« 営業回り(若い女性が大変だ!) | トップページ | 嫉妬の世界史・山内 昌之 »

2013年6月25日 (火)

亡命者 ザ・ジョーカー・大沢在昌

着手金は100万、仕事は「殺し」以外のすべて―。根城にしている六本木裏通りのバーに持ち込まれる難題を解決していくトラブルシューター・ジョーカー。彼のもとを訪れたイギリス人の依頼はCIAに追われた元妻の行方を捜す、というものだった―「ジョーカーの鉄則」他五話を収録。裏社会に生きる男達の美学とプライドを描く。 

20130625_book1

ジョ-カーの続編である。
軽やかに物語は進む。
遠い過去、ジョーカーを名乗り始めたころの話。
下手すれば死んでいた。ツキも実力なのか?
ツキと言うより用意周到と言うべきなのか?
いや、それなりの対応をしているから生き残っている。
腕っぷしが強いだけでは生き残れない。
頭もいる。鉄則!生きていく自分なりのルールは守らなければならない!
過去から現代に話が続く。
時代を反映している。

ゲームソフト開発からハッカーへ?
地上げ屋。
中国・・・・・
何年かぶりに合うかっての依頼者。
過去のやばい話が、偽ドルの話につながる。
謀略の世界では、どれが本当の事なのか?
やはり洞察力、推理力がいる。

公安が出て来た。
キャリアとノンキャリア。
立場があり、キャリアが強い。どんな若造でも・・・・・・
100万は出せないと言う。
しかし終わってから調べれば3万とは情けないだろう・・・・・・

最後に珍しく沢井のプライベートが出てくる。
それにジョーカーがおせっかいをする。
裏社会のこわもてぶりが発揮される。
楽しい本です!
著者はもう書く気は無いのだろうか?
長編を書いて欲しいが、無理だろうと思う!
面白かったです!

« 営業回り(若い女性が大変だ!) | トップページ | 嫉妬の世界史・山内 昌之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この手の小説、私 意外に好きです。
是非読んでみたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亡命者 ザ・ジョーカー・大沢在昌:

« 営業回り(若い女性が大変だ!) | トップページ | 嫉妬の世界史・山内 昌之 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。