« 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇③失敗の連鎖・野中 郁次郎 | トップページ | 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇⑤戦場の指揮官・野中 郁次郎 »

2012年11月16日 (金)

失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇④昭和期陸軍の病理・野中 郁次郎

組織の腐敗と堕落。
司馬遼太郎が言っている。 『統帥権!』 が凶元と!
錦の御旗?
これが陸軍の暴走を許したと言う。
陸軍大臣を出さずに、内閣を重い通り操る。
現地が独走する!
中央は追認する。
政府の方針に反しても、成功すればお咎めなしとなる。
責任ととった人間がいるんでしょうかネ!

実権を持つ中堅幕僚層が、有能なリーダーの登場を拒んだ。

総力研究所が記述されている。
確か猪瀬直樹も記述していたと思う。
開戦前に各界の逸材を集めて研究した。
日本もちゃんとシュミレーションしていたと思うと、ホッとする。
要は、日本必負と言うシナリオになる。結論は開戦で出来ない!
戦局はほぼ、シュミレーション通りだったようだ。
説明を聞く東條英機の顔色はなかったと言う!

著者は言う。 「リーダー育成教育の根本的見直し」
①リベラル・アーツ教育の拡充
歴史・哲学・宗教・人間論・経済・史学・詩文等について、自分の頭で考える訓練を行う。
②現場主義型リーダー育成システムの確立
仮説を立てて実験し、その結果を分析して改善を加えるプロセスを繰り返す。

PDCA。pian-do-check and action。
日本の大学にあるのは PPPF、と言う。
プラン・プラン・プラン・フォゲット。
痛烈な嫌味だ!
プランだけ立てて、後は忘れるか!
情けないがその通りなんだろう!
人材についてはそこで中央集権が問題だと言っている。
道州制、地方分権、リーダー人権の多次元供給システムの確立は、将来のためにも不可欠であると言う。
江戸幕府が崩壊しても、各藩に人材がいたという。
それが明治の時代に生きた。今はどうなんだろう?
それが明治に生きたという。

« 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇③失敗の連鎖・野中 郁次郎 | トップページ | 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇⑤戦場の指揮官・野中 郁次郎 »

山本五十六」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/47867868

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇④昭和期陸軍の病理・野中 郁次郎:

« 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇③失敗の連鎖・野中 郁次郎 | トップページ | 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇⑤戦場の指揮官・野中 郁次郎 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。