが、やはりそうだったのか?
調べていて面白かった!

20120401_shijan

ブランドの元はどうなっているのか?①

麺ロードの事を調べていたら、面白い事がわかった。
この厨房は隔たりが無い。隣から隣へ動ける。
出来あいレースと聞いたがその通りだ!
調べてみたら株式会社北海が3店経営している。
1店は別系統みたいだが・・・・・・
ラーメン屋にも沢山のブランドがある。
アパレルもそうだがいろいろブランドがあり過ぎる。
同じところでスープなんかもつくっているかと思うと、世の中が信じられなくなる!

20120401_ramen 

先送りできない日本 ”第二の焼け跡”からの再出発 ・(角川oneテーマ21)池上 彰

東日本大震災後、緊急刊行!! いろいろな面で行き詰まっていた日本、しかし、震災を機に課題の先送りは許されなくなった。私たちはいま何を考え、何を解決していくべきか。復興のための真摯な提言!

20120401_book2

先送り出来ない事ばかりのようだ!
特に印象に残った話がある。
補助金の話と韓国だ!
やらないでもいいとは言わないが、ただで貰えるとなれば貰うバカがいる。
バラマキばかり言っている様な気がする。
公平と言いながら何も公平で無い!
つぶれる物は潰れる。無理に延命してもろくな事が無い。
税金も無駄に使う。
貰った人も働かない!
こう言う話になると、亀井静香が出て来ている感じだ!
著者言う、亀井静香らしい社会主義的政策だそうだ。顔だけ見ていたら、ガチガチの保守派と言うか右翼みたいな感じなんだ
が・・・・・・・
どうも全体を見ず、小さな事ばかり、大衆受けする事しか言っていない感じがする。

そう言えばJALのアルバイトのスチュワーデスの話を批判したのも亀井静香だった!
韓国は1998年の通貨危機で考えを変えたようだ!
今のギリシャみたいな感じだったそうだ。
貿易立国に舵を切ったようだ。
それからは努力している。今はテレビは韓国に押されっぱなしだ!
人口が5千万で日本の半分!
日本はなまじ1億もいるので、その中で充分に需要がある。
ガラパゴス現象か?
だが韓国は打って出なければならない!
大統領自ら売り込む!オール韓国だ!
今から10年前の話だ!
日本もまだまだ頑張れると思うが・・・・・・・

以下気になる事を並べる。
①日本から毎年のようにスウェーデンに視察に行く。高福祉国家を見る為に!嫌みも言われる。
「毎年毎年視察に来るが、日本は何か変わったのですか?」
税金も無駄使いをしている。
②こんにゃく芋も関税はメチャメチャ高い。
何故なら生産地は群馬県!上州だ!
ここは総理大臣が多い。
福田赳夫・中曽根康弘・小渕恵三・福田康夫と総理大臣が続く。
農村票がいる為だ!
③砂の国の高性能品
トヨタのランドクルーザー。故障しない!
ロシア製AK47自動小銃。突撃銃か!砂が入っても打てる。
繊細ではないが頑丈だ!
④南米の地レジ放送は日本方式が採用されたようだ!これからは南米も発展す
る。
ブラジル・アルゼンチンがある!(個人的意見ですが・・・・)

関東戦国史と御館の乱 ~上杉景虎・敗北の歴史的意味とは? (伊東 潤・乃至 政彦)   

一五七八年(天正六)、上杉謙信の死により勃発した「御館の乱」は、東国の大名が天下取りの趨勢から大幅な後退を余儀なくされた戦国史上の大事件だった。

20120401_book1

近衛 龍春の「上杉三郎景虎」を読んだことがある。
長編だった!
寺に入れられ、武田三郎・上杉三郎と養子に行かさられた、いわば悲劇の武将でもあると思っていた。
他に「密謀」「天地人」とか読んでいる。
と言う知識の中で読んだ本である。
なかなか面白かった。関東戦国史と言うべき内容だ。
伊東潤氏が在野の上杉氏研究家である、乃至政彦氏を紹介している。
読んでいて真面目な研究家と思ってしまう。
非常に納得出来た。
甲相駿三国同盟。
武田・北条・今川・上杉と、騙し合い?が記述される。
非常に分かり易いと思った!
第3部から乃至政彦が記述している。
まず謙信の後継者はどちらだったのか?
これに対する答えは私でも知っている。
①景虎
②景勝
③二人後継者
④決めていなかった

乃至 政彦氏んの回答は、非常に分かり易かった。
大変納得した!
関東における上杉・北条の争いがある。
後継者が北条の血ではまずいのか?
謙信は国人に、よく反抗されている。
家督をほりだしたりしている。
越後内部でも言う事を聞かない国人がいる。
性格なんだろうが政治家では無かったんだろうと思う。
軍人だ!日本史上最大の最高の戦術家では無かったか?
この後継者は、誰がなっても苦労するだろう。
景虎後継で、北条・上杉・武田の連合が出来ていたら、面白いが結果は同じか?
伊東氏は違う結果になると思っているようだ!
が誰が指導権を握るのか?いずれも 「帯に短し、襷に長し」 か!
景虎の子、謙信の孫、道満丸が後継ぎで、どちらが後見人になるかの争い!
武田家の後継ぎと同じ話かと思ってしまう。
この本では直江山城守は出て来ない。
出て来なくて正解か?
大変面白く新鮮だった!

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。