« 明智左馬助の恋・加藤 廣 | トップページ | 営業回り(若い女性が大変だ!) »

2013年6月24日 (月)

東京アンダーワールド・ロバート ホワイティング

東京のマフィア・ボスと呼ばれ、夜の六本木を支配した男の、奇想天外で波瀾万丈の生涯が明らかにする、日本のアンダーワールド。政府と犯罪組織の深く長い闇の絆――知られざるニッポンの姿がここにある!

20130624_book1_2


読んだあと感心する。良く調べていると!
調査資料も莫大なものになる。
訳者が、やはり資料を見せて欲しいと頼んだようだ。
相当量あったみたい。(トラック1台分?)
著者の本はよく読む方だ。面白い。
今回はおもむきが違う。
日本の戦後復興の話である。ただし首都東京である。
実在の人物、ニック・ザッペティを主人公に据える。
ユニークと言うか、どんな人間なのかと思ってしまう・・・・・・・
戦後の日本が描かれる。闇市・・・・・・
二郎なんかは、「映画、仁義なき戦い」 を見ている。
菅原文太が復員してくる。
そこで闇市のシーンがある。
それよりはるかに巨大だったんだろう。

又問題になるようだが、終戦後アメリカの為の慰安婦の話が出て来る。
RAA、特殊慰安施設協会。
国の公認だったようだ。当然日本人がほとんどだったようだ。
こうして日本の良家の女子の純潔は守まれたようだ・・・・・・
話は脱線するが、この人たちの人権はどうなるのか?
あの女性議員たちに聞いてみたい。
(踊りまくっている立派な党首に・・・・・)

日本を反共の防波堤にする。その為財閥の解体を止める。
この辺は下手な教科書より詳しく面白い!
チューインガムを流行らせた話。
日本に進駐する兵は、第一線で戦った兵士を外した。恨みを持ってこないように・・・・・・
力道山の活躍!興奮剤を飲み力道山を演じて酒を飲み、鎮静剤を飲む。
闇社会とのつながり。
児玉誉士夫、東声会、住吉会、稲川組・・・・・
関東なので山口組は出て来ない。
色々なエピソードがある中で、主人公ニック・ザッペティが登場する。
思いつきでピザ屋をはじめ、横流しで儲ける。
アメリカでは目が出なかったので、日本で大物になろうとする。
そしてそれは成功する?
日本人妻を迎え、×何個になりながら人生を楽しんでいる。
レストランは、プロスラー(デストロイヤーの名前も出て来た)、野球選手、芸能人、政治家が出入りする名所になる。
しかし記述されていることをほとんど一人でやったようだが、信じられない人だ!
騙し騙され、いつ刺されてもおかしくない。
北海道にまで手を広げる。
出る釘は打たれるのか?
有利になるように日本国籍を取得する。
これも応援する人が政財界、裏社会にいる。

東京オリンピック、ロッキード事件、金丸、総会屋(ソウカイヤとカタカナで記述されいたので分からなかった・・・・)
右翼のほめ殺し、野茂の活躍までエピソードと共に記述されている。
大変面白い!
主人公の最後は1992年だ!
いろんな訴訟をかかえながらも葬儀には数百人が参列したようだ!
1代の英雄?の終わりか?
大変面白かったです
続編も読みたい!

« 明智左馬助の恋・加藤 廣 | トップページ | 営業回り(若い女性が大変だ!) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京アンダーワールド・ロバート ホワイティング:

« 明智左馬助の恋・加藤 廣 | トップページ | 営業回り(若い女性が大変だ!) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。