« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

サムスンの決定はなぜ世界一速いのか②・吉川 良三

以下気になった事をまとめて見た。
①韓国は、社員教育が徹底しているようだ。
読んでいると凄まじい。徹底的に教育されている。
地域専門家。
語学から徹底的にしごかれる。文化、考え方をも学ぶ。
例えば日本に来る。何もかも自分でやらなければならない。
住居を先に行っている知り合いにでも相談しただけで帰させられる。
そこで相手の国との人脈をつくり、ニーズを感じる。
日本は良いものを造れば売れると考えている。
それじゃ負ける!
インドで20万円の車が出来た。それでいいと思っている。何も日本で必要とされている付属品?は要らない。
なのに日本は色々つけたがる。
イスラムで礼拝の時間にコーランが流れるテレビ。メッカの位置を示す携帯。
そう言う物を付けて成功する。日本なんかでも出来るはず!
0、1度の精度が要るのか?
日本は要らない精度まで比較の対象にしていると言う!

②「石橋を叩いて渡る」
韓国では石橋は渡らない。誰もが渡っている橋を渡っても二番手だ!
腐っているような木材の橋を渡り、橋を潰して追随されなくする。
一つの失敗が繰り返されるのは、同じ環境、条件である。そんな同じ事は二度とない。
今日と明日では何もかも違う。だから失敗を恐れない。
先頭を走らなければならない。二番手ではダメ!と言う事が徹底している。
スピードを何より重要視する。
と言う事で日本を追随する事をやめて、独自の事をやり始めたようだ!

③アラブ首長国アブダビ原発。
日本とフランスが本命だったが、オール韓国に負ける。
韓国は日本やらせる。と言ったようだ。
原発は東芝に発注したようだ。(情けない!)
ただ現地では、サムソン等韓国企業の方が名前は売れている。それが有利にはなったようだ。
ソニーやパナソニックは韓国の企業に負けている。
サムソン、LGのテレビが置いていなのは日本だけと言う。
日本人は良さが分からない。

④著者の面白い例えがある。
日本はリーグ戦をやっている。トーナメントでは無い。
今負けても次があると思っている。
危機意識が無いと言う。
いまだに景気が良くなれば、業績も良くなると思っている人が多い。
ソニーとパナソニックが有機テレビ巻き返しをはかる為手を組んだ。
これは良い事と思う。もう余裕はない。
が揉めて、相手にええ目させるぐらいなら、韓国が勝っている方がいいなんて思わないで欲しい。
もう余裕はない!
オール日本で行くべし!
日本も今が底と思い、韓国の真似をするのではなく、見習うべきところは見習い頑張るだけではないか?
韓国も10年ちょっとで立ち直った。日本も出来ない事は無い!

著者のこの本を読んでいて感じた!
今シャープがリストラを始めている。この技術者たちは仕事を確保しなければならない。
国内で無理なら、仕事があるところ、サムソン等に引っ張られるのか?
日本の危機だと思う!
考えさせられた本である!

サムスンの決定はなぜ世界一速いのか①・吉川 良三

家電や半導体における韓国企業の世界的躍進を支えたもの、それは「すばやい意思決定」である。詳細なリサーチや顧客ニーズの把握により、新興市場を素早く制圧することを可能にしてきた韓国流の意思決定術を解説!

20120830_book1


実際にサムソンに10年近く務めた実体験が語られる。
わずか10数年前は、韓国も危うい状態だったのに、今の状態だ。
テレビは圧倒的に負けている。その他いろいろ負けている。
かっては日本のモノマネと言われていたが、危機以来考えを変えた。
著者はサムソン、李健熙会長自ら電話されて誘われる。
会長は早稲田大学で学んだとは言え、良く日本人に声をかけたと思う。
著者自身そんなに長くいるつもりではなかったが10年務めた。
韓国の日本人町に住まずに、韓国の中に住み、韓国人と話をして、韓国語も覚えたとある。
出来る人がそこまでやれば、人もついて来てくれると思う。
ゴジップめいた事は記述していない。

韓国と日本の考えの違い。
韓国は、「金の為に働く」 とはっきり言う。
日本は、「社会貢献」 と言う。
日本は、金金と言う事が汚い、という風潮がある。
貪欲になっていない。
どちらがいいかという問題は、色々回答がある。
著者言う!
韓国、「金と度胸でいいとこ取り」
中国、「金と脅しでいいとこ取り」

何かを得るには、「産みの苦しみ」 がある。
李健熙会長は危機の時、50歳だったが70歳に見えるほど苦しんでいたそうだ!
上昇機運に乗り出した時、現状に満足している経営幹部を一新したそうだ!
恐らく自殺に追い込まれた人もいるのではないかと思う。
そこまでの危機感をもっていたと言う事が記述されている。
頭が痛いですネ!

日本の 「足し算方式」。韓国の 「引き算方式」
製品化すのに、それをつくるコストを計算し、製造原価や確保したい利益を加算する、足し算方式。
売れる価格を調査し、そこから削減できる原価を算出して、製品化する。引き算方式。
ニーズに合うやり方があるが、新興国の場合は引き算方式が良いのだとは思う。
それを徹底している。売れるものをつくる。
有機テレビがある。最初はソニーが先行した。
価格が問題で製品化にまで至らなかった。
が韓国は、「多少高くても省エネのなります」
相手の求めるものをつくる。

携帯電話がある。
電話とメールが出来ればよいが、そんな機種は無い。
そこである物を使っている。
何の必要があるのかと思う!
日本でもおそらくそう思って使っている人は多いと思う。
日本でそんな物が売れる理由が分からない。
もっとも電車に乗って、ずっと携帯を触っている学生から見ればこちらがおかしいのでは?
世界で日本の携帯が売れないのは分かる。
自分も発展途上国にいる人ですワ!
日本は、顧客のニーズに応えていない。
良いものなら売れると思っている。
新興国はそんなものではない。そこで買って帰る。持って帰る。
欲しいのがなければよそへ行くだけである。日本の求めている差は必要無い。
となれば待たせるのではなく、品数も多くユーザーの希望に添う物を切らさないでおく事も必要とある。
在庫管理も問題があると言う。

韓国も今は追われる立場である。李健熙会長はそれを見越していると言う。
慢心しないように、さまざまな手をうっていると言う!

2012年8月30日 (木)

ナルト・ルイヴィトンと八尾

自分でもおかしいと思う。
そごう神戸店のフラワーロード側に、ルイヴィトンのショーケースがある。
時々変わる。
昔の事だが、朝方突然車が止まり、ショーウィンドーをハンマーのようなもので割って、中の物を取って行った事があったらしい。
見たわけではない。聞いた話だ。
そのショーケースに写真のようなものがある。
これが八尾に見える。
もっとも足だけだが・・・・・・
何でもナルトに結びつける昨今です!

20120829_viton1

20120829_viton2

2012年8月29日 (水)

歴史でたどる領土問題の真実 中韓露にどこまで言えるのか② ・保阪 正康

歴史問題と領土問題が一緒になっている。
かっての大日本帝国、世界をドイツと二分する事を考えていたアホがいる!
マア良くそんな事が実現できると思ったのかと思うが・・・・・

北方四島、竹島、尖閣諸島について記述されている。
どうしても明治以降日本が外へ目を向けてからの話になる。
対外的接触し始めるといさかいがある。

北方四島
幕府がロシアと交渉して国境を決めた。
これは正しいとされる。
ロシアも認めた。
太平洋戦争に負けておかしくなる。
おかしくなると言う言い方が問題かもしれないが・・・・
日本が海外領土を放棄する。
日本列島は当然日本だ!が島はどうなる?
樺太なんかは日露戦争の火事場泥棒的な感じで日本領土になった。
千島列島、これはソ連の物になる。
が日本の言う北方四島は含まれるのか?あいまいだったようだ!
ロシアは当然含むと主張。日本は固有の領土なので日本領土だと!平行線をたどる。
この流れは分かり易く記述されている。
私めにも良く分かる。
終戦時、択捉島には1万3千人の日本兵がいたようだ。
抵抗せずに降伏し、全員シベリアへ送られたようだ!
日本のロシアに対する恐れ、不安、怒りは全て終戦前の満州侵攻にあると思われる。
その後のシベリア抑留!複雑な感情がある!
エストニア国境問題が記述されている。ここも国境で揉めている。いまだに解決しない。
ソ連の強引なバルト三国の併合が後を引いている。
ロシアは一度獲得した領土は決して離さない。とされる。
高まる実効支配に対してどう対応するのか?
 

竹島

この島も色々あったようだ。特に日露戦争に関わる。
この本は韓国大統領の上陸前に記述されている。
した後の感想も又出て来るだろう。
日本が各国に確認して島根県に編入したのは1905年とされる。
それが、それまで日本の領土でな無かったと言われる。
各国に確認したと言うが韓国はその時は韓国で無い。
日本に実効支配?されていたから。
マア韓国は承認していないとい事なんだろう!
兵庫県選出の国会議員、土肥隆一。馬鹿の極めか?
兵庫県に住んでいる者として恥ずかしいですよね!
日本は、日本固有の領土と言う。どちらも言い分はある。
日本は李承晩ラインの恐怖がある。
子供の頃だったが、韓国は恐ろしい国だと思った。
これから韓国の実効支配が始まる。
この島には何もないと言えば語弊があるかもしれないが、ツアーまであるのは驚きだ!
これについては当分冷静になれそうにないだろう!

尖閣諸島
ここも領土になった経緯は、はっきりしている。
ただ1895年に領土編入したがその10年前から編入しようとしていた。
10年前は清国に遠慮したが、10年後は遠慮しなかった。
10年前は日本は弱小国で、清はアジアきっての超大国だった。
10年後は清は弱小国になった。
そのどさくさにまぎれて編入したとも言う。
だから日本領土なのは間違いないが、日本固有の領土と言うのはどうかと言われている。
そう言うから竹島と同じで話にならない。
ただ竹島と同じで、領土だと確認した。と言うのは正しいと思うが・・・・
資源がなければただの岩に過ぎない。あるので中国も台湾も騒ぐ!
異常なほどのナショナリズムだと思う。先日の香港の上陸。
顔を見ていても、何故中国領土かを説明出来そうな感じはしなかった。
むしろ暇なんかと思いたかった!日本もすぐに対抗処置を取る。当然の反応になる。
中国は狡猾?と言うよりしたたかではないか?
中国に、はっきり言えば思うがままにされているのが現状か?

最後に著者の意見がある。敗戦によって何を学んだのか?
①他国の領土を奪うことによる損と得を計測してみるべきである。(歴史)
②自国の文化や文明が唯一絶対と考えたときにそこに生まれる独善を考える必要がある。(文明)
③国境とは何かを改めて私たちの問題として捉えなければならない。(国家)
④不当に奪われた自国の領土はどれだけの時間を経ても、その正当性を主張し続けなければならない。(権利)
⑤領土空間の拡大は必ずしも国民の幸福や充足を生むとは限らない。(教訓)
まだまだ時間がかかるのだろう!

歴史でたどる領土問題の真実 中韓露にどこまで言えるのか① ・保阪 正康

どう守り、返還させるか?威勢のいい言葉だけでは進展はない。
解決策は「歴史」の中に書かれている!明治維新時の領土と、その後の戦争による拡大。
敗戦での急激な縮小と、戦後の枠組み。それらの歴史の裏側までを厳正に検証する。
21世紀の視点に立った日本の主張。

20120829_book2


2011年8月の発行の本だ。1年後状況は非常に悪い!
この後もう1冊著者の本を読む予定である。
最初からきな臭い話が記述されている。
恫喝と狡猾!一字違いでも大して変わらない!
心配と信頼!一字違いで大違い!もあるが・・・・・
東北大震災で、と言うかそれ以前から日本の国力は落ちている。
見透かしたように、この時期に中国は尖閣諸島を占領せよ!という意見があったようだ。(恫喝)
ロシアはこの状況下で日本に島を返却すれば、感謝され後がやり易くなる!(狡猾)
舐めらっれっぱなしなのが良く分かる。
ロシア大統領、韓国大統領、香港の分けの分からないアホども!
落ち目になるとい事は辛い!
日本のシャープの現状。パナソニックもソニーも対して変わらないのではないか?
世界最強とまで言われ1兆円の益があるサムソン!
はっきり言って素晴らしいと思う。
シャープなんて何年か前はエライ勢いだったと思うが・・・・・・
クロアチア空港。空港からの道路の看板。
現代自動車の看板が並んでいた!

ロンドンオリンピックでの韓国の男子サッカーの政治活動!
テレビインタビューで若い女性が 「正しい事をしているのに何が悪いのか?」
居直っている!
その後、ロンドンの市民だと思うが、我慢している人も多いのだから、
やってはいけないと言われているところで、やってはいけない!
正当な意見だ!
ただ韓国も全部が全部そうでは無いと信じたい!
尖閣問題での中国の若い女性。 「日本製品をボイコットして懲罰を与えるべきだ!」
かってベトナムに懲罰を与えると言って、侵攻した国だ!
国力と言うのは正直だ!国民が感じている!相手の国も感じる。
中国近代文学の父といわれる魯迅は 「打落水狗」つまり 水に落ちた犬は打て、という言葉も残している。
落ち目になった者に冷たいのはどの世界でも同じだが、儒教圏はそのやり口がまた冷酷みたいだ。 
「死者に鞭打つ」 と言うことわざもある。
韓国のことわざににもあるみたいだ。
「川に落ちた犬は、棒で叩け」 ということわざが韓国にあるらしい。
もっとも犬と言うのは、狂犬のことで、水に落ちて可哀相だと思っても狂犬は危険だから哀れみをかけてはいけない。という意味のようだ。
韓国も中国も相手を見ている。
韓国大統領、言わなくても良い事まで言っている。
「天皇が訪韓したければ謝罪せよ!」
要は来るなと言っている!

先日神戸三宮に右翼の街宣車が多数来た。
当然竹島、尖閣諸島、北方四島の事もアジっていた。
ましてここは韓国領事館がある。
どちらも困ったものだと思う。

そんな時期なので読んだわけではないが、やはりそれがあるから読んだ!
特に著者の本だから読んだ!

日本人の戦略的失敗・戦史研究会・北岡 俊明

国の800兆円を超す借金、経済力の低下、少子化、教育の崩壊、危機的な食糧自給率など、いま日本が抱える数々の大問題は「戦後敗戦」であると著者は言う。先の大戦で負けたことは言うに及ばず、戦後もまた日本人は自らの戦略ベタによって国家存亡の危機に陥っている。
もともと日本人は戦術的な民族であり、細かな職人芸やモノづくりには長じているが、戦略的な民族であるアングロサクソンの手玉に取られてきたという経緯がある。
戦史を見ても、戦術的な作戦では目の覚めるような成功をおさめても、結果として肝心な場面で敗北を喫している例が多い。真珠湾作戦がその典型であろう。
本書は、戦史におけるこうした日本人の戦略ベタの事例を教訓に、戦略的思考の重要性について説いた本である。この悪弊を克服しなければ、沈滞するニッポンを浮上させることはできない。現代の日本人にいま最も必要な、まさに「救国の書」である。

20120829_book1

著者が言う。現在は戦争を知らない世代になっている。
太平洋戦争の終結に伴い、各地から帰ってきた人達が必死で働き、復興できたと言う。
日露戦争はまだ明治維新をくぐり抜けた志士たちが生き残っていた。
太平洋戦争時はそういう人がいなくて、負けたと!
確かにそう言うところはあると思う。
言われ続けるがリーダーがいない。リーダーを育てない、育てようとしないと言う!
1年ごとに首相が変わる。長期的な戦略が成り立たない!
みんな期待していない!最初は期待するがすぐに醒める!
著者は、この日本失敗を 「戦略的思考力」 が無いと言う!
戦史を研究しない。出来ない。すれば軍国主義と批判する識者が出てくる。
出番だ!と思っているのかと思うが・・・・・・・
著者はifの歴史も研究する事が必要だと!
歴史には戦史も入る。むしろ戦史を研究すべきだと!
ノモンハン、真珠湾、ミッドウエ―、ガタナルカナル、シナ事変が分析される。

まずノモンハン。
ソ連の情報が公開されて来ている。双方の被害が判明したようだ。
どうももう一押しすれば、我慢すればどうなっていたかわからないとする。
日ソ双方とも山っ気があったような気がする。ソ連の方が用意周到だったようだ!
日本の兵の強さはソ連のジェーコフ将軍も認めていたようだ。
著者言うように、40キロの荷物を背負い、200キロメートルを移動する。
確かにすごい。
が戦闘に勝っただけだったんだろうと思うが・・・・・
著者は、半藤一利、三野正洋を批判?している!
もう一つ、著者がほめていた、谷光太郎も読んでいる。
私めは、三者の本はほとんど読んでいる。
その批判については釈然としないものがあるが・・・・・・
著者も同様の立場だと思うが・・・・・
あとからでは何とでも言える。

真珠湾攻撃。
山本五十六が批判されている。
特に第2次攻撃をやらずに、石油貯蔵所を攻撃しなかった事を批判している。
そもそも真珠湾攻撃そのものを批判している。
著者が批判している三野正洋がifを書いている。
第2次攻撃を行ったとしても、それほど後の状況は変わらないとしていた。

ミッドウエー。
これも戦闘経過は言いつくされていると思う。
日本は情報軽視に尽きるようだ。

ガタナルカナル。
この章で、日本のフルライン政策を批判する。
トヨタに対する日産。同じようにしても勝てない。
絞らなければならない!
この辺りは三野正洋の著書に詳しい。
日本は差をつけたがる
例えば戦闘機。アメリカ・イギリス・ドイツは機種を絞っている。
日本は色々作りたがる。
陸軍機がそうなんだろう。海軍はゼロ戦に絞っている。
兵力の逐次投入の批判。
現在の日本の経済政策がそうなんだと思う。
韓国サムソンの 「選択と集中」 の戦略!
グローバル戦略!
日本の電機業界。フルライン政策で電気釜から原子力まで!
これでは世界で勝てないとされる。
著者の本で、個々の戦闘の話では、勝てたのにと言う話が多い。
その時勝っても後に繋げれない。
やはり負けたのだと思うが・・・・・

シナ事変は著者の主張通りになればと思うが・・・・・
講和により中国から撤退しておけばよかったのにと思う。
戦術は得意でも戦略は不得意な日本人とある。
著者の言うように個々の戦闘には勝ったかも知れない。
が戦略が無いのでそれだけの事なのか?
いたるところにその例が出てくる。
日本の兵士の泣けるような話も記述されている。
素晴らしいと思う」!今の政治家に読ませればよい。
政治家についての批判はその通りと思える。
役にも立たない政治家が多すぎる!
「救国の書」 とは、大げさと思うが・・・・・・

2012年8月27日 (月)

映画・プロメテウス

エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から、共通するサインが見つかる。発展した時代も場所も異なるこれら古代遺跡で見つかったサインを、考古学者のエリザベスは人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析する。人類の起源の謎を解くため、エリザベスや恋人ホロウェイ、女性監督官ヴィッカーズ、精巧なアンドロイドのデヴィッドら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーションが建造を手がけた宇宙船プロメテウス号に乗り込み、未踏の惑星を目指して出航する。2093年、目的の惑星にたどり着いた一行は、砂漠に広がる明らかに人の手により造られた遺跡を見つけ、その奥へと足を踏み入れる。しかしその惑星では地球の科学では計り知れない異常な出来事が次々と起こり、脅威となって彼らに襲いかかる……。

20120827_film

お客さんはよく入っていた。見たのは前から2番目の席だ!
最後まで見せる映画だ。予告編では人類起源の謎を強調していたが、ちょっと違った!
古代の遺跡の壁画に共通のサインを見つける。星だ!同じ星が描かれていると思われる。
これを説明する時は時代を反映している。
空間に遺跡の写真が次々現れる。
ともあれこのサインが何を意味しているのか?
これを招待状と読む。メソポタミアの時代に招待状を出すかなと思った。
共通のサインと言えば、プレデターVSエイリアンの時も遺跡に共通のサインがあった・・・・・・・
時代が2090年なので宇宙船も凄い物が出来ている。
行先は何処か分からないが、3年ぐらいかかる。睡眠で行く。冷凍睡眠なのか?
17人が行く。シャーリーセロンが似合っている。服装と言いさまになっている。
いろんな専門家がいる。戦闘の専門家はいなかったようだが・・・・・・・
地質学者が言う。金で雇われたと。
どうもこのプロジェクトは会社が行っているようだ。エイリアンと同じだ。ウェイランド・コーポレーション!
エイリアンに出てくるのはウェイランド・ユタニ社!
監督はエイリアンと同じリドリースコットだ!
監督のこだわりもあるのだろう!
探検に行くが怖い所だ!外の空気は有害だが、調査場所は空気は地球と同じだ。
ここからは不気味だ!
調査は最新技術が用いられている。将来はこんなものが出来るのだろうと思わせる。
ロボットかアンドロイドか人造人間か、デヴィッドが不明瞭な動きをうる。
誰かの指示を受けている感じが、もろにする!
ここには神とも思える建造物がある。そういう風に見せる。
人類を創造した、何者かをエンジニアと呼ぶ。
遺跡と言うが遺物がある。頭部を持ちかえり調べる。人類と同じ顔をしているがサイズは大きい!
これをDNA分析する。一致する。始めは何と一致かと思ったが、当然人類とだ!

不気味な生物が出て来る。これに乗組員が襲われる。
明らかに何かの貯蔵庫と思われる場所がある。ここでデヴィッドが筒を持ちかえる。
これが後に響く!
エリザベスは妊娠する。3か月と言う。あり得ない話だ。デビットが絡んでいる。
胎児は異形の者だ!赤ちゃんでは無い。これは恐ろしい!これがまた最後に生きる。
あちこちに餌を撒いている。

このプロジェクトの責任者が現れる。エンジニアに会おうとする。
エンジニアは滅んでいる。が生き残りが一人いる。
これに会う!
エリザベスはもう創造者と思っていない。破壊者と思っている。
エンジニアは乗組員たちを殺し地球へ行こうとする。
これを止めさせなければならない。
ノンストップで最後まで進む。
止める方法は想像通りだ!
エンジニアも死んだと思ったが、リドリースコットだ!そんなに簡単には死なない。
エリザベスを襲う!
撃退方法が面白い。
エイリアンと同じでアンドロイド、デビットは死なない。首をちぎられても生きている。
最後は続編を期待させる終わり方だ!

地球にプレデターとエイリアンがいたのは古代からだ!
エイリアンが生まれたのはいつなのか?時代背景が複雑になっている感じだ!
非常に楽しめたが、リドリースコットワールドが広がっている映画だった!
映像が奇麗で、大変面白かったです。

2012年8月25日 (土)

リスク、不確実性、そして想定外・植村 修一 

災害、事故、電車の遅れ…。誰もがいつも「リスク」に直面しているが、その本質を理解する人は少ない。「ナポレオンの100日天下はなぜ終わったか」「信長はなぜ本能寺で討たれたか」など歴史の事象から、日常生活のトラブル、ドラマの主人公の失敗まで、バラエティに富んだ事例を交え、リスクとは何か、管理するにはどうすべきかをわかりやすく解き明かす。

20120825_book3


「季下に冠を整さず」
李(あんず)の木の下で冠を直すと、李を盗んでいるように疑われるのでしないほうがよい!
とのたとえ!
疑わしい事は、疑われるような場所でするな!とのたとえだ!
最近のもっとも分かりやすい例が、ロンドン五輪の韓国サッカーの竹島のプラカード問題。
これは間違いなく確信犯と思う!
衝動的、渡されたプラカードを持っただけだと!
ハングル文字だからみんな分からないので、政治的意図はないとか言っている。
掲げた本人はハングル文字が分かるはず。
内容も分かってやったのは間違いない!
要は疑われるような事はするなと!


読み終わり、真っ先に韓国サッカーの事を思い浮かべた。
その次は小沢一郎だ!
政治資金について、何度も疑われるような事をしている。
検察の問題より、本人の問題と思う!
毎回の言い方、言い訳が凄い!
何回同じ事をしているのかと思ってしまう!
かばう側近も問題だらけだ!

先走ったが、この例えが出ているのは、流石リスクの本だと思う!
リスク・不確実性・想定外。
実際の例、歴史上の例と一緒に記述されている。
知っている話が多い。
サムプライスローン、リーマンショックの状況。
確率論もある。
「今回は違う!まだまだ大丈夫!」
根拠なき楽観主義!

ワーテルロー、バルジ大作戦、ミッドウエー、ワーテルロー、スペイン無敵艦隊、関ヶ原とある。
知っている話がほとんどだがやはり面白い。
著者の分析も記述されている!

もうひとつ面白いことわざ、格言がある。
「羹に懲りて膾を吹く」
「石橋を叩いて渡る」 ではない。
熱い汁で口をやけどしてから、生物まで吹いてさまして食べる。
過剰な、不要な用心をする。
今何処でもあるのではないか?
コンプアイランス、無駄だと思っている書類がいかに多いか?

一読を勧めたい本である!

日本の恐ろしい真実 財政、年金、医療の破綻は防げるか?・辛抱治郎

格差社会は小泉・竹中コンビのせいではない。大阪市の約20人に一人が生活保護費で生活している。日本は急速に貧困化している。これがこの国最大の社会問題だ。国債がいくらでも発行可能だと言うのは、投資詐欺のようなものだ。消費税増税は日本の未来を開く切り札になる。知らないと損をする「大問題」を本音で解説。

20120825_book2

辛抱治郎の本は始めて読む。
テレビではしょっちゅう見ている。共感する事は多い!
言っている事は想像出来ていたので一気に読めた。
序章 ここが恐ろしい日本の真実・総論
第1章   日本は破綻するのか
第2章  日本の崩壊は年金・医療から始まる
第3章  騙されないための知恵
第4章  政治家という人種
第5章  日本政府は命を守れるか
第6章  不思議な不思議な日本の情景
第7章  日本の教育を考える
最終章 破綻を免れるヒント

恐ろしい項目と思う。
日本の格差は縮小している。
縮まったのは上が下がったからのようだ。全体的に下がっているが、上の下がりが大きい。
何を持って格差と言うのか?
日本は急速に貧困化している。
個人情報がある。
今100歳以上が4万人いるが、確認できない。だまして年金を貰うやからも多いと言う。
実際は半分ぐらいと言う。
それなのに帳簿上で報告する。それが世界の長寿国の実態と言う!
大阪市の人口260万。その内13万6千人が生活保護を受けている。
20人に1人が生活保護を受けている。
橋下大阪市長、頑張れと言いたくなる。
と言う話から始まる。

官僚の出す数字は必ず嘘がある!自分達の都合のよい数字を捏造する。
交通量の予測が良い例!当たる方が少ないのではないか?
それを理解することが必要とある。
かって読んだ本、「ダレフハフ 統計でウソをつく方法」
ギリシャの話がある。4人に1人が公務員であるのは有名だ!
黙っていても3000年前の遺産で食える。そうなれば新しい事など始めたくない。
労働意欲が湧かない。
開業医でさえまともに領収書を発行しない。毎日の経済活動自体が政府の把握出来ない闇経済と言う。
ばらまきもある!
それでも緊縮財政は受け入れられないと言う!
産業も無く、観光産業もストをして金を稼がず何が言いたいのかと思うが・・・・
日本も同じようになりかねない。
そんな話から始まる。
2009年に上海旅行をしたそうだ。
社員旅行の補助が打ち切られる。そうなると著者自身言っているがいじましい。貰えるものは貰う!
何かばらまき政策を感じる。
貰えるものは貰う!
著者は中国の対応の速さを褒める。他に批判する事は、民族問題・領土問題等多いが・・・・・・・

嫌になる話と気になる話。
①  関空への橋は6車線。4車線でいいのに建設会社に儲けさせるために6車線にしたようだ。
②  75歳で月25万円年金が出る。足りなのでタクシーの運転手をやっている。貰い過ぎではないか・・・・
③  年金記録のええ加減さ!それをまともにしようとしても出来ない。人件費に消えていくだけと言う。ただ働きさせればよいのと思う!
④  知事の退職金の多さ!
⑤  参議院は必要なのか?衆議院に落選したら参議院で復活する。確かに政治家の数は多い!
⑥  日本の首相のアホさ!鳩山元首相。記者の質問に同じ答えでは失礼と思い発言を変えた!アホもここまでくれば極みですよね!
⑦  この本ではないが、阪神大震災の村山元首相のアホさ加減!台湾元李登輝総統に、村山元総理の阪神大震災の指揮の悪さを指摘した。初めての事だから仕方が無かった。と慰めていた!
⑧  厚生省の、薬品認可。企業の利益を守るために遅らせる。天下りの温床と言う。族議員に橋本元首相もいたのでは?
⑨  たばこ1箱1000円。吸わないので影響は無いが、亀井静香はいつも酒・たばこ値上げを言っていたと思う・
⑩  成田空港の廃止。羽田のハブ空港化は正解か?
⑪  リニアも日本の狭い国土では場所を選んでやるべきと言う。羽田―東京、成田―東京とか・・・・
⑫  高速道路もこれから少子化で車も少なくなるの。今緊急で混雑しているところ重点的にやる。
⑬  技術力で韓国に負けている。法人税が違う。開発費に日本は金をつぎ込めない!他にも事情はあるだろうが日本は企業がもうけ過ぎと言い過ぎではないか?
⑭  北欧の福祉を称賛する。税金の事は抜きで福祉のみを褒めるアホな知識人、評論家!

日本の教育の問題を考える。
大分県の例を出している。
大分県の教育委員会は圧倒的組織率を誇る教員組合出身者が名前を並べる。
点数のかさ上げを平気でやる。アホの極めだ!
全国で一部受験生の合否を先に連絡する!
「教育の独立に対する冒涜だ」 「教育の管理強化に反対」
それも言えない状態のようだ!あたりまえだ!
著者言う!『教員の教員のための教育委員会は即刻廃止せよ』
早い話が日教組は解散・解体せよと言うことだろう!
大賛成である!
話は変わるが、神戸三宮で街宣車の行進があった。
マイクは 「日教組は解散せよ!」
何か符合するものがある。
読むべき本である!

悪党重源―中世を創った男・高橋 直樹 

奈良大仏を再建した怪僧の不撓不屈、創意工夫の生涯!およそ千年前、宋に渡り、新しい知識を身につけた老僧に、東大寺再興の巨大プロジェクトが託される。金を集め、人を集め、民衆を動かす。時代を切り開く巨人の、この圧倒的パワーを見よ。

20120825_book1

興奮した本だ。面白過ぎる。
阪神三宮の駅の周りでポスターが貼ってある。(阪神近鉄で奈良まで乗り換えなしで行けるからか・・・・・・・)
奈良国立博物館、 展示案内 - 特別展・特別陳列 > 頼朝と重源 -東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆-
最近著者の本はよく読む。「悪党重源」 も知っていた。
と言うわけで読みたくなった!
悪党とは悪いという意味でないとは知っている。
が読んでいて、やはり悪党と思ってしまう!
古代の技術は凄かったんだろう。
世界の七不思議の巨大建築物がある。どうやって作ったのか?
出雲大社も伝説かと思われていたのが、巨大な柱が発掘されて伝説で無くなったようだ!
今の大仏は造られた当時と物が違うようだ。
平安から鎌倉の時代に復興する。
戦国時代、松永久秀が焼いたのは有名!
織田信長に常人なら出来ぬ事を三つ行ったと称賛?された内の一つが、奈良の大仏を焼いたとされる。
その復興は江戸時代に、東大寺僧侶公慶により行われたが、規模も同じではなく縮小されている。
時間もかかっている。
これは技術も無く、情熱も冷めていたからとされる。資金も不足気味だったようだ。
しかし重源は10年ちょっとで造り上げた。
宋から技術者、鋳物師を呼ぶ。
先進国から呼ばなければ日本には技術がない。
重源は偉大なテクノラートか?
資材から人員まで確保する。
恐らく、宿・食料・酒・遊女まで手配していたと思われる。
今で言う、計り知れない経済効果があったと思うが・・・・・・・
大仏が傾きかけていて、後ろに小山を造り支えていたが元に戻す。
凄い技術だったんだろう・・・・・・

小説は生い立ちから書かれている。
宗教は人を救わなければならないと思うが。
権力争い!時の政権にいかにとりいるか?
日本の仏教は中国から伝わっている。
インドから中国へ伝わり、日本に伝来した。
したがって原典を日本語に翻訳したものは無く、中国で翻訳したものを日本語に訳す。
したがってええ加減なものも多かったようだ。
その中で 「真物の経典、全て」 一切経を持ってくるように依頼される。
しなければ命がない。
一切経は、中国の僧、智昇が 「開元釈教録」 で撰した、5千四十八巻の経典。
相当な量だ。
博多まで取引に行くが足元を見られて、宋まで買い付けに行く。
ここで先進国、宋を見たことが眼を開かせたようだ。
一切経を何とか持ちかえるが、悪党ぶりが随所に出てくる。
そうでなければ、良い人では生きれない時代だ!
人身売買の話もある。
重源はそれなりに順調に出世する!
山門強訴、比叡山延暦寺の強訴を手伝う?
今も変わらないと思うが、寺といのはネットワークがある。
金儲けが出来るんだろう!その権利を侵されそうになると無理を言う。
「坊主通れば、道理へこみ無理通る!」
ここで後白河上皇の腹心、西光に会う。
かって共に師?を殺した仲間だ。
西光は重源をずっと見ている。800貫文の借金がある事も知っている。
取引が持ちかけられる。
面白い場面だ!
人まで殺していて、刑にも服さずにいる。上人とは思えない!
やはり悪党だ!
この辺はフィクションと思うが面白い。

時代が大変よくわかる!
面白かったです。

2012年8月23日 (木)

映画「ジュリエットからの手紙」のクレアへの手紙の原文

奥さんが映画「ジュリエットからの手紙」を見て気に入ったようだ。
50年前に書かれた手紙に、主人公がジュリエットの秘書として出した返事の原文だ。訳文は奥さんが字幕を書き写した。

Dear Claire
"'What' and ‘if’ two words as nonthreatening
as words come. But put
them together side-by-side and they
have the power to haunt you for the
rest of your life: ‘What if?'..."

"I don't know how your story ended.
But I know that if what you felt
then was love - true love - then
it's never too late. If it was true
then it why wouldn't it be true
now? You need only the courage to
follow your heart..."

"I don't know what a love like that
feels like... a love to leave loved
ones for, a love to cross oceans
for... but I'd like to believe if I
ever felt it. I'd have the courage
to seize it. I hope you had the
courage to seize it, Claire. And if
you didn't, I hope one day that you
will."
all my heart Juliet

親愛なるクレア
「もし」と「あの」は
それぞれごく普通の言葉にすぎません。
でもその2つを合わせると
あなたを一生くるしめる力を持つのです。
「もし あの時」
物語の結末はわからない
でもかつて真実と感じた愛なら
遅すぎることはありません
かつて真実なら今も真実のはず
少しの勇気を持ち
あなたの心に従って
ジュリエットの愛をどうたとえれば
親しい者を捨てる愛
荒海をも越える愛
私もいつかそのような愛を感じたら
つかみ取る勇気を持ちたい
クレア あの時は無理でも
いつか勇気を持てることを信じます
愛をこめて ジュリエット

東京裁判の教訓 ・保阪 正康

東京裁判(極東国際軍事裁判)とは何だったのか!?
勝者による「復讐裁判」と片づけてよいのか?
史実から目を背けるのは「逃避」である。
壮大なる歴史ドラマに隠された数多くの教訓を、どう受け止め、どう伝えるか!?新史料を得て世に問う、保阪正康流理性史観。

20120822_book1


著者の本は最近良く読んでいる。
考えさされる内容と、ハッと思うような新しい事を教えてくれる。
東京裁判!
戦争犯罪は日本で裁く事を日本は主張したと言う。
最初から東条英機と畑俊六の国際条約の内容について知っていない。無視している!
陸軍大臣になったのは軍内の評価で、大臣職に相応しいかどうか?
資質に欠けているとある。
天皇訴追が問題になる。
日本はそれだけは避けたい。
自主裁判を行う理由が連合軍による天皇訴追を行わせないためと言う。
戦争を始めるときは調子よく、戦争の終わりの事を何も考えていない。
どこかで、ドイツの勝利で何とか終わるとしか考えていない。
良く始めたと思う!
東条英機の役割。
天皇の免責を図ると言う立場。
東条英機だけが天皇に責任が無いと緒言出来る。
自殺しないように求められる。
が連合軍が首相としての扱いをしないのではあれば自殺もあり得る。
結局、面子と恐怖のために自殺する。
自殺は天皇に対する背信行為と言われる。

検事団が11カ国で構成される。
と言ってもアメリカが中心だ。
死刑を否定している国もある。
被告も各国の思惑で決められている。
裁判自体が有効なのか?
「平和に対する罪」 「人道に対する罪」 がこの法廷で裁けるのか?
事後法で裁けるのか?
問題はある裁判とは思う!
瀬島隆三がソ連の証人として出廷する。
同時期、一緒に連れてこられた元関東軍将校草場辰己が東京で自殺している。
ソ連に証言の練習をさせられていたようだ。

人道に対する罪。
南京大虐殺。オーストラリアもフリッピンンも黙っていなかったようだ!
但し戦後のソ連との対立を見越して早期に裁判は終わる事を求められたようだ。石井四郎!
今も問題になっている細菌兵器を開発するが、アメリカは自国の為にうやむやにしたようだ!

ともあれ刑は多数決で決められたようだ。
6対5で死刑もあれば、5対6で死刑を免れた人もいたようだ。
広田のように死刑になった人もいれば、嶋田、岡のように死刑を免れた海軍軍人もいるとされている。
微妙な差だったんだろう!
著者が言っているように、東京裁判が無ければ日本のやった事はうやむやにされていただろうとは思う。
楽しく無い本だが、読まなければならない本と思う。

ナルト・仮面の男トビの正体?③

又分からなくなってきた、8月20日のジャンプに混乱する場面があった。
カカシの写輪眼はオビトが死ぬ前に貰った目だ。
オビトの片目は潰れていたはず。
ナルトで最初に見た映像がカカシ外伝だった。
奥さんがこの方が面白いと勧めたので見た。
それほど面白くも無かったが・・・・・・
今見れば違う感想があると思うが・・・・・

カカシの目とトビの目が繋がっている。
ではトビの目はオビトの目か?
単純に考えれば、トビの正体はオビト?
作者は餌をまいている。(推理に迷うように・・・・)
カカシがうなだれてオビトの墓に参っている場面を出している。
トビがカカシに言う。
「口先だけの男」
何故かしらカカシも何も言えずうなだれている。
カカシの人に言えない過去があるのか?
トビが言う。この目を貰ったのは、カカシが 「写輪眼の英雄」」 と呼ばれるようになった、
神無毘橋の破壊任務の時だ!
そこでオビトが死ぬとなっていたが・・・・
マダラが穢土転生で生き返った時、トビの事を 「あいつのやる事だから」 と言った。
オビトが生きていた時はマダラは死んでいたはず!
だからマダラはオビトを知らないはず。
これが頭から抜けない!
どうなっているんだろう?

20120822_naruto



これでオビト説は無くなったと思うが・・・・・
オビト説ではチョッと簡単すぎる。
作者のお遊びだと思う。
ターゲットが中学2年生とは言え、そんな簡単に分からせないだろう!

関連記事1 「うちはマダラ、仮面の男・トビの正体は」

関連記事2 「ナルト・トビの正体についてのコメント」

2012年8月21日 (火)

恐竜展(大丸神戸)

大丸神戸で恐竜展をやっていた。20日で終わる。その最後の日に行った。
奥さんの知り合いに招待券を貰ったので、話のネタに行ってみた。
9階の展示場で、ここは昔スペイン旅行に行く前に、ミロ展が開催されていて見に行った事があるそれ以来だ。

20120821_kyouryu

会場は広くなく、展示物もあまり多くない。
入ってすぐ歴史の展示があった。
大好きなカンブリア紀もあった。
三葉虫などがあった。
恐竜の動く模型があった。
良く出来ている。
展示も進歩していると思った。
それを見たらアンモナイトを子供たちに配っていた。
そこは子供が多かった。
グッズと言うか、本も沢山置いていた。
大人の値段は高いと思うが、そんなもんなんだろう!
子供にとっては良い展示だろう。

2012年8月20日 (月)

小説 平清盛・高橋 直樹 

天下は、一本の矢だけでは動かない。時代の潮流は、清盛と頼朝をどこへ押し流すのか―。五二〇枚・渾身の書き下ろし。

20120820_book1


最近続けて高橋直樹の鎌倉時代、頼朝が絡む本を読んだ。
なかなか面白かった。
それで著者の清盛の本も読んでみたくなった。」
なかなか面白い。一気に読ませる。
清盛の子供の頃は省いてある。
青年と言うか20代半ばぐらいの年から物語は始まる。
爽やかなイメージだ!
保元・平治の乱を経て平家の繁栄が描かれる。
福原遷都!
今、湊川神社の近くに自分の会社の事務所がある。
福原、神戸と言われたら気になる。
既得権と言うか利権が絡む。
山門、既成勢力の及ばないところに港が欲しかったのか・
読んでいると清盛は商人と言うか、政治家をイメージさせる。
興福寺との対決。
高倉上皇がやめて欲しいと懇願するが無視!
藤原氏の氏寺だ!
しかし悪僧は滅ぼさなければならない!
この辺は武人だ!
断固として妥協しない!
武人でありながら、公家風に生きようとしたのか?
嫡男重盛との思いの違い!
平家滅亡を見ずに死んだのは幸せだったのか?
一気に読めた!

全教祖の大会が済んだ!喜ばしい事だ!右翼も落ち着くだろう!

8月20日月曜日、三宮にも静寂が戻ったようだ!
台風一過、嵐が去った後の静けさだ!
神戸国際会館もきれいに元に戻っている。
もう警官も立っていない。
18日の土曜日、19日の日曜日は住んでいるところの前を街宣車が通過した。
よく聞きとれなかった。
土曜日は奥さんから電話が入り、街宣車がこちらに来ていると。
韓国領事館の方に行くんだろうと思う!
あちこち大変だ!
ともあれ大会は無事?済んだようだ!
これだけの騒ぎ?を起こして何か得るのもがあったんだろうか?
交通規制をしなければならない!
警官も沢山動員されていた。
公共の地下鉄も乗り場に行くのに苦労している。
特に爺さん婆さんがエスカレーターに乗りたいのに乗れない。
たまたま地下鉄の乗り場に行ったが、いつもいない駅員さんが乗り場で説明している。
通行人がj神戸国際会館のエスカレーターのところへ行きたくてもシャッターが閉まっている。
一部開いていて、そこから出入りしているようだった。
何人かのスタッフが出入りを管理していた。
駅員や警備の人は頭を下げているのに、スタッフたちは頭を下げるわけでもない。
当たり前のように通さない!
又どこか知らないが、以前の大会の警備の話をしているスタッフがいた。
アホの極めかと思った!
このスタッフは教員なのか?
ただの事務の人なのか?
もし事務の人ならば給料は当然税金なのか?

しかしそんな事を考えている私も私だ!
奥さんに、暇なんかと言われた!
もっとも部下にはもっと言われたが・・・・・・
神戸国際会館もエラ迷惑だっただろう!
近隣も同様だ!さんちか、そごう、地下鉄・・・・・・
廻りの店も大変だっただろう!
駐車場も交通規制の影響で閉めていた!
本当に気の毒に思う・・・・・・
奥さんのパソコンスクールは神戸国際会館にある。
入るのに証明書が必要で、スクールのスタッフが入口まで持って来てくれたそうだ。
中は警察や警備員に守られていて静かだった。
映画館も地下のテナントも閉めていた。
凄い経済効果だ!
いくらになったか発表して欲しいと思った!
全教祖に神戸三宮を宣伝してくれたと感謝すべきなのか?
アホらしくなってきた!
これだけの騒ぎを起こして開催された大会だ!
いじめも無くなるだろう!
教職員のレベルも上がるだろう?
右翼の街宣車で上の方の人と思うが、一応騒がして申し訳ないと頭を下げた!
「私達も迷惑をかけたくない」 とも言っていた!
全教祖はどうなんだろう?
これだけの警官を動員させて当たり前なのか?
会場の神戸国際会館、周辺の建物等に対して何か言葉はないのか?
私めが知らないだけかも知れないが、釈然としない!
来年は何処で開催されるのだろうか?

右翼の街宣車でマイクの内容。(いじめ問題)

16日だったが昼前にそごうの横に止まった街宣車で喋っていた人がいる。
なかなか慣れている。
聞いていても、うなずいてしまう内容だった。
上手かったと思う!
その中で校長先生の自殺の話があった。
国旗掲揚、君が代斉唱。
これに反対して校長がノイローゼになるほど責める!
家まで押し掛けていたようだ!
だいたいこれを法令化しなければならない方が問題多い!
クチパクの問題があると、そのままにして何もやらないアホもいる。
そんな教師は首にすれば良いのと思うが・・・・

小学校のいじめの問題がある。
校長を自殺に追い込むような教師がいる。
最低と思うが・・・・・・
この先生たちに教育される子供が、いじめに走っても何もおかしくない。
走るだろう!
君が代斉唱を無視する教師。
それを見ている子供。
どうなるか分かりそうなものだが・・・・・
校長を自殺に追い込む。子供がいじめで自殺に追い込む!
その間に介するものは教師である。

滋賀県のいじめによる自殺問題では、いじめた側の親がビラ巻きまでしていたようだ。
自分の息子は悪くない。
被害者だと言う事か?
この親にしてこの子ありですネ!

全教祖、日教組も右翼に堂々と反論できるような教育をして欲しいが・・・・・・

映画・アベンジャーズ

国際平和維持組織シールドの基地で、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていた。だが突然、制御不能に陥ったキューブが別世界への扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球支配を目論むロキ。彼はキューブを強奪して姿を消す。その野心を知ったフ長官ューリーは、最強ヒーローたちによる“アベンジャーズ”結成を決意し、女スパイのナターシャ・ロマノフやエージェントのフィル・コールソンとともに、ヒーローたちを招集する。70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース、インドのカルカッタに身を隠していたブルース・バナーなどが集結。しかし意思に関係なく集められた彼らは、チームを組むことを拒否する。キューブの力で異世界の軍隊を地球に呼び込もうとするロキ。ロキの地球侵略計画によって、マンハッタン上空に次々と姿を現す地球外の軍勢。この危機を前に、アベンジャーズは世界を救うことができるのか……?

20120819_film_3

楽しい映画だった!
最初にマイティソーにナタリーポートマンと一緒にいた科学者が出てきた。。
同じ役か違う役なのか迷ったが同じ役だった。
最初と中間と最後に出てくるが、最後は得な役だったのでは無いかと思うが・・・・・・・・
同じくサングラスのエージェント役が出ていた。始め違うのかと思ったが・・・・・
フィル・コールソンの役でアイアンマンにも出ているようだ。気が付いていない!
映画はヒーロー達の物語だが、 マイティソーの続編的な内容でヒーロー達が力を合わせて戦う!
地球の危機を救う!
ソーの弟ロキが生きている。復讐に燃えている。
異次元の怪物?チタウリと手を結ぶ。
キューブを奪いに来る。
ここから各ヒーローの紹介になる。
シールドの司令官はサミュエル・L. ジャクソンだ!他に役者はいないのかと思ってしまう。
このシールドの秘密基地から物語は始まる。壊滅する!
シールドは空母を持っている。
空母の名の通り空を飛ぶ!
見ていて楽しいが、飛ぶのにかなりの無理をしている。
ホーバークラフト?
エンジン?も4つあるが、2個では飛べない。攻撃されてエンジンが止まれば墜落する。
高度1万メートルまで上がる。
何の意味があるのか?
それだけの防御設備も無さそう! 
この空母にロキが捕えられる。
ロキの部下が奪回に来る。攻撃機から空母に乗り移る。
そんな映画は、バッドマン・ダークナイトライジングでもあった。
見ていて楽しい。
マイティソーが雷とともに現れる。
この辺りは面白い。
結局空母はアイアンマンの活躍で墜落しない。
キャップテンアメリカにアイアンマンが指示するが、専門用語なので理解できない!
「英語で喋れ!」 と言われる。面白い!
チームはまとまらずにバラバラ。
シールドはキューブを使い兵器を造っている。
マイティソーが最初に現れた時に地球の兵器で対抗出来なかったので、兵器を造ろうとしている。
アベンジャーズは気に入らない。

ロキに逃げられる。空母の中はグジャグジャ!
長官の副官役の女性がきれいだった!
ロキは異次元の空間を開け、軍隊を招き入れる。
大小色々だ!どちらかと言えばヒューマノイドの化け物と言う感じがした!機械獣と言う感じがした!
天空の穴から侵略してくる。当然空を飛ぶ乗り物に乗って来ている。
これらの敵とアベンジャーズとの戦い。
楽しめる!
それぞれの持ち味を出して戦う。

こう言う状況が分からない場合、敵も味方もまとめて破壊しようとする。
馬鹿な指導者ほどそう思う!
となれば核攻撃だ!長官は戦っているアベンジャーズの状況が分からないと、命令を拒否する。
長官はそれを阻止するために味方の攻撃機を攻撃する。
が一機飛び立つ!
核ミサイルを発射する!
サア大変。ハラハラドキドキだ!
結末は当然ハッピーエンドだ!
思ったような結末になる。
続編が出来そうな感じ!
登場人物が皆活躍出来て、楽しい映画でした!
マイティーソー2・アイアンマン3が出来るようです。
これも楽しみです!

2012年8月18日 (土)

8月17日の神戸三宮、国際会館周辺の風景 (右翼と警察)

17日の朝、三宮に出た。
出たと言っても仕事で事務所に出勤した。
人通りはまばらだが、道路の風景が激変している!
まず警官が多い。昨日までと違い相当な数だった。
それが道路のいたるところにいる。
私服・制服・機動隊他がいる。
交通規制があるのだろう。
一方通行を通行止めにしている。
そりゃ迷惑だろう!
通行止めになり車が入れない。
その場所に駐車場がある。今日は閉店にしていた。
100台止まるとすれば、1台あたり1000円としたら10万円の損害になる。
神戸国際会館も地下のテナント、レストラン、映画館等は閉めている!
えら迷惑と思った!
会館の周りにいたら、普通の女性が二郎に話しかけてきた。
「何があるんですか?」
ちょっとビックリ!
「全教組の全国大会があり、右翼も来るので警備している」
と教えてあげた!
女性に 「ご苦労さんです!」
と言われた!警官と勘違いしていたのだと思う!
警官に見えるのかな?
交通規制をしているせいか街宣車は来なかったようだ。
がその代わりに、中山手の方にある韓国領事館に向かったようだ!
奥さんから電話が入った。
騒がしいと!ベランダから街宣車が走って行くのが見えたようだ!
「竹島返せ!」
間違っている!
「竹島から出ていけ!」
が正解ではないか?
マイクを持って1人で喋っている右翼の人がいた。
内容は変わらない。
20120817_uyoku

自分で 「言葉使いは悪いけど」 と言っていた。
声が割れて良く聞こえない。
1人に警官がまとわりついているが多過ぎる!
地下鉄の乗り場がある。
ここもシャッターが閉まっていて、教員が入る入口になっているようだ。人が多く警官もいる。
このシャッターが降りている為に地下から1階に上がって行くエスカレーターが使えない。
かなり年配の人はこのエスカレーターを使っている。
それが使えないので階段を上がって行かなければならない。
見ていてチョッと気の毒!
これも迷惑のうちか?
地下鉄の乗り場もいつもなら係員はいないのに、今日は説明のために1人乗り口の所にいたようだ。
どれだけ金がかかるのかと思った!
無事に大会は済んだようだ!まだ分科会があるようだが・・・・・
警察の皆さん、ご苦労さんです!

2012年8月17日 (金)

映画シャーロックホームズを見て(観察力と分析力)

映画シャーロックホームズとシャドウゲームをDVDで続けて見た。
好きな映画だ。
見ていて思った事がある。
この時代の探偵はやはり天才かと思う。
何事にも精通していなければならない。
観察力と分析力が要る。
最近の刑事ものを見て思うが、すぐに鑑識に回す。
それぞれのプロだ!

20120817_film2

総合的に判断すると言えばそれまでだが・・・・・・
がシャーロックホームズの時代は自分で行う。
ワトソンの婚約者を推理する。
いろんな事を見つけ出す。
青いインクの後。外された婚約指輪の後を見つける。
それから推理を働かせる。
推理の熱中するあまり、事実?を当ててワトソンの婚約者にワインをかけられる。
何気ない仕草も見逃さない。
変装術にもたけ、日本武道も修得している。
毒物にも詳しく、科学知識もある。
地理にも詳しい。
犯人役の靴を高級品と見破る。
かすかな臭い。ズボンについている土あとから場所を推理する。

20120817_film1

モリアティー教授の手帳を見る。
ブランドのようだ。暗号なのでキーとなる何かを推理する。
長編、恐怖の谷でキーとなる書籍を推理する。
この推理はよく覚えている。
やはり観察力と分析力が必要となる。
部屋の隅々まで目を通し、何があるか記憶している。
一人でこなすのはやはり天才かと思う。

シャーロックホームズは中学から高校への春休みに全部読んだ。
小学生の頃に全集で 「緋色の研究」 を初めて読んだ。あと短編を2編ほど読んだ。
初めてワトソンに会い、ワトソンを推理する場面は今でも覚えている。
アフガニスタン帰りを当てられる。

自分なりに名探偵になった気分で、電車の中で人を見てどう言う人か推理した事がある。
服装・持ち物・髪型・靴・表情を見て、自分なりに推理した事がある。
正解は無いが・・・・・
聞けないから分からない。
そんな事を思い出した。
又読んでみたいが時間が無い。
そう言えばフリーマントルの 「シャ―ロックホームズの息子」 が家にある。
とりあえず古本屋で買ったシャーロックホームズの贋作シリーズもある。
早く読もう!

8月16日昼からの喧騒 (全教組の大会に対する右翼の街宣車)

朝の予告で100台ぐらい来ると言っていた。
事務所にいたが、14時ごろから騒がしくなった。
外に出てみると、警官が各地に散っている。
交差点のところが大変だ!沢山の警官がいて交通規制をしている。
街宣車はたくさん来た。色も形もいろいろある。
黒のイメージが強かったが、白・シルバーもある。
ナンバープレートを見て分かるのは、福岡・香川・名古屋・三重・岡山・大阪・・・・・・
言っている内容は全く変わらない。
「貸すな!」  「粉砕せよ!」
が多かった。繰り返していた!
ガラは良くない。
「教育をダメにした日教組を支持母体にしている民主党への批判!」
「教育より政治活動に力を入れている事に対する批判!」

その中でおとなしく喋っている人が、少ないがいた。
「警官のみなさん、何処の警官なんですか?成田空港建設であなた達の仲間を殺したのはあの連中ですよ! そんなのを守るんですか? あなた方は中国の警官なんですか?」

20120816_uyoku3_2

この件について思う事!
①山形県で開催された時は、知事、市長が民主党だったようだ!
どこも嫌がると思うがそう言う事なら分かる。
②会場を右翼が貸すなと言っても (右翼自体が言っているように ) 新高輪プリンスホテルで開催を拒否した例がある。近隣に混雑を招くとして。
裁判所は開催するように勧告したようだ。
がホテル側は拒否した。(これも何か裏があると推測している人もいるようだが・・・・)
損害賠償を請求されたとある。
今回も断れば全教組は問題にするだろう!
③民主党の幹事長の地元でやればよいのにと思うが・・・・・・
亡国の大会となるのか?武田信玄が泣いているかも・・・・・・
④右翼は休みをとって来ているが、教職員は夏休みに大会を開催する。授業に差し支えない休みにしか出来ないのは分かるが、暇なんかと言いたい!
⑤知り合いの息子が中学受験だった。進学する学校を塾の先生と相談したようだ!
担任の先生には相談しないようだ!
今の先生は存在価値がないのだろうか?
⑥警官と右翼は、暑い中ご苦労さんです!
主役?の教員は涼しいところで見物か?
右翼はガラが悪いが、交通混雑を招いたことを詫びている!
全教組は、影も形も見えないが・・・・・

明日は大会がある。暑い一日になりそうだ!

8月16日朝の喧騒(全教組の大会に対する右翼の街宣車)

盆休みの真っ最中だが、三宮の事務所に出かけた。
部下から連絡があった。
何かと思ったら街宣車が来ているとの連絡だった・・・・・・・
こいつは暇なんかと思った。
が見に行った。
フラワーロードそごうのところで演説をしていた。
何人か交代で喋っていた。
ずっと聞いていられないので、事務所の出入りを繰り返して聞いていた・・・・・・
内容は今までと同じ内容だ。
ついでに言うと、日教組も全教組も区別はつかない。
同じものと思っている。
権力争いで分裂したと思っている。主導権争いに敗れたほうが出て行ったと思っている。
喋っていることは下記の内容だった。

20120816_uyoku1

①日教組・全教組を粉砕せよ!
②神戸国際会館は、場所の変更を頼んだようだ。が借りたのだから変更できない。と言われたようだ。近隣の店も混雑を招くから変更して欲しいと交渉したが、受け付けなかったようだ!
③会場を借りた全教組をどちらかと言えば批判していたが、その後で 「会場を貸すな!」 と言っている。
④いじめ問題に言及して、8万人の被害者がいる。教員が言う事を聞かずに自殺した校長もいる。こんな先生に子供を任せていいんですか?
⑤大会で何が議題になるか?いじめでもなんでもありませんよ!
沖縄の普天間の基地問題が最初の議題になる。
おかしいと思いませんか?
⑥橋下大阪市長が、日教組の事をシロアリと言っている。寄生虫といった方がわかりやすいと思うが・・・・・・・(橋下大阪市長、頑張って欲しい!味方は多いです!)
⑦拉致問題。過去に迷惑をかけたのだから拉致されても仕方がない。
と言う馬鹿がいる。これが知識人と言う人なんだろう!それとも識者か?
レバノンの例を出している。拉致されて返さなければ宣戦布告する。
実際に帰されたようだ!子供がいたので帰らなかった女性もいたと思うが・・・・
確か、数人の拉致と国交正常化とどちらが大切かといったアホがいたと思うが・・・・・
⑧領土問題。
政府の弱腰を批判する。今回のロシア大統領、韓国大統領、香港の馬鹿の上陸問題。
中国の漁船のときの、仙石幹事長!
仙石の名前も言っていた。 (大嫌いです!)
弱腰と批判されて、柳腰で対応すると言った。
アホの極めと思った。

⑨大津市の教育委員長を襲った埼玉の大学生を、「憂国の士」 と誉めた!
見るに見かねたやむ得ない行為と称賛した!
この件、殺そうとしたのは間違いだと思うが・・・・・・・
⑩大分県の教育委員会の話になり、大分の小さな町に街宣車が100台以上集まった話をした。小さな町がグジャグジャになった事を言っていた。
⑪神戸の大会の件で2か月前から動こうと思っていた。
が私たちは自粛した。迷惑をかけてはいけないと思い我慢した。
しかし今日は言わせて欲しい。
街宣車も100台全国から来ます。
今日一日は、神戸のみなさん我慢してください!ご容赦願いたい。
⑫私たちも仕事をしています。休みを取って来ているんです。
⑬小学校から私服警官を置かなければならないぐらい学校は荒れている!
民主党政権についての批判は言いまくっていた!
最後は丁寧に迷惑をかけていると詫びた!

それから事務所に帰ったが、騒がしくなってきた。
あわてて外へ出た!
街宣車が連なって来ていた。
兵庫県警も道路の各場所に散らばっていた!
「全教組を粉砕せよ!」 続けて 「粉砕せよ!」
「会場を貸すな!」  続けて 「貸すな!」

というシュピレヒコールを繰り返していた。
めちゃめちゃ騒がしかった!
ガラは良くない!
「なんじゃい!ワレ!」
警察は音を測定している。
うるさい音には警告のプラカードを持って行き注意していた!

20120816_uyoku2

警官と右翼は、何度も言うがこの暑い中大変だと思う!
特に指揮者に乗っている人は道路の真ん中にいるので日影がない!
重装備だ!ご苦労さんです!

騒ぎの元を作った全教組は、大会まで何もせず涼しいところにいるのだろう。
借りたもん勝ちか?
大会も冷房完備の会場だ!
右翼が街宣車で来ているのだから、全教組(日教組)も同じようにマイクで対抗すれば良いのにと思うが・・・・・・
警察に守って貰って大会を開く!
ちょっと面白い・・・・・

ナルト・トビの正体についてのコメント  

3件ほどコメントがあった。
読んでいてよくわからない・・・・・・・
トビの正体を記述している。それはよくわかる。
みんなの思い入れがある。
面白いと思う! 
がそれ以外は意味不明です! (苦笑いです!)

20120817_naruto
                           
うちはオビト説。
あり得るが出ていたのはカカシ外伝で、本編では名前だけ出ている。
それ程の実力者では無かったのではないか? 

うちはシスイ説。
これは信じたくないといのが本音だ!
イタチが、ダンドウに襲われてから死ぬ前のシスイに会っている。
そして片目をイタチに託す。その目で穢土転生で生き返りカブトの支配から抜け出た。
シスイはトビ説はどうかな?
マダラとの接点も無い。
但し、しすいはうちはのクーデターの時に死ぬ。
その時イタチは木の葉を抜けて暁に入る。
時代設定は無理はないが・・・・・・

正体が明かされない説。
謎は永遠の謎で良いが、作者は構想をまとめていると言っている。
ここまでの人気があり沢山の読者を裏切ると言う事は無いと信じたい!   

十尾の人間バージョン変化説。
これはコメントを入れた本人が言っている通り、没ではないか?
トビ自身が十尾になりたいと言っている。   

正体以外に面白い?コメントがある。
コメントにコメントで対話している感じがする。
二郎は無視されている! (苦笑いです!)

最近のジャンプでは、イタチがうちはのクーデターの時に、トビに会いに行っている。
こうなるとイタチは正体を知っているのかと思いたくなる。
と言うとうちはの一族になるのだろう!
ここまで来て今まで出て来ていない人物ではないだろうとは思う!
マダラは穢土転生に操られていない。
自ら術者、カブトとの契約を断ち切った。
そうならば大好きなイタチもまだ生きているのではないか?
奥さんに呆れられています!
これから益々ヒントが出てくるだろう!
作者は間違いなく迷わせるようなエサを撒くはずと思う!
楽しみに待っていようと思う!

2012年8月13日 (月)

血脈の日本史 系図で読み解く骨肉の争い・小和田 哲男

教科書などでは政権交代や政変で片づけられがちな日本史上の出来ごと。
そこで伝えられる「勝者の歴史」に隠されているのが「系図から見えてくる歴史」だ。
系図を読み解くことで、歴史の裏面であり、事象を動かす重要な原動力のひとつと言える「血の相克」や「骨肉の争い」が透けて見えてくるのだ。
本書は、古代~中世~近世の各時代における事件を、当時の関係者の系図と相関図を手掛かりに解説する。
「系図から見えてくる歴史もある」ということに気づけば、日本史はもっとおもしろくなる!

20120813_book2

最近清盛・義朝関係の本を読む。
NHKの大河ドラマの影響があるのは確かだ!
それを読むと後白河法皇前後の跡目相続のきな臭い話が沢山ある。

古代からの後継者争いの記述されている。
それを系図で読み取る。
現在の日本では次期天皇がいない?と言うか子供が少ないのが問題になっている。
しかし古代・中世では後継ぎが何人もいる。
30人も子供がいる天皇もいる。
男子の後継は、母親の家柄にもよる。
母親の自分の子供を後継ぎにしたいため陰謀がある。
さっさと引退して院政をひく天皇もいたようだ。
臣籍降下しなければならないほど沢山の子供がいた。
後継ぎを自分の血統にしたい。
そのために親子、兄弟で争う。
これに豪族、藤原氏等が絡む。摂関政治!
その藤原氏も内部で争う。
京家・北家・南家・式家とあるが、行くつく先は藤原不比等。
子孫が多いほど有利なのか?
一つの面白い例があった。最終的に一番力をつけた道長・頼通親子。
娘を入内させるが子供が出来ない。
他の兄弟が遠慮して入内しないので、藤原氏系の天皇が即位できなくなり力を失ったとある。
要は子供が出来なくなり、他のしがらみに無い天皇が即位する。
下手な鉄砲のたとえ通り、沢山娘を入内させれば男の子も出来る確率は高い!

源氏は同族で殺し合いをし過ぎと言う。
実朝の後がいなくなった。頼朝も無害な弟は残しておけばよかったのに思うが・・・・・・
天皇はやはり抑えるべき存在なのか?
頼朝でさえも娘を入内させようとする。
秀忠も娘を入内させた。
秀吉と家康の差は後継者か?
公式には11人の男の子がいた家康。
娘も多いし、養女として攻略結婚に利用する。
8代将軍吉宗は運がいい?家督を継いだ兄達が都合よく死ぬ!
8代将軍の座も初めは後見人と言う話を、自ら将軍になる。
この時もライバル尾張家の吉通が23歳、五郎太が3歳で亡くなる!
要は出来過ぎと言う事らしい!
暗殺?毒殺を暗示させている。
最後に変わった話を持ってきている。
伊能忠敬。養子に行ったお陰で地図を作れたと言う!
養家が測量にたけていて、その技術と知識を習得したようだ!

凄い話が多い。
天皇も大変だったとは思う!

全日本教職員組合の研究全国集会2012の経済効果?

経済効果と言う言葉がある。
ワールドカップ南アフリカ大会で○○円。ロンドン五輪で○○円。
潤うと言う事なのか?
不景気な時代には嬉しい話だ。
みんなプラスの話だ。

今回、 「全日本教職員組合による教育研究全国集会2012」 が開催される。
交通規制があると言うので警察も出て来るのだろう。
実際に12日は沢山の兵庫県警の人がいた。
夏の暑い時に重装備で大変だと思う。
見ていても暑そうだった!
余計な出費になる。
当然税金から出る。
お知らせによれば国際会館の店もその時、閉めるところもあるのだろう。
その日の売り上げは無い。
教職員は全国から来るのだろう。
当然泊まる人も多いのだろう。
ホテルは儲かる。ウファウファだ!
高校野球とダブるが・・・・・・
だがその金は何処から出るのだろうか?
組合予算からか・・・・・・
元はと言えば税金では無いのか?
この教員たちに出張手当が出るなら気分が悪くなる・・・・・・

ついでに思うが、夜はどうするんだろう?
ドンチャン騒ぎなのか?
間違いなく親睦会があるはず?
同窓会的なものもあるだろう!
神戸にとってはお金を落としてくれる良い人達なのか?

プラスマイナスしたらどうなるのかと思ってしまう!
当然マイナスの方が多いと思う!
偏見と言われそうだが、教職員の事ばかり書いている。

これには右翼の街宣車が沢山来る。
12日は50台前後来ていたと思う。
これも全国から来るそうだ。
街宣車はリットル何キロ走るのか知らない。
1台に何人乗っているのかも知らない。2or3人ぐらいが?
それでも50台なら200人以上は集まる!
これも金がかかりそう・・・・・
話を聞いていると、大会前には200から300台来る見たい。

20120813_kokusai1

金の問題では無いのか?
こちらの方は税金では無いのだろう。
賛同する人も多いのだろう。
寄付?協賛?
街宣車は法令順守と聞く。
つまらない交通違反で捕まれば泣くに泣けない!
よく知っているので、スピードは守る。マイクも場所により音量を調節するようだ!
12日は実際に各所で集音マイクがあり計測していた。
が、ガラは悪い!

12日は日曜日だった。沢山兵庫県警の人が出ていた。
日曜日なので時間外勤務になるのか。
車も沢山出ていた。
相当な出費と思うが・・・・・
これも税金か・・・・・
以前佐々淳行が記述していたが、警官の息子と言うだけで教師にいじめにあったそうだ。」
そうは言っても何かあればこの教員も警察に駆け込むんだろう。
言ってはいけないかもしれないが、保護されて大会を開催しているのではないか?
話を聞いていると19日まで申請が出ているようだ。
となれば毎日兵庫県警も張り付くのだろう・・・・
みんなご苦労さんです!

20120813_kokusai2

全日本教職員組合の大会について思う事 (右翼の街宣車)

右翼の街宣車が、日教組を批判していた。
12日に街宣車の団体がフラワーロードを走り去った。南から北へだ!
神戸三宮のど真ん中で全日本教職員組合の大会が17日に開催されるが、誤解を恐れずに思う事を記述する。
日教組にしろ全日本教職員組合しろ大会を開催すれば右翼の街宣車が来るのは分かっている。
今回三宮で開催する事で、交通規制まで行なわれるようだ。
12」日は兵庫県警が沢山来ていた。車も多かった。人数も多かった。
奥さんが、この国際会館のパソコン教室に通っている。
8月の予約では、17日は状況によりどうなるか分からないと、スケジュール表には書いてあるそうだ。
あちこちで混雑を招くようだ!実際にシャッターを閉めるお知らせがあった。

コメントがあった。そんな事で店まで閉めるのはおかしい!
同感である・・・・・・・

教育の為、どこで開催しようとかまないはずと言われればそうだが、明らかに混乱を招くのが分かっているのに、開催するのは問題ではないか?
自分たちは正しいと信念をもっているのだろう!
がそれが混乱を招くのであれば考えるべきと思うが・・・・・
他人に迷惑をかけるのが分かっているのであれば、止めるべきである。
そういう教育をしていなのか?
「他人に迷惑をかけてはならない!」
小学校の時、そう言う風に言われたと思うが・・・・・・
12日マイクにもあった。
「私達が来るのが分かっているのに何故開催すのですか?」

20120812_kokusai6

今回ブログを調べていたら、同じ様なブログもあった。
たいがい田舎と言うか郊外で開催しているようだ。47都道府県持ち回りと思う。
存在価値を見せつける為に都会のど真ん中で開催するのかと思ってしまう。
会場を貸す方も理由も無く断れない。
全日本教職員組合も目立つことなく自制が必要と思うが・・・・・・

話は変わるが、君が代を歌わない教師がいる。
よく問題になっている。
橋下大阪市長が問題視していた。調べると何人かいる。
これは信念と言うよりは、問題視しようとしてやっているのではないか?
強制したら、クチパクになるので一緒というアホがいる。
そうだったらクチパクにならないようにさせるのが仕事!
する気が無いのが丸出しだの回答だ!
処分すればよいのにと思うが・・・・・
いじめや自殺の問題が多いのは政治の責任!
自分達は正しいとおもっているのだろう。
佐々淳行が息子が警察官と言うだけで担任の先生にいじめられた話を書いていた。
いじめた相手が悪い!逆に問題にされ、女性教員は土下座して謝ったとある!

内部の改革だけでは無理なんだろう!
橋下市長のような考えが必要と思うが・・・・・
もう一つ言うと、北欧が賞賛される。
日本から良く視察に行くそうだが何にも変わらない。
要は現状を変えたくない。既得権にしがみついているのではないかと思うが・・・・・

奥さんに 「右翼に賛同しているの?」
と言われた!
????????????

トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行―ルーマニアの古都を歩く・内藤 陽介

郵便学者・内藤陽介が新しい旅のスタイルを提案するシリーズ第2弾は、ルーマニア西部のトランシルヴァニア地方と東北部のモルダヴィア地方を巡る旅。観光スポットはもちろん、著者ならではの超レア切手のエピソード等を紹介

20120813_book1

今年の秋海外旅行を計画している。
奥さんが計画する。張り切っている。
2008年初夏にルーマニア・ブルガリアと旅行した。
行きたかったのは二郎の方だった。
何か東欧と言うか中欧に興味があった。
今思えば一番のユーロ高の時に行ったようだ。160円だったと思う。
今から見れば信じれないレートだ!
その時にルーマニアのガイドはダン・ニカさん。日本語はヘタな日本人より上手いのではないか?
表現力が上手かった。日本の公立の学校に入ったそうだ。
楽しい旅行だった。また行きたいと思っていた。
今回はチョッと長い旅行になりそうだ!何ヶ国か廻る予定だ。
ルーマニアにも行ってみたい。
奥さんが早速ダンさんに連絡を取っている。(ヤル気マンマンである!)


先日著者の別の本を読んだ。御丁寧に著者からコメントを貰った。嬉しい限りだ!
著者の本をアマゾンで検索していたら、タイミング良くルーマニアの本があった。
書評があった。あまり良く書かれていない。
書評を入れた本人が偏見を持っているのかと思う?
自分の思っていた内容では無いからと言って、あんなふうに書かなくても良いとは思ったが・・・・・・・・

奥さんより先に読んだ。
写真も多い。切手と現物を比較する。
余程切手が好きなんだと思う!
それにその切手の事情も知らなければならない。
相当な知識がいると思うが・・・・・

我が家はブカレスト・ショギショアラ・ブラショフと廻った。
ドラキュラの城にも行った。顔が崩れていたと奥さんは言う。
アンチエイジングもタレット占いも興味は無い。奥さんはあるが・・・・・・
ドラキュラの城を見たのは嬉しかった。

読んでいて面白かった。
その先々の住民との触れ合いも面白い。
歴史も紹介している。
紀行文なので、行った先の歴史を記述している。
全体的な歴史と言うより個々の歴史を記述している。

著者は電車で廻ったようだ。
ヨーロッパの風景は、緑が多く丘がありブドウ畑やオリーブ畑がある。
ルーマニアはガイドの車で移動した。その風景はルーマニアだけではなく各地にある。
そう言う写真も多い。
奥さんは5つの僧院に興味を持ったようだ!

東欧、中欧と言うかバルカン半島は難しい。
火薬庫と呼ばれている。
大ブルガリア主義、大ルーマニア主義、大セルビア主義、大クロアチア主義、大アルバニア主義とある。これにハンガリーも絡む。紛争が絶えない!
ハンガリーとの国境、トランスバニア地方に140万のハンガリー語を話す民族がいる。
これの帰属をめぐり、ハンガリー、ルーマニアの衝突と言うシナリオもある。
各民族との歴史の変わり目で軋轢がある。
言語を押しつけられる。戦いの後国境が変わりややこしくなっているみたい!
支配するものが変われば言語も問題になり、入植が後で問題になる。
バルカン半島はトルコの影響が強い!
ダンさんはそんな事は言わなかったが、ブルガリアの女性ガイドはいまだに根に持っているようだ!
宗教の問題も多そう!カトリック、プロテスタント、イスラム・・・・・
現在はルーマニア正教が強いようだ。
難しいようだ!

著者はタクシーで面白い事を記述していた。
地球の歩き方を持って行ったようだ。修道院巡りでの話だ。
それにタクシー代が100ユーロが相場とあったようだ。
実際は200ユーロと言われ、ちゃんと説明を受けたら納得したようだ。
そう言う事もあるだろう!

「モルダヴィアの牛の紋章」
これは見に行きたい!
色々あるが馬車の写真もあった。
これは2008年に行った時ルーマニアもブルガリアも馬車を使っていたのを見ている。
道路をゆっくりと馬車が通り、車が避けているのが面白かった!
楽しい本でした!

8月12日、昼前後の喧騒(右翼の街宣車の行進)

12日朝仕事で三宮の事務所に行った。
朝9時前だったがちょっとビックリ!
神戸国際会館の所に行けば、円形の階段状の座って休憩できるところが囲いがしてある。
しばらくすると張り紙があった。
17日の全教組の大会の事が書かれている。
それによると地下の通路を閉鎖すると。
サンチカから抜けれないようだ。そりゃ困る!エスカレーターで1階に上がる人は!
そごうからも入れない。
階段部で休憩する事も出来ない!

20120812_kokusai4

20120812_kokusa5

交差点にポリス、兵庫県警、機動隊?
沢山の人がいた。
車も多かった。指揮車・バス等が止まっている。
だいたい想像はついた。
仕事に行ったがやはり気になる。
昼前に交差点の所に行った。要は見に行った!
集音マイクがあった。街宣車のマイクの音の大きさを測るのだろう!
大きすぎれば捕まるのか?

20120812_kokusai_1

何か動きがあわただしくなった。
指揮車?が動いて隊員が動き出した。指揮車には人が乗っている。
音楽が鳴り、街宣車が2台来た。
最初の車が、「国際会館は会場を貸すな!」
続いて後の車が、「貸すな!」
繰り返して走り去った。ガラは良くない!
県警の車も元の位置に戻った。

しばらく見ていると又車が動き出した。
来るのかと思ったら来た。今度は4台だった。
マイクは同じような内容だが、 「全教組?を粉砕せよ!」
が付け加わっていた!
車が又元に戻った!

チョッと興奮した。見物客?も多かった。足を止めてみている人も多い!
休憩がてら昼食に行った。
仕事もせずに何をしているのかと思った。

昼食後交差点で見ていた。何人か同じような人がいる。
しばらくすると車が動き出した。人間も沢山動き出した。
何か緊張感が漂っている。
配置の人間も多い!

20120812_kokusai_2

遠くから怒鳴り声が聞こえてくる。
しばらくすると街宣車が来た。
信号で停止して、順番に走って来る。
間に普通の車も入っている。
何台来たのか始めは数えていたが途中でやめた!
50台近かったと思う。
マイクの内容は変わらない。
変わったのがあった。
「私達が来るのが分かっているのに何故やるのですか?」
「神戸産業会館かな?」 間違っていました!
「神戸国際会館は何故貸したんや!」
「いじめの問題を話し合うのか?」
「全教組は解散せよ!」
ときどき 「こりゃ!」 と大きな声がした!

20120812_kokusai_3

街宣車が信号で止まっている時、集音マイクを車のスピーカーに近付けて測っていた。
そりゃ大きな値が出るだろう。
警官と言い合いになっている車もあった。
外人も足を止めて見ていた!
街宣車には、竹島、尖閣諸島も大きく書いてあった!
最後と思える車が去った後、警官達が元に戻った。
嵐が去った後のようだ!
17日はどうなるんだろう?

2012年8月12日 (日)

太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21) 保阪 正康

太平洋戦争の開戦を決めたのは誰か?
山本五十六はなぜ戦死したのか?近年発掘された新資料で七つの謎を解明する。

20120812_book1


著者の本はよく読む。
チョッと考えさせられる内容と思う。
「責任」 と言う言葉が重い!
7つの謎は下記の通りだ。
①誰が開戦を決めたのか?
②戦時下の国民は戦争をどう捉えていたのか?
③山本五十六はなぜ前線に行って死んだのか?
④なぜ人を武器にする戦略が生まれたのか?
⑤日本の軍事指導者たちの敗戦の理由
⑥誰が終戦を決めたのか?
⑦もし本土決戦が行われていたらどうなっていたのか?

はっきり著者は言う!
開戦を決めたのは、官僚だと!
責任と言う事は感じているのか?
特攻作戦。
もう先の長くない整備兵だった人が著者に言う。
言わざるを得なかったのか?
特攻隊員が失禁して失神状態になる。それを無理やり起こして出撃させる。
そんな例が沢山ある。
そういう作戦を行い、「俺も後から行く!」 と言って送り出した司令官。
著者はこの本ではTとしている。
富永恭次!
しかい涙の出て来るような話もある。特攻を指揮した司令官。
戦後送りだした部下の家を回り、焼香して自ら列車に飛び込んだ!
指揮しながらも辛かったんだろうと思う!
腹を切った大西瀧治郎。
自ら特攻した宇垣纏。
部下を連れて行った事に対しては問題があるようだが・・・・・・
終戦を知りつつも特攻に出した司令官。
死ねばそれですますのか?
著者言う! それでいいのではないか?
死ねばよいのかと言う人間に限って、責任を取らない!
死なずに残り、自己正当化するよりははるかにましでは!

読んでいて凄く嫌になったところがある。
陸軍大学校出身の大本営参謀と話をしていたそうだ。
いかに陸大卒の参謀が、太平洋戦争に貢献したかと語ったそうだ。
その後で、同期が50人いるが戦死したのは4人とあった。
高級参謀は本来戦死はあり得ない。
息子を死なせたくなかったなら、陸大、今なら防衛大学入学させればよい。
チョッと信じられない話だ!
硫黄島、栗林忠道。沖縄、牛島満のような軍人もいる。
ノモンハンで現地司令官に自殺を強要した参謀。
手柄は自分、ヘマは他人!
嫌になる。
無策な作戦で死ぬ兵の事をどう思っているのか?

W・チャーチル!
「後方の司令部にあって、暖衣飽食しながら作戦を練る参謀と、第一線で命を投げ出す兵士との間に大きな亀裂が生まれる。兵士たちにとっては悲惨で残酷な運命がまちうけている事になる。」
流石でよね!
今の自衛隊なんか実戦を経験していなので、実力は分からないとされている。
司令部の作戦指導能力も疑問視されている。
机上の作戦、畳水練と言うのか?

開戦してもあくまでドイツ頼り。
終戦のビジョンも無い。
無いくせに世界をドイツと二分して占領する事を考える。
南米まで支配下に置く計画は笑える。
信じられない。
いかにABCDに包囲され、自衛戦争と思ったにせよ、戦争に訴える限り収める方法を考えなければならない。
なにも無かったようだ!
このあたりは今となんら状態は変わらないのではないか?

開戦と終戦の天皇の役割というか、どう考えていたか良く解説している。分かり易かった。
本土決戦、竹やりでアメリカの精鋭に立ち向かう。
日本軍部は、終戦時高級参謀は皆死刑か禁固刑にすればよかったのではないか?
有名な牟田口 廉也なんか死刑でも良かったのではないかと思ってしまう!
著者の本を読めば自己嫌悪におちいりそうになる!

2012年8月 7日 (火)

源氏の流儀―源義朝伝・高橋 直樹 

鎌倉幕府を開いた源頼朝、そして、日本史上の稀代の英雄、源義経の父にして、太政大臣・平清盛の最大のライバルと目された男、源義朝。平家に比肩すべく、関東を源氏の拠点として作り上げ、頼朝再起の基礎を作り、保元の乱では、敵方についた父と弟たちを殺し、源氏の棟梁に君臨した悲運の御曹司の波瀾の生涯。


20120807_book3


著者の鎌倉時代の小説は暗い?
この前に読んだのが、霊鬼頼朝。
これも暗かった!
情念・怨念というか人間の本性が出ていると思う。
源平合戦と言うが、本当は源源合戦、平平合戦で同族の殺し合いだったようだ。
関東の頼朝の配下も平氏が多い。

平清盛のライバルと言われる源義朝。
保元の乱で勝ち、父・兄弟を処刑する。
源氏の棟梁に、父を倒しなる。
栄光の時間は短かった・・・・・・・
ライバル清盛の方が温かみを感じさせる。

昔は側室も多く、子どもも多い。
後継争いも多かったようだ。
天皇も後継者争いがある。
時の豪族が絡んでくる。
保元、平治の乱を、義朝を中心に持ってくればこのような風景になるんだろう。
面白いが、楽しい本では無い!

曾我兄弟の密命―天皇の刺客・高橋 直樹

忠臣蔵、鍵屋の辻の決闘と並び、日本三大仇討ちのひとつとして知られる曾我兄弟の仇討ち。親孝行の美談として語られ続けた、この悲劇の物語の裏には、苦節17年もの壮絶な策略が隠されていた。頼朝と曾我兄弟の知られざる因縁。そして、勝者によって歴史の闇に葬られた敗者の無念を力強く描いた長篇小説。

20120807_book2


伝奇小説を読んでいる感じ。
大好きな作家、隆慶一郎、新宮正春がいる。著者もその系統か?
源義朝伝についで読んだ。
高橋直樹もよく読む。但し暗い!
子供の頃日本の三大仇討ちの一つだと言う事は、何故か知っていた。
美談として理解していた。
そのうち色々知るようになった。確か頼朝を狙ったと言う説もあった事は知っていた。
今回初めて曽我兄弟の仇討ちの本として読んだ。
生い立ちから書かれている。そして壮大なドラマが描かれる。
京都、天皇と鎌倉の頼朝との対立。

伊東祐親は工藤氏と対立する。
曽我兄弟の親の敵が工藤氏になる。
頼朝が言う。伊東祐親と北条時政の差は無い。
単に偶然のなせる業か?伊東祐親は頼朝と娘の仲を裂き、生まれた子供を殺す。
頼朝挙兵時に平氏側に立つ!
北条時政は娘、政子との仲を認め頼朝側に立つ!
結果伊東氏は没落する。

京都と鎌倉の対立。
頼朝の娘を天皇家へ入れたい。
京都側は拒否したい!
京都側は武家には頼れない。
平家・木曽義仲・源義経・奥州藤原氏・・・・・・皆滅びた!
鎌倉に対抗できる武将はいない。
ここで陰謀がある。
後鳥羽天皇 高倉範季 源範頼 甲斐源氏―安田義資 京の小次郎 曽我兄弟と結ぶ。
曽我兄弟の仇討ちにかまけて、頼朝を殺害する。
同時に遠江の安田氏が挙兵する。
頼朝に対抗できるまとまった戦力がある。
暗殺現場は富士、遠江は隣だ!
鎌倉では源範頼を祭り上げる!頼朝の後継にする。
全ては頼朝を殺害が前提である!
「吾妻鏡」 を裏読みすればそう言う読みが出来る?
仇討ち成功!
でも頼朝暗殺失敗!
ここで暗殺者の一人が言う。
「ときはいまぞ!」
チョッとおかしかった!
その後の 源範頼 安田義資一族の粛清!
それが頼朝暗殺失敗の結果であると!
一気に読めて面白かった!
著者のまだ読んでない本が何冊かある。引き続き読んで行きたい!

電車の事故(7月25日)

この前事だが、昼前に阪急三宮から高速神戸へ帰ろうとした。
電光掲示板を見れば、電車の時間表示が無かった。
いつもは11:18の表示があるが、時間表示だけ無かった!
すぐに事故かと思ったらそうだった。
しばらくすると場内放送があった。
事故の為ダイヤが乱れている。
振り替え輸送もしている。
ここまではいいが、実際に電車が何分遅れで来るのかのかも放送が無い。
人によれば定期券があり、阪神で行ける人もいるはず。
言えないのかも知れないが、チャンと何分遅れか言って欲しい!
お詫びの言葉は、事故の場合聞いても仕方が無い」
それより正確な情報を流して欲しい。
いつも何処でも思う事だ!
結局は阪神で帰った。

20120807_train

2012年8月 4日 (土)

映画・ダークナイト ライジング

ジョーカー、トゥーフェイスとの死闘から8年後。ゴッサムシティは法改正によって作られた『デント法』の下、平和となっていた。その一方でバットマンことブルース・ウェインはデントの罪を全て自らが被り姿を晦ませていた。肉体的にも精神的にもボロボロとなり、引きこもった生活を送っていたウェインだったが、再びゴッサムに新たな脅威ベインとキャットウーマンが現れる。

3部作の完結の映画か?伝説が終わる?
終わる感じがしない。
ビギンズではリーアム・ニーソンが。
ダークナイトではジョーカーが。
今回はベイン。キャットウーマンは敵ではなかった。凄く魅力的な女優だった。
(ベイン?少しどころか大分おかしい。ペイン六道!ナルトを思い出してしまう!)
過去の否定!
富の分配をやり直す。
不当に差別されている民衆を開放する。
良く書けばそう言う事か?

登場から不気味だった。
あのマスクは何なのか?
後で説明はある。納得!

バッドマンが必要ない時代が続いている。
ブルース・ウェインはガタガタだ!
膝も痛い!杖をついている。痛々しい姿だ!
最初からハイジャックの場面だ。科学者を誘拐する。
怖い場面だ。部下に落ちる飛行機に残って死ねと言っている。
最初はキャットウーマンが見せる。美人は得だ!と改めて思った。
加害者でありながら被害者を装う。
警官も甘い!二郎と同じだ。きれいな女に弱い!

バッドマンが復活する。
空飛ぶ装甲車が出てくる。バッドマンは自動操縦にこだわっている。
これが最後に結び付く。
地下に潜っていると言うか、ベインは地下に帝国?を造っている。
相手のホームグランドでバッドマンとベインが対決する。
一方的にやられる!
キャットウーマンが、やられる姿を情けなそうに見ている。そしてその場面から去る。

20120803_movie2_3

バッドマンは砂漠の中に閉じ込められる。
リーアム・ニーソンが出てきた。生きていたのかと思ったが幻影だった。
でも存在感があった!
脱出するには壁を登り、飛ばなければならない。ここでほとんど失敗する。
とりあえず身体の治療?を受ける。身体を脱出するために鍛える。
かって脱出出来たのは子供一人!それがベインだと思われていた。(誰でしょうか?)
二回失敗する。何が脱出出来た子供と違うのか?
子供は命綱無しで一回で成功した。
そこにいる悟りきった囚人?に暗示を受ける。生に対する執着心!
三回目は命綱無しで行く。皆が応援する。声をかける。何語なんだろうと思うが雰囲気に会っている!
この場面は予告編でも見た。スクリーンでは迫力がある。
ハラハラドキドキだが、当然成功する。

町はベインに支配されている。
地下に爆弾を仕掛けている。
町が閉じ込められる。核爆弾。それを作動させる為に最初に出てきた科学者が必要!
彼しかできない。解除も!
そう言って科学者を皆の前で殺す!
絶望を与える!
しかし何がしたいんだろう。爆発すれば自分達も死ぬ。
破滅から創生すると言う事か?
ビギンズの破壊と同じなのか?

ここから解放の戦いが始まる。
意外な敵!ちょっとビックリ!血は水よりも濃いのか?
楽しめる!
核爆弾は止めれない。沖合に持って行って爆発させる。
この辺りのやり取りは実際に見て楽しんでもらわなければならない。

最後は完結編とはいえ続編を意識させる!
造ってほしいとは思うが・・・・・・・・
まだまだ独創的なキャラクターはあると思うが・・・・・・・
面白かったです!

20120803_movie11_2

 

夏の高校野球(盛岡大付と香川西)

事務所のある神戸チサンホテルに看板があがっている。
そう言う季節なんだと思った。
ここは香川県と岩手県の高校が出場する。
花巻東、菊池雄星の時に宿泊していた。
今回は超高校級、160キロを投げる大谷翔平投手がいる。
今年も花巻東かと思ったが、盛岡大付が決勝で花巻東を下した。
チョッと寂しい。
が、盛岡大付も花巻東を破って出て来ている。
あなどれない存在なんだろう!
香川県は香川西が出場する。
今日、学生が沢山いた。真黒だ!
負ければ即帰らなければならない。
どちらも頑張ってほしい。
このホテルはバイキングで、USAとオージービーフの食べ放題がある。
選手たちもステーキがたっぷり食べれるだろう!
試合時間によっては、食事の時間も不規則になりホテルも大変だと思う!
選手もホテルも頑張れ!

20120803_koukoyakyu

2012年8月 2日 (木)

ドイツ参謀本部-その栄光と終焉②・渡部 昇一

ドイツの軍事力と言うものは世界一のイメージがあった。
作戦を立てる能力に何か特別なところがあるのかと思った。
今でも憧れがあると思う。
電撃戦!
もっともドイツの戦車に対する憧れがあった!
タイガー、パンサー。
今はT-34に対する思いが強い!
話はそれた。
制限戦争?
フリードリッヒ2世の頃の戦争は国民皆兵ではなかった。
傭兵と寄せ集めが主体だ。

兵には不満を与えてはいけない。空腹が最大の敵だ!
相手の息の根を止めるまで戦争をしない。
7年戦争!
プロシアVSロシア・フランス・オーストリア。
この勝者?プロシア!
年月を隔てナポレオン戦争へ繋がる。
プロシアはナポレオンとの戦いに完膚なまでに負ける。時代遅れになっている組織を立て直す。
シャルンホルスト・グナウゼナウ・クラウゼビッツ・・・・・・・・
シャルンホルスト・グナウゼナウは戦艦の名前になった。
ナポレオンと言うかフランスは国民皆兵でいくらでも戦力を補充できる。
この戦力を持ってナポレオンの天才が発揮されたようだ。
ナポレオンは元帥を抜擢した。実力主義だ。
勇者の中の勇者!ネイ元帥!
どちらかと言えば、サーベルをふるって突撃する将軍、というイメージだ。
その下に作戦の補佐官はいなかったようだ。あくまでナポレオンが中心だ。
プロシアの将軍、ブルュッヘル。有能な将軍だがシャルンホルスト・グナウゼナウの参謀が付いた。
巨大な戦場、軍隊ではナポレオン一人ではどうにもならなくなってきていた。
フランスはスタッフがいなかった。ナポレオンの天才、リーダーシップによる強さだったようだ!
シャルンホルストがプロシアの軍政を改革する。
新しい事態には新しい教育で対応しなければならない。
哲学こそが、勝敗を決める。
二つの戦争理論。ナポレオン戦争に従事した二人!
ジェミニ「戦争術概要」
クラウゼビッツ「戦争論」

哲学があるプロシアと、哲学なきフランス・オーストリアとの戦い。

モルトケの時代。
参謀本部の無名性!目立たない!
優れたリーダーの基での参謀本部。
政治家、ビスマルクと軍人モルトケ!
理想的な組み合わせか?
このコンビで、デンマーク・オーストリア・フランス戦争に勝つ!
ドイツ統一のための戦争であったようだ!利害が一致した。
プロシアと言うかドイツは国境に天然の要害が無い。
多面作戦は出来ない事が前提になる。
このコンビは、多面作戦をしなかった!
ここで面白い仮定があった。
オーストリア戦争ではウイーン入場をしなかった。
軍部はしたがった、政治的判断でビスマルクはさせなかった。
将来のフランスとの戦争でオーストリアの中立を確保するためにだ。
これはビスマルクの主張が通った。
がフランスとの戦争の勝利では、同じくパリ入場をビスマルクはやめたかったが、今度は軍部が納まらない!
結果入場してフランスに恨みを残したようだ!
入場していなければそんなに恨みを買う事も無かったようだ!
リーダーとスタッフが上手くいった例だ!

しかしこれで参謀本部の無名性が無くなり、目立つ存在になった!
シュリーヘン計画。
シュリーヘンも多面作戦は出来ない事を前提とした。
そしてそれを避ける、ビスマルクのようなリーダーはいない事も前提とした。
要は政治をあてにしなかったようだ!
そのために、ロシア・フランスのどちらかを先に叩く必要があった。
結果、先にフランスを叩く。そのためにベルギーの中立を犯さなければならない。
この計画が、参謀本部が有名になり過ぎて漏れていたようだ。
ベルギーも国境に要塞を造る。
シュリーヘンは亡くなっていていたので、中途半端に実行されたようだ。
ちゃんとしていれば成功したとも言われている。
弱いリーダーと強いスタッフ!

第2次世界大戦。
強いリーダーと弱いスタッフ!
ヒトラーと参謀本部との対立。
チェコ問題まではヒトラーのハッタリが効いた。
マンシュタイン計画!
アルデンヌの森を戦車で突破する。
マジノ線は無視!
この辺りまでは上手く行った。
対英戦、アシカ作戦の延期。対ソビエト戦、バルバロッサ作戦。
対ソ戦も途中から投げやりになり真剣に指導していなかったとも言われる。
「リーダーとスタッフ」 のバランスが目覚ましい効果を上げる。
スタッフの養成方法をドイツ参謀本部は完成したが、リーダーは偶然の発生を待つだけだった。
スタッフとリーダーの養成方法は違うようだ!
改めて読んで面白かった!
又たまには読み返そう!

ドイツ参謀本部-その栄光と終焉①・渡部 昇一

ビスマルク首相、モルトケ参謀総長の下で「史上最強」といわれた集団組織はいかにして作られ、そして消滅したか。その歴史を調べることは、とりもなおさず究極の組織論、リーダー論につながる。さらにリーダーを政治家、スタッフを軍部(自衛隊)に置き換えれば、そのまま現代の日本の理解ともなり、「文民統制」のあり方を考えるヒントともなる。ドイツ参謀本部は、まさに教訓の宝庫である。
初版刊行以来30年以上読み続けられてきた名著の再刊。

20120802_book1


会社に入った時に先輩がいた。
変わっている人だった。もっともそう言っている二郎も変わっている。
戦争と言うか歴史が好きなので、二郎は第2次世界大戦の事をある程度知っている。
その先輩は第2次世界大戦のドイツの事をよく知っている。
そんな事はほとんどの人は興味ない。
たまたまそういう知識があったので、自慢げに話しかけてくる。
今から思えば大した知識でもなかったと思う。
が他の人は相手にしないので、多少の知識がある二郎に話しかけて来ていたと思う。
エライ迷惑だ!
要は好きではない人だったんだと思う!

著者の本では、最初にこの本を読んだ。
メチャメチャ面白かった。いまだに印象に残っている。
中央公論社の新書本だった。
この本をその先輩に勧めたら読んだようだ。
自分が初めて読んだみたいに自慢された。
そんな事があったのを覚えている。

著者の本はよく読む。共感するところが多い。
著者が記述していたと思うが、いくら良い事を記述していても読んでも貰えなければ何にもならない。
確かにそうだ。二郎程度の頭では難しい事は理解できない。
こう言う読者のためにも分かり易く記述してくれているのかと思う!

何年か前に本屋で単行本で出版されているのを見た。
中央公論社からでは無かった。
事情は後書きで、詳細に述べられていた。
秦郁彦に誹謗?されたようだ。
著者は黙っていない。これを名誉棄損と思い出版社と秦に対して反論した。
中央公論社は要求を聞き入れず、秦氏は無視したようだ。
それで中央公論社からの出版をやめたようだ。
変に妥協しない。信念がある。
そこまでやるのかとも思うが・・・・・・・
事情があるのだろうが、手頃な値段で出版されているのは嬉しい事だ!
そう言う事で改めて読みなおした。
祥伝社新書の1冊で読みなおした。
元航空幕僚長、田母神俊雄が推薦している。
この組み合わせも面白い。
主にナポレオン戦争の時代から、普仏戦争までが記述されている。

神戸三宮の街宣車の理由!(全日本教職員組合による教育研究全国集会2012の開催)

最近右翼の街宣車が三宮に来ている。
何かあるのかと思った。
最初が、暴対法の事だった。
次は日教組は解散せよ。というマイクだった。
何かあると思って調べたら、何かあった!
検索すると神戸国際会館オフィシャルホームページが出てきた。

8月17日の休業等のお知らせ
8月17日(金)から19日(日)まで、神戸国際会館におきまして、全日本教職員組合による教育研究全国集会2012「教育のつどい」が開催される予定です。
8月17日は会場周辺道路を中心に、大規模な街宣抗議活動が行われ、交通渋滞や騒音が予想されることから、会場周辺道路の交通規制が実施される予定です。
以下の各施設・店舗は終日休業をいたします。
SOL(B1F・B2F各店舗)、SOL三番街(3階各店舗)、神戸国際松竹(映画館)、ABCクッキングスタジオ、Bodies、トゥーストゥース・ガーデンレストラン、西村屋ダイニング、維新號 點心茶室、MIKIミュージックサロン三宮、神戸国際会館プレイガイド、フラワーボックス
兵庫県旅券事務所、三井住友信託銀行、郵便局については、通常営業をいたしております。 上記以外のところは、直接、営業のご確認をいただきますようお願い申し上げます。

8月17日と言えばあと3週間弱の日しかない。
全日本教職員組合による 教育研究全国集会2012「教育のつどい」が開催れるために、公共の施設除き、店を閉めるようだ。
なんとなく右翼の街宣車が来ていた理由が分かった。
日教組を解散せよと言っていた理由も何となく分かった。
街宣車が何台来るか分からないが相当来るのだろうと思う!
えら迷惑な話だ!
交通規制まで実施される予定とある。
ただでさえ混雑する時期によくやると思う!

20120802_kokusai

神戸国際会館

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。