« ドラゴンボール、オージービーフ、外国語。(三題咄???) | トップページ | 戦国時代の「裏」を読む・中村 彰彦 »

2013年6月18日 (火)

Do or Die―スポーツは誰のもの!?21世紀への提言・二宮 清純

岡田ジャパンの敗北が意味するもの、ガルベス追放に見る日本野球の貧困、アメリカ社会とホームラン…。日本サッカーの問題点から、日本野球の暗部までを鋭く描いた渾身のスポーツ・クリティシズム。

20130618_book1


まえがきに意外な名前が出て来た!
著者の心の師と言う!
佐瀬稔!よく読んだ方だ。
中ソ戦争勃発す!〈第三次世界大戦・アジア篇〉 が印象に残っている。
感傷的ボクシング論、アルピニスト、日本人、スポーツ等がある。
特に、元巨人の淡口の話、西武江夏と阪急蓑田との駆け引きが印象に残る。
意外な名前が出て来て、著者には親近感を持ってしまった。
1999年発行である。10年以上前である。が今に通じる話も多い!

サッカーに話から始まる。がプロ野球と重なる人がいる。
渡邊オーナー!
著者がインタビューを求めたら、たかがスポーツライターが!と言われそう!
が渡邊オーナー抜きでは始まらない話が多い!

加茂周監督の解任の話がある。
政局ではないが、任命責任がある。そこを著者は突く!
加茂監督は、感性で指揮していたようだ。進言も聞かなかったようだ!
その監督になる経緯も問題があったようだ・・・・・・
そもそも麻雀に強いからと言う評価と、サッカーがどう繋がるのか?
ネルシーニョも怒るだろう!
ついでに言うと、長沼健も発言を取り消したようだ。著者は責任は重いと思っている。

ヴェルディ川崎の話。スポーツ振興を考えていない感じ。
横浜マリノスとフリューゲルの合併。
日韓ワールドカップの共催の話!
サッカーくじの話!今ならどうなるのだろうか?
著者の追及には、関係者も頭が痛いだろう・・・・・・
渡邊オーナーは、著者に絶対合わないだろうと思う!

プロ野球の話!
メジャーリーグ、「オンリーワン!」 個性とも言う。3拍子揃った選手!
言いかえればそつがないが、特徴がない!
メジャーリーグで成功するには何か人と違うものが必要と言う!その例も沢山ある!

ドラフト、長嶋、野村の采配、権藤大洋監督等大変面白い!
そして渡邊オーナーが出て来る。
交流戦を著者は推奨している。
その時のオーナーが著者には会いたくないと言ったようだが、気持ちは分かる。
著者は、マネージネントの知識もある。
2005年より交流戦はスタートした!それについては著者も満足だろうと思う。

コミッショナーに対しても容赦はない!
腰掛でやっている。単に内閣法制局長官を勤めていたから言いと言うもでは無い!
著者は吉國一郎コミッショナーを痛烈に批判する。殺したと思っているのではないかと思ってしまう!
が、どのコミッショナーも渡邊オーナーには遠慮するだろう!

プロアマの問題!
社会人野球はプロ予備軍ではないが、必要だと。
プロ経験者にもっと指導させればよい言っている。広岡の言っているようだが・・・・
高校野球の連投の話。監督を殺したいと思った投手もいる。本気で言っている。
監督も自分の名前を売る為には、酷使は避けれない!
脱税、野球のワールドカップ!
渡邊オーナーのリーグ脱退の脅しがある。色々ある!
マア著者らしい楽しい本である!面白かったです!


« ドラゴンボール、オージービーフ、外国語。(三題咄???) | トップページ | 戦国時代の「裏」を読む・中村 彰彦 »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Do or Die―スポーツは誰のもの!?21世紀への提言・二宮 清純:

« ドラゴンボール、オージービーフ、外国語。(三題咄???) | トップページ | 戦国時代の「裏」を読む・中村 彰彦 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。