« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

宴は続く・・ ベイシティローラーズ、レスリー東京公演

奥さんが又、又又東京へ行く。
何をしに?
言わずと知れた、ベイシティローラーズである。
やる気満々である。
4月2日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEで、レスリーの公演がある。(詳細

そろそろレスリーは日本に到着するようだ。

201503310_bcr

二郎はどれがレスリーか分からない。昔の写真だ。そもそも奥さんはレスリーではなく、デレクとかのファンだ。理解できない。

昨年スコットランドまで行っている。
独立投票で騒がしくなる前に行っている。
良い季節に行っている。

今年は春である。
桜が満開で賑わっている。
その時に又東京に行く。
朝から行って、夜行バスで帰ってくるつもりである。
昔海外に友達と出かけた。
甥っ子が、『おばちゃんはおじちゃん、ほって行ったん!』と言っていた。
何も変わらない!
ほって行かれる・・・・・・・・・

新幹線で、お友達と一緒に行くようだ。
その中で食べるおやつを「ホテルピエナ」でもう予約している。
又東京でお茶会も開催するようだ。
やる気充分である。
燃えている!
が二郎は冷めている!
いつまで続くのか?
来年もあるのではないだろうか?

護衛艦 いずも

最近、「いずも」のニュースが多い。
「いずも」と名前を付けたのは意味があるのか?
旧日本海軍は戦艦に旧分国の名前を付けた。
大和・武蔵・伊勢・日向・長門・陸奥・・・・・・・
空母は空を飛ぶイメージで付けた。
飛龍・大鵬・瑞鶴・・・・・・・

20150331_izumo

いずも」の前のヘリ空母は、「いせ」「ひゅうが」である。
ヘリコプター空母に分類されている。
実際にスキージャンプ台を付けていない。
取りつけれないようだ。
あくまでヘリコプター空母にしている。
固定翼、ハリアー等の戦闘機は載せれない!

なぜ旧分国の名前にしているのか??
あからさまに、飛龍とか付けれない。
付ければ、何を言って騒ぐか分からない隣国がいる!
それにしても旧分国に意味はあるのか?
「いずも」も「ながと」と命名したかったようだ。
が、日本国内外で波紋を呼ぶ可能性があることから見送られた!
少し情けないと思うが・・・・・・・
個人的な感情だが、やはり『赤城』『加賀』と命名して欲しかったが・・・・・・・
名前を空母的なものにしていないが、実際に信濃・赤城・加賀・生駒等の空母もある。
どうでもなりそうである!

どうみても空母である。
アメリカの空母並みの攻撃力は無いようだ!
艦載機が違う。ヘリコプターしか積めないようだ!
100機近くも積めない。
そう思うとアメリカは凄い!
歴史上、空母VS空母の戦いは4回、数え方により5回しかない!
全部日米である。
第1回 サンゴ海海戦   (初めての空母対空母の戦い)
第2回 ミッドウエー海戦 (日本は4隻を失う大敗)
第3回 南太平洋海戦   (ポイントでは日本の勝利)
第4回 マリアナ沖海戦  (日本大敗)
第5回 レイテ沖海戦   (囮艦隊)

マリアナ沖海戦ではアメリカ15隻に日本は9隻の空母を出撃させた。
艦載機はアメリカは1,000機弱で、日本は約450機と言う。
一回の攻撃で、1,000機も出せる国なんて無い!
それ以来空母を運営しているのはアメリカである。
イギリス・フランス・ソ連・ロシアとあるが、アメリカに対抗できない。
イギリスはハリアーである。
中国は?
時間がかかるだろう。
艦載機を自国開発できていない様だ!
カルタゴもローマに負けた。
地中海も一時はイスラムの物なっていた??
将来は分からない。
たかがヘリ空母1隻で何を騒ぐのかと思うが・・・・・・

2015年3月30日 (月)

「世界食激動~私たちの食卓の裏側で何が~」 NHKスペシャル 3月29日

昔、貧乏人は麦を食え!
と言った首相がいたようだ。
問題発言であるが、これは正しい。
このドキュメンタリーは牛肉と大豆である。
牛丼屋がある。
ここに牛肉を供給する商社の話になる。
今中国が牛肉と大豆の輸入国になっている。
牛肉1キロを作るのに要する水の量は20t、 一頭の牛の解体に必要な水は約5tと言う。
牛一頭を育てるのに約5000kg程度の飼料がいるようだ。
つまり最初から穀物を食べる方が効率が良い!
水も使わなくても良い。

牛肉の輸入先として、オーストラリア・ニュージーランドがある。
中国が牛肉を輸入するようになったので、輸入量が上がっている。
つまり儲けている。
それで意外なところが問題になっている。
札幌のススキのである。
ここのジンギスカン料理の店が値上げしている。
ニュージーランドが儲けの良い牛肉にシフトしているようだ。
それで品薄になっているのと同時に、中国が羊も買っている。
中国は牛肉も1頭丸ごと買う。
日本みたいに、必要なところだけ買わない!
積極的にレストランも牛肉のいろんな部位を食べるように営業している。
細かい事を言わずに買ってくれる中国は、日本より有難い買い手である。
韓国も輸入に参戦している。
商社も大変である。
しかし最近焼肉屋が多い!食べ放題の店も多い!
肉を食べる量は増えていると思うが・・・・・・・・・

大豆の輸入がある。
この番組では言わないが、遺伝子組み換えの問題がある。
日本は輸入先に高いが遺伝子組み換えの大豆では無い大豆を買っているようだ!
中国は牛肉と一緒で細かい事は言わずに買うようだ。
日本は大豆は味噌・豆腐と使い道がある。食べるものとしてである。
が中国は油として使っていると言う。
ブラジルの大豆王が登場する。
したたかである!高く売ることを考えている。
膨大な大豆畑(?)がある。
自家用ジェットで飛び回っている。
しかし干ばつの問題が発生しているようだ。
何処でもありそうな問題である。
ブラジルは、間一髪で雨が降ったようだが・・・・・・・・
今回の農作物で当然出て来ると思った話は出て来なかった。
遺伝子組み換えと地下水の話である。
ブラジルで干ばつの話はあった。
セラード。
丸い農園が、空から見える。
南米ブラジルの中央部、「セラード」と呼ばれる熱帯サバンナ地帯。
灌漑された丸い農地である。
今や中国の大豆をブラジルがまかなっている????
この大農園で作られる大豆は、遺伝子組み換えなのか?
だとすれば、モンサント社か????
中国への輸出が増えるとともに、セラード開発は90年代から世界最大の熱帯雨林、アマゾンの南部マトグロソ州などへ広がった。
その結果、同州だけで97年から07年までに、ほぼ北海道の面積に相当する760万ヘクタールの森林が失われたという。
干ばつの話もあったから、水も問題になっているのだろう。
アメリカには地下水、化石水を汲み上げて使っている。
700年分あと言う話もあったが、いまは何十年分しかないようだ。
いずれ枯渇する???

韓国がマダガスカル島で食糧生産を行う予定だった。
韓国も中国もアフリカに土地を借りているようだ。
自国での生産をあきらめているのか?
それにしてもシーレーン確保が問題になる。
生産地で食糧がなければその外国が生産する食糧も奪い合いになる。
生産地に軍隊派遣になる。
なので中国は空母を必要とする????
考えさされるドキュメンタリーである!

この番組は、日本への警鐘なのか??
自国で農業改革をして、もっと生産力を上げなくてはならないと言う事なのか!
幸運にも日本は水に困らない。
この地の利を生かすべきだと思うが・・・・・
そう言う意図の番組なら納得するが!!
ついでに日本の農業の改革のドキュメントもやって欲しい。
最近の農協の問題。
高齢化。
色々あると思うが・・・・・・・・
最大の問題は、牛肉を食べることが社会的地位を表すものと思っている考えがある!
いかに地産地消が重要かを教える必要があると思う!
米・麦は重要である!

そう言う、かっこええことを記述しているが、「食べ歩き放浪記」と言うブログもやっている。
これは矛盾なのか!!!!!

映画・ジュピター

3月28日、封切りで29日に観に行った。
こういう映画は大好きである。
ファンタジー的なSF作品はよく観る。
皆に馬鹿にされ(?)ながらも「リデック」なんか大好きである。
ついでに言うと、「ブレイド」がある。

2015029_film5

この映画は、予告編で絶対に行くになっていた。
大宇宙の支配者がいる?
王朝である。
それと同じDNAを持つ地球人の娘がいる。
この娘の誕生から、年頃になった時に物語は急展開する。
偉業を成し遂げる宿命を持つ星座に生まれている。
現実には毎日トイレ掃除をしている清掃員である。
このジュピターを、ミラ・クニスが演じている。
きれいな女優である。
同じDNAを持つ兄弟がいる。
男・女・男か?
王朝の後継者をめぐる争いがある。
そこにジュピターも参加させられる。
DNAは亡き母と同じと言う。
何者かに襲れ殺そうとされる彼女を、空飛ぶ靴(?)を履いた戦士が助ける。
チャニング・テイタムが演じる。狼の遺伝子が入っている。強い!!!
殺そうとする者、助けて味方に引き入れようとする者、兄弟の確執がある。

20150329_film1

収穫と言う言葉が出て来た。
何か???
ジュピターが生まれ変わりとして引き継ぐのが地球。
10万年前から支配してきた人類を滅ぼそうとしているのだ。
ここまで観ていると、収穫の意味が分かる。
兄弟は1万年以上生きている。
が細胞は老化する。
この老化を防ぐ方法がある。
これが収穫に関係している。

20150329_film3

チャニング・テイタムは最後まで大活躍である。
宇宙船!
王朝の都市!
惑星の自然状況!
色々言われているようだが、圧倒される!
宇宙船のワープもある。
宇宙空間の宇宙都市なのか、宇宙船もたくさん登場し未来を想像させる。
タブレットもふんだんに出て来るが、都市は古代王朝のままである??
またタイプライターみたいな機械も登場する。
王朝とは言え官僚機構である。
たらいまわしにされるし、ワイロも通じる。
観ていて面白い!

2015029_film4

王朝方には、亀の化け物みたいな戦士がいる。
強い!
翼がありしっぽもある。空も飛ぶ!
亀と言うのは二郎が思っているだけで、違うのかもしれないが・・・・・・・

結婚で味方にしようとする者。
王位継承権を放棄させようとする。
その為に、ジュピターの家族を人質に取る。
助けるためには王位継承権を放棄せよ!
が収穫がある。
そうなれば地球人皆が死ぬ!
そういうジレンマがある。

2015029_film2

最後まで飽かせない!
危機一髪の終わりである。
面白い映画でした!

2015年3月29日 (日)

映画・豹は走った・1970年公開作品(現在では制作できないだろう!)

光テレビで放送されていたのを録画した。
加山雄三主演のニューアクションシリーズである。
相手役に田宮二郎が出演している。
名前が同じせいでもないが、好きな俳優である。
中学生の時に、昔の映画がテレビで放送された。
石原裕次郎、小林旭、吉永小百合、勝新太郎、市川雷蔵・・・・・・・・・
東映時代劇も飽きるほど放送されていた。
懐かしい!
この時、勝新主演の『悪名』シリーズが放送されていた。
次の日にみんなで感想を言い合っていた記憶がある。
演じるは「清次」である。
メチャメチャさまになっていた。
売られた喧嘩を、楽しそうに買っているところが面白かった!
この田宮二郎と、若大将加山雄三の共演である。

20150329_film1

あらすじは単純である。
南ネシア共和国でクーデターがある。(モデルの国はすぐに分かる)
この独裁者の大統領が亡命する。
日本経由でアメリカに行く!
ここに日本の商社が絡む!
まさに死の商人である!(二股をかけている)
加賀マリコがこの秘書を演じる。若い!
守る刑事・加山雄三。狙撃者・田宮二郎!
この争いがメインである。

映画はそれなりに見せる!
面白かったのは、この南ネシア共和国が独立の時に、旧日本兵が協力している。
事実太平洋戦争後、各地でそう言う事は有ったと言う。
大戦に敗れた日本軍は、連合軍の命令により、東南アジアの各占領地域を現状維持のまま、連合軍部隊に引き渡すことになった。
インドネシア人の独立派への武器引渡しも厳禁とされていた。
この命令を守るために独立派との間で戦闘もあったようだが、他方で、日本軍部隊が兵器の集積庫を開放し、横流しした例もあるようだ。
その結果、日本軍からは3万丁以上の三八歩兵銃、数百の野砲・トラック、食料、弾薬、軍刀など多くの資材が独立派の手に渡った。
日本に引き揚げずに独立派に身を投じた元日本兵は数千人に上った。
千名以上の日本兵が亡くなったようだ。

何故制作できないかと言うと、この南ネシアの独裁者が日本に来た時の場面があった。
なんと靖国神社に参拝している。
この場面を見てビックリした!
これを今撮影したら、どえらい騒ぎになりそう・・・・・・

日本国内ではしばしば「インドネシア独立への日本軍政の貢献」という評価がなされることがあるが、そうした評価について韓国等から批判の声が出ることもある。
間違いなく出て来る!
これで制作は出来ないと思った!
いまなら中韓が間違いなく騒ぐ!

映画の中で面白かったのは、銃の保管庫で銃を選ぶところだ。
最終モーゼルの軍用銃を選んでいる。
モデルガンだろうが一杯あった。
それと亡命中なのに、女を求める場面だ。
引き入れる女を、女性警官がチェックしている。
嫌な役目である!
40年以上前の映画である。
ミシンも良く売れていたのだろう・・・・・
ミシンの広告が目に映えていた!

2015年3月28日 (土)

本・熊野まんだら街道②熊野路を往く・神坂次郎

第2章が「熊野路を往く」である。
熊野路では出てくると思った話は、やはり出ていた。
徐福伝説・くじら・トルコ軍鑑の遭難!!!
気になったのをまとめてみる。

①紀伊国屋文左衛門の話がある。この章は長い。謎の男と言う!出生もはっきりしていない。みかんから材木商になる。公儀御用、権力と結びつく!
没落もどうだったのかよく分からないと言う。しかし一大の風雲児である。やりたい事が出来たのだから満足しただろう。
②「天下の栖角」、湯浅の海商の財は銭屋五兵衛をもしのいだ。千島樺太の交換により樺太の漁場を失う。
③施無畏寺の明恵上人、旧仏教側に立ち、法然を批判する。
「欲望のまま暮らしていていても、南無阿弥陀仏さえ唱えれば誰でも浄土に行ける」
「僧なら僧らしく欲望を断ち、菩提心を求めてこ往生できるのではないか」
 施無畏寺とは、鳥獣虫魚すべての生き物がおそれもなくこの世に住めるための願いをこめると言う意味の    ようだ・・・・・・・
④江戸時代の湯浅のしょうゆ。紀州家の後ろ盾を失うと寂れる。が今も名産地である。
⑤日の岬!遭難していた日本の漁船を助ける為に、強風の中をデンマークの船員、ヨハネス クヌッセンが助けようとして亡くなった。
これを悼んだ人々がブロンズ像を建てた。感動ものである!
⑥道成寺!安珍と清姫の無理心中。藤原不比等の時代のシンデデラの話もある。大和朝廷の時代の話である。面白い!
⑦田渕豊吉!日本政界の怪男児であり、庶民の博打を禁止しながら国が競馬の大元になる。批判して干されて落選。
「今世界に大馬鹿者が3人いる。南にムッソリーニ、西にヒトラー、東に東条英機。世界情勢もしらずしてアメリカと戦争するくらいなら、昼寝でもしている」
落選して御坊の町長にならぬかと言われ、「鯨が泉水で泳げるかよ」
⑧エンドウ王国である。また日高産の野沢菜は信州に出荷する。みあげに野沢菜は要らない????
⑨印南町の神様。腰神さん、イボ薬師さん、足神さん、亀の地蔵さん、結びの観音さん。印南川流域に散在している
⑩田辺市、南方熊楠!著者により名前を知った。相当な人物である。また著者の南方熊楠の本を読んでみたい。
⑪紀州和歌山の難解な字。雑賀(さいが)、学文路(かむろ)、朝来(あっさ、播州ではあさご)、周参見(すさみ)、砂羅(じゃら)、夏山(なつさ)、日日(ぬかづか)、朝来帰(あさらぎ)、一雨(いちぶり)、矢底、田杭、論争、茶免はそのまま読める。辞職峠、あまりの険しさに辞職して帰ろう・・・・・・・
⑫紀州流恋の作法。ススキとヨメナを束ねて男に投げる。好きよ、お嫁にして!女の袂に小石を二ついれる。恋し恋し。捨てられればダメ!娘に牛か?馬か?と声をかける。牛はひずめが二つに割れている。二人なので恋人がいる。馬はひずめが一つ。独り身なのでOK!本間かいな????
⑬桃源郷万福寺。備長炭発祥の地!備中屋長左衛門が備長炭の創始者?著者はその説は取らない。
⑭徐福伝説。新宮市にも行った事がある。江戸時代は紀州家の付け家老であり、森林もあり裕福だったと言う。ここは徐福で売りまくっていた。徐福の歌もある。蓬莱山も見た。伝説が信じれるなら、この山が蓬莱山と言うのはかなり無理をしている。やはり富士山でなえればならないと思うが・・・・・・・・
ここには徐福の墓もある。
⑮大石誠之助。まるで赤ひげである。無実の罪で処刑された。
⑯トルコに行った事がある。凄いにぎわいの国と感じた。オスマン軍楽隊が楽しかった。
その時に、軍鑑エルトグローバル号の遭難の事を知った。NHKでもスペシャルでやっていた。
大島の村人総出で救助にあたった。感動的な話である
⑰鯨の町、太地!鯨で有名である。それなりの博物館もある。日本の歴史である。この本にはシーシェパードの話は無い。
あまり関心が無かったのか?
今の情勢を見ると著者はどう思うだろうか?
⑱熊野三山、本宮・速玉・那智と行ったことがある。車でだった。著者は歩いてみる事を勧めている??
いろんな話が記述されていて楽しい!八咫烏も登場する。
又行ってみたいと思っている・・・・・・・
面白い話が一杯ある。著者の本は最近よく読んでいる
読み直していると言ってよいのか!
面白い!
和歌山県は、神坂次郎に感謝しなければならない!
これだけ各地の伝承・伝説等を記述してくれいる。
後世に残るではないか???


2015年3月26日 (木)

本・熊野まんだら街道①泉州から紀州まで・神坂次郎

聖なる冥府、熊野。その深く険しい山谷は、天皇や公家が救いを求め、名も無き衆生が浄土を目指して歩いた道である。「浄不浄、貴賤、男女を問わず」包み込む、熊野大権現の懐に抱かれる再生の旅である。西行も、南方熊楠も、斎藤茂吉も歩いたその道を、堺から高野山を経て、熊野三社をめぐり白浜に至るまで、全百五十八話の多彩なエピソードで綴る、現代版・熊野古道完全ガイド。

20150326_book1

熊野古道、水森かおりの歌にある。良く聴く。
大好きな作家、新宮正春がいる。新宮出身である。
戦国時代、江戸時代初期の作品にこの熊野古道がよく出て来る。
柳生がらみである・・・・・・・・・・

著者の本は、最近よく読みなおしている。
メチャメチャ面白い・・・・・・・・・
各地に伝わる伝承を面白く記述している。
二郎が知っているのは、新宮市:除福伝説・串本:トルコ軍鑑エトワール号・田辺:弁慶等である。
それ程知っている訳ではないが・・・・・・・
読んでいて楽しくなる。

面白かった話をまとめる。みんな紹介したくなるが・・・・・・・・
まず「泉州から紀州まで」である。
①始まりは堺、国の境から名前は来ている。摂津・河内・和泉の境界にある地と言う。
②熊野信仰とは、難行苦行の同意語である。
③小栗街道、小栗半官と照姫の話。奇跡は起こったのか?
④シノダと言えばきつねうどん。狐を助ける。恩返しに妻となり子供も出来る。正体がわかり、故郷信太の森に帰る。
⑤根来・雑賀と秀吉の戦い。根来には行ってみたい。行くだろう・・・・・
⑥和泉の名産は、泉州玉ねぎ!アメリカから種子を取り寄せた。最初はらっきょの化け物と言われた。今は淡路島が有名である。
⑦根来寺。寺領72万石、堂塔2700、僧坊4500人、僧兵3万と言う。根来鉄砲傭兵集団がある。白戸三平の劇画でも出て来る。伊賀・甲賀と並んでいるが・・・・・・・
秀吉に攻められて、放たれた火矢が弾薬庫に命中し、爆発を起こして壊滅する。
新義真言宗と言う。良く分からないが・・・・・・・・
⑧和歌山城下の3年坂の話がある。こけたら3年後に死ぬ。迷信であるが真に受ける。それならもっとコケろと。10回こけたら3X10の30年寿命が伸びる!エライ!
⑨親殺しの事件がある。酒癖が悪い、手のつけられない父親を殺した。他人ではない。一家の為に自分の父親を殺した。何故悪いのか?死刑にしたのは罪を悔いてからで、3年経っていたようだ。
⑩雑賀孫市の城。秀吉軍団の前に敗退する。根来と共に戦国の異能集団である!
⑪紀州人の冠婚葬祭は凄いらしい。3日3晩10日ほど・・・・・・・・騒ぎまくる???
⑫大田城の水攻め。備中高松城、忍城と並ぶ3大水攻めの城の一つである。天下人秀吉のPRの為にわざわざ水攻めを行った。
⑬真田庵。信繁も困窮な生活をしていたようだ。ここで天下の情勢を観ていた????
そんな事は無いようだ!大河ドラマが真田になるが、伝奇ものでは一番であると思うが、史実としてはどうかな?
⑭海南市は和傘と漆器の町である。今やプラスチック製である。
⑮有田川周辺は、除虫菊の産地である。今や除虫菊も廃れている。がいつか復活の日が来るだろう。細々と製造は続いているようだ・・・・・・・
⑯全国で一番多いのは鈴木さん。鈴木さんいらっしゃい、と熊野三山のPRをした。デスカバージャパンである。熊野権現が全国に広まり、神官が鈴木さんが多い。明治になり名字が許された時、庶民は親しみやすい鈴木さんを選んだと言う。
⑰有田川も鵜飼がある。この本が記述された時より10年以上経っている。今は後継者はどうかな?
⑱有田のみかんの話がある。異論があるようだが他国から苗を持って来ている。それから苦労を重ねて今となったようだが・・・・・・
⑲なれすしがある。近江は鮒だが、こおは鯖のようだ。これの伝承もある。偶然の産物か?必然なのか?
やはり食いしん坊と言うか、食い地のはった人がいる。おひつの中にさばを入れる。米が入っている。これは発酵したようだ!納豆と同じなのか?
⑳和歌山の言葉は敬語が無いと言うのは、司馬遼太郎が記述していた。方言の話も面白いが・・・・・・・・


今年の阪神タイガースは??????

プロ野球が始まる。
今日阪神三宮駅で気が付いた。
ここは、山陽電車、阪神電車、近鉄と乗り入れしている。
その近鉄の列車である。
最初に気が付いたのは色が黄色だった。

20150326_train1

当然タイガースの黄色だろう。
阪神タイガースの応援列車になっている。
一両だけ黄色では無い。
黄色は現役選手で、一両は往年の名選手が描かれている。
金はかかっていると思うが・・・・・・・
いつまで走らすのだろうか?
それに近鉄と言うのが面白い。
阪神では無いのか?

20150326_train3

昨年は山陽電車が、『軍師 官兵衛』だった。
これは宣伝効果ある。
が阪神タイガースなんて宣伝が必要なのか?
しなくてもニュースで宣伝してくれる???
目の保養になりました!

20150326_train2



2015年3月25日 (水)

本・沙門空海唐の国にて鬼と宴す・夢枕獏

盟友・橘逸勢らと共に、遣唐使として長安に入った若き僧・空海。密教の真髄を「盗みにきた」と豪語する空海は、ありあまる才で多くの人を魅了していく。一方長安では、奇怪な事件が続いていた。役人・劉の屋敷に猫の化け物が取り憑き、皇帝の死を予言したという。噂を聞いた空海と逸勢は、劉家を訪れ妖猫と対峙することに。その時から2人は、唐王朝を揺るがす大事件にかかわることになる!中国伝奇小説の傑作ここに開幕。

20150325_book1

文庫本で500ページで全4巻である。
全部で2,000ページあることになる。
この本は金曜日の夜から読み始めて月曜日に読み終わった。
著者の本は大好きである。
この作品も17年かかっている。
よくやる!がまだ短い方なのか?
魔獣狩りでは空海の四殺が出て来る。
今回もそれらしきものが出て来るかと思ったが、幸いな事に無かった!

登場人物が多岐に渡る。
日本の三大名筆家、嵯峨天皇・空海・橘逸勢と言うようだ。
この内、空海と橘逸勢が一緒に遣唐使として唐へ行く。
命からがらだったようだ。
4隻で2席到着した。空海も最澄も入っている。別の船だが・・・・・・
最澄はここだけしか出て来ない。
空海は天才か?
読んでいてそうとしか思えない。
最後の参考文献に、「司馬遼太郎 空海の風景」があげられている。
ホッとした!読んだことのある本は空海の風景だけである。
唐の言葉に梵語まで理解する。
それは経典、密を理解するには言葉が分からなくてはならない。
原語でなければ細かいところまで分からない。
密を手に入れる。金を出して譲って貰ってもよい。
2年で手に入れる。その他の策を実行する。
ここら辺は読んでいて楽しい。

空海と橘逸勢のやり取り。
阿部晴明と源博雅のやりとりをほうふつさせる。
橘逸勢も名筆家であるが、自身認めているが空海の足元にも及ばない。

魑魅魍魎の世界か?
楊貴妃・玄宗皇帝・安禄山・安倍仲麻呂・李白の時代の混乱がある。
伝奇小説である。
それから時代が経つ。
詩人としては白楽天が登場する。
密を空海に灌頂する青龍寺恵果和尚も登場する。
唐は当時世界都市である。
ペルシャ等中東からも東南アジアからも人々が流れ込んできている。
空海の廻りにも沢山いる。

楊貴妃の死の真相????
それを探るために空海が大活躍する。
最初に登場するのが、猫?化け猫か?
言葉を喋る。次から次へ展開が早い。
犬の首が何千とある場面がある。
怨霊封じと言うかあまり気持ちの良いものではない。
読んでいて引き込まれるが、あやかしの世界である。

謎が解けてくる。犠牲者は多い。
ここで面白い記述があった。
楊貴妃を熱田神宮の祭神が玄宗の元へ遣わせたと。
玄宗皇帝が日本まで手を伸ばそうとしているので、楊貴妃と言う傾国を玄宗の元へ
送り込んで乱世に導いた。
役目を果たした楊貴妃の魂魄は、蓬莱国に飛来して隠れ住んだと!
その地が熱田神宮と!
これを読んでいる土曜日に官兵衛巡りに出かけた。
熱田神宮・清須城・津島神社・大垣城へと行った。
熱田神宮で見かけた案内には、「蓬莱伝説」があった。
熱田大神が中国に渡って、楊貴妃となった話がある。
伝説である。中国に失礼ではないか?

楊貴妃と言えば、ライチが有名である。
この小説にも重要な?役割を果たしている。
最後に密を空海に灌頂する青龍寺恵果和尚の場面がある。
師から弟子に直接行われる。
が何故日本人なのかとクレームも付く。
が仏は?空海に味方する。

著者言うように面白い本である。
密の教義?の説明もあるが、二郎の頭ではよく分からない。
退屈させない本です!!!!

2015年3月24日 (火)

本・獅子の門(全8巻完結)・夢枕獏

中国拳法の達人・羽柴彦六は、各地を放浪中、“剛(つよ)き男”をめざす若者たちに出会った。竹智完、芥菊千代、志村礼二、加倉文平、室戸武志である。強烈な個性を放つ5人の若者たちは、それぞれの人生で、死に直面した生きかたをしていた。彼らを結ぶ運命と彦六の放浪の秘密とは? 斬新強烈なバイオレンスと凄艶なエロスで描く夢枕獏の世界

30年になる連載の本である。
ようやく完結した。して欲しくないが・・・・・・
最初は5人の若者の物語だった。
若者たちが出会う。
プロレス・ブラジリアン柔術・天城六郎・鳴海俊男・久我伊吉・久我重明・鬼頭順之助・・・・・
天城六郎の弟子?鹿久間源と言う化け物もいる。
著者は長編を書かない方が良い。
書いている途中でいくらでも浮かんでくるのだろう。
書き始めのころは、ブラジリアン柔術なんて知られていなかった。
そうなれば柔術の古流が出て来ても不思議ではない。

若者の戦いの中で、羽柴彦六が放浪する。
古流武術萩尾流の鬼才・久我重明が彦六と戦いたい。
その戦いがようやく8巻目の最後で実現する。
若者たちの戦いがある。そして羽柴彦六が影響を与える。
師匠がいる。
芥菊千代―鳴海俊男。
志村礼二―久我重明。
室戸武志―フジプロレス。
竹智完―ブラジリアン柔術。「自己流」
加倉文平―武林館。

そして戦いがある。
芥菊千代VS志村礼二。「反則勝ち」
竹智完VS
志村礼二。 「反則勝ち」
芥菊千代VS志村礼二。
加倉文平VS
室戸武志

最後に立っているのが勝者と言う、久我重明!
教えを守った志村礼二。
鳴海俊男の戦いがある。
武林館から出て鳴海塾を始める。
宿敵、麻生誠。
天才でありながら努力できる。
鳴海は努力の凡才である。
無差別級である。体重差は関係ない。
顔面有、総合で鳴海は戦いたい。
これに負けてリターンマッチに臨む。
武林館主催の総合格闘技トーナメント。
優勝候補、麻生誠が一回戦でブラジリアン柔術マリオ・ヒベーロに負ける。
サアどうなるか?
8人のトーナメントであるが、鳴海俊男・鹿久間源がリザーブマッチで出場する。
怪我人の為に鳴海俊男・鹿久間源は本戦に出場する。
マリオ・ヒベーロVS鹿久間源
鳴海俊男VS投げ技にこだわりぬく柔道王・岩神京太!

鹿久間源は鹿久間源だ。著者の好みのキャラクターである。
反則で金玉を潰されて、狂い反則負け!
鳴海と岩神京太が戦う。
久我重明が言う。
嘉納派柔術、その成り立ちに古流柔術を葬っている。
現在のスポーツではない。
投げが決まれば1本勝の柔道ではない。
その雰囲気を持っている岩神京太!
激しい戦いになる。
鳴海は優勝する!

そうしていよいよ重明と彦六の戦いが始まる。
竹智完、志村礼二、加倉文平、室戸武志、加倉文吉が見ている。
夢枕獏風に描かれる。
ため息が出るような戦いである。
どちらも死ななくて良かった!
マア面白い本だった。
一冊ぐらいか?上下2巻の長編で又書いて欲しいと思う!
まだまだ羽柴彦六を読んでみたい!
期待しています!

2015年3月23日 (月)

本・「坂の上の雲」と日本人・関川夏央

日露戦争で勇名を馳せた秋山好古・真之兄弟と俳句・短歌の革新者である正岡子規を軸に、明治日本の「青春」を描いた司馬遼太郎の『坂の上の雲』。この雄篇が発表されたのが1968‐72年である点に着目し、そこに込められたメッセージを解き明かす。斬新な視点と平易な語り口で司馬文学の核心に迫る傑作評論。


この本は学生時代に読んでいる。
金もない学生時代、親父の本を読ませて貰った。
ドラマも何回観たか?
歴史小説のおもしろさは、司馬遼太郎によって教えられたと思っている。
長ずるにしたがって、批判も多い事は分かって来た!
いつも思うが劇的に記述しすぎではないかと!
が面白い!
短編の方が良い作品も多い!

会津の事、関ヶ原の武将達、新史太閤記・・・・・・
最近では、軍師官兵衛の影響で、播磨灘物語を読み返している。
資料が公開されていない時に記述されているところもあるようだ。
坂に上の雲の前に、要塞を読んでいる。
旅順要塞に平然と突撃したのは知識としてあった。
日本人は勇敢だと思っていた。
そして乃木大将は、有能だと思っていた。
思うとしていたのかもしれない・・・・・・

そに時に、そう言う見方があると知った。
その乃木大将無能論に対する反論も多かったようだ。
当時の乃木軍の白井参謀が後に言っている。
「成って居らぬ」
理由はいきらでもあるだろう!
が何万の人が死んでいる。

脚気の問題がある。
これは戦場では非常に問題だったようだ。
ドイツ(細菌説)とイギリス(栄養のバランス説)の対立になる。
森鴎外までが絡んで来る。
陸軍と海軍の対立にまで行く。
海軍は脚気を絶滅できたが、陸軍はそうではなかったようだ。

坂の上の雲の矛盾点を指摘している。
山下大佐が封緘命令を持って汽車に乗るが、出来ない事を検証している。
小さな事だが面白い。

日英同盟、児玉源太郎の旅順行、バルチック艦隊、乃木将軍の殉死の時の新聞の対応、明石大佐の事、森鴎外・夏目漱石・正岡子規のこと、乃木将軍に心酔した人達、捕虜の扱い等記述している。
地球を半周して、ロシアから極東にまで艦隊を持ってくるのは奇跡とも言う!
石炭の積む場所もイギリスは当てにならない。
フランスも引き気味だっと言う。
メチャメチャ金がかかったのはよく分かる。
沈められに来たみたいなものだ!
対馬海峡、津軽海峡、宗谷海峡?
何処を通るかの話もある。この話は半藤一利が書きまくっているが・・・・・・・

坂に上の雲に出ていたが、旅順要塞攻撃にリズムがある。
ロシアも攻撃の日を推定していたようだ。
理由がある。
伊地知参謀が言っている。
砲弾の補給に1か月かかる。
日は偶数で割れる。要塞を割れる。
何かの記念の日なので縁起が良い!
司馬遼太郎が皮肉で言っている。兵も死ぬだろう・・・・・・

そんな事を思い出しながら読みました!
参考になる本だと思います! 

2015年3月22日 (日)

本・日銀失墜、円暴落の危機・藤巻武史

日本は2014年9月末時点で1039兆円もの借金を抱えているにもかかわらず、2013年4月の「異次元の量的緩和」に続き、10月31日に再び金融緩和を行った黒田総裁。
これにより、日本の財政が崩壊し、円が暴落、そしてハイパーインフレになる可能性は更に高まってしまった。
金融緩和でお金をジャブジャブにし、喜ぶのは株価や不動産価格が上がる富裕層のみ。悪化した日本財政のツケは、あとで国民に回ってくる。
それなのに、なぜ日銀は出口のない金融緩和を続けるのか?
日本財政が崩壊し、日銀が倒産する前に、ハイパーインフレに備えよ!
現在の危機的な日本経済のすべてがわかる一冊。

20150322_book1

著者の本は理解できる範囲で読んでいる。
金融機関の人間には、藤巻武史のファンと言っている。
あまり金融機関の人間には好まれていないのか?
いい顔をして貰えない。著者の後輩も来るが、「あの人は名うての円安論者ですから・・・・・・」
円が1ドル80円の頃に来た金融機関の人間に、勧めに来たものとは違い、『ドルとリラはないか?と聞いた』
その答えは全然想定していなかったようだ。
まして著者の名前を出したら、意外な顔をされた。
今になって、「先見の明がありまたネ!」とおだてられている。
ドルに向かったのは、間違いなく著者の影響である。
今回も向かいそう・・・・・・・・

著者は維新の党の参議院議員である。
委員会でも質問しているようだ・・・・・・・
日銀に対する批判がある。
ハイパーインフレになった時、責任は日銀にあると!
「異次元の量的緩和」
何かこの異次元と言う言葉に違和感を感じていた。
言葉に酔っている?????
読んでからますますその思いが強くなった・・・・・・・
長期国債の購入・・・・・・・
いろいろ記述されているが、どうなるのかと思ってしまう!
この際に、銀行がどさくさに紛れて国債を日銀に売っている例もあるようだ・・・・・・・・
日銀は、ルビコン川を渡ってしまったと!
引き返せないという事のようだ。
何事も始まりがあり、終わりをどうするか考えるが、日銀は出口を考えていない。
著者言う、出口はない!
出口は考えられないのかとも思うが?

痛みを伴わない改革はない!と言うが、痛みとは何なのか?
現在の日本はお札を刷りまくっている。
「お札を刷った国VSお札を刷らなかった国」
指導者の質が大切と言う!
この違いを、ジンバエブとチャドで説明する。

低所得者の為に消費税反対を言う。
その結果、財政が悪くなり、ハイパーインフレが来ると言う。
低所得者の為と言って、更に悲惨になる。
これをポピュリズム、大衆迎合の政治と言う。
先の民主党政権を思い出すが・・・・・・・

何年か前にもドルを勧めている。
その時は万が一と言う事で、無ければないで良いと言う考えである。
今回はそんな雰囲気でない。
間違いなく、ハイパーインフレは来ると言う!

個人的な対策を記述している。
『ドル資産を持つこと!』
『住宅ローンは、固定金利に変更する』
やはり、ドルになるようだ!
金融機関の担当者は嫌がるかもしれないが・・・・・・・・

2015年3月21日 (土)

映画・ナイトミュージアム3/エジプト王の秘密

ナイトミュージアム3/エジプト王の秘密 、最終章と言う・・・・・
きっとまだ続編をやると思うが・・・・・・
奥さんが是非に行きたいと言う!
珍しいと思った・・・・・・・・
何のことは無い。
今回の舞台は、大英博物館である。
ここでランスロット卿が登場する。
なかなかイケメンである。
最近ずっと奥さんが観ているドラマがある。
英テレビシリーズ「ダウントン・アビー」がある。
呆れるほど観ている。今年英国ではシーズン6も放送されるようだ・・・・・
この作品に、ダン・スティーブンスが出演している。
ランスロット卿である。
奥さんは英国が好きなのか?

20150320_film1

当然1・2と観てから今回3を観た。
いつものメンバーが登場する。
第一作で、さえない中年の離婚している男を、ベン・スティラーが演じている。
きれいな先住民の娘、サカガウィアがいる。
今回は通しで出演しているが、存在感はあまりない。
調べてみると実在の女性で、硬貨の肖像にもなっている。

最初はエジプトの発掘から始まる。
この場面は喜劇を感じさせない。
ここに少年が参加している。
セシル・フレデリックス!
第1作で登場した警備員のボスである。
後で分かる。
石板の力が無くなってきている。
皆動かなくなる。
大変である!
と言う事で、アクメラーの父、この石板を知るエジプト王マレンカレに会いに行く。
何処へ?????
大英博物館である。
少し懐かしい・・・・・・・
この父に会いに行くまでが、喜劇である。
奥さんは大変面白いと喜んでいた。
恐竜が暴れ回る。
ニューヨークとロンドンでは違う!
ニューヨークとは大分違う・・・・・
ここでランスロット卿が登場する。
かなりカッコいい・・・・・・

20150320_film2

展示物が暴れまく討ているが、ようやく王に会える。
父は原因がすぐに分かる。
少し期待外れの理由である・・・・・・

この石板を、ランスロット卿が不老不死の石板と思い持ち逃げする。
何処へ!
言わずと知れたキングアーサーのところだ!
映画・キングアーサーで、ランスロットは良く知っている。
ここで登場と言う事は、展示されているのだろう・・・・・
丁度アーサー王の舞台がある。
ここに勘違いして石板を持って行く。
舞台には、アーサーとグウィネヴィアがいる。
大物ゲストである。
ヒュー・ジャクソン!
確かに、ここで映画は盛り上がる。
ウルバリンから抜け切れない!
大いに笑いを取った場面である。
どうせなら、グウィネヴィアを、キーラ・ナイトレイに演じさせればもっと面白いと思ったが・・・・・・
大物ゲストが二人、ヒュー・ジャクソンに、キーラ・ナイトレイ!!!
そう言う風には上手くいきませんが・・・・・・
ギャラが高い!

20150320_film4

最後は石板はイギリスの父の王の元に戻る。
従って、ニューヨークは静かになる・・・・・・
ラストの場面は、ニューヨークで大英博物館展が開催される。
夜にどんちゃん騒ぎが始まる。
大変楽しく観賞できました!

テディ・ルーズベルト役のロビン・ウィリアムズが、亡くなったことを映画の最後で表していた!

ナイトミュージアム3/エジプト王の秘密の公式サイト

2015年3月19日 (木)

本・海のサムライたち・白石一郎

海に薄情な日本人たちよ。かつてこの島国には、海のサムライたちがいたではないか。古代の海賊王・藤原純友、村上海賊衆と松浦党、九鬼嘉隆や小西行長などの戦国武将、さらには三浦按針、山田長政、鄭成功などの国境を越えて戦い抜いた英雄たちの生涯を、海洋小説の第一人者が愛惜をこめて描く歴史読物。

20150319_book1

著者の本もよく読む。好きな作家だ!
エッセイであった。ホテルに泊まりステテコで部屋の外へ出てしまい、部屋のキーがロックされた。
そう言う失敗話もあった。
十時半睡事件簿!10時半には寝ると言う事のようだった・・・・・・
面白い人と思った。

水軍と海賊!
どう違うのか?
同じようなものでもなさそう・・・・・・・
海を通る船から通行料を取る。
海の関所!
陸にもあるのだから、海にあってもおかしくは無い・・・・・・

藤原純友から始まる。
子供の頃は、藤原と言うので、藤原氏の同族と思っていた。
同時期に、平将門が関東で反乱する。
東西で相呼応して起つ!示し合わした?
そんな事は無いだろう・・・・・・
第一連絡をどうするのか??
結局刑死する。
なにか中途半端な感じがする。

村上水軍、松浦水軍、九鬼水軍が登場する。
「実を重くし、名をむさぼらず」
特に松浦水軍は、元寇のときに活躍する。
が恩賞は無い。国が頼りにならない。
自分達で自立する。
倭寇になる。
が、その掟は民主的と言う???
倭寇の時は、明である。
明は自由貿易を認めなかった。
自由貿易であれば、海賊の活躍する場は無い!
倭寇と言っても、中国・朝鮮・琉球と倭寇に参加している?
参加と言うのは語弊があるのか?
信長・秀吉の天下統一により、松浦水軍も終息に向かう。
名も残っていない!

本願寺への兵糧の輸送に、毛利水軍、村上水軍が参加している。
織田水軍大敗!
これにより信長が、鉄工船を造る。
この敗戦に九鬼水軍は参加していない。『していたと思っていたが・・・・』
村上水軍は小舟である。
水軍は技術がいる。
船の運航、火薬の調合、船の上での戦闘!
これは村上水軍が九鬼水軍より進んでいる。
その答えが鉄工船だが、これはこの海戦用として造られる。
やがり鈍重である!

三田に行った時、九鬼家は三田は鳥羽から移封している。
大きな池と言うか、湖では無さそうだが、ここで船の訓練をしている絵があった。
水軍と言う特異な技術集団を、徳川は認めなかった!
残念である!

小西行長に一章を割いている。
イメージは良くない!
関ヶ原でもたいした戦いはしていないと思う。
商人の出と言われる。
著者も影が薄い人と言っている。
朝鮮侵攻時の海の司令官とも言われる。
三成とも仲は良くなかったのでは???
国際的な感覚もあったようだ。
死がローマに伝えられた時は、全ローマ市民に祈念を命じたと言われている。

三浦按針、山田長政、荒木宗太郎とある。
鄭成功!
明の回復運動を行った。英雄である。
名前は良く知っていたし、凄い人と思っていた。
が歳を取った。
明が滅び清になった。
明と清とはどう言う違いがあるのか???
明の再興を掲げたが、すでに明は使命を終えていたのではないか?
鄭成功自身、いろいろ問題があったようだ。
高邁な人であるが、兵家ではない!
あわや北伐で明の再建かと思えるところまで来たが、詰めが甘いようだ!
日本が援軍を送っていたらどうなっていたか?
鎖国は無かったかもしれない!

最後に徳川水軍と鎖国がある。
徳川水軍は雄藩より貧弱だったようだ!
ペリーの来航の9年前に、オランダ国王が『長年の友好の信義』を思いあえて忠告した。
『すみやかに鎖国を撤廃し、開国通商ふみ切れ』
これに対する幕府の返事!
『交易貿易はしているが、両国は信頼関係にあるのではない!』
『2度とこのような書簡をよこしてくれるな!』

鎖国政策の功罪!
徳川時代、ヨーロッパから日本を征服に来るだろうか???
資源も無い、(当時は金があったようだが・・・・)単一民族で統治に手を焼くのは見えている。
鎖国の功罪は、徳川幕府が270年続いたことだけではないか?
徳川の文化は、温室のような文明で、世界には影響を与えていない。
海への関心を無くし、技術の退廃を招いたのではないか?
と著者は言う!

2015年3月18日 (水)

本・目からウロコの戦国時代・谷口克広

一般に誤って知られていることを取り上げて正しい説を紹介。また、第二に、あまり知られていない興味深い事実も紹介する。
面白さによって独り歩きした話が多い。質のよい史料をひもといていけば、そこには真実でありながら、真実としてとらえられずにいた事実が見えてくる。
長年、戦国史、特に織田信長を研究してきた著者が、そうした史料をできるだけわかりやすく解説し、戦国時代に精通した人にも初心者の読者にも、「目からウロコ」が落ちるような話満載の戦国時代の決定版!

20150318_book1

著者の本はよく読む。
押しつけがましい事は無いし、他者への批判も適正(?)である。
内容的にはそんなに新しいものではない。
戦国時代はいつから始まり、終わるのか?
応仁の乱から始まり、1590年の秀吉による天下統一までとする。
著者が、普通にどうなのかと言う疑問に答えてくれる。

蓮如の教え。「支配者に従順であれ、年貢・公事をきちんと納めよ」
真宗の教義とはかけ離れた多数の一向宗信者が、現世に利益を求めて集まった。

北条氏康の河越夜戦。どうやら世に名高い夜戦では合戦ではなかったようだ・・・・・

鉄砲はポルトガルより先に、中国から伝来していた???
信長が楽市楽座を積極的に進めたのでは無さそう・・・・・

秀吉が人を殺したがらなかった?
実際に信長の命令で、皆殺しもやっている。
歳を取ってからは、自分の意志でたくさん殺している。
信長は荒木村重の家族を皆殺しにしたが、秀次の妻妾を皆殺しにしたのは秀吉である。

本能寺の変の黒幕説。
やはり単独犯とみた方が良いようだ。

安土桃山時代。
何故桃山と言うのか分からなかった。
吉野の桜に対して、桃の白い花の木を植えたからと聞いて納得した。
がどうもそうでは無さそう・・・・・
桃山と言われるようになったのは明治時代からと言う。

信長に追放された佐久間信盛。
本願寺を包囲しながら4年間、一度も戦わなかったと言う。
別の著作では、包囲中もお茶三昧だっとも言う。

安土宗論。
浄土宗と日蓮宗の宗論。
初めから日蓮宗の負けは決まっていたと言う。信長の日蓮宗の弾圧!
宗論は日蓮宗が勝ったようだが・・・・・・

木綿が信長に天下を取らせた。
木綿は便利と言う。鉄砲の火縄にも使える。
中国・朝鮮半島からの輸入に頼る。
が輸入制限され、尾張・三河で生産する。
木綿を制した信長が天下を制した???

清須会議の滝川一益の立場。
北条との戦いで敗れて宿老の座を外されて、清須会議にも呼ばれなかった。
と言うより、会議の日までに戻れなかったようだ!
といろいろな事柄について、真実でありながら、真実としてとらえられずにいた事実を浮かび上がらせている。

武田信玄の肖像画についての話もある。
謙信と一騎打ちしたと言う割には、太り過ぎと感じていた。
これも違うようだ。
と言うと、柴田勝家もどうかなと思っている。

織田信長の子供は22人と言う。家康は16人と言う。
信長に関して言えば、これだけの子供がいて誰も天下を継げなかったのは、器量不足だったのか?
親父の偉さが光るのか???

名前もよく変わるので分からない。
信長の弟、信行?信勝?
色々ありそう!

知っている話も多いが面白かったです!

2015年3月16日 (月)

某証券会社の講演会に参加して。3月4日(根拠なき熱狂 ロバート・J.シラー)

某証券会社より講演会の案内が来た。
是非に参加して欲しいと!
3月4日に大阪である。
ほぼ1000人招待されている。                         

目玉は、「根拠なき熱狂 ロバート・J.シラー」である。
ここまで書いたら何処の証券会社かは直ぐに分かる。
しかし1000人と言うのは凄い。
会場も金がかかっている。
ロバート・J.シラーの発言は、当然同時通訳である!

20150316_robert

ロバート・J.シラー教授は、ITバブルの崩壊、サブプライム危機を予想した。
もう68歳である!
穏やかな感じであり、年を感じさせない。

司会がいて対談形式になる。
大学の教授に証券会社の役員が参加している。
講演の会場は広く、最新とは言えないかもしれないが、分かり易く運営されている。
やはり年配の人が多い。
隣は寝ていたが・・・・・・・・

現状の日経平均の話から入る。
以下講演での印象に残った話である。
①   現状の円安がこれ以上安くならずに、株価を上げるのが良い。そうなんだろう。
②   マーケットが完璧なら何故株価が上下する。
③   日本では消費税1%で2兆円。
④   日本、ヨーロッパは国が買い支えている。
⑤   テクノロジーの進歩が不安をあおる。
⑥   ケープ・レシオと言う手法をシラー教授が独自に開発した。
証券会社のパンフレットに記述されている内容である。
過去10年間の物価変動の影響を考慮した指標で、一般的な指標であるPER(株価収益率)
と比較して、より中長期の投資尺度として活用されている。
ケープ・レシオ(倍率)=実質株価/10年平均実質利益(1株当たり)
10年にしているのは、1年では短期の影響を受け易いからのようだ。
目先にとらわれるなと言う事か?
某証券会社は、これを元に運用している。
つまり宣伝である!
露骨に商品を勧めめていないのが良ったが・・・・・・・・
⑦    最近、教授は石油に投資しているようだ。
⑧    安いと言えばギリシャが安い!が限定的なものにすべきと!(苦笑い!)
⑨    どのセクターが安いのか?業種間の比較。
ただ最近は本業以外の仕事をしている企業も多い。
例としてソニーが出た。
かっては音響メーカーだったが、今は家電・映画・音楽と幅広い!金融もか?
⑩    誠実に行動する。経済における欺瞞・操作がある。悪い事をする人間は何処にでもいる。
⑪    最後にシラー教授が、大きく動くのは理論に反すると言う。
1987年、何も考えていない。株価が下がった情報で、市場が下がったので売った。
分散を考え、割安なものに投資する。
信頼できるアドバイザーに相談する。

聞いているとバラ色の将来が開けていそう・・・・・・・
又証券会社の担当者が来るだろう!

2015年3月15日 (日)

映画・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密、を観に行った。
人気ドラマ「シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチが、暗号解読の極秘任務を志願する天才数学者、アラン・チューリング役だ。
アカデミー賞、8部門で候補にあがったというだけあって、確かに面白かった。

20150315_film1

ドイツのソ連侵攻のバルバロッサ作戦!
指揮するグデーリアン将軍の車の従卒が、エニグマ暗号機そ操作している写真がある。
この暗号エニグマを解読する科学者、グループの物語である。
暗号解読の本は何冊か読んでいる。
この解読した人間は変わり者である。
現在ではオタクと呼ばれているのだろう・・・・・・
そういう人間しか操作できないのだろう!
解読の人間なんて皆そうなのかと思っていしまうが・・・・・・

アラン・チューリング!
責任者と言うかグループ長になる。
ブレッチリー・パークに要員が集められる。
ここにチューリングが自身を売り込む。
暗合解読機を造る。
が莫大な金がかかる。
認められないが、チャーチルに直接手紙を出して予算を付けて貰い、責任者となる。
が協調性が無い。独断的である。
解読の要因を集める為にパズルの問題を出す。
何分以内に解ければ仕事を与えると!
十数人いた様だが、合格は2人で、ひとりは女性である。
キーラ・ナイトレイが演じている。
堅物の上司がいる。
何かと文句をつける。
怜悧な諜報部員もいる。

20150315_film3

物語は、1940年頃の解読の時代に、寄宿生の頃、1950年代と移り変わる。
機械を止められそうになるが、要員たちがかばってくれる。
些細な事からヒントをつかむ。
158(?)の18乗の組合わせを解読する。
現在ではない。
ゆっくりと機械は動く。
良く解読できたものだと!

以下は、主に吉田一彦の本にあった話である。
暗号を守る為の犠牲がある。
イギリス空軍RAFのドイツ・ミュンヘンの爆撃に対する、ドイツの報復爆撃がある。
作戦名「ムーンライト・ソナタ」
五百機以上の爆撃機がコベントリーを攻撃する。
この情報をイギリスは、暗号を守る為に避難する時間があるにもかかわらず握りつぶした。
『現在の神話と言う説もあるようだ・・・・』
北アフリカ戦線、ドイツ・ロンメル将軍への補給艦隊の情報が入った。
これも天びんにかけられた。
攻撃前に偵察機を飛ばし、偶然発見したように見せかけて攻撃機を出した。
これは潰すべきと思ったのだろう・・・・・・
山本五十六機への攻撃。
ミニッツは迷った。成功して山本以上の司令官が出てきたらどうしようかと?
が、山本の代わりはいない!
go-
作戦を分かっているだけに、知らせるべきかどうか迷ったんだろう・・・・・・
地中海の争い。
クレタ攻防戦がある。
この攻撃をイギリスは分かっていたようだ。
が普段と同じようにしろと命令されていたようだ!
それほど解読の事実を隔したかった。

こう言うのはイギリスが得意と言う。
ドイツの港に機雷を投下する。
ドイツは掃討に船を出す!
その連絡を傍受する。
こう言うのは、たいがい「機雷掃討せり」とか、「無事寄港する」になる。
それを当てはめるて推定する。
少しでも手掛りが欲しい!

20150315_film2

ともあれ、チューリングたちの苦労は実る!
敵の敵は味方の論理がある。
ドイツの敵、ソ連は味方?
イギリスも隠れ共産主義者が多い。
その話もある。

アラン・チューリングは同性愛者だった。
ある日パブで知り合った男性売春と関係を持つ。
今では考えられないが、当時は犯罪だった。
ホルモン投与の罰則があった。
チューリングはホルモン投与を受けた後に自殺した。
50年間、暗号エニグマ解読を英国は機密にして公にしなかった。
2013年、エリザベス女王はチューリングの「恩赦」を認めた。
彼の働きが少なくとも2年、終戦を早めたと言う。

アランが作った暗号解読の機械はかっての同級生、クリストファーの名前を付けている。
これはコンピューターになった!

20150315_film4

終戦後、暗号解読の資料はすべて燃やされた。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の公式サイト

2015年3月14日 (土)

神戸文化ホール・桂米朝一門会 3月14日

一年ぶりの神戸文化ホールでの米朝一門会である。
1月に明石でもあった。
どちらも堪能できました!

20150314_1_1

今日のトリは南光でした。
南光のファンだけに嬉しい!
それぞれ面白い!
文化ホールは出しものは後で分かる。
ざこばが言っていたが、そう言う時はお互い何を出すか言い合うようだ。
聞いていると何か自信の無さそうに喋っているようだ。
へその緒の自慢話もあるようだ!

20150314_1_2

桂 小鯛  時うどん
桂 しん吉 明石飛脚
桂 団朝  短命
月亭 八方 大神山

中入り
桂 ざこば お玉牛
桂 南光  抜け雀

前座と言うか最初に出て来る人は、短くすましますからと言う!
ざこば・南光を早く聴きたいと、客の気を使っているのか?
加古川の桂分枝の独演会では、桂三風が、もうすぐ師匠の出番ですから・・・・・・・
時うどんのオチは分かった。
明石飛脚は、なかなか飛脚のジェスチャーを交えて楽しい。
終わりかと思ったら終わりで無い!
その続きを上手く団朝が繋いだ・・・・・

ざこばが、ネタが分かっても笑って下さいと!
本当に言葉を忘れていたのか?
インプラントが客席からの声で分かった???
最初にいつもの、羽織を直ぐ脱ぐんだったら最初から着て来なくて良いのにと!

トリが南光なのはビックリ!
ざこばも南光も二郎と一緒で、頭が薄い!
南光の話で思うが、養子先、尻にひかれている夫婦の話し方は特徴がある。
昨年ここで南光の火焔太鼓を聞いた。
これも養子であった。
そのざまが似ている感じがした!
大変楽しめました!

最後に一つ!
後ろのおばさん達が喋る。それが聞こえる。
このネタは知っている!
うるさかった!
もう一つある。
中入り後に席座ったが、最後に女性がコーラのビンを下げて、何も言わずに立っている!
当たり前のかをして礼も言わずに中に入って行った。
マナーの悪さを、少し感じたが・・・・・・


2015年3月13日 (金)

街中を歩いていて思う 神戸、『生田新道』

奥さんと神戸、生田新道を歩いた。
時代の移り変わりを感じる・・・・・・・
20年以上前には、ケーキ屋でカフェもやっていたレストランがあった。
アイスクリームでハーゲンダッツもあった。
変われば変わるものである。
今は薬局にコンビニである。
それにスターバックスか?
確かに多い!

武田邦彦が記述していたが、銀行の合併で店舗が空く。
日本中スターバックスだらけになると!
シアトル系のコーヒー店か?
そうなりつつあるが・・・・・・・・

よく行ったケーキ屋がある。
2階でお茶も飲める。
そのケーキ屋さんが、はっきり言えば倒産した。
コンビニに変わっているので気が付いた!
寂しい思いをしている。
街中は、薬屋とコンビニだらけである。
どちらもチェ―ン店である。
ポイントに安売りが売りなのか?

10年後はどうなっているのだろうか?

2015年3月12日 (木)

映画・ローンサバイバー(DVD)

DVDで観た映画である。
ローンサバイバー

20150312_dvd

恐ろしい映画である。実話を元にしている作品である。
主演はマーク・ウオールバーグ!
泣きそうな顔して演技する。
ザ・シューター/極大射程が印象的である。
喜劇から何でもこなしそうである・・・・・・・・
映画は、最初ネービーシールズの訓練から始まる。
訓練途中でやめる権利はある。
終了すれば精鋭中の精鋭であろう!
アフガンでの作戦がある。
特殊任務、レッドウイング作戦。
タリバンの指導者を暗殺する。
難しく無い任務と思われていた。
4人で作戦任務につく!
が山岳地帯で無線がつながらない!
そう言う時に限って問題が発生する。
羊飼い達に出会う。
言葉は分からない!
どうするか?
映画プライベートライアンがある。
ドイツ兵を捕まえるが捕虜に出来ない。
殺すか?
映画では生かすが、復帰して戦闘になった時攻撃して来る。
同じような場面である。
拘束してほっておく!そうすれば寒さで死ぬ。
連れても行けない。
ほっておくわけにも行かない。知らせられる。
殺すのか?
これは問題のシーンである。

結局多数のタリバン兵に攻撃される。味方は4人しかいない!
一人が、自らの死と引き換えとして連絡を繋げる。
が、ヘリが出払っていて護衛なしで救出に行く。
勇敢である!実話だろう!
この場面不満がある。
フォバリングしているヘリから降下する。
さっさと降下すれば良いと思うが、新兵に行けと命じる。
見ていて気が気じゃなかった!
攻撃されるではないか?
案の定攻撃される撃墜される。
全員死亡だろう・・・・・・・・
何故さっさと降下し無かったのか??

タリバン兵はウジャウジャいる。
倒しても倒しても出て来る。
アメリカ兵は一人だけ残る。サバイバルの知識が必要になる。
ここでタリバンが嫌いな村に助けられる。
村人が、生存を基地まで歩いて知らせに行く。
時間との勝負になる。
ともあれ最後は助かる。
攻撃ヘリの攻撃力は凄まじい!
がこの村はどうなるのか心配である!
報復を受けるだろう!
実話をもとにしているなら心配である。
興奮する映画でした!


2015年3月11日 (水)

本・居酒屋力 議論を忘れた日本人・武田 邦彦

アベノミクスによる景気回復もままならず、呑み屋から足が遠ざかったままの日本人。かつて居酒屋では、みなが社会問題に関心を持ち、見知らぬ酔客同士、政治や国際情勢について“ほろ酔い議論”を戦わせていた。この草の根の交流を復活させなければ、ニッポンはこのまま変われないのではないか。その人柄のよさと気持ちいい呑みっぷりで定評のある著者が、居酒屋コミュニケーションの必要性と愉しみを縦横に語る。

20150311_book

久しぶりの武田邦彦である。
よく読んでいる方であると思う。
堺屋太一が記述していたが、井戸端会議・床屋談義が無くなってきている。
おしゃべりはどこでもやっているようだが・・・・・・
居酒屋も最近はチェーンが多い。
個性が無くなってきている感じ。
その中での居酒屋での会話が重要だと言う。
見知らぬ人同士が喋る。
政治論議もある。

安倍政権が庶民を居酒屋から遠ざけたと言う!
再登場なので、世論操作が上手くなっている感じ。
消費税は上げる。
庶民の味方ではない・・・・・・
民主党がだらしなさ過ぎたとはいえ、凄い勢いである。
何をしても無駄と感じさせているのではないか?

昔は、日清戦争も居酒屋で論議されていたようだ。
その頃は兵役もあった。
今は無い!
何をしてよいか分からない時代になっている。
居酒屋論議が無いので、いい加減なマニフェストが出来る。
出来るわけがない事を並べる。
2014年の年末の選挙では、マニフェストとは言わなくなった。
大風呂敷を広げても一緒と言う事が分かって来た????
居酒屋で自由に喋ることが重要と言う。
見知らぬ人ともでも会話する。
その中で自由に意見を述べて、吸収できる物は吸収する!
しかし、たまに飲んだと思えば上司の愚痴や恋愛話ばかりと言うのが現状ではないか?
著者言う!
「見知らぬ酔客同士で政治や国際情勢について“ほろ酔い議論"を戦わせていた。
この草の根の交流を復活させなければ、ニッポンはこのまま変われないのではないか。」
居酒屋も金がかかる。
その為には棲み分けを考える。
安いところ!
少し高級感のあるところ!
自由に喋ることが重要と言っている。
その為の場として、居酒屋が手頃と言っていると思うが・・・・・・
誰しも著者みたいに、ニコニコして喋るわけではないが・・・・・・・

2015年3月 9日 (月)

スロヴァキアのガイドさんのテレビ出演を見て!「ご苦労さんです!」

『世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~:テレビ東京』
スロヴァキアの片田舎に嫁ぎ、5人の子供を育てる日本人妻! 

20150309_kunikosan1

楽しみにしていた放送である。奥さんと一緒に見た。
面白いと言ったら怒られそうだが・・・・・・・・
ガイドして貰った時、ブラチスラヴァから離れた街に住んでいると奥さんは聞いている。
クルピナ!
最後の魔女狩りが行われた都市と言う!ちょっと怖い!!!!!
交通の便はあまりよくないのだろう・・・・・・
今回のスタッフは、チューリッヒ~ウイーンと飛行機で、ウイーンからブラチスラヴァまで40Kmを車で走った。

昨年、ブラチスラヴァで、ガイドの邦子さんとの待ち合わせが10時過ぎだった!
今回の放送を見ていて思ったが、毎日5人の子供の弁当、学校までの送り迎え、食事、洗濯、農作業と大変である!
半自給自足の生活のようだ。
子供が可愛らしいかった。
ガイドの仕事の時はどうしたんだろう・・・・・・
バスで3時間ほどかかるみたい。
帰りも20時21時になったと思う!
何か悪いことをしたみたい・・・・・・・・・

20150309_kunikosan2

「やらない後悔より、やった結果の後悔の方が良い」、二郎の知り合いの若い女性が言っていた。
どうなったかは知らないが、やったようだ!
頑張れと言いたい!
邦子さんも同じタイプのようだ。
自分で選んだ人生である。
子供に恵まれ、ご主人の御両親とも仲良く幸せに生活している!
見ていて楽しかった。
御主人は、パソコンで自宅で仕事をしている。
そういう意味ではIT機器に詳しいのだろう。
サムスンが・・・・・・・・・

20150309_kunikosan3

旅行時、邦子さんから聞いていたが、オースリラリアに語学留学した。
その時に知り合ったと!
その頃チェコスロバキアは協議離婚が成立していた。
スロヴァキアも大変だっただろう・・・・・・・

番組の冒頭に、駐車場の話と、空飛ぶ自動車が登場する。
チェコは工業国であった。
スロバキアは農業国のようだ・・・・・・
最近はプジョーが工場を設立しているようだ・・・・・・・・・
クルピナは小さな町である。
我が家は、田舎の方が好みである。
もっとも奥さんは、フランスが好きであるが・・・・・・

20150309_kunikosan4

邦子さんの職場の上司がいた。女性である。
いろいろ世話になったようだ!
信頼し、相談にも乗ってくれていたようだ。
スロヴァキアにも来て欲しかったと思う!
辛かっただろうと思う。

二郎お得意のアラ探しがある。
回想シーンがある。まだスロヴァキアに来た当時のシーンである。
通貨がユーロだった。
スロヴァキアは、2009年にユーロになっている???
同じく回想シーンで、スマホが登場していた。
これも時代がおかしい???

奥さんの旅行計画が恐ろしくなる・・・・・・・・・

番組はこちらから観れます。


世界ナゼそこに?日本人 150309 投稿者 b80393

本・日露戦争史(①~③)③戦い・半藤一利

20150309_book2

海軍は日本はワンセットの艦隊しかないが、ロシアは旅順と本国にある。
旅順艦隊が全滅したが、バルチック艦隊を派遣する。
講和はこの艦隊決戦にかけられる。
負ければ日本は制海権を握れない。
陸軍は満州で孤立する。
ロジェストウエンスキー提督!
坂の上の雲では酷評されている。
「司馬遼太郎はこの辺りは遠慮が無いが・・・・」
著者はひいき目に記述している???
この艦隊の航海は、坂の上の雲が詳しい!
実際にイギリスが妨害する???
その中で良く対馬まで率いて来たと思うが・・・・・・
日本は艦船の修理も終わり用意万端である。
ロシアは航海の最後に戦う事になる。
日本は秋山真之が段階的な作戦を考えている。
ここで著者は面白い事を記述している。
この作戦に竹島が含まれる。
ここでも戦いになる。
そこで改めて日本領土でなければ戦いにくい!
と言う事で調べて、日本領土にした。
そこまで条約と言うか、国際法を守ろうとしたようだ。
この事実がある。
面白い話である!
この海戦も東郷元帥を神格化するために、いろいろのなされたようだ!
別の本では実名まで上げているが・・・・・・
海戦については著者の本をよく読んでいるのでさらっと流したが・・・・・

旅順要塞、203高地がある。
はじめ海軍もこの港への攻撃を要求し無かったと言う。
が事情が変わった!
海軍は軍港内の軍艦を砲撃したい。
閉塞作戦は失敗している。
砲も盲滅法に撃てば良いものではない?
観測所がいる。
それが203高地である。
海軍はそれを要求している。
要塞を落す必要ないと思っていいる。
これはドラマでは秋山真之が熱弁をふるった場面である。
実際は旅順港内を碁盤の目のようにして砲撃したようだ。
これが効果があったようだ。
が観測所が無いので分からない。
著者は捕虜の尋問で分かったのではないかと言っている!
それで203高地を落さなくても良かったと言う書籍もある。
それは結果論に過ぎないので、おかしいと思うが・・・・・
が乃木は旅順を落した英雄になる。
ロシアは誤解する。
難攻不落の旅順要塞を落した乃木第3軍は日本最強であると!

それが奉天会戦に影響する!
司馬遼太郎は、乃木を酷評し、児玉源太郎をべた誉めするが・・・・・

日本海海戦がある。
ロシアの軍艦の名前がある。
覚えにくい。
水兵たちは、よく似た日本語のあだ名を付けて覚えたようだ。
Z旗上がる。
「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」
が水兵たちはそんな難しい言葉は分からない。
将校たちは簡単に教えたようだ。
負ければ後がない!頑張れと!
なんとなくホッとする話であるが・・・・・

日本海海戦後、ようやくアメリカの仲裁で講和の話になる。
何処でやるからから揉める。
代表は、日本は伊藤博文か小村寿太郎で小村になる。
ロシアはウイッテである。
坂の上の雲ではもっともよく登場する名前である。
駆け引きは面白い。
日本はこれ以上戦えない。
ロシアも戦力を増強しているとはいえ、国内事情が許さない!
「ロシア煙草」の電報がある。
これを発すれば、ロシアは攻勢を取る。準備は出来ている。
どちらも強気のポーズを取る。
ロシアは賠償金を払うぐらいなら、その金で戦争を継続する???
小村寿太郎は国民の求めている賠償金が取れないだろうと思っている。
交渉に行く前は壮大な見送りだが、帰って来る時はどうか?
伊藤博文が、自分だけは迎えに行く!
結果が読めている。
この時期に、ルーズベルトに樺太攻撃を勧められる。
その方が講和がやり易くなると!
和平の最中に攻撃するのはどうなのか???
結局賠償金無しで決まる。
朝鮮半島、清の意向は無視である。
この時日本が負けていたら、朝鮮半島はロシア領土になっていたのか?

この戦争で日本は、歩兵の白兵突撃、大兵力の夜襲、火力よりは精神力、大鑑巨砲主義による決戦主義、開戦劈頭の奇襲攻撃の先例を作ったと言う!!

問題の山県有朋。
元桑名藩士、立見尚文!
賊軍とは言え有能な指揮官である。
立見は常勝将軍である。山県は立見に負けている。
が、才能を認めて大将にまでしている。
日露戦争でも活躍したと言う!
山県も色々言われるが、立見の才能は認めたようだ。
軍人だからか?
政治的センスがあればどうなっていたかは分からないと思うが・・・・・・

大大作である!
文豪も登場する。
面白かったです!

本・日露戦争史(①~③)②国内事情・半藤一利

20150309_book1

そうして開戦前の混雑がある。
ロシアが脅威ならロシアとロシアと協調する考えもある。
日露協商!
敵の敵は味方!
ロシアの勢力が南下するのを喜ばない勢力もいる。
ロシアと同盟を結んでいるフランス。
ドイツへのけん制の為に、ロシアのヨーロッパの勢力がアジアに増強されるのは困る!
ドイツは逆である!
ロシアの戦力が東へ行き、ドイツの負担を軽減したい!
となれは列強で日本と利害関係が一致するのはイギリスになる!
条約を守ることについては、違反の常習犯がロシア!
イギリスは守る。
がイギリスは大国である。日本は小国である。
対等に同盟が結べるのか?
イギリスも事情がある!
日英同盟が成立する。

そう言う意味では、太平洋戦争時アメリカと協調する道はあったんだろうと思うが・・・・・
日露戦争も太平洋戦争も相手の首都まで攻める力は日本に無い!
何事も始めるのは簡単であるが、終わりは難しい!

戦略、戦術がある。
陸海軍の協調があるか?
どこも海軍と陸軍は仲が悪い!
情報の交換は必要である。
色々あるが太平洋戦争時と違い上手く交換で来ていたようだ。
山本五十六と宇垣纏が口もきかなかったのが、太平洋戦争!
著者らしくいたるところに、太平洋戦争との比較が出て来る。

陸軍は緒戦は勝たなければならない。
その為に敵に倍する兵を動員する。
当たり前の事である!
海軍も出来るだけの軍艦を揃える。
その為にアルゼンチンからロシアに買われ無い為に日本が買う。
それが揃う時まで開戦を待つ。

山本大臣は奇襲作戦を意図する。
それが前例となったと言う。
実際に奇襲作戦は成功する。
博打では無い。
司令官を変え、万全の体制をひく!
山本大臣も戊辰の役を経験している。
戦いのおいて独特の感があったんだろう!
東郷を連合艦隊司令官に持って行く。
『運が良い!』
それだけではないだろうが・・・・・・
作戦があるが、プロシア参謀総長モルトケは、前線の将軍の独断専行を許したようだ。
一番戦いの様子が分かっている。
ウラジオストックに残っている艦隊に通商破壊を行われる。
これを第2艦隊が攻撃するが、大本営が命令し混乱する。
これを山本大臣が見ている。
余計な口出しをしない方が良いと感じたようだ。
それで対馬か?津軽か・宗谷か?
バルチック艦隊の航路についても現場に任せていたようだ!
結局これが生きた!
これも「坂の上の雲」での記述の時代より、新しい事実が発見されている。
津軽への移動が決まりかけていたが、一人の軍人の踏ん張りによりそうはならなかったようだ!
その場にいた者にしか分からない事もある!
書き直しも必要なのか???
明治の軍人は自慢話はあまりしなかったようだ!
昭和の軍人はそうでは無いようだが・・・・・

機雷により初瀬、八島が沈んだ。
責任論がある。
二人の艦長を東郷は責めなかった。
「おはんらの命、わしに預けてくれんか!」
この時の、山本大臣と東郷元帥の態度を著者は褒める!
海軍は辛い。
艦と運命を共にすればしたで、生き残ったら又それで何か言われる!
そう言えば、ノモンハンで現場の指揮官に責任をなすりつけ腹を切らした陸軍参謀もいる。

一つの事実がある。
乃木司令部は旅順総攻撃に規則性を持たしていたようだ。
ロシアも察している。
26日に攻撃してくる。
①   火薬の補給が1カ月かかる。
②   南山攻撃の突破が26日であり、縁起が良い!
③   26日は偶数で割り切れる。つまり要塞を割れる。
著者は穏やかに記述しているが、司馬遼太郎はそうでは無い!
『兵も死ぬだろう!』
と、司令部を酷評している!

現場の指揮官が、日本兵は精神的に強くない!
と感じていたがこれはモミ消されたようだ。

2015年3月 8日 (日)

本・日露戦争史(①~③)①開戦へ・半藤一利

国はどのように戦争に至るのか?人はなぜ戦争を始めるのか?近代日本に決定的な転機をもたらした日露戦争を詳細に描く大作。

20150308_book1

単行本で3巻の大作である。
日露戦争と言えば司馬遼太郎、坂の上の雲がある。
秋山好古・真之兄弟を主役に持って来ている。
これは小説と言い、ドラマと言い面白かった!
今回はあまり登場しない!
歴史探偵、半藤一利なので色々な資料から新たな事実(?)を記述している。
又太平洋戦争時との、日本の首脳陣の考えの違いを記述している。
新しい事実もあり大変面白い。
現状への認識がある。
時代は朝鮮半島、清は何処の勢力に入るのか???
列強の争いである。
取らなければ損である???
良くは無いがそう言う時代である。
清・朝鮮半島の意志は関係ない。
ロシアは満州・朝鮮半島を取ろうとする。
日本にとっては防衛戦争になる。
ロシアと戦争になる。
が明治の首脳は国情を把握している。
ロシアの歳入は20億円で、日本は2億円の歳入しかない。

日英同盟を結ぶ。
その前に日英独の三国同盟と言うのがあったようだ。
第二次世界大戦の、日独伊露の四国同盟もあったようだが・・・・・・
日本国民は英国と対等の同盟を結べた事を喜んだ!

戦争の終わりを想定して開戦になる。
イギリスは日英同盟で仲裁できない。
フランス・ドイツもロシアに近いと言うより同盟国である。
となれば仲裁できる大国はアメリカしかない!
そう言う認識で動く!
太平洋戦争。
ドイツの勝利のみを当てにして、まともに終わりを考えていない。
バスに乗り遅れるな!

日露戦争に参加した軍人たちがいる。
後に太平洋戦争時の将官になっている。
著者も嫌味で記述しているのか?
負傷、後送されている軍人が多い。
戦っていても一時期だけである様だ。
もっとも大物として伏見宮がいる。
嶋田繁太郎、荒木貞夫らもいる。
戦いの後の実を取るのは必死で戦った人たちではない様だ・・・・・
そういう人達は戦死している!
幕末維新の後の山県有朋が良い例なのか??
山本五十六は日本海海戦を戦い負傷している。

情けなくなる話がある。
暗号をロシアに読まれている。
「貴国の暗号は、暗号と思っているのは貴国だけで、他の国にとっては平文と同じである」
ロシアの高官に言われる。
「私の名前がかわったようですネ!」
暗号解読していることがマルバレである。
国交断絶の通告もばれていたようだ。
仏大使に「お別れですね!」
と言われたようだ!
おおらかな時代である!
第2次世界大戦のアメリカ、イギリス。
暗号解読の事実は、犠牲を出しても守ったようだ!
日露戦争時は、日本に暗号解読していると教えている。
日本も舐められている・・・・・・

さまざまな参加者の証言を拾い出している。
それだけでも相当な作業になると思う・・・・・・
読み応えのある本である!

やはり日露戦争については、「坂の上の雲」の影響が大きい。
二郎なんか何回読んだか分からないし、ドラマも何回も見ている!
戦争までの流れがある。

ロシアは鉄道保護を目的に、大軍を満州に送り込み、満州で清国人3000人を虐殺したようだ。
日本は朝鮮半島を防衛線と考える。
満州はロシアが確保してもよい。
満韓交換説!
どちらにせよ朝鮮半島、満州の国民の意志は関係ない!

坂の上の雲では、ロシア皇太子が日本に来たことが記述されている。
この本ではその記述は無い。
が代わりに、クロパトキンが日本に来たことが記述されている。
日本も敵愾心丸出しだったようだが・・・・・・

著者ならではの、太平洋戦争との比較がある。
開戦前に、山本海軍大臣と、陸軍児玉源太郎が戦略の打ち合わせを行っている。
太平洋戦争はどうだったのか?

ドイツの観戦武官のロシア軍の分析がある。
ドイツはロシア寄りである。
「兵質不良の烏合の集団である!」

2015年3月 7日 (土)

本・江戸人物伝・白石一郎

巌流島の決闘の宮本武蔵、佐々木小次郎、天一坊事件を裁いた大岡越前守、黒田騒動の主役栗山大膳、茶の輸出で名を馳せた女貿易商大浦お慶をはじめ、井伊直弼、横井小楠、西郷隆盛、島津斉彬、桐野利秋など、激動の時代を生き抜いた傑物たちを卓絶した史眼で取りあげた歴史エッセイ15篇。

20150307_book1


それぞれが面白い。こう言うエッセイ集は知らない話もあり大変面白い!
興味ある話は、下記の通りである!

厳流島の決闘! 宮本武蔵・佐々木小次郎
先日官兵衛巡りで九州に行った。
フェリーで新門司に行った。
小倉までの道筋に、佐々木小次郎の碑があった。
試合には異説がある。
試合後、佐々木小次郎は生きていて、武蔵の弟子がよってたかって殺したと!
新宮正春は、これをネタにしているが・・・・・
弟子は何処に隠れていたのか?

天一坊事件と大岡裁き
天一坊事件! これは創作である!
同じような事件がある。
源氏坊天一! これは実際の事件である!
御落胤なんているのだろうか?
吉宗も身に覚えがあるのだろう・・・・・・
大岡裁きは、当てにならないの知っていたが・・・・・・・
ロマンが無くなる!

黒田騒動  栗山大膳
細川家もそうだったみたいだが、黒田家も貧乏だったようだ。
贅沢のし過ぎなのか???
長政の息子と、栗山備後の息子の対立である。
息子忠之は長政に疎まれたようだ!
長政も気違いじみたところがある。
忠之が気に入らず、廃嫡しようとしたようだ。
川遊びの時、大膳に命じて忠之を深みに引き込めと!
よく分からないが、長政は相当執念深い性格だったのか??
忠興と似ているのではないか??

大膳は、忠之に謀叛の企てあり。
と幕府に訴え出る。
先代の老臣?
栗山家は黒田官兵衛の創業から仕えている。
長政にも仕えている。
苦労知らずの殿様と忠臣の対立??
一旦筑前一国を返上して再び与えられる!
幕府も情けなかったのではないかと思うが????
大膳は忠臣か??
逆臣か????

九州男児の奇行三態  『中山入山・白水要左衛門・梅北国兼』
このエッセイ、めちゃくちゃ面白い!
読んでいて3人ともおかしいのではないか???
『中山入山』
先日官兵衛巡りで行った岡城城主である。三代目中川久清!
だいたい會祖父の中川清秀からしておかしいと思うが・・・・・
登山家と言う!
それも自分の足で歩かずに、人馬(?)に乗って登山する。
1787mの大船山にもそうやって登った。
墓も遺言で、1400mの中腹に建てられた。
維持にしろお参りも大変である!

『白水要左衛門』
天保期、黒田藩は火の車である。
この時注目されたようだ。
財政再建に、藩あげて発狂したと思われたようだ。
大インフレ政策である。
これを提案し実行したのが『白水要左衛門』
眼医者だったようだ。
60万両と言う藩札を刷ったようだ。
裏付けも無い!
物の見事に破綻する!
今の日本でもそう言う人は多いのではないか???

赤備え新参譜代  井伊兵部少輔直政
珍しく井伊直政が登場する。
あまり特徴は無さそう・・・・・・

最後に西南戦争がある。
なかでも桐野利秋が面白い。
人斬り半次郎と呼ばれるが、実績はどうなのか?
人斬り以蔵、人斬り彦斎とかは実績がある。
結局西南戦争を起す!
が軍事的才能はあるのか?
「奇策を用いることはなか。正々堂々と進軍し、妨げる者があれば一撃でたたき伏せて通るのみじゃ!」
熊本城攻防戦。
「熊本城はこのイラボー(青竹)1本で充分でごわす!」
加藤清正が造った、名城を何と心得ているのか???
薩軍が熊本城強襲の戦法を取ったと聞き、
「何たる愚策か。薩軍は負けじゃ!」
と言ったのは、板垣退助か!!!
鉄砲も、太平洋戦争の、日本とアメリカぐらいの差があったと言う!
勇敢なだけではダメなんだろう!
面白かったです!

2015年3月 6日 (金)

本・信長の政略: 信長は中世をどこまで破壊したか・谷口克広

信長はどこまで中世を打ち破ったのか?外交と婚姻政策、対朝廷、対将軍、対宗教、家臣団統制、居城移転策、戦略・戦術、農政、商工業、交通、町に対する政策等、あらゆる信長の事跡を徹底検証!真の信長政権像を提示する!

20150306_book1

著者の本もよく読んでいる。
織田信長関係で面白い。
著者も好きな織田信長の研究が出来て幸せだろう。
分かり易く記述してくれている。
いつも関心するが、研究者は良く文献を読んでいる。
そして実際に検証している。
記録を取り上げるかどうかは迷うと思う!

序章  信長の天下布武への道
第一部 周囲に対する政略
第二部 統一戦争に向けた政略
第三部 民衆統治に関する政略
終章  信長の政略を総括する

以上に分かれていて、さらに細かく分析している。
読んでいて非常に分かり易い。そう言う風に記述しているのだろう。

信長の外交の致命的な欠陥!
敵を許さず討伐してしまう事にあると言う。『秀吉との差か?』

公家たちへの経済的援助として、所領宛行いと徳政令を実行した。
援助はしていた。

日蓮宗の弾圧。
日蓮宗は過激な行動を取る。山科本願寺を焼き延暦寺とも対立する。
諸勢力の軍勢によって京から追い出されたと言う。
安土宗論、安土で日蓮宗信者が揉め事を起した。日蓮宗から宗論を望んだ!
信長の日蓮宗弾圧のチャンスが来た。
日蓮宗には勝つチャンスは無かったようだ。

本願寺の教えそのものを信長は排除していない。
伊勢神宮は20年毎に遷宮するが、費用の関係で中断していた。
信長はこの費用を出す。一千貫の見積に対して三千貫だす用意があり、
さらに上積を申し出る。
自己神格家についても、否定する研究家も多い。
フロイスが問題のようだ。何処まで信用するのか?
こうなると宗教観はどうなのか?
無神論者では無さそうと思うが・・・・・・・
信長の家臣の編成がある。
家臣は譜代外様を問わずに粛清が多いようだ。
昔の恨みなのか?
能力が無いと思われ、もう不要と思われたのか?
佐久間信盛の話がある。無能なのか?
昔の逆らった事を罰しているのか?
家臣団の再編成なのか?(無能な武将は追放される)

信長の戦いがある。
籠城は無い。
絶えず相当な兵を集めて攻勢に出る。
兵を集中できる体制、外交、経済、調略がもの凄いと言う!
兵站、ロジェスチックも考えていたのだろう・・・・・・
信長が本能寺の変で倒れなければどうなっていたか?
上杉は滅びる。
毛利はまだ減国されるだろう!
長曽我部は土佐一国か?
東北は北条をはじめ織田と友好的である。
九州も簡単に片付くだろう・・・・・
3年から5年で天下は、完全に織田政権になる。
武将達の粛清もあるだろう。

信長の業績が項目ごとに記述されて大変分かり易い、面白い本でした。

2015年3月 5日 (木)

播磨・西脇市・官兵衛の里

播磨・西脇市・官兵衛の里

20150228_nishiwaki_2_3

天目一神社に行った帰りに、道の駅によった。
「北はりま エコミュージアム」
ここの駐車場で、幟がはためいていた。
こう言うのを見ると嬉しい。
『官兵衛の里・西脇市』

20150228_nishiwaki_2_2

まだまだ西脇市も負けていなようだ。
西脇市役所も昨年は幟が沢山あったが、今年は無さそう・・・・・・・・・
そうなっていると、近江・木之本はどうなっているんだろうかと思ってしまう?
幟も風が強いせいか、上のところがちぎれそうになっている。
頑張れ!西脇市!!!!!!!

20150228_nishiwaki_2_1

播州織りのハンカチ


播磨・西脇市・天目一神社

西脇市・天目一神社

20150228_nishiwaki1

ここは、『黒田官兵衛目薬伝説 目の神、鉄の神、足なえの神』で知った神社である。
本を読んでいて面白いと感じた。
来てみて説明を読んだが、面白いと思った!

20150228_nishiwaki2

その本に、天目一箇神は、鍛冶や製鉄にかかわる人たちによって祀られた神であり、一つ目で、片足が不自由と言う外見的特徴がある。
広峯神社の近くに歳徳神社があり、「足なえの神」を祀っている。
西脇市の天目一神社もそのようだ!

20150228_nishiwaki3

昨年、広峯神社に行った時は、そこまでの知識がなかった。
行っておけばよかったと思った・・・・・・
と言う事で今回行ってみた。
賽銭箱のところに、お神酒が置いてあった。

20150228_nishiwaki10

が、手水場のところに水もなくほっておかれていた!

20150228_nishiwaki9

近在の鍛冶職人、金属加工職人の信仰を集めていて、12月の第一日曜日に、「ふいご祭り」が行われるそうだ。
風が強いほど、ふいごの風が強くなると喜ばれるようだ!
ここには期待した、足なえの神は無かった・・・・・・・
穏やかなところにある神社である。
行けば植木職人が一人で仕事していた。

20150228_nishiwaki8

ここの境内に、小さな祠があった。
『龍神』
「この神様はすべての萬物に対し潤いを与えて下さる御守護神です」
天之御中主大神
比留女之命

20150228_nishiwaki5

20150228_nishiwaki6

20150228_nishiwaki7


2015年3月 4日 (水)

海外の日本人妻の生活の放送がある!(3月9日 スロヴァキア)

昨年にヨーロッパ旅行に行った。
その時には、ハンガリー・スロヴァキア・スロベニア・スイスとまわった。
スロヴァキアでは、奥さんが日本人ガイドを手配している。
ガイドさんとはいろいろ話も出来て、楽しく観光出来た。
スロヴァキア人と結婚している。
海外生活も長い!

帰ってからも奥さんが連絡を取っている。
面白い話があった。
今度テレビに出ると言う!

『世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~:テレビ東京』
スロヴァキアの片田舎に嫁ぎ、5人の子供を育てる日本人妻!
 

放送日が決まりました。
来週3月9日の月曜日になりました。
次回予告がこちらのサイトにでていますので、見てください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nazesoko/

『ヴィツィアン 邦子』

20150304_kunikosan

これは見なければならない!
奥さんの事だから当然録画して保存しておくだろう!
予告の写真では、家族みんなの写真があった!
見た顔があった!(当たり前か)
御主人も写っている。
邦子さんに、サムスンが良いと言った御主人である。
これには少し抵抗があるが・・・・・・・・

ともあれ楽しみに見たいと思う!
見たら奥さんは、又行こうと言うだろうが・・・・・・・

2015年3月 3日 (火)

本・NARUTO ─ナルト─ シカマル秘伝・闇の黙に浮ぶ雲・岸本斉史・矢野隆

シカマルが負ったとある暗殺任務とは・・・・・・?
本編終了後の物語を描いた秘伝シリーズ、第2弾!!

20150303_naruto1

ナルトは奥さんが大好きである。
「小さな声で二郎も・・・・・」
発売日に買って来ている。
よくやる!
年を考えと言いたい!
が先に読んでいる!
忍界大戦から2年後の話である。

ジャンプで7代目火影、ナルトの場面があった。
この時は結婚して子供まで出来ている。
サイといのが結婚していて子供も出来ている。
どう言う組合せかと思ったが、この本で納得した!!!!
いずれチョウジとカルイの話、リーの話も出るのだろう・・・・・・・

各国で抜け忍が続出している。
見逃せなくなって来ている。
これを探る為に木の葉から、てだれが調査に行く。
腕利きの暗部が派遣される。
そしてサイがリーダーである。
が謎の文面を残して戻らない!
ここでシカマルがカカシに呼ばれる。
「黙の国」
この国がおかしい!
今は忍び連合が機能している。
本部は、侍の国、『鉄』にある。
木の葉の暗部のてだれ2人とシカマルが行く。この時19歳である。
木の葉単独で動く。
行く前にシカクの墓参りをしている。
アスマの遺児にも会っている。
シカマルの様子がおかしい。
みんな何となくシカマルがおかしいのに気が付いている。
回想シーンがある。
中忍試験でテマリにギブアップする。
その戦術が認められて一人中忍になる。
めんどくせー!
シカマルも将来を考える。
良き補佐役になろうとする。7代目火影・ナルトの補佐役に・・・・・・・・

黙の国に指導者がいる。
ゲンマ!
忍びを扇動している!!
働いた忍びが優遇されなければならない!
言葉によってだが、それだけでは無い。
こう言う場合は、麻薬が有効である。
がナルトでは、導術!幻術がある。
ゲンマは、ウチハ一族かと思ったが・・・・・・・
シカマルが囚われる!

かってサスケ奪回作戦で指揮をとったシカマル!
ナルト・ネジ・チョウジ・キバと行く。後でリーも来るが・・・・・・・
この時、綱手が砂に援軍を頼んでいる。
シカマルはテマリに助けられる。
「木の葉同盟国 砂の 忍びだ」
テマリ・カンクロウ・我愛羅と順番言う!

今回も砂の忍びが応援に来る。
木の葉からも来る。
サクラ・いの・チョウジ・・・・・・・・

無事に任務は終わる!
サイは元通りになる。いのが協力する!
ここら辺は読んでいて、期待通りになる!

最後にシカマルがテマリに礼を言う!
「今度飯でも一緒にどうだ」
テマリが、真剣な眼差しで淡々と問うてくる。恥じらいなど微塵もない、可愛げのない態度!
「なんだ、デートの誘いか?」
シカマルが思う!
なんでこんな女をメシに誘っているのか!
「めんどくせー」
と言ったテマリの満面の笑みがとても大事なものに見えた!

カカシに簡単な任務を与えられるが、デートを理由に断る!
いやはや・・・・・・・・・

忍界大戦で五大国で1万人の犠牲者があったとある。
実際、1日で2万人の犠牲者がったのではないか?
記憶違いか?
次回は何か?
楽しみである!

2015年3月 2日 (月)

桂文枝独演会・加古川市民会館・加古川市民会館リニューアルオープン記念

3月1日(日)加古川市民会館で開催されている。
加古川市民会館は初めてだった。リニューアルされているのできれいなホールだった。

20150301_rakugo1

今日は雨である。
駐車場に列が出来ている。
時間に間に合うか心配になった。
が何とか間に合った。
満員御礼である!

桂 三実 「延陽伯」
桂 三語 「猫すねちゃった」
桂 三風 「引き出物」
桂 文枝 「宿題」
中入り
桂 文枝 「優しい言葉」

三枝時代の弟子たちである。
三実が最初で、自分が済んだ後、座布団をひっくり返して下働きをしている。
頑張れ!と言いたい!
三語は国際会館の恒例の年始の吉本新喜劇の司会で見ている。
三風は、三枝の三に、落語界に風を起すように三風と名乗った。

その三風の「引き出物」はよくある話である。
結婚式で司会をやった話から始まる。
時代の変りを面白く話す!
家に貰い物の、揖保の糸が溜まっている。何処でもありそうである。
そんなに食べないので、賞味期限がきれそうな、切れているのが溜まっている。
昆布に鰹節も溜まっている。
このそうめんに鰹節の話が面白い。
オチは鰹節の使用方法である。

20150301_rakugo2

桂文枝は「宿題」
これも何回聞いても面白い。
まして目の前に、文枝がいる。
メチャメチャ楽しい!
最初は、いかにXXXXをする!と言う宿題である。いかにを入れる。
これを、いかにもたこにも吸盤がある!
司るという字はどう書くか?
同じと言う漢字がある。これを2枚におろす!
身のついている方の漢字や!
大爆笑である!

ツルカメ算が出て来る。
カメとツルが16匹集まっている。
足が44本ある。
はてツルとカメは何匹づついるのか?
「なんでツルとカメが集まるんや?」
「カメとスッポンやったら区別がつかないが、ツルとカメやったら見たら分かるやろ!」
「手足を数える暇があったらちゃんと数え!」
城内は爆笑である!
次の問題も面白い。
数学の問題で、回答が兄弟仲よくせい!
マア面白かったです!

最後が、「優しい言葉」
これに鳥羽の話が出て来る。
鳥羽と言えば伊勢である。真珠である。
パール婚!
結婚30周年を祝う!
鳥羽ならでの催しである。
ここに文枝が司会で行く。
30年も一緒に居れば感動もない!
そう言う話から始まるが、最初が面白過ぎた!
場内も年輩のお客さんが多い!
大爆笑である!
桂文枝に感謝です!

2015年3月 1日 (日)

本・マリア テレジア:ハプスブルク唯一の「女帝」・江村洋

生きた、愛した、戦った----。プロイセンをはじめ、周辺国の手からハプスブルク帝国を守り抜き、16人もの子をなした、まさに国母。波乱と情熱に満ちた生涯を描く。

20150301_book1
著者の本は何冊か読んでいる。
最も大衆向きの本ばかりである。学術書は読む能力が無い・・・・・・・
16人も子供を生んでいる。
それでいてプロシア、フリードリッヒと戦い続けている。
フリードリッヒも悪い女と付き合った????
大体フリードリッヒも賢くない????
己の意地もあるのだろうが、作らなくてもよいよい女の敵を作り過ぎでは??
3枚のペチコート??
フリードリッヒを崇拝する王族も多い。
マリアテレジアの息子も崇拝している。
ロシアの皇帝も崇拝している。
女性でありながら帝位継ぐ。
かなり無理する。
ヨーロッパの王族の結婚は、お互いの兄弟でする事も多い。
下手な結婚をすれば、何かあれば王位継承権を主張される。
マリアテレジアの相手は、ロートリンゲンの公子フランツである。
小さな国である。つまり害が無いと言う事なのか????
が宿敵とも言うべきフランスの意向もある。
スペイン・イングランド・・・・・・・
フランツは穏やかな人である。
理財の才能はある。
軍事の才能は無い。
マリアテレジアが戦いの指揮をとる。
そういうオースリリアの弱体状況を見て、プロシアのフリードリッヒ2世が動く。
オースリリアのシュレージェンシ地方を簒奪する。
オースリリア継承戦争が始まる。
合従連衡の時代になる。
7年戦争が始まる。
カウニッツ伯!
宿敵、不倶戴天の敵フランスと結ぶ!
プロシア・イギリスVSオースリリア・フランス・ロシア!
毎年のように出産しながら、20年で16人の子供を産みながら、プロシアと戦う。
シュレージェンシを取り返す目前まで行きながら挫折する。
ロシアの女帝の死!
後はフリードリッヒ崇拝のピュートル3世である。
よく7年も戦ったと思うが・・・・・
マリアテレジア夫妻は仲睦まじかったと言う。16人の子供がいる。
妻が女帝では浮気も出来ない。
お腹が大きいのに、よく戦争指導なんか出来たと思うが・・・・・・
娘は攻略結婚の対象としてしか見ていない。
一人の例外を除いて。
徹底的に政略に使う。
特にブルボン家に嫁がせた。
言語も教育されているのだろう・・・・・・・
末の娘はルイ16世に嫁ぐ!
ハンガリー、ドイツ諸侯との軋轢、歴史がよく分かり面白い!

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。