« 本・東大で教えた社会人学 人生の設計篇②・草間俊介・畑村洋太郎 | トップページ | 映画・エクソダス:神と王 »

2015年2月 1日 (日)

本・「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ・谷岡一郎

世の中に蔓延している「社会調査」の過半数はゴミである。始末の悪いことに、このゴミは参考にされたり引用されることで、新たなゴミを生み出している。では、なぜこのようなゴミが作られるのか。それは、この国では社会調査についてのきちんとした方法論が認識されていないからだ。いい加減なデータが大手を振ってまかり通る日本―デタラメ社会を脱却するために、我々は今こそゴミを見分ける目を養い、ゴミを作らないための方法論を学ぶ必要がある。

20150201_book1


著者の本はよく読む!
谷岡先生である。
この本は一度読んでいるが、読み返したくなって再読した。
メチャメチャ面白い!
消費税3%から5%への増税!
阪神大震災の話がある。
今の世評、東北の震災と、消費税5%から8%、10%への増税の時期と重なる。
著者は実名をあげて批判する。
面白い例があった。
選挙報道で良く出て来る名前があった。最近は見かけないが・・・・・・・
H大学のF教授。
誰の事か直ぐに分かるが・・・・・・・・
選挙の当落ばかりで、この人は自分がどう言う政権を作りたいと言う考えは有るのかと思っていた・・・・・・

昔読んだ本、眼からウロコだった本!
『ダレルハフ 統計で嘘をつく方法』
20代に読んだ。
50代になって読んだ本!
『谷岡一郎 ツキの法則』
どちらもメチャメチャ面白かった!

データをまとめて集計する。
その結果は、発表者の都合の良い意見になる。
その為には、そうなるデータを集める。
著者は、これを『ゴミ』と言う!

ある議案について、反対派の所に行って意見を求めても反対になる。
これは別の本であるが、瀬島龍三は3つにまとめてその中から決める方法をとったと言う。
何故3つなのか?
3つの内2つは受け入れ難い案として、自分の都合のよい案を選ばせるようにする。

要はサンプルをどうとるか?
日中に街中声をかける。
これがサンプルになるのか?
普通のサラリーマンが日中に街中をうろついているか?
そう言うのに限って、データを個人情報とか言って出さない。
出せばウソがばれる??????

コーヒーを飲み過ぎると何かがある。
その場合のデータ収集は?
コーヒーだけ飲んだ人間なのか?
ミルクは?
砂糖は?
ののデータをとった人間の集団は正しいのか?
これについては、修正方法もあるようだ!

よく何%下がったと言うのがある。
小数点以下も記載されている。
そんなに正確な物なのかといつも思っていた。

社会調査論を専門とする著者は、誰が、何のために、ゴミを作るのか。
その手口を見抜き、ゴミを減らすにはどうしたらいいのか。
豊富な例を出して、さまざまな角度から検証する。

二郎は、数字は一応疑ってみる事にしている。
安倍総理、国民の大多数が思っている事が出来ない。
大多数とは何なのか?
一人でも多ければ大多数と言う。
2015年の衆議院で3/2の議席を自公で確保出来た。
これから安倍総理は好きな事が出来る。
数字は怖い!

« 本・東大で教えた社会人学 人生の設計篇②・草間俊介・畑村洋太郎 | トップページ | 映画・エクソダス:神と王 »

名言格言」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/58773473

この記事へのトラックバック一覧です: 本・「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ・谷岡一郎:

« 本・東大で教えた社会人学 人生の設計篇②・草間俊介・畑村洋太郎 | トップページ | 映画・エクソダス:神と王 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。