« ルーマニア4日目、シビウのチキンヌードルスープ | トップページ | ルーマニア5日目、ホテルから出発、ブラショフへ »

2012年10月13日 (土)

ルーマニア5日目、ルーマニアの民族(バルカン半島の民族)

トランシルバニア地方に、140万と言われるハンガリー語を喋る人間がいる。
この辺りは大変だ。
バルカン半島はどこも問題をかかえている。
今回ダンさんが言っていたが、この地方はルーマニア語でなくハンガリー語が公用語として認められている。
それでもハンガリーと問題は多いと言っていた。
ルーマニアからしてみれば、優遇していると思っている。
が一方通行みたいだ!

昔読んだ本の中に、この問題でルーマニア、ハンガリーの全面衝突の可能性の話があった。今後起こる可能性のある紛争地帯の一つとして。
もっともスロバキアには40万のハンガリー語を喋る人間がいる。
チェコスロバキア時代と違い、スロバキアになったのでこの人口は比重が高い!人口は国内に460万と言う。
これについてハンガリーの武力侵攻の可能性も噂されていたようだ。

バルカン半島は、ローマ帝国に時代からドイツ・オーストリア・トルコ・ロシアと各国の民族は翻弄されている。
大国により領土も決められた。
実際にダンさんと話していると実感する!
これからブルガリア・ポーランドに行く。
ブルガリアにはトルコに対する偏見?のかたまりと思うガイド、マリアさんがいる。
これからの旅で色々あるだろうと思う!

« ルーマニア4日目、シビウのチキンヌードルスープ | トップページ | ルーマニア5日目、ホテルから出発、ブラショフへ »

ルーマニア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/47433139

この記事へのトラックバック一覧です: ルーマニア5日目、ルーマニアの民族(バルカン半島の民族):

« ルーマニア4日目、シビウのチキンヌードルスープ | トップページ | ルーマニア5日目、ホテルから出発、ブラショフへ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。