« エースの資格①・江夏 豊 | トップページ | チラシ配り(資源の無駄使いなのか?) »

2013年2月 3日 (日)

エースの資格②・江夏 豊 

自身の経験を語っている。
いろんな事が記述されている。気になるところをあげてみる。
①自身カーブが投げれなかった。江夏の高校生の頃はカーブとストレートしかなかった!
②同時代のピッチャーを記述している。
左腕としては近鉄鈴木啓示をNO1とほめる。
被本塁打が560本。山田久志が490本。江夏が299本。
打たれるたびに振り返る。むち打ち症になると笑わせる。
③ロッテの木樽のシュート、成田のスライダーをほめる。
④「怪物江川」 考えないで投げた。それほど球に力があった。真っすぐと分かっていても打てない!
投げれなくなった時、普通の投手になり引退した。現役は9年だったようだ。
バッテリーうを組んでいた山倉が、江川ほど考えないピッチャーはいなかったと言っていたらしい。
⑤ダルビッシュをエースとしてほめる。ピッチャーは考えなければならない。「わがまま」な方がよい!
⑥堀内のカーブに憧れ、投げ方をこっそり聞いた。堀内は人差し指が1センチ短い。それが有利に働いている。
⑦球速があるのが良い?コントロールが良いのが良い?球種が多いのが良い?
そうではないと例をあげている。やはり考えなければならない。

⑧外人監督、球数の制限、投げ込みの制限には批判的である。
⑨コーチについて。自身の経験を記述している。
阪神入団時の林義一ピッチングコーチ!
最初から押し付けるのではなく、徐々に欠点を直して行く指導をした。決めつけないし、押し付けない。
結局基本中の基本を教えて貰ったようだ。巡り合いの幸運を記述している。
現ソフトバンクの秋山監督の現役時代、コーチの指導に迷った話が記述されている。
良いコーチは教えない。聞かれたら教える。がコーチも欲があり、自分の手柄にしたい。「俺が育てた!」
間違ったことは教えていない。TPOがある!
選手も、取捨選択をしなければならない!
落合みたいな選手は珍しいのではないかともってしまう記述だ!
落合は秋山を冷やかしたようだが・・・・・
昔の巨人のコーチ3人、山内、国松、荒川がいる。
この指導方法が皆違う。アッパースイング、ダウンスイング、レベルスイングとある。
選手達は、それぞれのコーチの前ではそのコーチの指導通りにして、試合では自分のスイングをする。
笑えない話だと思う!その話を思い出す!
⑩キャッチャーの事も記述している。
面白い事に、田淵のキャッチングが下手とあった。村山監督が試合で使うと言った時、「あのキャッチングで!」
と思わず言ってしまっとある。
この時は両辻がいた。田淵はともかく、両辻はほめている!
⑪球界のことわざ!
いいピッチャーはキャッチャーに育てられる。
いいキャッチャーはピッチャーに育てられる。
いいバッテリーは審判を育てる。
いい審判はピッチャーを育てる。
⑫抑えとして最初から成功した、藤川球児。珍しいと言う。先発も経験してから抑えに回った方が良いと江夏は思っている!
⑬江夏は麻雀が好きだ。気に入った雀荘のオーナーは、ヤクルトの片岡スカウト!
落合ともここで麻雀したそうだ。落合のマチを当てて、「お前の待ちなんかすぐ分かる」 と言ったようだ。
打者にはフルスイングさせない事が鉄則!江夏は落合に不気味さを感じた。待つ事を覚えてフルスイングしてきた。

そんな話が沢山あって面白かったです!

« エースの資格①・江夏 豊 | トップページ | チラシ配り(資源の無駄使いなのか?) »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エースの資格②・江夏 豊 :

« エースの資格①・江夏 豊 | トップページ | チラシ配り(資源の無駄使いなのか?) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。