« 本・北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録・伊東潤 | トップページ | 1月17日 阪神大震災の日に思う事! »

2015年1月16日 (金)

本・名字と日本人―先祖からのメッセージ・武光 誠

数え方にもよるが、日本人の名字はなんと三十万種近くにもなるという。
その中でも「佐藤さん」「鈴木さん」たちが多いわけは?徳川家康はなぜ「源朝臣家康」なのだろう?身近でありながら疑問だらけの名字のルーツ。古代の「姓」から「名字」が生まれてくる過程を、武家支配と「家」の誕生という中世日本史のダイナミズムにからめて詳述する。

20150115_book1

分かり易い本である。
自分の名前のルーツを考える。
岩井二郎である。
著者の本に従って祖先を探す。
茨城県岩井市、今は坂東市になっている。
横浜市岩井、岐阜県高山市岩井、鳥取県岩美町岩井等がある。
特に関東から流れて来て地名の名前を名字にした????
実際は、オヤジに教えて貰ったが、岩の井戸があったので岩井としたようだ!
源氏でも平家でも藤原氏でもない!
そこらの百姓である。豪農でもない!

日本で多い名前。各地で多い名前を紹介している日本で多い名前。
各地で多い名前を紹介している。
源平藤橘から貴少姓を表している。
福島に多い佐藤姓。知事も佐藤だった。
下野佐野庄の領主、藤原秀郷の藤原系の子孫と、佐野の名前を合わせて佐藤になった。
伊藤氏、伊勢の藤原氏。
斎藤氏、斎宮頭を務めた藤原氏。
後藤氏、藤原氏の後継の意味だそうだ。
読んでいると面白い。
工藤、近藤もある。

鎌倉時代に御家人が全国に広がった。
その時にどう名前を付けたのか?
源氏、甲斐源氏―武田氏。信濃源氏―木曽氏。常陸源氏―佐竹氏・・・・・

武士が台頭した頃は源氏と平家で、赤旗と白旗で敵味方が分かる。
のどかなものであった。
平家が滅亡すると敵味方が分からなくなって来た。
区別の為に家紋が必要になる。
武田菱とかは知っている。
が元はと言えば貴族の牛車に家紋がつけられた。
牛車が多くなり集まりに混雑するようになり、牛車の区別が必要になった。
それで牛車に家紋を付けたようだ。
そう言う話が記述されていて面白い。

系図の話なる。
徳川家康が新田義貞、源氏の末と言うのは当てにならない。
はっきり言えばでっち上げである。
が勝者の歴史は残る。
徳川幕府は厳格な身分の固定を図ったと言う。
それは源氏の嘘が原因ではないかと思うが・・・・・・
松平も信長も最初は藤原氏、次に平氏とした。
現状に合わせて変える。
信長が本能寺で死ななかったら、平氏と言う事になっていたのだろう・・・・・
実際は古代の中流豪族斎部氏の子孫のようだ。
家康も、京都の加茂神社の御師の子孫と考えられているようだ。
系図の偽造も知識と技術がいる。
上手くつなぎ合わせなければならない。
そりゃ金になると思うが・・・・・・

通字、織田信長の信、北条時宗の時、北条氏康の氏、毛利元就の元とか有名である。
名前を与える時、通字でない名前を与える。
伊達輝宗、足利義輝の輝を貰った。
武田信虎、虎の字を家臣に与えた。甘利虎泰、飯富虎昌らがいる。
蒲生氏郷、蒲生の姓と郷の字を家臣にやり過ぎ、前田利家にたしなめられた・・・・・

明治維新。
実名と通称の併記が禁じられる。
板垣退助正形。通称を名前とした。

最後に家と先祖崇拝の話がある。
①   土地や屋号などの財産
②   苗字や家号などの家名。
③   家風や家柄などの家格。
④   神棚や仏壇などの祖先祭祀具。
⑤   家族
江戸時代はこの5条件がそろっていた。
そこで過去帳の話がある。
過去帳を作る。
そして寺院調査をする。
気の遠くなる話になる・・・・・・
方法まで記述してくれているが、はたして出来るのか?
面白い本でした!

« 本・北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録・伊東潤 | トップページ | 1月17日 阪神大震災の日に思う事! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/58595789

この記事へのトラックバック一覧です: 本・名字と日本人―先祖からのメッセージ・武光 誠:

« 本・北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録・伊東潤 | トップページ | 1月17日 阪神大震災の日に思う事! »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。