« 小沢一郎50の謎を解く・後藤 謙次 | トップページ | 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇①戦場のリーダーシップ・野中 郁次郎 »

2012年11月14日 (水)

世界一の方程式・山田 久志

2009年WBCでサムライジャパンを世界一に導いたピッチングコーチが、最強の組織作りのノウハウを公開する。
準決勝、決勝でダルビッシュを守護神に立てた決断の流儀。
60歳を超える著者が20代個性派をまとめる対話術、イチロー、原監督を支えた参謀学。
日本中を沸かせた歴史に残る戦いの、知られざるプロセスを追う。濃密な4カ月を描く最高のドキュメンタリーは、ビジネスマンにおすすめの組織論でもある。

20121113_book3

来年、第3回WBCが開催される。
サムライジャパンが参加するか、ボイコットするか揉めていた。
参加するとは思っていたが、やはり参加する事になった。
これで予選敗退ならさまにならないが・・・・・・・・・・

第2回大会で投手コーチを務めた山田久志が苦労話を記述している。
凄いピッチャーだ!よく覚えている。
日本シリーズ、阪急対巨人の逆転3ラン!
うずくまった山田を、西本監督がマウンドまで山田久志を迎えに行く。
忘れられないだろう!
本人も記述しているが、あれがあったから大投手になれた。

長嶋巨人にコーチとして誘われるが、事情があり断る。
それを見て中日星野が動く。
律儀な山田久志は、同義的にも出来ないと断るが、星野が長嶋と話しをつけると言う。
星野も強引だ!涙を溜めて山田を説得する。

WBCの投手コーチを依頼される。
還暦を過ぎている。家族の事もある。
ピッチャーは20代がほとんどである。
受諾するのも大変だっただろう。
選手の選考から問題がある。
中日が参加を拒否?した。
これで岩瀬がダメになった。
投手選考の裏話がある。
ソフトバンク和田が外れた理由。巨人山口、内海をどうしても入れなければならない。
先発、中継ぎ、押えと左右の割り振りの苦労。
各チームのエース級を救援に回す。その通達の苦労話。
隠れたMVPとして、杉内、岩隈をあげている。
押えを藤川からダルビッシュに変えた理由と、その後のフォローの苦労。
ダルビッシュへの通告。
楽天野村監督に、「岩隈とマー君の両方持って行くのか?」 と言われたそうだ。
マー君には何か一つでも得るものを持って帰らせて欲しい。と頼まれたそうだ。
いまだに、山田に、オイと呼ぶのは野村だけだと言う。
そう言うが記述されている。
原監督 の苦労。
選手の茶髪を自主的に黒に変えさせる。
そしてイチローをどう使うか?
山田コーチの役割は大きかったようだ。
王相談役の存在は大きかったという!
こう言う裏方に徹する人がいるから、優勝できたのではないか?
第3回はどうなるのだろうか?
いつもながら監督を決めるのから問題がある!落合と言う名前はあがらないのか?
又日本中興奮する事を期待しよう!

« 小沢一郎50の謎を解く・後藤 謙次 | トップページ | 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇①戦場のリーダーシップ・野中 郁次郎 »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界一の方程式・山田 久志:

« 小沢一郎50の謎を解く・後藤 謙次 | トップページ | 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇①戦場のリーダーシップ・野中 郁次郎 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。