« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

桜宮高校の入学試験について!

体罰で問題になっている。
在校生がテレビで主張している。
スポーツ学科に魅力を感じて入学した。
在校生で無いので分からないが、はっきり言えばスポーツだけしていたらいい学科で はないか?
勉強しなくてスポーツだけやっていたらいい、と言えば問題発言になるが・・・・・・・
この生徒達もよくやると思う!感心する!
又問題発言になるが、「勉強しなくて高校に行っているのよ!」
と言っているのと同じではないかと思う。
誰かに言わされているとも言うが・・・・・・

橋下大阪市長が意見を言う。間違ってはいないと思う。
が、気に入らなければ選挙で落とせばいい、と言うのは言い過ぎか?
又独裁者と言われるだろう!
現に言われている。

土曜日のテレビ、朝パラであった。
他の番組だが、金八先生役だった武田鉄也がコメントを求められていた。
流石に南光が、「何の関係があるんや!」
と言っていた。
ちょっとおかしい!
ワイドショーもネタ切れなのか?
実際にスポーツ優待生は勉強しているのか?
顧問、コーチも勝たなければならない!
生活がかかっている。

元巨人の堀内恒夫。
ただ栄光のために―堀内恒夫物語・海老沢 泰久の本に出ていた話がある。
高校の最上級生になった時、下級生を殴らないようにしよう、と言う話がのっていた。
昔はしごきなんか当たり前だった!
野球部なんか特にガラがわる勝った!
この自殺した生徒は責任感があったんだろう。
部を辞めれば即退学と言う!
強豪校と言うのは辛い!
中学生の時、バスケットボールをやっていた。
近畿大会で2位になった。
自慢できる経歴だ。
が同じくバスケットをやってとは言え、桜宮高校程の練習をした事は無い!
その立場にならなければ、分からないだろう!
橋下市長はラクビーで花園に出ている。
学校も優秀だ!
それだけに、スポーツだけの高校と言うのは気にいらないのではないか?
そんな事も思いました!

2013年1月28日 (月)

ストロベリーナイト インビジブルレイン

珍しく邦画を観に行った。
このドラマの最初?テレビのスペシャルを何気なく観た!
主演の竹内結子が奇麗だった!彼女も魔性の女か?
見惚れるように見てしまった!
その後ドラマは見ていない。
個人的な意見だが、こんな上司にセクハラされたい!
『怒られそう!』
ドラマは今度DVDレンタルで見ようと思っている。
そのドラマでほとんどの登場人物が出ていた。
特に嬉しかったのは、宇垣剛士・遠藤憲一・生瀬勝久。
それに鑑識の、「吐くなよ!」田中要次!
個人的偏見だがそれぞれ存在感がある!

物語は殺人事件から始まる。暴力団の人間だ。
連続殺人事件の合同捜査が始まる。

20130127_film2

捜査一課と組対四課が最初から対立する。
この組対四課の主任を柴俊夫が演じる。
そしてその部下達!暴力団より暴力団らしい俳優を集めたと思う!
最初から組織内の争いと思っている組対四課!
これを姫川は気にいらない! 「何故決めつけるのか?」
嫌な感じ!上司にはよく思われないだろう!
合同捜査ではないようになってきた。

その夜姫川が帰る間際に、電話が入る。タレコミだ!
殺しの犯人の名前を言う!この名前が問題になる。
タブーの名前だった。上司に相談する。
が上層部から圧力がかかる!
逆らえない!チームに迷惑をかけたくない。姫川は一人で捜査を始める。
警察の記録係は教えたいが喋れないのに、姫川はしつこい! ヒントを言わす!
今は簡単にネットで調べれる。パソコンにキーワード入れればすぐだ!
フルネームでダメなら、名前で何件か検索結果がでてきた。

9年前の殺人事件がある。近親相姦!父親が娘を犯す!
PG12指定になる。あまり気分が良いものではない!
ここから姫川一人の張り込みが始まる。
車の中で見張る。一人では無理だろう。
まずトイレの問題がある。
ここで出会う!同じ臭いのする男、牧田に!
問題の組の若頭だ! 
かっこいいですヨ!大沢たかお!
が、不動産会社に勤めていると言い、本当の素性を明かさない。

20130127_film4


この組も跡目争いで紛糾している。
やくざが談合で揉めている。1億円の受注予定の物件が40万の差で他に落札された。しくんだ男が時期組長なので、組内でも揉めている!

姫川は動揺する!
やがて牧田がやくざと分かるが、魅かれていく。
これに部下の菊田が気が付く。
菊田も焦る!
直接若頭牧田に会いに行く。
牧田に言われる。「あんたには姫川は無理だ!」
菊田の表情が変わると、「男の顔になりましたネ!」と言った。
菊田も可哀そう!
密かに尾行する!涙が出て来る場面だ!

警察を守る為に姫川は、「手を引け!」と脅される。
時間は無い。
皆の想像通りの人物が犯人になった。
がそんなものではない?
ここから姫川班の捜査が始まる。

20130127_film3


犯人は思わぬ人か?想像通りの人か?
結末はなかなか良いと思うが・・・・・・・
姫川班は解体される。菊田とも別れる!
続編を期待したい!
面白かったです!

ストロベリーナイトの公式サイト

2013年1月26日 (土)

ストリート・ミュージシャン、神戸三宮センター街の入り口

家に帰る中に、三宮のセンター街の入口を通る。
時々、歌を歌っている!
女性がいる。よく見るがエレクトーンを弾きながら歌っている。
きれいな声だと思う。
ただ観客はほとんどいない!パラパラだ!
先日人だかりが出来ていた。
夜だったが何かと思って通り過ぎると、何か光の見世物を行っていた。
こう言うのは沢山の人が集まる。

201310256_sts1


今日通り過ぎたら歌っている人がいた。
センター街の入口からは少し離れている。
この周りは2・3人しか見ていない。
でも一生懸命歌っていると思う。

201310256_sts2

ここで歌うのにも申請も必要と思う。
この努力が報われる日が来て、ステージに立てる人もいるのか?
好きでやっているとは思うが、この寒い中大変である!
いつか努力が報われる日が来る事を祈ろう!

ナルト・父から真実、餓愛羅と夜叉丸(嬉しい場面!)

アニメでは、我愛羅が穢土転生で生き返った親父と出会う場面になっている。
我愛羅が風影になり、立派になっているのに驚いた親父。
我愛羅の実力を自分の目で見極めると、戦いを始めた。

4

我愛羅の親父

3_2
我愛羅

我愛羅は子供の頃に、叔父の夜叉丸に命を狙われた。
その前後のやり取りを見ていると、夜叉丸が命を狙った事が、信じられなかった。
作者の上手さか?   
いちばん近い者が犯人なのか?
そう言う、どんでん返しがあったのでショックだった!
夜叉丸は誠実で忠実な部下だと思っていた。

今回その内幕が判明した。
夜叉丸が我愛羅を狙いながら簡単にやられていたと思う。何故かと思った?
分かったが、本気で狙っていなかったんだろう!
我愛羅の父が夜叉丸に、我愛羅を狙う事を命令した。
夜叉丸も風影(我愛羅の父)の右腕、幹部として命令に従った。

1_2


我愛羅は夜叉丸の姉の子供だ。
可愛くな訳が無い!
砂の為に、我愛羅を追い詰める必要がある為に、任務と割り切り遂行する。
これは、我愛羅に母親に愛されていないと言う必要がある。
狙って返り討ちにあい死んではならない。
死ぬ前に、我愛羅に言わなければならない!

2
未熟児の我愛羅をずっと守っていくと誓った母カルナ

5


作者の上手さか?
こう言うオチまで考えていたのなら、作者の構想力には感心する!
原作の夜叉丸の描き方も上手いのだろう!
完全に騙されていた!
こう言うのは嬉しい。

次回は、イタチとナルトが出会う!
この場面も大好きだ!
楽しみだ!

2013年1月25日 (金)

ナルト・カカシの実力は?

はたけカカシ!、
かっこいいですネ!
奥さんがナルトを一緒に見ようと言ったのが、カカシ外伝の話だった。
外伝では、カカシ、オビト、リンがチームだ。

20130125_naruto1
かつてカカシとオビトはチームで敵と戦う

今原作では、カカシはオビトと戦っている。
初めは、ナルト・ビー・ガイと一緒に仮面の男と戦っている。

カカシの分析力はピカ一か?
仮面の男の正体がオビトと感じる。
カカシ外伝で死んだと思われている。
その時に、オビトの眼を貰う。奪ったのではない。
その時はカカシの方が力は上のだった!
今はオビトの方が上なのか?

カカシは、写輪眼のカカシ?コピー忍者?物まね忍者?と呼ばれる。
本来の力に写輪眼の力が加わっている。
簡単に他人の力が、手に入る。
大蛇丸と薬師カブトは不足なものは、手に入れればいいという考えだった。
だから大がかりな実験室を持っていた。
サスケの身体を手に入れようともする!

「雲」は日向の白眼を奪おうとした。
「霧」の青は戦いで白眼を奪い自分の武器にしている。
ダンゾウは、うちはシスイの眼を手に入れている。腕にも一杯写輪眼を移植している。
こうなるとカカシの実力はどんなものなのか?

①    桃地再不斬と戦い勝った!ナルト最初の強敵だった。後で同じ霧の抜け忍、鬼鮫が子供扱いしていたが・・・・・・・
②    大蛇丸と自来也は同期?自来也の弟子がミナトで、カカシはミナトの弟子。
木の葉崩しの時、呪印をかけられたサスケを手当していた時、現れた大蛇丸に 「今の俺なら相打ちに出来る!」
と言いながら大蛇丸にあしらわれ、「何て事を思っているんだ!」
大蛇丸とは相当な力の差があるのか?
③    薬師カブトとも同等の力だと思う。木の葉崩しの時闘っているが差は無かったのではないか?
④    木の葉に現れた、イタチと鬼鮫!これと戦うがガイ・アスマ・紅と4人がかりだったが相手にならなかった。
イタチに、「身体に眼がなじんでいない」 とあしらわれる。
⑤    風影奪回の時、暁のデイダラと戦う。万華鏡写輪眼を開眼したがデイダラを殺すまでには至っていない。
⑥    アスマの復讐戦、飛段・角都の戦いで角都を一瞬のすきを見つけ仕留める。相手が5つ心臓を持っていたので死ななかったが・・・・・・
この後の闘いは、防戦一方では無かったか?
⑦    長門の、木の葉侵攻の時、一度は死ぬ。
⑧    五影会談の時、ナルトの元に現れた仮面の男に軽くあしらわれる。今となってはオビトと分かっているが・・・・・・
⑨    サスケがダンゾウと戦ったあと、旧第7班が集合した。その時仮面の男も現れ、カカシはサスケと争うが相手になっていない感じがした。
⑩    現在の最終段階に入っている闘いだが、オビトにはかなわなそう!もっともオビトも、力はどうやって手に入れたのか?

こうやって見ると、カカシの実力はどんなのもなのか?
疑問が付く!
作者の扱いもどうなのか?
人気ランキング投票では、上位にいる。
扱いには慎重なんだと思う!
オビトとの闘いはどうなるのか?
最後はオビトとカカシの、さしの争いになるんだろう!
その中で、リンの死の状況が描かれる。
マダラの事は別として、オビトは輪廻転生で各国の忍びを生き返らせるのではないか?
そんな希望的観測を持って見ています!

20130125_naruto3

2013年1月24日 (木)

習近平と中国の終焉・富坂 聰

2012年11月、中国共産党の新たな総書記に習近平が就任した。
その2日後、次のように発言している。
「このまま深刻化すれば、党も国も滅びる」――。
よく分からないが、国のトップが公式の場で、腐敗と格差を言う。
普通なら隠すような事を堂々と言う!
おかしいとは思わないのか?
そんな国に、歴史認識を言われている!
が、そんな賄賂で潤っている人も多いのではないか?
前丹羽中国大使。伊藤忠商事の時代に、賄賂か献金か分からない商売をしていたと感じる。
政治評論家、三宅氏が言っていたが、有史以来一度も民主的な選挙で選ばれた事がない国だと!
今の中国は、薄煕来事件がキーだと!
70円ほどで食事をする「庶民」と、数千万円のフェラーリを乗り回す 「官僚の息子」。
誰が見ても裏で何かやっていると思う!
飲む、打つ、買うには金がかかる。

20130124_book

長とかを選ぶのに、何処でもそうなどだと思うが、この人だと言うのではなく、この中からこの人と言う感じで選ばれる!
日本の自民党の総裁の争いもそうだと思う!
おさまりがつかなくなり、無難な人選になる。
宇野、海部、村山元総理!
今回は安倍総裁でよかった!谷垣総裁が続投ならどうなっていたか?

有力候補が脱落して、無難な無害な人物に落ち着く!
習近平が選ばれたのもそう言う事情とも言う!
そのプロセスが記述されている!
よく分かる!
知らない名前が一杯出てきた。長老に逆らい干された幹部がいる。
いまだに影響力がある長老達!
が不幸の中から這い上がった?習近平の事だ!
普通に考えても、実力はあると思う!
どうなっていくのか興味津津である!

党幹部の子息達は欧米に留学する。
それだけでも金がかかる。
フェラーリの乗りまわすバカ!
成金趣味と言うか、まともな事をして稼げるわけがない。役人と言う意味ですが・・・・・・
商売を始めて設けているのであれば構わない?
そう言えば 「俺を誰だと思っている」 と言った親が党幹部か公安幹部か?
そう言う息子がいた!
人間自己顕示欲から離れられないのだと思う!
自慢したくて仕方がない!

今後の、習近平が舵取りする中国と中国共産党の問題点を分析する。そして中国の終末的な実情がある。
尖閣諸島問題では現状維持と言う。武力侵攻の無いだろうと思えるし、引き下がる事もあり得ないだろう!
分析になるばかりではない、新たな日中関係の構図も見えてくるはずと分析している。

2013年1月22日 (火)

ナルト・うちはオビト(想像力の世界)

今、オビトの顔が出て来た場面を見返している。
物語に連続性がある。
作者もここまでの構想があったのなら素晴らしい!
無かったのではないかと思う。(作者に怒られそう!)

仮面の男トビをオビトにしたのは、最初から考えていたと思う。
マダラの部下として、ゼツ、グルグルと出て来た。
カカシ外伝で、オビトを登場させた時には、疾風伝の構想は出来ていたのだろう!
どこまでの構想があったのか?

暁を立ち上げるように、長門に勧めたのは、「トビ!」
長門の輪廻眼は子供の頃に移植されたらしい。
千手とうちはの両方の力を持たなければ輪廻眼は開眼しない。
長門は千住の血を引く!
それを自来也は分かっていて修業させたのだろうか?
作者は最初からトビがマダラだと思わせている!
が、素直に考えてもトビとマダラが同一人物とは考えにくい!あまりにも簡単すぎる。
ただ筋書きとしてはそういう風になるだろう。

オビトの実力は?
大蛇丸、カブトは自分に無い物は移植すればいいと言っていた。
カカシの写輪眼もオビトからもらった物だ。コピー忍者?いや物まね忍者?

ナルトも9尾の力を借りている。

霧の里の「青」も木の葉の日向の白眼を奪って移植している。
ダンゾウも写輪眼を腕に移植し、その上うちはシスイの眼を移植している。
こうなると実力が分からない!
となればオビトの力はどんなものなんだろう?
身体は半分潰れている。
最初はグルグルに身体を補助して貰っている。
9尾を使って木の葉の里を襲った時、オビトはミナトと渡りあった。ハイレベルな戦いだった!

長門の輪廻眼は、小南を殺して無理やり奪った!
自分の物は写輪眼だけなのか?
身体半分潰れたが、それがどうやって力をつけたのか?どこで修業したのか?

カカシがリンを殺した場面。
カカシとリンが、霧、血霧の里の忍び達に追われている。上忍、暗部に追われている。
リンを実験体と言っていた。死体になってでも回収しようとしている
死体でも値打ちがあるのだろう!
死んでいなければ凄い物が出来たんだろう?
何なのか?これから語られるだろう!
リンがカカシに殺して欲しいと頼んだのだろうか?
のはらリンの家系に何かあるのだろうかと思う?
霧が実験体として使う為に必要な物が!
リンの死を影から見ていたオビトは、霧の忍び達を皆殺しにする。
これはオビトの力では無い!

20131022_naruto1
カカシがリンを殺す場面

20131022_naruto2

20131022_naruto3
同じ目を持つオビトとカカシ

サスケと大蛇丸は、全てを知る人達のところへ向かっている。
複数形だ!
誰なのか?
うちはと千手の両方の力を持つのは誰か?
イタチはトビがオビトであると知っていた。
木の葉に捕まっている香燐がそろそろ逃げ出すと思う。
何かカギを握っている感じがする。
六道仙人なんてことは無いと思うが・・・・・・・

マダラは生き返る時と場所がいる。
長門は木の葉襲撃のときには、輪廻目で輪廻転生の術が使えた。
もっと早くマダラを復活させる事が出来たのではないか?
そうすれば暁はマダラが率いる事になり、より強力な戦闘集団が出来ている。

今のところは、マダラが全ての筋書きを書いている!

奥さんに馬鹿にされても、自来也とイタチが復活すると思っている!
今まで想像した事で当たっているのはほとんど無い!(情けないです!)
展開を楽しみにして待っていよう!

2013年1月19日 (土)

コンサート・北島三郎・神戸国際会館

1月19日(土)18時からの、北島三郎のコンサートに行った。
よく入っていた。
個人的な話だが、知り合いに、「自分で下手によう歌わん!」 と言うのがいる。
確かに上手いが、自分で言わなくてもよいと思うが・・・・・・
その社長が歌ったのが 「加賀の女」

そんな事で、北島三郎は凄い歌手だと思っていた。
「風雪ながれ旅」なんかも好きだ!

20130119_kitajima

期待に胸をふくらまして行った。
お客さんは多かった。がやはり年配の人が多い!
紋付袴で登場!
神戸が今年初めてのコンサートだと言っていた。
「紋付袴だと背が高く見える。今から全国に集金に行く!6500円と8000円のチケット。暇な人が来ているのか?」 
と笑わせた。
じんじん、と歌い、「歩」を歌った。
ここで大江裕が登場した。服装はピンク。

20130119_ooe
北島三郎も今年77歳だ。
昔みたいに一人で2時間歌い続けるのは無理だろう!
かけ合い漫才みたいに、歌を挟んで進んで行く。
大江裕の事も説明があった。まだ24歳とは驚きだった!
やはり歌は上手い!
演歌兄弟、北の漁場とか二人で歌った。
二人で歌っていても同じような歌い方なので同一人物が歌っている感じがした。

函館の人。
これを神戸に置き換えて歌った。
神戸へのサービスだ。まだ神戸と函館は似ていると言えるはいい。
これが鳥取とかだったらどうするんだろう?

自分の事も多く語った。
北海道から長男で上京した。
7人兄弟で家は次男が継いだ。
青函連絡船で4時間かかり、青森から東京まで14時間かかった。
今はもっと早い。
ながしをしていた。路地から路地へと動いていた。
3曲歌って100円貰った。
それを続けていて運が開けた。
ある人に巡り合い、運が開けた。1000円貰って一曲歌い次の日に喫茶店に来るように言われた。
そこで先生に出会い、デビューすることが出来た。
北の島から来たと言う事で、北島となった。ゴロが良いので三郎となった。
北島三郎となった。
かなりいい加減な命名方法だ。
幕末の志士、策士清河三郎!
これも清河村で生れて、清河三郎と名乗った。芸名みたいなものだと司馬遼太郎が言っていた。

苦労は報われたのだろう!
司会が出て来て、バンドを紹介して後半になった。
大江裕が着替えて来た。
今度は黄色だ!
北島三郎は、紋付袴、黒、白だった。
一文字の歌を歌った。
「山」 「川」 「竹」
そして 「風雪ながれ旅」を歌った。
ここで、お土産になった。
そんなに多く無かった。その方が良い!
最後は、「まつり」
皆楽しく鑑賞していた!
楽しかったです!

NHKカタールを見て、ドキュメンタリーWAVE「ヒトも文化も我が国へ~カタールの世界戦略~」

首都はドーハで裕福な国である事は知っていた。
日本の秋田県程度の面積の国だそうだ!
たまたま見たNHKのドキュメント
途中から見たが、陸上とサッカーの選手が出て来た。
カタール国籍をとっている。
むろん無償では無い。永久的に生活は補償されている。
サッカーでは問題になっているようだが・・・・・・・
再放送を見た。
絵画、サッカークラブ、交響楽団員をカタールが買収している。
科学者も高額で引き抜こうとしている!
生物科学、遺伝子の分野でも世界のトップに立とうとしている。
ガン、糖尿病の分野もターゲットになる。
研究成果は全てカタール
正直な感想を言えば、金さえ出せば何でも出来るのか?と言いたくなる!
ひがみになるのだろう!
カタール国家ビジョン2030年がある!
文化・スポーツ・芸術で世界のトップになる!
いずれ資源は無くなる。それを見越した人材確保を図る!

次にフランスの話だ。
競馬の凱旋門賞も、今やカタール凱旋門賞らしい!
パリの名門ホテルがカタールに買収されている。
従業員のインタビューがあった。
買収されるのは、このグローバルな時代なら仕方が無い?
が従業員の生活は確保して欲しい。
名画がカタールに買収されている。
フランスの地方都市が財政破綻している。
その保護をカタールに求めた。
カタールは応じた。
賛否両論がある。
国も地方も金が無いのだからあるところから出して貰うのは当然!
しかしプライドと言うの物が無いのか?という意見もある。
他人事とは思えない出来事である。

今、カタールの中枢は外国人が占めている。
何年後になるのか?
今豊富な資金で教育している若者たちが将来は国の中枢を担う!
そう言う壮大な計画を持っている!
カタールは国王の娘が自ら外交をしている。
きれいな女性だ!

カタールはかっては天然真珠で有名だった。
が日本の養殖真珠で衰退したようだ。
豊富なオイルマネーにより国民は所得税がかからない。
さらに、医療費、電気代、電話代が無料、大学を卒業すると一定の土地を無償で借りることができ、10年後には自分のものとなる。
2004年、ドーハに科学技術パークを開き、世界中から技術関連企業を呼んだ。
現在、油価は低下したものの炭化水素はカタールの背骨であり続けるが、政府は知識集約型の民間投資も促進しようとしている。
カタール金融センター (GFC) は湾岸諸国を巻き込んだ投資に今後10年間で1兆ドルを供給することを発表している。
石油で食べている国と言える。
石油に依存しなくても成り立つように、オイルマネーをつぎ込んでいる。

凄い話と思った!いや恐ろしい話とも思った!
そして中東には、欧米の巨大企業や中国・韓国の政府系企業が群がる。
日本企業は、高い技術力と長期を見越した丁寧な仕事への信頼感で中東での仕事の受注を獲得してきた。
しかし、低コストを売り物にするアジア企業の激しい猛追をうけている。
どうなるんでしょうかね?

カタールとフランスの関係を見て、日本と中国の関係を考えた。
例えば、日本の地方都市が破綻して助けを中国に求めたらどうなるのか?
保護のためと称して人民軍が来たらどうなるのか?
そんな事も考えさせられた!

2013年1月15日 (火)

丹波篠山、篠山城

連休に出かけることにした。
篠山の方に行くことにした。
目的は猪、ボタン鍋だった!
三宮から1時間ほどで着く。早い!快適なドライヴだった!

20131014_sasayama1


丹波篠山は小京都の一つだ!
兵庫県に小京都は3つある。
但馬出石、播磨龍野、丹波篠山だ。
どこも静かなところと思う。
皆城下町なので城跡がある!
皆行った事がある!

20131014_sasayama3


篠山城について調べてみた。
家康が西国諸国の抑えの一つとして築城を命じた。
命じられたのは松平重康。
よく知っている名前だ。
といっても南条範夫の本で知った。
徳川家康が御三家、晩年の息子達に有能な家老をつけようとした。
その候補者として家康が白羽の矢を立てたのが、松平重康。
ところが付け家老は陪臣になる。
直臣から外れるのは不名誉だと言う事で断った。
家康も辛かっただろう。
事が事だけに、押しつけても仕方が無いと考えたようだ!
そんな事を思い出した。

20131014_sasayama2

築城の縄張りは大好きな藤堂高虎!
凄いです!
ただ天守閣は造られなかったと説明にあった!
城跡としては堀も残っているので復元しやすいと思うが、天守閣が無かったのでは捏造になる!

20131014_sasayama4


日曜日だったので観光客は多かったと思う!
が城の近くの駐車場、一日一回200円だったが、係の人はこんなもんだと言っていた。
城から説明にあった丹波富士が見えた。
見えたと言ってもかってにこれだと思っただけだったが・・・・・・・
目的はボタン鍋だったが、ボタン鍋では無く食べたのはソバ!

2013年1月14日 (月)

映画・ルーパー

奥さんが見に行きたがった映画だ。11日公開だから早く見た事になる。
時代設定は2044年。
荒廃している世界が展開されている!
主演はジョゼフ・ゴードン・レヴィット。ルーパー、ジョンを演じる。
バットマン、ダークライジングに出ていた。
なかなか良い感じの俳優と思う。
ブルース・ウィルスが出て来る。30年後のジョン役だ。

見ていてターミネーターを思い出した。
この時代から30年経つと、タイムトラベルが行われている。
当然誰でも使えない。犯罪組織レインメーカーが絡んでい来る。
犯罪組織が、殺したい人間に銀を付けて目隠しして過去へ送り返す。
未来では人間の体内にマイクロマシンが埋め込まれていて、殺人が不可能な世界になっているからだ。
送り返す場所は決まっている。
そこでラッパ銃を持って、殺し屋・ルーパーが待っている。
時間通りに来るので、殺すだけである。
死体を処理して、銀の報酬を受け取る。

疑問点①
この組織を取り締まっていないのか?
タイムコップはいないのか?

ループが閉じる。ループを解消する。
何の事かと思ったら、未来から30年後の自分が金を持たされて来る。
殺すまで分からない。
金の報酬を見て、それが分かる。
それから30年は人生が保証される。
ある時、ジョンの親友セスのループが閉じられようとする。
セスの前に送り返された男が歌を口ずさむ。
それで30年後の自分だとセスが気付く。
殺せない。逃げられる。
タイムパラドックスになる。
こちらの責任者は総力をあげて、未来のセスを殺しにかかる。
ジョンは親友を裏切る形になる。

未来の組織はルーパーを整理しようとしている。
それをジョンは感じている。
そんな時に未来からの処刑する人間を待っている。
来た男は目隠しをしていない。ジョンは銃を撃つが、男は背中にくくりつけられた金を防御に使う。
男は逃走する。
男が金を持っていたので、ジョンは男が30年後の自分だとが分かる。

20131014_film2_2

次に同じ場面がある。
これは男が目隠していて、ジョンは簡単に射殺する。
そして何年後かのジョンの状態が出て来る。
23年後からジョン役がブルース・ウィルスに変わる。
かなりの年になってから女性を結婚する。
そして30年後になって送り返されそうになる。
この時は自分から、目隠しもせずにマシンに入る。
タイムマシンなのだからもっと科学的な機械だと思うし、相当なエネルギーを消耗するはずと思う。
その割には貧弱な施設と思う!

20131014_film1

そうして歴史を変える闘いが始まる。
ターミネーターと同様、核となる人物を抹殺しようとする。
サラ・コナーを殺そうとしたのはターミネーター!
オールド・ジョンは謎の組織の長、30年前の子供の時代を狙う!
現在のジョンと30年後のジョンが対立する。
ここからの展開はスピーディーで、なかなか面白い!
最後の現在の主人公の決着のつけ方は意外だった。
なかなか面白かったです!

疑問点②
パラレルワールド、結果を見れば多次元宇宙と言うか似たような世界がいくつもある感じになる。
レインメーカーの長は、昔の自分を守る為に何もしないのか?
ターミネーターでは、守る為に要員を送りだす!

2013年1月12日 (土)

動乱のインテリジェンス②イラン・佐藤 優・手嶋 龍一

鳩山元総理のイラン訪問がある。
これに関する話はメチャメチャ分かり易い!
イランが鳩山元総理に目を付けたのをほめている。
確かに利用されるのが分かりきっているのに出かける。本当に人が良い!
話題を作りに行ったのか?
塩野七生が言っていた。
男の顔!「私は鳩山元総理について行きたくない!」
その通りだと思う!
新党さきがけの時が花だったんだろう!
みんな期待した!私も期待した!
期待されているうちが花!
民主党が政権を取った時に、死ねば歴史に残ったのだが・・・・・・

イランはイテリジェンス大国と言う!
鳩山元総理が言う!
イスラエルは核不拡散条約に加盟していない。したがって、IAEA の査察を受けなくて済む。
イランにだけ厳しすぎる。
まさにイラン政府が言って欲しい内容を鳩山元総理が言う!
この時、イスラエルは不気味なほど沈黙していたようだ!
それだけ重要視していたということらしい!
ともあれこの二人の対談は、疑問がドンドン解けるので楽しい!
鳩山元総理のアホさ加減!

今内戦で揉めているシリア!この国も複雑なようだ!
この国の宗教は特殊な宗教だそうだ!
イスラム、キリスト、土着の山岳宗教が混合している!
アサド政権がまだあるのは、他に代わる政権がないから・・・・・
ヘタな事をして政治の空白を作ると、アルカイダが入ってくる。
それで人が死んでいく・・・・・
シリアは捕虜を捕らない。全部殺すようだ。
北朝鮮、イラン、シリアと核の技術が、地下で流れている。

ウサギの耳と言う言葉がある。
日本は無い!しからば猫の耳ぐらいは欲しいとある!

ギリシャと言う国は、本来ロシア寄りの国だそうだ!
ユーロも、入ってやっている感じだそうだ!
チャーチルとスターリンでヨーロッパを分割する。
その時ギリシャは西側には入った!
今の危機は助けるのが当たり前と言う感じだそうだ!
そんな事も記述されている。

東北震災の対応!
特にアメリカの意向が良く分かる。
TPP参加にしても、この二人の説明が分かり易い!
参考になる本だと思います!

動乱のインテリジェンス①沖縄・中国・佐藤 優・手嶋 龍一

著者の預言どおり、世界はにわかに動乱の季節を迎えた。日本周辺海域の波はことさら高い。「北」のミサイル、空母を持った中国、混迷の中東、通貨危機とTPP、そして黄昏れゆく日米同盟―。報道レベルを数段超えたインテリジェンスで「今そこにある危機」を分析しつつ、縮みゆく日本を毅然として回復させる道筋を示す黙示録的一冊。日本最強の外交的知性がぶつかり合った、高カロリー対談。

20131012_book1

めちゃめちゃ面白いかったです。
領土問題から始まる。
竹島問題!
日韓国交正常時に、密約があったようだ。
現状維持と言う。
双方が主張するのは構わない。韓国がそこに駐留するのも構わないがこれ以上の増強は行わない。
いまや韓国はその密約も、証文も葬り去ろうとしているようだ!

沖縄の話になる。
琉球独立?
独立して中立を宣言する。琉球共和国!
日米両国には出て行ってもらう!
そして中琉で尖閣の海を共同開発する。
そんな話からはじまる。
中国は沖縄が独立したがっていると、アンケートの調査結果を示しているとは聞いている。
独立して中国の手先になりたいのか?
沖縄も頭がおかしいのではないかと思う。
それが沖縄を理解していないと言われる事なかも知れないが・・・・・・
ついでに言うと北海道独立の話もあるそうだ!
これは真剣に財政をどうするかまでの議論になったようだが・・・・
イギリスの老外交官の言葉!
『係争の地は指導者の器量を洗いだす』
領土に関しては、ロシア、韓国、中国は考えが、正しいかどうかは別としてまとまっている。
日本は自由だ!幸せな国とも言える。
アホな政治家が要らん事を言っても許される!
そう言う話から政治家の資質にまで話は及ぶ!
北方領土問題。
今はプーチン大統領で、独裁者みたいなものだからプーチンが、「YES」 と言えば話はまとまる。
交渉の余地はある。
ロシアは中国を警戒している!
日本も問題は多い。煽っている連中がいる!
読んでいてよく分かる。
流石問題の二人の本である!

中国の重慶事件の分析がある。
これも分かり易い。
とくにウクライナとの関係は新しい発見である。
空母購入時のロシア、ウクライナの関係!
中国とウクライナが地下で繋がっている。
ウクライナの内情も良く分かる。
読んでいて楽しい?

 

2013年1月11日 (金)

女性専用列車(セクハラ?パワハラ?)

神戸市の地下鉄湾岸線に乗った。
三宮・花時計駅から湊・元町駅まで行く。
何回か行っている。なのでエスカレーターは一番後ろだと分かっている。
今回最初から一番後ろの列車に乗りに行った。
なにも考えていない。乗ればガラガラだ!
大きな顔をして座った。
車掌がこちらに来た。
申し訳なさそうに言った!
「女性専用車です!」
笑いながら隣の車両に移った!
そこで普段から思っている事を言いたい!

この女性専用車両は終日とあった。なら女性はこの車両から乗るべきではないか?
その車両が一杯になってから他の車両に乗るべきではないか?
誰もそんな事は言わないのは、二郎が間違っているのか?
単に注意されたのが気に入らないだけなのか?

20130111

2013年1月 7日 (月)

日本型リーダーはなぜ失敗するのか④・太平洋戦争のリーダシップ・半藤 一利

太平洋戦争のリーダシップ
これについては嫌と言うほど著者の本を読んでいる。
先日読んだ、野中郁二郎、戦場のリーダーシップに通じる!
リーダーシップとは?
①最大の仕事は決断にあり
②明確な目標を示せ
③焦点に位置せよ
④情報は確実に捉えよ
⑤規格化された理論にすがるな
⑥部下には最大限の任務遂行を求めよ
イギリスモンゴメリー大将
「リーダーシップとは、人を共通の目的に団結させる能力と意志であり、人に信頼の念を起させる人格の力である」

良き例から。
①ルンガ沖夜戦、全軍突撃せよの田中頼三。現場重視!後方の秀才参謀の作戦はジャマ!3・11の海水注入を中断の指示を無視した現場の吉田昌郎所長。
頭が下がる。
②レイテ沖海戦、小沢治三郎は囮艦隊を部下に徹底させて見事に成功した
③ガ島撤退、山本五十六は意図を徹底させた。珍しいと言われる。
④歴戦の駆逐艦、雪風の艦長達。率先して戦う!
⑤ミッドウエ―海戦の山口多聞。山本五十六の後継者。闘将であり先任を飛び越えて指揮し最後まで戦う!
⑥硫黄島、米軍に流血を強いた栗林忠道
⑦終戦時の陸軍をまとめた阿南惟幾。学生時代に見た映画、「日本のいちばん長い日」
演じたのは三船敏郎、対する海軍大臣、米内光政は山村総。メチャメチャ迫力があった。黒沢年男が熱演だった。この原作者が、著者半藤一利だったと知ったのは本を読んだ時だった。
井上成美、規格化された論理にこだわらない。が斬新なアイデアほど嫌われる!
宮崎繁三郎、インパール撤退の指揮。「愚将は強兵を台無しにするが、名将は弱兵を強兵にする」

それに対しての悪い例。
成功体験にこだわる日本。
黒島亀人、ミッドウエ―での失敗。ガ島飛行場の戦艦による砲撃。自信過剰か?
アメリカは日本の作戦の傾向を読み取っている。「二つの目的があり、部隊編制の複雑性がみられ、挟撃作戦と包囲作戦をやろうとする」
「一回成功すると同じ作戦をもう一度くりかえす。勝てばすぐに引き上げ、戦果を徹底的に拡大させない」
戦後、半藤一利に 「ミッドウエ―等負ける戦いでは無かった」 と豪語したようだ。
②レイテ沖海戦の栗田建夫。謎の?撤退!闘争心の欠けたようだが、人事の間違い!
③著者も最近は山本五十六の欠点をかなり言うようになってきていると思う。越後人特有の口の重さ!口下手!説明や説得を嫌う、言ってもやらぬ奴はやらない!
これは問題だ!

このリーダーに、終戦時のウランバードルの根本博。
キスカ島撤退の木村昌福。
この二人が出て来なかったのは寂しかった。

「想定外」 と言う言葉は「無責任」 の代名詞である。と結論している。
阪神大震災で、初めてのことねので上手くいかなった。と能力の無さを誤魔化した政府と首相!
「損失」 「不確実」 「危険」 を避けようとする心理。
起きてしまった危機を失敗を徹底的に検証して、知恵をふりしぼって、次なる危機に備え、起きた場合にはそれを乗り切るだけの研究、才覚、覚悟を身につけておく。
根拠のない自信過剰、無知蒙昧、逃避癖、底知れぬ無責任など、日本人の愚劣さ、見
たくない本質を正しく見つめ直す大切だとある。

日本型リーダーはなぜ失敗するのか③・参謀とは?・半藤 一利

参謀を分析している。
①権限発揮せず責任もとらない  富永恭次
②権限発揮せず責任だけとる   南雲忠一
③権限発揮して責任とらない    牟田口廉也

例としてかの高名な富永恭次、牟田口廉也が挙げられている。
何度読んでも救いようのない人達だった。
俺も後から行く、と言って特攻に送り出し逃げ出した富永恭次!
ゴマすりで勲章欲しさに作戦を立てて、失敗は部下の責任!
東条英機もこう言う牟田口廉也みたいな人間をとりたてる。メチャメチャ問題だらけと思う。

日本の参謀教育の歪さ!
戦闘に役たつ教育しかしていなと言う。
語学、歴史等はあまり学んでいない。当然相手の国の歴史も理解していない。
軍事オタク教育、軍事オタクが優等生になった。
谷光太郎がよく記述しているが、アメリカのシリビアンコントール。
軍事に偏りがちな軍人を、実業界で成功した幅広い見識で指導する。
第二次世界大戦のノックス海軍長官は新聞王と言う。
日本の民主党政権の防衛大臣。軍事に素人だからシリビアンコントールだと言った馬鹿!
官僚に責任を取らせると、なり手がいなくなる。
官僚が責任を取らないと言う事で出て来た言葉だ!
真剣にやっていないと言われても仕方が無い!
何故この話を出したか?
同じ事が記述されている。
陸海軍参謀にも責任が無かったようだ。
責任をとらされると、うろたえたり、いじけたりして、自由な発想が阻害される。
斬新な作戦構想を練る事が参謀の任務だと。
それゆえ、その作戦を採用した指揮官が全責任を負うシステムのほうが良い!
救いようのない話だと思う!
日本は抜擢人事なんか無い!あったのは明治維新までか?
アメリカの人事制度に負けたと言う。
真珠湾後ミニッツを抜擢し、はたまたガタルカナルでゴームレ―を降格させる。

日本の参謀のタイプがある
①書記官型        瀬島龍三
②分身型         秋山真之、黒島亀人、ウオルター・ベデル・スミス
③独立型         石原莞爾、八原博通
④準指揮官型       辻政信、神重徳
⑤長期構想型       永田鉄山
⑥政略担当型       石川信吾
そう言う名前が挙がっている。
もっとも 秋山真之、ウオルター・ベデル・スミス以外は良い例では無い。
自信過剰、傲慢とも言えるのではないかと思う?
反省のかけらも無さそう。
終戦日に、「この戦争を始めたのは俺だ!」 と言った石川信吾。
自分の体の玉傷を、自慢して相手を恫喝する辻政信。
保身に走る人達。
これで戦争したのかと思うと恐ろしい!
はっきり言って常識人では無い。異常な世界の人間だ!
「参謀教育とは、天才を作る事では無い。能率と常識とを発揮できる通常人間を育成することにある(ゼークト将軍)」
これと正反対な教育をしたのが、陸軍大学校と海軍大学校という!絶望的になる!
「渡部昇一、ドイツ参謀本部」 これはもっと専門家に読まれても良い本であると思う。
無理だろう!素人がと言う事になる!
ウオルター・ベデル・スミスはアイゼンハワーの副官を務め、ノルマンデイー上陸の
決定をアイゼンハワーに決断させるお膳たてをした。
作戦を決行か延期かを決めるのに、幕僚を二つに分けさせ、決定をアイゼンハワーにさせた。アイゼンハワーは決定を自ら下すのが好きだったようだ。
分身型とは言え、ちょっとやり過ぎ?

日本型リーダーはなぜ失敗するのか②・リーダーとは・半藤 一利

リーダーの心得と言うものがいっぱい出て来る。
戦争論の分析がある。
森鴎外が出て来る。
『戦争論』 を訳する。全部ではないが重要な箇所を訳したようだ。漢文調の格調高い名文と言う。
これにリーダーの資質が出て来る。著者がまとめてくれている。

①勇気      危険にたじろがぬ勇気。責任に対する勇気。
②理性      判断力と決断力
③沈着      適切な処置を適時行える精神状態
④意志      損失、疲労、苦痛に耐え、それらをはねかえして情熱と希望を燃え上がらせる精神力
⑤忍耐力     緊張と苦痛に耐え得る体力と精子力     
⑥感情      平衡感覚のある感情、粘り強く巌も動かす
⑦強い性格   ぐらぐらしない、ただし頑固で無い
これをクラウゼビッツが説く。説明はいらない。誰でも分かる。
が実践できているのか?
何でもだが、解釈の違いにより意味は違ってくる。
「戦争は防御からはじまる」 
日本は「攻撃は最大の防御なり」 と考えた。これが間違いと言う!

日本型リーダー!
海の山本、陸の大山。リーダーは動かず信頼できる部下に腕をふるわせて、いざという時は腹を切る。
それが原型となった。それゆえ参謀が重要になる。

海軍士官心得
①功は部下に譲り、部下の過ちは自ら負う
②部下につとめて接近し下情に通ぜよ。しかし部下になれしむるはもっと不可である
③自分が出来ないからといって部下に強制しないのはよくない。部下の機嫌を取るが如きは絶対禁物である
④悪いところは、その場で遠慮なく叱って正せ。しかし叱責する時は場所と相手を見てなせ
⑤世の中なんでも〈ワンブラス(一目見)〉で評価してはいけない

おいあくま
おこるな、いばるな、あせるな、くさるな、まけるな

三ぼれ主義
仕事にほれろ、任地にほれろ、奥さんにほれろ
要は好きになれ、楽しく仕事しろと言う事と思う。

3S
smart、steady、silent
これは説明があった。
「スマートで、目先が利いて几帳面、負けじ魂これぞ船乗り」

五分前精神
集合のときは決められた時間の五分前にはそこに居れ、遅刻厳禁

ABCDの実行
Aは当たり前のこと、Bはぼやっとするな、Cはちゃんとする、Dはdirect 直接やれ
ABC運動は知っていた。がDは初めて知った。

だらり追放
ムダ、ムラ、ムリをなくそう

ついでに陸軍の聖典「統師綱領」のリーダー像
リーダーはから始まる
①公明な資質を持たなければならない
②無限の包容力を持たなければならない
③堅確な意志を持たなければならない
④卓越した識見を持たなければならない
⑤非凡な洞察力を持たなければならない
これでは神様になってしまう!
まとめとして、威徳をもたなければならない!とある。

要はで出来ていないからこう言う心得がいっぱいある。
特に、手柄は自分、ヘマは部下と言うのを嫌と言うほど見てきた!
ついでに世界のものも探してみたい!

日本型リーダーはなぜ失敗するのか①・紹介・半藤 一利

決断力に欠け、情報を軽視し、従来のやり方に固執して、責任をとろうともしない。
これは、太平洋戦争の指揮官たちにみられる共通の悪弊である。なぜ、こういうリーダーしか日本陸海軍は戴けなかったのか。エリート参謀たちの暴走を許したものは何だったのか。日露戦争時には東郷平八郎、大山巖という名将、そして秋山真之という名参謀がいたのに、どこでどう間違えてしまったのか。現代にも通じる「日本型リーダー」が生まれたプロセ スを、日本陸海軍の組織、人事、教育の面から徹底的に解明。絶大な権力を握っていた陸軍の「派遣参謀」、適材適所の人事を阻んだ日本海軍の「軍令承行令」、単なる軍事オタクしか養成できなかった陸大・海大の教育など、実例に沿って失敗の原因をつぶさに検証する。歴史探偵″を称する筆者が、直接会って聞いた生き残りの将、参謀の生々しい証言も傍証となっている。
リーダーの不在を 嘆く前に、リーダーシップとは何か、どういう人がふさわしいのかと、我々は真剣に考えてきたのだろうか。あの戦争の失敗に、果たして真摯に向き合ってきたのだろうか。長年、昭和史研究に携わってきた著者の熱いメッセージが込められています。

20130107_book1

確かに著者の熱さが伝わってくる!
批判するだけ、批判する方はどれだけ真剣に考えているのか?
著者の作品では、山本五十六をよく取り上げている。
批判は抑え気味であるが、今回は少し抑えが取り除かれている。少しだが・・・・・
題名から問題だ!
「日本型リーダーはなぜ失敗するのか」 ?もついていない。

特に昭和史に詳しい著者の専門分野と言うべき、日本の陸海軍に例をとっている。
少し長くなるが紹介していきたい!

まず中国古典からの引用になる。著者がまとめてくれている。
戦国武将等が手本としている。
「孫子」 「呉子」 「六韜・三略」
簡単な解説がある。

「孫子」
智・信・仁・勇・厳をしっかり持つ事!
六韜は太公望の兵法書。
将には五材、十過あり。
五材とは、勇・智・仁・信・忠を言う。孫子と同じである。少し違うが・・・・・・・
①勇なればすなわち犯すべからず
②智なればすなわち乱すべからず
③仁なればすなわち人を愛す
④信なればすなわち欺かず
⑤忠なればすなわち二心なし

将の気をつけなければならない、十過とは
①勇気過ぎて死を軽んずることなかれ
②性急に前後をわきまえず速断してはならない
③強欲で自分の利益のみ考え、部下のものまでとりあげてはならない
④思いやりの心強く、決断ができなければならない
⑤知略戦略を心得ているが、いざというときに臆して実行できないのはダメ
⑥軽々しく誰でも信用してしまうことはダメ
⑦潔癖ではあるけど、包容力がなくて人を許すことができず、侮辱されるとすぐに怒りだす者もダメ
⑧智慧はあるが頼りがいも責任感も感じられない者もダメ
⑨自信過剰でなんでも自分でやらないと気がすまないのはこれもダメ
⑩なんでも人にまかせてしまうのもダメ

当たり前のことが記述されている。それが出来ていないと言う事なんだろう!

2013年1月 6日 (日)

映画・アイアンクラッド・DVD

こう言う映画は好きだ。
正月休みの間にDVDで観た。
面白かった。
物語は実話に基づいている。
1215年のイングランドのマグナ・カルタの話だ。
失地王、ジョン王。
むりやり王と言えども法の下にあると確認するマグナ・カルタに署名させられる。
この王の復讐劇になる。
むりやり署名させた貴族達への復讐だ。

20130106_film2_2

デンマークの傭兵をだまして?配下として使う。
ローマ教皇、大司教、テンプル騎士団、イングランド貴族、フランス王達のドラマがある。
ジョン王は復讐の為に傭兵を率いてロンドンに迫る。
イングランドの南部要、ロチェスター城を落とされれば終わりである。
兵はいない。フランスからの援軍が期待だ。
その時間を稼ぐために、ロチェスター城を守る!
そのロチェスター城を守る為に、貴族、騎士、戦士達が立ち向かう。
戦士はどちらかと言えば日本風にいえば食いはぐれた浪人か?
個性的な戦士が集まる。
それに必ずと言っていいほど真面目な若者が登場する。
主人公の騎士は悩んでいる。
エルサレムでの行為に嫌悪しているのか?
温情でロンドンに着けば開放してもらえる約束になっている。
が事態が事態だ!護衛している司教が、ジョン王に殺されロチェスター城に行くことになる。
イングランドの原野を馬を駆って走り抜ける。
好きな場面だ!
ロチェスター城の王妃は若い。政略結婚でここにいる。
この王妃役がケイト・マーラ!
シューターで初めて見た。
変わらない演技だ!訴えるように演技する。嫌いではない。奇麗な女優だ!
騎士と、お互い好意を抱く!

20130106_film1

ここから攻城戦が始まる。
最近見た、 「センチュリオン」 「第9軍団のワシ」
この映画もそうだが剣の使い方が日本とは違う。
日本刀はよく斬れる。斬ると言う感じだ。
が中国にしてもそうだが、振り下ろすと言うかぶった斬ると言う感じだ!
身体の一部が飛ぶ!

1000人に対して20人で守る。
騎士と言うのは力があるのだろう!
ハシゴでよじ登って来る。
砲兵、見慣れた風景だが石を飛ばす!
カタオアルトか?
攻城塔も登場する。
工兵も登場する。
豚を城の地下に入れて焼く。豚の脂はよく燃えるようだ。
最後は3人しか残らない。
フランスの援軍は何とか間に合う!
主人公は騎士から解放される。
そして相思相愛になった王妃と二人で馬に乗って城から去る。
なかなか面白い映画でした!
主人公のジェームズ・ピュアフォイは、007の候補者にもあがっていたそうだ!

2013年1月 5日 (土)

<2013・新春吉本・お笑いバラエティーショー> 神戸国際会館

正月恒例の神戸国際会館の吉本新喜劇だ!
1月2日から5日までやっている。
新喜劇は同じで、漫才のメンバーが日によって変わる。
それによって行く日を決めている。
今年は昨年同様、大木こだまひびきでこの5日に決めた。
『夢や!』
『そんな奴おらんやろ!』

大好きだ!
ボケと突っ込みが楽しい。
入れ歯とカスタネットの話、コカコーラのコマーシャルに出演か?
おっさん二人がさわやかなイメージはない!
漫才は若手が2組、マジックショーと続き、ベテランになる。
太平ザブロー、大木こだまひびき、オール巨人阪神。
今回は巨人阪神が両方とも喋り過ぎだと思った。
お互いが主張しすぎに感じた。
二人ともボケと突っ込みをやっている。
落ち着かない。二人ともずっとしゃべっている。
ワイルドとチャイルドをうまく合わせていた。

20130105_yoshimoto

やはり長い!
11時開演で漫才が終わったのが12時40分過ぎだった。
そしてお待ちかねの新喜劇。
池乃メダカが出る。大好きだ!
いつもの神戸ネタが出る。
神戸出身、中條健一と吉田ヒロの学校の話。
中條健一は黄緑の服装で出てきた。
緑の方が楽しいが・・・・・
黄緑なのでアスパラガスのネタは出なかった。
黒、赤、黄緑、白、薄いグレイの服装で、旅館のハッピが青色。
そう言う風に演出しているのか?
中條健一は小さな声で、飛松中学、県立舞子高校、関西大学と言う。
県立を言うのは何か意味があるのか?
吉田ヒロは、池乃メダカに言われる。
「神戸の臭いがする。ヤが付く高校を出ている?」
昔はもっと露骨に言った。社高校、アルファベットが書けたら入学できる!
ちょっと言い過ぎかと思ったが・・・・・・
今回はあまり露骨には言わなかった。言えないのか?言わないようにしているのか?
どちらにせよこの正月の吉本を見なければ正月が来た気になれなくなってしまった!
楽しかったです!

2013年1月 4日 (金)

ナルト・日向ネジの死

どうも忍び連合軍の本部はやられたようだ。
はかない願望、マブイの瞬間移動の術は発動しなかったようだ?
マブイはどうなったのか?

ナルトの同期と言うか、1級上の日向ネジが死ぬ!
最初にネジが死んだのには理由があるのか?
日向一族は、木の葉最強と言う!
跡取りはヒナタになる。

20130103_naruto1

オビトが登場したのはカカシ外伝だ。
ナルト疾風伝から、トビは登場する。
と言う事は、その時からオビトを登場させるつもりだったのか?
ここまでストーリーが出来いたのではないとは思うが・・・・・・・
マダラとオビトの回想シーンでは、マダラがオビトを操ろうとしている感じがする。
リンがカカシに殺されるような?シーンだが、なにか裏がありそう!
実際はどうしてもリンを殺さなければならない状況にあったのか?
リンが何かの理由でカカシに殺してほしいと頼んだのか?
殺す状況だけをオビトに見せて、オビトの感情をコントロールしているのか?
そう思いたい!

オビト、マダラ、今から重要になるサスケ。
いまだに生き返ると信じているイタチ!
みなウチハ一族だ!
大蛇丸がサスケを連れて行くのは誰のところか?
ウチハ一族なのか?

シカクの策は何か?
シカマルがどう作戦を立てるのか?
出来れば同期の死は見たくない。

はかない想像!
ナルトとサスケが最後に闘う。
引き分けに終わる。
ナルトはヒナタと結ばれる!
サクラは山に修業にこもったサスケを追いかけていく!

御用金・ひかりテレビ

この映画を探していた。が日本ではDVD化されていない。

20130104_film1

監督は、三匹の侍の五社英雄だ!
見たのは学生時代だった。
最初は三船敏郎も出演していたが、萬屋錦之助に変わった。
スケジュールの都合と言う事だったと思うが、何か事情があったんだろう!
出演している俳優が豪華だ!
大御所、丹波哲郎はそのままのはまり役だ!やはり渋い役だ!
脇役が好きだ。監督の好みなんだろう。
夏八木勲、今は夏木勲か。西村晃、田中邦衛
女優は司葉子に浅丘ルリ子。
浅丘ルリ子が若く奇麗だ!
これをひかりテレビで放映する。
予定表を見ていて嬉しくなった。
見つけた時の喜びはいかほどのものか!
奥さんに感謝です!言葉だけですが・・・・・・・

策士、陰謀家、剛腕家老丹波哲郎が偶然遭難した御用金を運ぶ船がある。
それを利用して藩財政がひっ迫している越前鯖江藩を立て直す為に奪う。
その為に、それを拾い上げた漁民たちを、神隠しにしたてて皆殺しにする。
それが原因で妻を捨てて藩をでた仲代達矢。
神隠しの場面ではカラスが乱舞する。カラスは最後にも出て来る。重要なカラスだ!ウチハイタチか?
最初に刺客が放たれる。
五社秀雄の殺陣は迫力がある。大好きだ!
西村晃が居合の達人を演じる。浪人姿がよく似合う。

藩財政が苦しく、再度神隠しを企てる。
それが為に仲代達矢が邪魔になる。
ここで謎の浪人が登場する。
この浪人役が三船敏郎から萬屋錦之助に変更になっている。
と言う事は重要な役だ。
着々と神隠しの準備は進む。
刺客も再度放たれる!
やくざの争いも絡んでくる。
殺陣は迫力がある。火も放たれる。
そうしてドラマは進む。
メチャメチャ見ていて楽しい。
待ちに待ったかいがある!
ラストのチャンバラが凄い!
神隠しの為に夜の灯台?を誤魔化そうとする。
場所を変えて火をともし、御用船を遭難させようとする。
謎の浪人、公儀隠密。対するは海坊主?
この俳優は悪役で良く出演している。
雲霧仁左衛門、子連れ狼にも出演している。
出て来ると嬉しい俳優だ!
仲代達矢VS短波哲郎。
雪の中で対決する。
監督は偶然を利用する撮影が好きなのではないか?
両雄が傷つかない為か?
この殺陣はお互い切りたくないと思っていない。切りたいと思っている!

見れて本当に良かったと思う!
これで後五社秀雄監督作品では残っているのは、「牙狼之助」がある。
いずれ見れるだろう!
が時代劇で殺陣が出来る俳優がいなくなってきているのではないか?
馬もいなくなる。
ちょっと心配だ!

2013年1月 3日 (木)

映画・007 スカイホール

珍しく007を映画館で観た。
初めて007を見たのは、2番館と言うか3本の映画で100円台だった。
中学生の時では無かったかと思う!
殺しの番号とサンダーボール作戦だった。あと1本はナポレオンソロだったと思う。
その時から、ショーンコネリーがボンドの適役と思っている!
昨年の10月にロンドンに行った。
その時に派手に宣伝していた。
朝のテレビでも特集みたいなものをやっていた。
看板も派手だった!
ロンドンの風景、地下鉄が懐かしい!

20130103_london1
ロンドンの風景 テイトギャラリーから

ミント神戸に行った。お客さんはよく入っていた。
今回の映画はそんなに派手なドラマで無い。
復讐劇だ。
主演のダニエル・クレイグはよくやる。44歳だが走りまくっている。
バイクの運転、電車の上を走りまくる。スタントマンがいるとは言えよくやる!
冒頭から派手だ!
Mはどうしても相手を殺したい。
その為揉み合いになっていて、狙撃をためらう部下に、撃てと命じる。
ボンドを殺しても良いと言う事だ!
実際に撃たれ、死んだと思われる!

がMI6本部、長官が狙われる。
その危機にボンドは帰還する。
がMもボンドも時代に合わないと思われている。
引退を勧められる!
久しぶりにQが出て来た。何代目になるのか?
今風だ!コンピューターの操作、ハッカー的なものもやる若者だ。
この辺は楽しい!

20130103_film2
ITに精通しているQ

MI6本部を爆破した犯人は元MI6の諜報員だ!
Mに裏切られたと思っている。
そう言えば007ゴールデンアイには006が出て来る。裏切り物として・・・・・・
話がそれた。
この元諜報員もITに詳しい。ただしダブル0では無い。
MI6のコンピューターまで侵入している!

20120103_film1_2

今回のボンドガールは存在感があまり無い。
それ程の美人もいなかったと思う。
がガールの導きにより元諜報員と合う。
アンビバレンス!
Mに対して愛憎一如、複雑な感情を持っている。
ここでネズミ退治の話が出て来た。罠を仕掛け最後に残った2匹は性格を変えられる。
これを自分達に当てはめる。Mに性格を変えられたと!
チョッと簡単に捕まる!
そこからが面白い。
犯人は逃げる。捕まる事を想定して対策を考えている。
そこからボンドはMを連れて逃げる。車が名車だ!
決戦の場所はスコットランドだ。
ボンドの生まれ故郷、スカイホールと言う。
ここで迎え撃つ。
何も無い所で、あるものを使い罠を仕掛ける。
敵は、最初車でやって来る。
絶対にヘリコプターで敵にしろ味方にしろ登場すると思った。
これは当たった!
ボンドは最新の銃火器で対抗できない。
あるもので対抗する!工夫がなされる!
派手な銃撃戦だ!面白い!
ここで女性Mは倒れる。
ジュディ・デンチ、ご苦労さんでした!存在感のある女優でした。
後任のMは、後で気がついたが、ハリポッターの宿敵、ヴォルデモート卿役のレイフ・ファインズだった。
役者だ!
もとMI6の裏切者は、二郎は知らないが奥さんが教えてくれたが名優だ!
ハビエル・バルデム。
ノーカントリーに出演していた。気持ち悪い役だったが・・・・・・
大変楽しい娯楽作品でした!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。