« 関ヶ原の合戦⑮  東首塚 | トップページ | 関ヶ原の合戦⑰  大谷吉継陣跡 »

2014年12月18日 (木)

関ヶ原の合戦⑯  大谷吉継の墓(湯浅五助)

湯浅五助と並んで大谷吉継の墓がある。

20140921_ootani_4

少しビックリしたが、新しい花が活けてあった。
訪れる人も多そう!
爽やかにと言ったら言葉は悪いが、この人間関係の中でホッとする武将である。
最後の時、家臣たちに落ち延びよと命じたが、皆吉継に殉じたようだ!
忠実な家臣、湯浅五助に首を渡すなと命じる。
その時、旧知の藤堂家家臣、藤堂仁右衛門に出会う。
湯浅五助は主君の首のありかを言ってくれるなと言って討たれる。

20140921_ootani_5

藤堂仁右衛門は約束を守った。
家康の陣で大谷吉継はどうなったかと言う話が出た。
家康が、湯浅五助ほどの武将が主君の最後を見届けないはずはない!
と言って湯浅五助を討った藤堂仁右衛門が呼ばれた。
が藤堂仁右衛門は、知っているがたとえ死を命じられても言えない!
吉継のらいに爛れた首を見せたくない、と言う気持ちは分かる!!!
家康は藤堂仁右衛門を許した。
後に高虎は加増したようだ。
この墓を建てたのが、藤堂高虎と言う!
藤堂高虎は、生涯自慢話をしなかったと言う!
嫌ってばかりいても仕方がないが、今一好きになれない!

20140921_ootani_6

今年中には、敦賀城にも行ってみたい。
ついでに越前の戸田重政の城址にも行きたいと思う!
この主従の事を聞くとホッとする!

20140921_ootani_1

少し文句がある!
道路から標識があり、mが記述されているが、近づいているのにmが増えている!

20140921_ootani_2



関ヶ原の合戦 紀行 目次に戻る

« 関ヶ原の合戦⑮  東首塚 | トップページ | 関ヶ原の合戦⑰  大谷吉継陣跡 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原の合戦⑯  大谷吉継の墓(湯浅五助):

« 関ヶ原の合戦⑮  東首塚 | トップページ | 関ヶ原の合戦⑰  大谷吉継陣跡 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。