« 日本の「実力」①・中西 輝政・柳下 要司郎 | トップページ | 日本の「実力」③・中西 輝政・柳下 要司郎 »

2013年8月16日 (金)

日本の「実力」②・中西 輝政・柳下 要司郎

国力2、「誠」と言う「戦略」
沖縄ほど日本らしいところはないと言う。(チョッと疑問に思うが・・・・・・)
基地問題で揉め続けている。
民主党政権が問題だったと言われても仕方がない!
沖縄は貿易で成り立つ?
鎖国時代から中国と関係がある。
今は中国も沖縄は中国の物だと言う。
力あるところに正義がある!

正義あるところに力は無い!

『誠』と言う言葉が出て来る。
「人に騙されないように気をつけろ」 「騙される前に騙してしまえ」
が、日本は「人を騙してはいけない」 「騙すより騙されるほうがいい」
誠実な態度誠実な態度と言う。
東北震災の耐える姿がそうなのか?
吉田松陰を例に出して、教育の必要性を言っていると思う。
一命を賭して国事に奔走するその『誠』こそが、日本人に深く根付いた戦略に勝る戦略であり、「国力」を左右する重要なファクターであると言う!

国力3、「自立」への「誇り」
南京事件の映画がある。中国がドイツと合併映画を作った。
ドイツの狙いは、ズバリ、ドイツだけではない!日本も虐殺したと言う事を言いたいと言う!
気分の良い話ではない。
そう言えば日本の慰安婦問題を持ち出しているアメリカ議員は中国の援助を受けている。
韓国ではない!と記述していたのは著者だ!
正義は何処にあるのか?と言いたくなる・・・・・・・・・
終戦の安易な武装解除を暗に批判している。
満州も簡単に武装解除に応じたのは間違いと言う。
がウランバートルの根本博。
武装解除せずに、ソ連・共産党・国民党のどこが日本へ引き揚げさせてくれるか?
国民党に降伏したが、それまで武装解除に応じなかったと言う!
誇りを失わない国は強いと言う!
著者が京都で朝からパチンコ屋行く風景に出くわすと言う!
かってイギリス、福祉国家を目指していた。
若いシングルマザーは公営住宅に入れて、手当ももらえる。
「働く奴はバカだ」
福祉国家の行きつく先だと言う!
イギリスは鉄の女、サッチャーがいた。だから退廃から復興できた!

日本はそれを煽る馬鹿がいる!

空気が読めない人が多い!
じゃなく、空気を読んだうえで、間違っていると言える人が大事と言う。
戦略、駆け引き、国際間の虚々実々を勉強していた著者は、戦略がよく分かっている。
「議論力」 常に国益を考えた議論を、外に向けて展開する役割の人が必要!
その為には核武装も必要だと言う、議論も必要と言う!
精神と物質のどちらかに走ってしまう国は弱いと言う!
現場主義が出て来た。著者の言うとおりに、政治家も尖閣列島の上を見てくる必要がある。
何も知らずに、尖閣をどうのこうの言っても仕方が無い。
そう言う追い詰められて出て来る『知力』は本物と言う!

« 日本の「実力」①・中西 輝政・柳下 要司郎 | トップページ | 日本の「実力」③・中西 輝政・柳下 要司郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「実力」②・中西 輝政・柳下 要司郎:

« 日本の「実力」①・中西 輝政・柳下 要司郎 | トップページ | 日本の「実力」③・中西 輝政・柳下 要司郎 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。