« 太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21) 保阪 正康 | トップページ | トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行―ルーマニアの古都を歩く・内藤 陽介 »

2012年8月13日 (月)

8月12日、昼前後の喧騒(右翼の街宣車の行進)

12日朝仕事で三宮の事務所に行った。
朝9時前だったがちょっとビックリ!
神戸国際会館の所に行けば、円形の階段状の座って休憩できるところが囲いがしてある。
しばらくすると張り紙があった。
17日の全教組の大会の事が書かれている。
それによると地下の通路を閉鎖すると。
サンチカから抜けれないようだ。そりゃ困る!エスカレーターで1階に上がる人は!
そごうからも入れない。
階段部で休憩する事も出来ない!

20120812_kokusai4

20120812_kokusa5

交差点にポリス、兵庫県警、機動隊?
沢山の人がいた。
車も多かった。指揮車・バス等が止まっている。
だいたい想像はついた。
仕事に行ったがやはり気になる。
昼前に交差点の所に行った。要は見に行った!
集音マイクがあった。街宣車のマイクの音の大きさを測るのだろう!
大きすぎれば捕まるのか?

20120812_kokusai_1

何か動きがあわただしくなった。
指揮車?が動いて隊員が動き出した。指揮車には人が乗っている。
音楽が鳴り、街宣車が2台来た。
最初の車が、「国際会館は会場を貸すな!」
続いて後の車が、「貸すな!」
繰り返して走り去った。ガラは良くない!
県警の車も元の位置に戻った。

しばらく見ていると又車が動き出した。
来るのかと思ったら来た。今度は4台だった。
マイクは同じような内容だが、 「全教組?を粉砕せよ!」
が付け加わっていた!
車が又元に戻った!

チョッと興奮した。見物客?も多かった。足を止めてみている人も多い!
休憩がてら昼食に行った。
仕事もせずに何をしているのかと思った。

昼食後交差点で見ていた。何人か同じような人がいる。
しばらくすると車が動き出した。人間も沢山動き出した。
何か緊張感が漂っている。
配置の人間も多い!

20120812_kokusai_2

遠くから怒鳴り声が聞こえてくる。
しばらくすると街宣車が来た。
信号で停止して、順番に走って来る。
間に普通の車も入っている。
何台来たのか始めは数えていたが途中でやめた!
50台近かったと思う。
マイクの内容は変わらない。
変わったのがあった。
「私達が来るのが分かっているのに何故やるのですか?」
「神戸産業会館かな?」 間違っていました!
「神戸国際会館は何故貸したんや!」
「いじめの問題を話し合うのか?」
「全教組は解散せよ!」
ときどき 「こりゃ!」 と大きな声がした!

20120812_kokusai_3

街宣車が信号で止まっている時、集音マイクを車のスピーカーに近付けて測っていた。
そりゃ大きな値が出るだろう。
警官と言い合いになっている車もあった。
外人も足を止めて見ていた!
街宣車には、竹島、尖閣諸島も大きく書いてあった!
最後と思える車が去った後、警官達が元に戻った。
嵐が去った後のようだ!
17日はどうなるんだろう?

« 太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21) 保阪 正康 | トップページ | トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行―ルーマニアの古都を歩く・内藤 陽介 »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

紹介、情報」カテゴリの記事

コメント

 毎年街宣車が出て,わけのわからない人たちが、たいせつな集会を全国に変な政治的色眼鏡で見るよう誘導していく。私は大会の内容・場所・参加費を調べようとしただけなのに、それが全然わからないまま。

集会をする方が悪いような書き方は本末転倒です。このような妨害を許していると、政治活動だけでなく市民運動や企業活動、株主総会などが、妨害活動により周囲に迷惑を掛けるという理由で開催できなくなります。
開催場所を提供した神戸国際会館をあっぱれとほめてやりたいけど、商業施設を休業したことなどは、右翼に屈服したことになりませんか。日本で自由にものが言える間に、右翼の活動を許さない社会にしておかなくてはと思います。

わざわざ子供達を休ませて(休校にして)、平日にやるような集会が大切ですか?反日教育を話し合う集会なんていらないと思います。右翼は迷惑団体であり圧力団体でしょうから役割は担ってますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/46673107

この記事へのトラックバック一覧です: 8月12日、昼前後の喧騒(右翼の街宣車の行進):

« 太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21) 保阪 正康 | トップページ | トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行―ルーマニアの古都を歩く・内藤 陽介 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。