« 東京の埋め立て地の帰属についてのニュース『江東区と大田区の争い』 | トップページ | 街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ・司馬 遼太郎 »

2013年9月30日 (月)

ルビコン川を渡る 『日経の記事より』

この夕刊には面白い記事が多い。 たいがい奥さんがもってくる。
ルビコン川の話が出ていた。
有名な言葉!カエサルが 「ここを渡れば人間世界の破滅、渡らなければ私の破滅。神々の待つところ、我々を侮辱した敵の待つところへ進もう、賽は投げられた」 と檄を飛ばしたして渡った川だ。
どんな大河かと思っていたが、普通にある小さな川だ。
何かの本に、よほど歴史に詳しい人しか行っても面白くないと記述されていた。
チョッと情けなかった。どんな大河かと思ったから・・・・

退路を断つ時、何かを決意する時に使う言葉だと思っている。
もっとも個人的な事でも、嬉しそうに 「賽は投げられた」 と言って言い訳する人間もいる。
カエサルの名言としては、「来た、見た、勝った」 がある。
ホンダのF1の初勝利、メキシコグランプリの優勝報告が、この言葉だったようだ!
他にもある。
①人は現実のすべてが見えるわけではなく、多くの人は見たいと思う現実しか見ない。
②始めたときは、それがどれほど善意から発したことであったとしても、時が経てば、そうではなくなる。

こういう話は塩野七生のローマ人の物語に詳しい!   

記事によると、福島の原発の処理の問題だ。 オリンピック招致で、東京に決まった。
安倍総理が原発の後始末に不安はないと言い切った。 これも後戻りできない決断だと言う!
ルビコン川を渡ったのだと言う!
国民みんながその意識を持たなければならない!
原発の再起動の話もある。   
最近思うが、日本でエネルギー節約の話を聞かない。
今の生活が当たり前だと思っている。
原発がダメなら、エネルギーを節約しようとは思わない。
代わりのエネルギーに走る!太陽光発電。風力発電・・・・・・・
今のエネルギー、電気使用量を節約する考えはあまり聞かない!
だから原発の再起動に話になるのではないか?
これも、快適な生活の基準を今の状況に決めた時、ルビコン川を渡ったのではないかと?
後戻りできなくなっている。
そんな事を考えました!

20130930_rubicon2

« 東京の埋め立て地の帰属についてのニュース『江東区と大田区の争い』 | トップページ | 街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ・司馬 遼太郎 »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/53448111

この記事へのトラックバック一覧です: ルビコン川を渡る 『日経の記事より』 :

« 東京の埋め立て地の帰属についてのニュース『江東区と大田区の争い』 | トップページ | 街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ・司馬 遼太郎 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。