« ルーマニア3日目、シビウ、教会・博物館 | トップページ | ルーマニア3日目、アルバ・ユリア② »

2012年10月11日 (木)

ルーマニア3日目、アルバ・ユリア①

車は快調に走る。信号もなく高速道路を使いながら走る。
昨日同様にうとうとしながら外の風景を見る。
牛が牧草を食べている。集落を通過する時に馬車を見かける。
見ていて楽しい!

アルバ・ユリアに到着。
この町はアルバ県の県都で、ルーマニアとハンガリーにも歴史的に重要な都市である。
ここは地球の歩き方には載っていない。と言うことは日本人はあまり行かないところだ。
奥さんが、内藤洋介著「トランスヴァニア/モルダヴィア歴史紀行」(本の詳細)を読んで行来たくなったところだ。
本文で20Pほど記述されている。
大ルーマニアの栄光!
と著者は表題にしている。

現在は修復中である。修復中に行くのは楽しい。状況もわかり面白い。
ダンさんが駐車したが、奥さんが隣の車に駐禁の張り紙があるのを見つけた。
それで駐車場所を変えた。ちょっとだけ歩く距離が増えた?
城壁の形が独特である。
城壁はレンガ造り。
中には聖堂と学校等がある。

20121008_arba_town

いたるところにお遊びがある。
紳士淑女、兵隊等がいる。ベンチに座っていたりする。
銅像なのか?

バルカン半島は複雑である。
この場所もハンガリーと色々あったようだ!
ルーマニアは今ハンガリー・ウクライナ・セルビア・ブルガリア・モルドヴァと国境を接している。
日本のように島国で天然の海で区切られているのでは無い。
歴史上の問題も多そう!

ミハイ勇敢公の騎馬像がある。これはブカレストにもあるようだ。
トランシヴァニア・ワラキア・モルドヴァの3公国を統一したが暗殺された。
大ルーマニアは短期間で破壊された・・・・・・
志士たちの像も多い!
中を通り抜けてもう一つの門に行く。
ここには衛兵がいる。なかなか帽子がしゃれている。
写真を撮るのに金が要るのかと思ったが、要らなかった。
公務員なのか仕事みたいだった。

20121008_arba_eihei

20121008_arba_eihei2_3

20121008_arba_eihei3

その門から外に出ると石のオベリスクがある。
何かとダンさんに聞いたら、1784年の農民の反乱の指導者3人の肖像画だそうだ。
ハンガリー人地主の過酷な支配に対する反乱のようだ!
このように各地に英雄がいるみたい。
そこから街を見れば旧市街的な感じがした。
新しい建物があるが、この城塞都市を復旧すればなかなかの売り物になると思うが・・・・・・・

20121008_arba_town2

20121008_arba_town4

20121008_arba_town9

« ルーマニア3日目、シビウ、教会・博物館 | トップページ | ルーマニア3日目、アルバ・ユリア② »

ルーマニア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/47400743

この記事へのトラックバック一覧です: ルーマニア3日目、アルバ・ユリア①:

« ルーマニア3日目、シビウ、教会・博物館 | トップページ | ルーマニア3日目、アルバ・ユリア② »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。