« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

ベルギー旅行の目次作りました!

2015年6月 ベルギー旅行の目次を作りました。
一覧になっていて見やすいと思います!

2015年6月 ベルギー旅行目次を開きます。

*スマホではPC表示に切り替えないと、見れないようです。

2015年6月27日 (土)

2015年ベルギー 帰国へ④ スキポール空港で コスタリカサッカーチーム

関空に帰る事になるオランダスキポール空港は、乗り場はF8である。
工事中の空港内を通ってやっとたどり着いた。
ボケッと休憩をしていたら、赤い半そでと白いパンツの若者の集団が来た。
みんなアイフォンを触っている。
充電しながら、アイフォンを操作しているグループもいる。

20150622_skip_2_5

何者かと思った?
初めはオランダのサッカーチームのメンバーかと思った。
が違った!
ユニフォームの後ろの名前を見て分かった!

20150622_skip_2_2

『Costa Rica』
中米コスタリカである。
なんでこの飛行機に乗っているのか?
オランダでサッカーの試合でもあったのか?
後で調べると、U22代表が、仙台でコスタリカ代表との国際親善試合を行うようだ。
それならばKLMで乗り継いでいるのか???
どうやって来たのか興味がある。
コスタリカとは、スペイン語で「豊かな(Rica)海岸(Costa)」の意味のようだ。

20150622_skip_2_3

コーチに話しかけている、日本のおばさんがいた。
達者である。
スペイン語で話しかけていたおばさんもいた。
選手に話しかける若い女性はいなかったが・・・・・・・・
ともあれエコノミー席にバラバラに座っている。
皆毛布をかぶって寝ていたようだ!
コスタリカ、頑張れ!

こう言う出来事もあるだろう・・・・・・・
旅は楽しい!

20150622_skip_2_1

何事も無く飛行機は飛び立った!!!!
オランダは泣いてくれない・・・・・・
ベルギーは泣いてくれたが・・・・・・

20150622_skip_2_4

KLMの機材は新しかった。2列シートがなかったので、中央4列シートの通路側に二郎は座った。奥さんが言うには、横幅が若干ゆったりしていつもより楽だったそうだ。

約10時間半で、日本に着いた。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 帰国へ③ オランダ スキポール空港に到着

オランダ、スキポール空港。
やはり広い空港である。

20150622_skip1

ブリュッセルとは近距離で、小さな飛行機なのでターミナルから遠いところについた。
バスで移動だ。

いたるところで工事中である。
これだけ広いと補修に修復と大変である!
ここで軽く軽食を食べた。
セルフサービスの店である。

20150622_skip2

簡単にした。

20150622_skip3

ここは野菜のグリルのマリネがある。
マッシュルーム、ズッキーニ、パブリカ、ジャガイモがあり、トマト、キュウリ等がある。
これを器に取る。
パニーニとトマトスープと頼んだ!
美味しかったです!

20150622_skip5

二郎はスープが大好きだ!

20150622_skip4

軽食の詳細は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 帰国へ② ブリュッセル空港で思った事。

タクシーでブリュッセル空港に向かう途中に、「サムスン」の広告を見た。
空港近くである。
そう言うところで宣伝しているのだろう!
相変わらず凄い!

ここベルギーでは、現状では韓国製を見かけなかった。
車は何台か見たが・・・・・・・・

空港では車が展示されている。
気が付いた限り、ドイツ車とトヨタである。

20150622_car1

各搭乗口に向かう入口にトヨタの車が置いてある。
日本車は安心感があるようだが、欧州では割高のようだ。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 帰国へ① ブリュッセル空港へ

長いようで短いベルギーの旅が終わった。
目的のワーテルローの戦いが見れたのは幸いだった。

20150622_air1

ホテルの前の広場

20150622_air2

タクシーは7時に呼んでいる。
愛想は良くなかったがイケメンだった。
朝、ホテルから外を見れば小雨である。
帰国を惜しんで空が泣いてくれている・・・・・
絶対にないと思うが・・・・・・・
タクシーは順調に走る!
無事到着!
チップ込みで45ユーロを支払った。

20150622_air3

案内。フランス語、フラマン語の表示が義務つけられている。

20150622_air4

ホテルでオンラインチェックインをしていたので、搭乗券を印刷している。

20150622_air5

搭乗口がなかなか決まらない。
カフェの近くの椅子に座って休んでいた。
ここの床がレンガ色である。
同じ色で何がぶちまけられている。
戻した物なのかも知れないが・・・・・・・・
よく見なければ分からない。
ここを人が通る。
観ていると皆前しか見ていない。
滑りそうになっている。
誰かケガをするのではないかと心配に成った。

20150622_air8

丁度清掃の人を見かけたので奥さんが言いに行った。
現場まで来ると、「手を上げて、分かったと!」
紙をバラまいて清掃していたようだ。

20150622_air9

最初乗り継ぎがA50だった。
観ていると飛行機が「Polskie Linie」と記入されている。
要は搭乗口が変っている!
A46に!
何度か経験しているので焦らないが、やはりビビッてしまう。
ここも最初は「Brussels Airlines」が止まっていたのでそれかなと思ったが違った!
KLMになった。が、一時間ほど遅れた。
乗り継ぎの時間は余裕があるが、荷物の積み忘れが心配である!

20150622_air6

飛行機は飛び立った・・・・・・・・

20150622_air10

さよなら、ベルギー!

20150622_air11

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目⑪ ブリュッセルのワッフル

夕食の量が少めにしたので、ホテルに帰る前にワッフルを買った。
基本は1ユーロである。
何もトッピングが無い状況である。
しかしこのトッピングで5~6ユーロになる。
これだけのトッピングは食べにくい。
やはり歳を感じる・・・・・

20150621_waffre

いちごののっているのが6ユーロ。生クリームだけが5ユーロ。
フォークだけでは食べ難いので、機内食のナイフを使った。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目⑩ ブリュッセルでの最後の食事

ブリュッセル、聖カタリーナ教会の付近にいった。
行った時にこの近辺は、オマール海老と言うかシーフードの店が多い。
但し日曜で閉まっている店がある。
ガイドさんに聞いた店、ガイドブックに載っている店はほとんど閉まっていた。

20150621_dinn_1

Les Crustaces、という店に入った。

魚のスープとフリュィ・ドゥ・ラ・メール(海の果物)というシーフードの冷製の盛合せを頼んだ。
メニューの写真を見て決めた。

20150621_dinn_2

グラスの白ワインを頼んだ。

20150621_dinn_3

海老・蟹・牡蠣・貝・巻貝等が氷の上にのっている。
マヨネーズが付いている。

20150621_dinn_5

店は観光客が多い。が何かお客ともめていた。
そのせいか? スタッフの愛想があまり良くなくて残念だった。

夕食の詳細は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目⑨ ブリュッセルで買い物

ブリュッセル、グランプラス界隈。
ガイドさんに聞いていると、試験が終わったそうだ。
それで若者が彷徨している???

20150621_brussel_2_1

マアやかましいし人も多い!
グランプラスでも催しがあったようだ!

20150621_brussel_2_2

聖カタリーナ教会のところでも、リズミカルに太鼓が叩かれている。
同じコスチュームである。

20150621_brussel_2_8

観ている人も多い!

20150621_brussel_2_9

とにかく日曜日のせいか、人で人で溢れかえっている感じ!
ブリュッセルは平和である、感じたが・・・・・・・・

20150621_brussel_2_3

チョコレート屋が多い。

20150621_brussel_2_4

昨日のガイドさんが言っていた、自分達で食べるチョコレート、価格も高くなく味も悪くないと言われる店で買った。

20150621_brussel_2_5

そしてクッキーの店。DANDOY

20150621_brussel_2_6

ガイドさんが勧めてくれている店である。
が、クッキーは小さくて高い!

20150621_brussel_2_7

パウンドケーキをすぐ渡せる親戚に買ったようだ。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目⑧ ブリューゲル街道のツアーの終了

コロマ城でブリューゲル街道のツアーは終了。
ブリュッセルに帰る。
短い旅だったけれど、フランドルの風景が見れた。
一日かけてドライブで回ると言うのも良いかもしれない。
日本なら奥さんはやっているだろう!
ガイドさんに、又是非に来られるようにと!

20150621_fin1

予定の時間を過ぎていたが、ホテルに帰る前にブリューゲルのお墓がある「ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会」に寄ってくれた。
ガイドさんと運転所に感謝です!
ありがとうございました!

20150621_fin2

この車で回りました。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目⑦ ブリューゲル街道 コロマ城とバラ園

四箇所目は、コロマ城。

20150621_rose1

ここは城と言うよりは邸宅、屋敷である。

20150621_rose2

掘りは一応ある。
森の中にある端正な住宅と言う感じである。

20150621_rose3

バラ園がある。

20150621_rose4

国際色豊かである。
特別展で日本のバラ園を作っている。
鳥居をイメージしている。

20150621_rose7

20150621_rose8

赤・白・ピンク・黄と色鮮やかである。
流石に黒いチューリップは無いが・・・・・・・

20150621_rose17

20150621_rose16

20150621_rose5

建物の壁に干支が描いてある。

20150621_rose10

これが分かるのは、日本と中国!
ここでは中国人は見なかったが・・・・・・・・

20150621_rose11

ヨーロッパのバラ園もある。
各国で別れている。
ルクセンブルクはある。

20150621_rose12

当然オランダもある。

20150621_rose13

フランスだ。

20150621_rose14

ドイツ!

20150621_rose15

スイス!

20150621_rose18

かなり広い。適当に歩いたがイギリスの前は通らなかった。

20150621_rose9

奥さんいわく、日本とは気候が違うので緑の深さが違う、バラの色も濃く見えるそうだ。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目⑥ ブリューゲル街道 ガースベーク城入口で昼食

昼食はガースベーク城入口の店に案内して貰う!
「EGMOND」
エグモント、城主の名前か

20150621_dej_1

二郎はスープとカレイ料理。
奥さんはハンバーガーにガイドさんはクロックムッシュ!
地ビールのグーズビールを頼んだ。

20150621_dej_2

ビール、普段は飲まないが、これは飲みやすかった。

20150621_dej_3

ハンバーガー、食べやすかったようだ。

20150621_dej_4

クロックムッシュ、中にはチーズとハムが入っている。

20150621_dej_5

二郎のメイン料理のカレイは薄味だった。野菜本来の味を味わう!
美味しかったです!

20150621_dej_6


昼食の詳細は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目⑤ ブリューゲル街道 ガースベーク城の中

ガースベーク城の中を見学した。

20150621_chatau2_10

時代で城主のカラーが違う。いろいろと変わっていったそうだ。
もとはブリュッセルを治めていたブラバン公の館として建てられた。
15世紀から16世紀にはオルヌ伯、エグモン伯城主時代、19世紀後半、最後の城主となったマルキース・アルコナティ・ヴィスコンティが代表的な城主とされている。

20150621_chatau2_11

エグモント、ゲーテの戯曲にベートヴェンが曲をつけた。城主のエグモント伯がモデルになっている。

20150621_chatau2_12

エグモント伯はグランプラスで斬首刑になる。
エグモント伯爵夫人はこの部屋で夫の遺体を待っていたそうだ。

20150621_chatau2_14

場内は現代アートの展示もあって、楽しめる。

20150621_chatau2_15

子供が遊べる部屋もある。

20150621_chatau2_13

最後は女性領主だったので、女性らしいの展示も多い。
華やか時代の面影がある。

20150621_chatau2_21

マルキース・アルコナティ・ヴィスコンティはフランス人。
夫が亡くなってから城を自分好みに改装していったそうだ。

20150621_chatau2_16

男装が好きだった。
衣裳部屋には男性用の服もあった。

20150621_chatau2_17

ナポレオンの帽子、自由にかぶれる。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目④ ブリューゲル街道 ガースベーク城 ①

ブリューゲル街道、3箇所目はガースベーク城。

20150621_chatau2_19

平和な場所だったのか?
森の中にある。駐車場から歩くが緑が目に映える・・・・・・・

20150621_chatau1_1

ブリュッセルを治めていたブラバン公の館として建てられた。

20150621_chatau1_2

ガイドさんがここの歴史を教えてくれる。

20150621_chatau1_4

このお城の庭からの眺めが、ブリューゲルの「穀物の収穫」のフランダースの風景に似ている。

20150621_chatau1_5

くじゃくもいる庭

20150621_chatau1_6

フランダースの風景か

20150621_chatau1_7
穀物の収穫

20150621_chatau2_18

癒される場所ではある。

20150621_chatau2_20

孔雀が下を向いている。

20150621_chatau1_3

ガイドさんと

20150621_chatau2_8

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月26日 (金)

2015年ベルギー六日目③ ブリューゲル街道 シント・ヘルトルディス・ペーデの水車

二箇所目ははシント・ヘルトルディス・ペーデ、水車がある。

20150621_brugel_2_1

「農夫と鳥の巣取り」

20150621_brugel_2_2

ここも絵画に木が描かれている。
絵画と同じような木であるが、よく見ると違う!

20150621_brugel_2_5

ブリューゲルが生きた頃と同じ風景が残っている。

20150621_brugel_2_3

近くに水車小屋がある。

20150621_brugel_2_4

1568年作「絞首台の上のカササギ」に描かれた水車ということだ。

20150621_brugel_2_0
絞首台の上のカササギ

修復の跡が目立つ・・・・・・・・
このブリューゲルの時代は寒い時期だったようだ。
現在の暖冬ではないようだ。

20150621_brugel_2_6

建物の表は雰囲気が違う。

20150621_brugel_2_7

案内がある。

20150621_brugel_2_11

カルチャーセンターになっているのか?

20150621_brugel_2_8

緑が美しい。

20150621_brugel_2_12

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー六日目② ブリューゲル街道 シント・アナ・ペーデの教会

ブリューゲルを調べると下記のようだ。
農民たちの生活を実に生き生きと描いた、16世紀のフランドル派を代表する画家と言う。
農民たちの生活を多く題材にしたことから「農民画家ブリューゲル」と呼ばれ、作品は、後世のフランダース出身の風俗画家から現代のアーティストに至るまで、影響を与えている、と言う。

20150620_sint_anne3

見学の絵画は2枚である。2/19である。(これを少ないと見るか・・・・・・・・・)
最初は教会の絵である。『シント・アナ・ペーデの教会』
1568年最晩年の作品「盲人の寓話」に描かれた教会が見れる。

20150620_sint_anne1

あら探しではないが、教会の絵が現実と少し違っている。
ガイドさんが言っていたが、こういう絵画が貴重なこの当時の生活・衣装等の資料になる。
5人の盲人が描かれている。
盲人の指導者に率いられれば、道を間違う???

20150620_sint_anne2

田舎の住宅地の、広場にある感じがする。
絵画の写真と、教会の写真を載せる。
絵画の教会と現実を比較して欲しい。

20150620_sint_anne4

教会は今も使っている。
観光客は居なかった・・・・・・

20150620_sint_anne6

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

ベルギー六日目① ブリュッセル郊外 ブリューゲル街道

ブリューゲル街道。16世紀のフランドルの画家、ピーテル・ブリューゲルに因んだ街道
奥さんが行きたがったところである。
ルートは全長45キロの街道沿いで案内版が設置されていて、ブリューゲル作品に登場する場所に計19点(徒歩ルートに12点、自転車ルートに7点)のブリューゲルの複製画が配置されている。

ここを周りたいと旅行会社にアレンジしてもらった。
実際個人で周ると大変である。
案内はベルギー・エクスプレスの堀越さん、ベルギーに10年以い住んでおられる。
運転手は昨日のワーテルローから帰るバスの運転手さんだ。
昨夜はブリュッセルに戻ったら日が変わっていた、今日もアントワープからご苦労さんです!
10時にロビーで待ち合わせ。

下記の地図から4箇所まわる。
1.シント・アナ・ペーデ
2.シント・ヘルトルディス・ペーデの水車
3.ガースベーク城
4.コロマ城

20150621_map1_2

地図のPDFファイル 「bruegelroute_routekaart_edit2_jiro_small6.pdf」をダウンロード

ブリューゲル街道の参照ページ

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る


2015ベルギー 五日目⑳ ワーテルローの戦い 200年記念 大再現のビデオ

ワーテルローの戦い 200年記念の大再現をビデオ撮影しました。
このために奥さんがジョーシン電機でパナソニックのビデオカメラを買ってきた。もっと練習して上手に撮れば良かったが。。
画面が揺れているが、良ければ観てください!

開始前の会場の様子

戦いの様子

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑳ ワーテルロー 宴は終わった・・・・・・・

ワーテルローの戦い、200年記念の大再現が終わった。
10時半、集合場所は解散地点である。
雨が降っている。
マア、沢山の人である。
この人達が駐車場に行く。

Img_0520

カルフールの駐車場まで歩く。
これもかなりある・・・・・・・
そこら中人だらけである・・・・・・・・
途中で分からなくなる。
が何とか駐車場に付く。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑲ ワーテルロー 戦い

ワーテルローの戦い、小屋の奥の方でも戦闘が続いている。
我が家の席からは双眼鏡がいる。
フランス軍が攻めて、イギリス、連合軍が反撃している。

20150620_bataill_3_1

違う席からは良く見えるのだろう・・・・・
ここら辺りから小雨が降りだした。

20150620_bataill_3_2

暗くなってきている・・・・・・
と言っても22時前であるが・・・・・・・

20150620_bataill_3_4

フランス軍が撤退して終わりのようだ・・・・・・・

20150620_bataill_3_5

騎兵が走っていく。

20150620_bataill_3_6

プロシア軍が現われて、フランスは負けた???

20150620_bataill_3_7

小屋やイギリス、連合軍に奪われた。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑱ ワーテルロー 農家の争奪戦

ワーテルローの戦い、我が家の席の前に、農家がある。
これの争奪戦があるはず!
と踏んで見ていた・・・・・・・・
この座席からはメインになる!

20150620_batai_2_1

フランス兵が小屋に迫る。

20150620_batai_2_3

フランス語、英語、フラマン語で解説が流れる。

20150620_batai_2_4

映画やドキュメンタリーなら場面の切り替わりが早いけれど、ライブで動いているので時間がかかる、根気よく見てくれとアナウンスしていたそうだ。

20150620_batai_2_5

雄たけびを上げる!
フランス軍の兵の一人が、客席に向かい雄たけびを上げる!

20150620_batai_2_6

観客が沸く!
楽しい場面である!

20150620_batai_2_7

イギリス、連合軍が反撃する。
何度か繰り返される。
最後まで死体は無い・・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑰ ワーテルロー 戦いの始まり

200年前のワーテルロー戦いが始まる。
馬で行軍している。
観客席の前を手を振り盛り上げる。

20150620_recon_1_3

観客も盛り上がってきている!

20150620_recon_1_1

満席である!

20150620_recon_1_2
連合軍側

20150620_recon_1_4
フランス軍側

これだけ広いと遠くは良く見えない!
各観客席から何か見れるように工夫されているのだろう・・・・・・
砲撃が始まる。
砲から火を噴く!

20150620_recon_1_5

相手側に爆弾が落ちて煙が舞い上がる!
火薬の匂いが漂ってくる・・・・・・・

20150620_recon_1_6

観客も喜ぶ!
銃の火花も見れる。
盛り上がってくる!

20150620_recon_1_7

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑯ ワーテルロー 会場

ワーテルローのイベント会場に向かう。

20150620_stad8

会場に向かう人達

20150620_stad3

何人はいるのかと思った??
普段はそれほどの住民もいないと思うが・・・・・

20150620_stad2_2

L字型になっている。
二郎達はVの観覧席だった。

20150620_stad4

ここで間違いがあった。
このチケットの標示がわかりにくかった。
逆方向に行っていた。

20150620_stad5

朝のツアーで一緒だったロンドン在住の女性に偶然出会う。
そこで教えて貰った・・・・・・・

20150620_stad7

お陰で無事席に着く事が出来た。
感謝感謝である!

20150620_stad6

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る


2015ベルギー 五日目⑮ ワーテルロー 騎兵隊と一緒に会場入り!? 

フランス軍の野営地から会場に向かう。
時間も時間である、18時前だ。
シャトルバスを使う。
みんな同じ事を考える。
停留所は人だかりである。
来たバスも満員である。
乗れない!
皆一応並んでいるが、後から来た3人のおばさんが割り込んできた。
先に乗ろうとするが、一杯で乗れない。
あまり気分は良くないが・・・・・・・

20150620_chemin1

バスが出た。
その後、銃を持った兵が歩いて行く。
停留所の人を見て、「歩いた方が早い!」
と言って歩いて行った。
それに我が家も付いて行った・・・・・・・

20150620_chemin2

そのおかげで思わぬものを見れた。
騎兵の行軍である。
騎馬警官たちが誘導している。

20150620_chemin3

騎兵が会場に行く。
見ていて楽しい。

20150620_chemin4

20150620_chemin5

ハプニングがあった。

20150620_chemin8

左の兵士がこの隊を先導している。止まれの合図をした。

20150620_chemin9

「前進!」
がその時、馬が小便をした。

20150620_chemin10

本人もビックリである。

20150620_chemin7

沢山の人が歩いて行く。
会場に着くのが心配に成って来た・・・・・・・・・

20150620_chemin6


2015年 ベルギー旅行の目次に戻る


2015ベルギー 五日目⑭ ワーテルロー フランス軍野営地

イギリス、連合軍の野営地に来たたので、フランス軍野営地まで行きたい。
が何とも言えず遠い。
イギリス軍野営地から道路まで、畑の中の道を歩く。
両側は、小麦に野菜である。

20150620_champ2

道は数珠繋ぎのように人が連なっている。

20150620_champ1

ライオンの丘が遠くに見える。

道路に出たら、シャトルバスの乗り場がある。
これに乗りフランス軍野営地に行った。
イギリス軍野営地より少し小さいのか???

20150620_champ3

兵士キャストが実際に泊まったテントだ。

20150620_champ7

ランプが良い。

20150620_champ6

時間が迫っているのか?
5時過ぎだった。
点呼をとっている。

20150620_champ8

少年が太鼓をたたいている。

20150620_champ10

装備は当時のものをそろえているようだ。

20150620_champ9

ひょうたんは水筒か?

20150620_champ12

フランス軍野営地の方が乗っていると感じた!
やはり兵が多い。

20150620_champ13

並列している兵。
行軍している兵。

20150620_champ15

騎兵に砲兵!
観ていて楽しい・・・・・・

20150620_champ14

皆乗りまくっている感じがしたが・・・・・

20150620_champ5

銃剣を立てている!

20150620_champ4

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑬ ワーテルロー イギリス軍野営地

イギリス軍野営地まで行く。

20150620_vo_ang2

途中に、狭い道だが、あぜ道でライオンの塔の写真を撮ろうとした。
歳は取りたくない!
バランスを崩してぐらっと来た。
通りかかった人が手を差し伸べてくれた。
見知らぬ土地での親切は身にしみる。
感謝感謝です。

20150620_vo_ang1

ようやくイギリス軍野営地に着いた。
ここも人が多いので順番待ちである。
その時若い女性に声をかけられた。
インタビューの様だ。
今回で何回目なのか?
このイベントは大事なものなのか?
そのような事聞いてきた。
一緒にいる男性は、ニコンのカメラを持っている。

20150620_vo_ang3

何とか中に入れた。
手首に黄色い入門許可証を巻く。

20150620_vo_ang14

中はテントで一杯である。
やる気ムード満々である!
騎兵がいる!

20150620_vo_ang4

スコットランドのバグパイプが鳴る。

20150620_vo_ang9

兵が並列している。
訓示を受けている。

20150620_vo_ang11

食事を作っている。

20150620_vo_ang8

20150620_vo_ang10

休憩している様子。

20150620_vo_ang15

砲を運ぶ様子。

20150620_vo_ang13

プロシア軍か?

20150620_vo_ang12

色々な表情がある。
兵たちはもうすぐ本番である。
気持ちを高めているのだろう・・・・・・・
勝つ方の余裕があるのか?

20150620_vo_ang7

当時の姿を再現している。

20150620_vo_ang16


2015年 ベルギー旅行の目次に戻る




2015ベルギー 五日目⑫ ワーテルロー 黄金のライオン

ワーテルロー、黄金のライオンがある。

20150620_lion_1

15年前はここで嬉しそうにしていたらしい・・・・・・・
奥さんが覚えている!
今日は登っている人が多い!

20150620_lion_2

ライオンも嬉しいだろう・・・・・・・・

下記は2000年6月24日に訪れた写真。
二郎がヨーロッパで一番行きたかった場所のひとつ、ワーテルロー。
ブリュッセルのホテルからタクシーを貸し切っていった。


20150620_lion_2_1

15年前の同じ時期なのに芝がかれている?

20150620_lion_2_2

丘の上の写真
二郎は旅行前にダイエットをしてやせていた。

20150620_lion_2_3

奥さんも若いが、着ているものはいつも一緒か?

20150620_lion_2_4

戦いの軍の配置図がある!
それぞれの方向で写真を撮った。ほとんど麦畑だ!

20150620_lion_2_6

ワーテルローの町だ。

20150620_lion_2_5

パノラマ館、ここでも沢山写真を撮った。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑪ ワーテルロー 喧騒

ワーテルロー、カルフールの駐車場からイベント会場まで歩く!
15分ぐらいかかる。

20150620_water1

人で人で溢れている感じ!

20150620_water2

会場近くまで来ると、軍服姿、下働きの女性の姿がちらほらと・・・・・・・
ここで別のガイドに引き継がれる。
説明があっで解散!
見学場所と時間の説明があり、イギリスの野営地までは歩いて行く。
フランスの野営地には、シャトルバスが出ている。

20150620_water3

お土産物屋さんも出ているし、売店も多い!

20150620_water4

そこら中で記念撮影をやっている。
観ていて楽しい!

20150620_water6

ナポレオンか?

20150620_water5

観光客と警察。軍人たちと裏方の人間。何人いるのか?
溢れかえっている!

20150620_water7

スタッフ、、ワーテルローはフランス語圏だ。

20150620_water8

警察

20150620_water9

医療班
日中は気温が上がって暑いが、夜は寒くなる。
連合軍の野営地、フランス軍の野営地、会場、それぞれが距離があって徒歩の移動になる。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑩ ブリュッセルからワーテルローへ

2時前にグランプラスに集合する。
朝の市内観光に来てない人も乗っている
小さなバスである。

20150620_bus

ブリュッセル中央駅の近くに止まっていた。

行きの道はそんなに混んでいない!
ワーテルローに到着、カルフールの駐車場に止める。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑨ ブリュッセル 市内観光 買い物(チョコレートとワッフル)

昼食後は少し時間がある。
チョコレートを買いに行った。
「ノイハウス」

20150620_cho_1

日本人女性がいるからではない。
が奥さんはそう思っている。

20150620_cho2

適当に買った!

20150620_cho3

日本は暑いので沢山買って帰るのは無理だ。
奥さんはお友達に買いたそうだったが、諦めたようだ。

ワーテルローに向けて出発する前におやつを買った。
「DANDOY」
小便小僧の近くにある店だ。

20150620_cho4

ワッフルは2種類あって、ブリュッセル・ワッフルの生地はトッピングで甘さを調整する。
リエージュ・ワッフルは生地に砂糖が練りこんである。

20150620_cho5

これはブリュッセル・ワッフル。上にパウダーシュガーがのっているだけだが、美味しかった!

20150620_cho7

お土産に買いたい!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑧ ブリュッセル 市内観光 昼食

昼食はブリュッセル4観光の料金に含まれている。

20150620_deje1

奥さんは、この料理はワ-ルゾーイに決まっている。
そう言うので今まで食べて来なかった。
が実際は違う!
メインは選べる。
メインだけである。
飲み物は各自で払う。

20150620_deje3

「Le Chat Noir」、黒猫だ。
店のスタッフは愛想は良い!
ビールを頼んだ。チェリーのビールである。
美味しかったです!

20150620_deje4

奥さんはワーテルゾーイと似た様なものにして貰った。
シチュー状ではないが・・・・・・・

20150620_deje6

タップリのフライドポテトが付く。
二郎は肉団子のトマトソースを頼んだ。

20150620_deje5


昼食の詳細は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑦ ブリュッセル 市内観光 証券取引所など

ブリュッセル、証券取引所に向かって歩く。
お土産にチョコレート以外のお薦めはビスケット。
「DANDOY」
小便小僧の近くの店は焼きたてワッフル、カフェもあってお勧めとのことだ。

20150620_shop1

中古レコード店

20150620_shop2

奥さんはベイシティローラーズを探しているのか?

20150620_shop3

地下鉄のために彫ると遺跡が出てくる。
これは修道院の後。
王宮から旧城壁の外への長い地下道も見つかったそうだ。

20150620_shop5

証券取引所。
ガイドさんによればもはやこれだけの建物は必要ない。
現実に使っていない。
将来は、ビールの博物館か???
証券取引所なのだから、牛と熊が欲しいと思うが・・・・・・・

20150620_shop4

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月25日 (木)

2015ベルギー 五日目⑥ ブリュッセル 市内観光 小便少女

ブリュッセルの小便少女
奥さんは知っていたが二郎は知らなかった。
あってもおかしくは無い!

かのレストラン街にある。
ここは呼び込みと外にテーブルを出すのはやめて欲しいと!
がテーブル席が無くなると死活問題である。
テーブル席は出しても構わないようだ・・・・・・
呼び込みは無くならないだろう。
呼び込みをやらない店はその標示もある。

20150620_syo_fi5

呼び込みをしないマーク

20150620_syo_fi6

ベルギー人のオーナーで組合があるそうだ。

20150620_syo_fi1

20150620_syo_fi4

ベルギービールが豊富なパブの前にある。

20150620_syo_fi2

そうしてこれは雨ざらしではない!
鉄格子で囲われ、南京錠を掛けられている。
「リアル過ぎて笑えない」ので市民にはあまり良く思われていないようだが・・・・・・

20150620_syo_fi3

観光客も長くはいない!
さっさと移動するようだ・・・・・・・・

これも調べると面白い!
行人を楽しませるという目的で1997年に設置されている。と言うからまだ若い!!!
小便少女はポストカードにもなっており、その収益はエイズ患者の為に使われていると言う。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目⑤ ブリュッセル 市内観光 ナポレオンの衣装を着た小便小僧

この日ワーテルローで大イベントがある。
小便小僧もおめかしをしている。
ナポレオンの衣装である。

20150620_syo1

衣装持ちと言う・・・・・・・・
日本の衣装も当然あるようだ。
次々に観光客が過ぎ去っていく・・・・・・・
がっかりはしなかったが・・・・・

20150620_syo2

調べると面白い話があった。
ここで水の代わりにビールを出すことがあり、観光客に振る舞われる。
これを飲むのは、色的に勇気がいる???

小便小僧には、諸説がある。
反政府軍がブリュッセルを爆破しようとしかけた爆弾の導火線を小便をかけて消し、町を救った少年がいたという話がそれらしいと思うが・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目④ ブリュッセル 市内観光 チョコレート屋

ブリュッセル、やはりチョコレート屋が多い!
並んでいる。
ガイドさんが説明してくれる。
日本では、ゴディバが有名である。
日本では売り場も多い!!!
王室御用達になれば物が違う?????

20150620_cho4
ノイハウス
ベルギーで一番古いチョコレート屋
スイスから来たノイハウスさんは薬局を開いた。薬が飲み難いので一緒にチョコレートを取るうように、とチョコレートを作ったそうだ。板チョコから個別チョコを最初に作ったのも、ノイハウスとのことだ。

奥さんは、ノイハウスが気に入っている。
15年前にも買いに来ている。

20150620_cho1

ガイドさんが丁寧に教えてくれる。

20150620_cho2
ピエールマルコリーニ
ノイハウス、ゴディバのそばに出店している。

20150620_cho3
Mary
ベルギーでしか買えない?
日本のMary'sとは違う。

20150620_cho5
LEONIDAS
ベルギーの人達が自分達で食べるチョコレート。
普通食べるのだから、高い物ではない。
が味はそこそこでなければ売れない!
そう言う事を説明して貰った!
納得する話である・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目③ ブリュッセル 市内観光 セルクラースの像

グランプラスのそばにある
「セルクラースの像」
15年前に来た時は、ここで多分ヨーロッパ人の写真を写した。
陽気な連中だった。
二郎が写真を撮っていると、像に手をやりこちらを向いた。
写真に撮れと言う事なのか???
写すと、お互い手を振って別れた・・・・・・・

20150620_statu_15ago1

15年前はべたべたと触っている。

20150620_statu_15ago2

ブリュッセル訪れたら、この像に触れると幸せをもたらすと!
現在はレプリカである。
手垢も付き汚れているだろう。
レプリカで欠けているところがあった・・・・・・・

20150620_statu_s1

今はレプリカ

20150620_statu_s2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目② ブリュッセル 市内観光 グランプラス説明

ガイドさんがグランプラスの説明をしてくれる。
大きな広場と言う意味のようである。
市役所は、市役所言うより区役所の様だ!
思うにグランプラスは、永遠に修復の必要がある???
この区役所の塔は市内から見えるのは嬉しい!
自分のいる場所が分かる。

20150620_grand_pl1

ヴィクトル・ユーゴーの名前が出て来た。
ここで隠ぺい生活を送っていて、「レ・ミレザブル」を書いた!
この作品の中に「ワーテルロー」の章がある。
実際に現地を見て、生き残っている人からも話を聞いたようだ。
奥さんは読む気になっている。

20150620_grand_pl2

ノイハウスの右隣にある。

20150620_grand_pl3

調べると面白い話があった。
ヴィクトル・ユーゴーは、レミゼラブルの売り上げが心配で出版後手紙を書く。
『?』
それに対して、返事は『!』
分かり易い表現である!

一面が工事修復中である。
ここは外壁の前に、絵が描いてある。
雰囲気は分かる・・・・・・・

20150620_grand_pl4

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015ベルギー 五日目① ブリュッセル 市内観光 グランプラス集合

今回の旅行は「ベルギー・エクスプレス」が企画した現地ツアーを利用している。
ワーテルローの戦いの再現を観る前に、ブリュッセルの市内観光がついている。
9時半集合である。
2時間ばかりで5人の観光である。
本当は7人だが、観光には参加出来ない様だった。
旅行社の若い女性と、ガイドは中年の男性!
(また悪い癖が始まる。根掘り葉掘り聞く。ドイツに留学経験があり旅行社に勤務している。歳はよう聞かなかったが・・・・・・・)

集合場所は、グランプラスのゴディバの前である。
朝からイチゴにチョコレートをつけている。
奥さん気に入りの品物である。

20150625_fre5

20150625_fre6

2日前にギャレリー・サンチュベールで買ったイチゴチョコの写真」

20150625_fre4

やはり中国人観光客が多い!
ビックリする!
どちらも良い感情は持っていない???

同じ観光客で愛知の人がいた。
ただ愛知県警(?)のジャケットを着た人がいた。
本人は警官ではない!
が本物のジャケットを着ている。
こちらで挨拶されたようだ。こちらの同業に・・・・・・
何か笑える話である・・・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月24日 (水)

2015年ベルギー 四日目(24) ブリュッセル グランプラスでの喧騒

食事が終わりグランプラスに出ると、凄い喧騒である。
学生の小グループが一杯いると感じた。
どうなっているのかと思ったが・・・・・・・

20150619_tard1

20150619_tard2

同じ店で毎日のように飲み物を買っている。

20150619_tard3

たまには良いか?

20150619_tard5

ジェラード、バニラをカップで2ユーロで買った。
ホテルが近くだと便利である。
ホテルで食べた・・・・・・

20150619_tard4


2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目(23) ブリュッセル グランプラスでの食事

ブリュッセル、食事は迷ったが、グランプラスでとった。

20150619_dinner1

かなり遅い時間だったと思うが・・・・・・
「Le Roy d'Espagne」

20150619_dinner2

中で食事した。
トマトスープ、チキンのマッシュルームソース、を頼んだ。
食べきれなかったのは残念である。

20150619_dinner4

突き出しがかわいい。

20150619_dinner5

二郎のメイン料理

20150619_dinner6

雰囲気のある店内、グランプラスが見える。

20150619_dinner3

勘定はチップ込みの金額を言って、クレジットカードで支払っている。
給仕の男性が多めの金額を言ったので、奥さんは「ノー」と断り、約10パーセントのチップ込み金額を言った。奥さんもカモに見られるのはハラが立つようだ。

夕食の詳細は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目(22) ブリュッセル グランプラスでの買い物

ブリュッセルのグランプラスに近い土産物屋に入った。

20150619_sou1

奥さんが安物の時計を買った。
持ってきた安物の時計が壊れたからだ。
それに少しお土産を買った。
店の男性はいかついが優しかった!

20150619_sou3

6ユーロ(約840円)の時計。
あまりに安いので、電池が別かと思い奥さんは「今これを使いたいんです」と男性に言った。 なにか透明の紙をはずし動くのを見せてくれた。

20150619_sou4

グランプラスの市庁舎のデザイン

20150619_sou5

裏のJAPAN MOVT (日本の機械)が良かったようだ。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目(21) オステンド観光 駅で休憩

あオステンド駅まで歩く。野菜と言うか果物を売っている店を見つけた。

20150619_shop1

ここでラズベリーを買った。

20150619_shop2

駅で食べた・・・・・・・

20150619_shop3

本当はイチゴが欲しかったが・・・・・
大きなズッキーニがあった。黄色もあった。

オステンド駅で切符を買う。
工事中なので寂しい感じがする!

20150619_shop4

20150619_shop5

ローカル線なのか?
本数は少ない!
一時間以上待った・・・・・・
電車はほぼ満席でうるさかった!
予定と通りに到着した・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目(20) オステンド観光 軍楽隊の演奏

オステンド、海岸から駅に戻る途中で広場がある。

20150619_ostende_nav1

ここで海軍の海軍楽隊の演奏があった。

20150619_ostende_nav2

制服が美しい! 少しだが聞いた。 ラッキー!!!

20150619_ostende_nav3

20150619_ostende_nav4

イベントのスピーチはフラマン語、ワーテルローの言葉がよく出ていた。

20150619_ostende_nav5

ワーテルローに関するイベントのようだ。奥さんが後で調べた。
ワーテルローの戦いで海軍の戦いはなかったが、連合軍総督ウエリントン公爵の勝報をロンドンに報告するための使者がオステンドから船に乗った。途中で風が止まり、手漕ぎでイギリスに到着したようだ。
参照ページ

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑲オステンド観光 アンソールの家

オステンド、ジェームス・アンソールの家

20150619_hause4

奥さんが行きたかったが時間的に無理だった。閉まっている。

20150619_hause1

ジェームス・アンソールは近代ベルギーの画家。
生涯オステンドに留まり絵を描いた。

20150619_hause2

家はアンソールの世界間を表現しているそうだ。

20150619_hause3_3

愛知県小牧市、メナード美術館にある仮面の絵


2015年 ベルギー旅行の目次に戻る


2015年ベルギー 四日目⑱ オステンド観光 街並と海岸

オステンドの海岸までの道

20150619_plage1

ここの建物は新しい。
リゾートマンションが多いのか?

20150619_plage2

海岸まで行った!

20150619_plage3

カモメが多いのか?

20150619_plage4

まだシーズンではない!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑰ オステンド観光 聖ピーターとポール教会

オステンド、聖ピーターとポール教会

20150619_ostende_ch1

1886年の火災で焼失し1905年にかけて修復された。

20150619_ostende_ch6

20150619_ostende_ch7

ステンドグラスが美しい。
この教会も椅子は個別である。

20150619_ostende_ch5

パリのノートルダムのばら窓のようだ。

20150619_ostende_ch2

モダンなデザインだ。

20150619_ostende_ch3

20150619_ostende_ch4

この教会の入り口にも物乞いがいた。
縄張りなのか???

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑯ オステンド観光 メルカトール

オステンドのメルカトール。

20150619_hosen1

昔のベルギー海軍の訓練船であり、資料館になっている。

20150619_hosen3

20150619_hosen2

中は博物館で、窮屈な部屋など見れる。
錨も見れる。

20150619_hosen5

20150619_hosen6

救命ボートが目立った・・・・・・

20150619_hosen14

20150619_hosen7

切符売り場にに人がいなかった。
しばらく待つと戻ってきて入れてくれた。
帰る時、入口の舵にカバーをかけていた。
料金所にもう帰ると言いに行ったら、親指を立てて挨拶してくれた・・・・・・

20150619_hosen8

20150619_hosen13

20150619_hosen9

20150619_hosen10

20150619_hosen12

20150619_hosen11

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑮ オステンド駅

ベルギー鉄道、北の終点、オステンド

20150619_ostende_st1

15年前に、ここからイギリスに船で渡った!
懐かしい感じする。

20150619_ostende_st2

が今はそのフェリーは出ていなようだ・・・・・・
相変わらず明るい街である。
リゾート地である。
駅は工事中である。
時間がかかりそうである・・・・・・・
奥さんは又来る気満々であるが・・・・・・・・

20150619_ostende_st3

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑭ ゲント駅~オステンド駅まで

トラムでゲント駅着いた。

20150619_station_ge1

駅構内の壁画、中世のゲントの町並みが描いてある。

20150619_station_ge2

50セントでトイレに行く。
ベルギーの公衆トイレは有料がほとんどだ。

20150619_train_to_ost2

オステンド、港町に向かう。
ゲントからオステンドまで、40分ほどの快適な電車の旅である。
奥さんは太っ腹である。
1等で行く!
検閲には来た。
ベルギーも女性を活用している。
が、日本の女性のように華奢ではない!
骨太と言うか、たくましい!

20150619_train_to_ost1


2015年 ベルギー旅行の目次に戻る


2015年ベルギー 四日目⑬ ゲント 帰りのトラムの中で

ゲント、コーレンマルクトからトラムに乗って駅まで帰る。
トラムの中は満員だった。
小さな子供連れの奥さんとお婆さんがいた。
乳母車をバスに持ち込んでいる。
この子供、男の子だがメチャメチャ可愛い!
二郎に顔を向けて笑っている。
奥さんの方にも笑いかける。
二郎の手を握り離さない!
座っている席の後ろの年輩の女性にも、ちょっかいをかけている。
楽しいひと時でした・・・・・・
写真を写したかったが、奥さんの止められたangry

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑫ ゲント 昼食

ゲント、コーレンマルクト。
トラムの駅に行くまでに昼食をとった。

20150619_lun1

「Godot」
なかなか感じが良かった!
給仕の男性もイケメンである。
ランチメニューがある。

20150619_lun2

ここはお勧めである。
スープ・メインは選ぶ・コーヒーか紅茶がついて18ユーロ!
メイン料理は値段に関係なく選べる。
よく流行っている。

20150619_lun3

豆のスープ? 二郎の口にあう!

20150619_lun4

二郎のメイン、リブステーキ

20150619_lun5

二郎は紅茶を選んだ。

昼食の詳細は食べ歩き放浪記

 

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑪ ゲント フランドル伯城

ゲント フランドル伯居城。 

20150619_cast1

ここは二郎が来たかった。
見るからに中世の城である。
館ではない!

20150619_cast2

城内は小学生が多い。
遠足なんだろうと思う!
やかましい・・・・・・

20150619_cast3

上までは階段を登って行く。
この階段は急ではあるが整備されている。
展示物が各所にある。
鎧、兜、槍、剣・・・・・・・・

20150619_cast4

20150619_cast8

ギロチンがある。
首を受ける袋があり、リアルである!

20150619_cast7

拷問されている人形もある。
拷問の器具もあり、説明もある。
リアルである。

20150619_cast9

20150619_cast10

そうして塔のてっぺんに出る。

20150619_cast5

旗がはためいている。

20150619_cast12

フランドル伯の紋章か??
市内を一望できるのは嬉しい!

20150619_cast11

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑩ ゲント クラーレイ

ゲントは中世以来、ブルージュのライバルだった町。
川沿いの、ゲント黄金時代の家並みが残っている。

20150619_kra1

水面に美しい影を映している???

20150619_kra2

クラーレイは階段切妻の屋根をもつ典型的なゲントの家のことです。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑨ ゲント 渡る世間は鬼ばかり? ニセ警官のカモになる?

カモが要る。ネギもしょっている???
見る人が見れば、カモも、ネギも分かるのか???
昔何者か知れないが、声を掛けられた事がある。
何か食器だったと思うが、高価なのだが余ったので安くしたいと!
そういうのが流行った????
親父が退職してから同じような目にあった。
神戸の町で声をかけられたそうだ。
その時親父は、「田舎者と思われた」
そう言って笑っていた。

今回旅行前に奥さんが、ガイドブック、地球の歩き方を読んでいる。
そこに記事があったので奥さんは気を付けていた。
記事の内容を抜粋します。
「ブルージュ 愛の湖公園」
自称スペイン人が男性が「アウトリア・ホテル」行く道を尋ねてきた後、「ドラッグの調査中」という自称警察官が登場、双方のパスポートを調べるふりをして、お金を奪おうとします。


ゲントでトラムから降りる。
街を散策している。
「サー!」、と二郎に声をかけてきた。
写真を撮って欲しいと言う。
どこから来たのか聞かれた。
ジャパン???
調子が良かった。
男性はギリシャから来ていると言った。
あの破綻しそうな国からどうしてきたのか?
奥さんはおかしいと思ったようだ!
像の裏側に連れていかれた。
道路を挟んだ前にある。

20150619_stat1
この像の裏側になる。

二郎も一緒に写真に入るように言われた。
言われて単純に横に並んだ。
嬉しそうに・・・・・
ついでがあるから二郎のカメラでも写そうとした。
ビックリである。
いきなり別の男性が現われて、
「ポリス!」
と言って、首からぶら下げている証明書を見せた。
パスポートを出せと!
偉い事になった!!!
が奥さんは無視である。
「行くよ!」、と奥さんは二郎に叫んだ。
「ポリスだ!」、と呼びとめる男性ふたりを後にその場から立ち去った。
大正解である!!!!
が、ネギを背負ったカモと思われたのはショックでした!

後で思ったが、日本では警察手帳を掲示する??
奥さんは我が家も写真を写そうとしたので、もう一人が出て来たのではないか??
写されると顔写真が残るので・・・・・・
ギリシャとかジャパンとかにこやかだったが、調子が良かったので奥さんは気が付いたようだ!
ともあれ追いかけもされずに、それだけで済んだのは幸いである!!!
帰ったら地球の歩き方に報告しておこうと思う!!!

(奥さんコメント:ベルギーは旅行者に優しい国で居心地が良いですが、泥棒にも同じく居心地が良いようです。1996年にブリュッセル中央駅で、強引なスリにあいかけた同じグループの男性がいました。2005年は私と友人の後をついてきたスリがいた、と土産物店でききました。今回も心配だったので特にガイドブックの犯罪情報を読んでいきました。今はスマホをよく取られるそうで、不必要に出してみることはひかえていました。自分の身は自分で守る、ヨーロッパでは当たり前のようです。)

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月23日 (火)

2015年ベルギー 四日目⑧ ゲント カフェで休憩

ゲント、奥さんが休憩したかったので、カフェに入った。

20150619_cafe1

スタッフの男女ともタトーが目立つ!
ミルクチョコレートを頼んだ。
チョコレートにクッキーが付いている。

20150619_cafe2

お店に日本人客がいた。

カフェの詳細は食べ歩き放浪記で

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑦ ゲント 聖バーフ大聖堂

ゲント 聖バーフ大聖堂

20150619_mist2

ここは有名な絵画ある。
『ゲント祭壇画』
奥さんはこれを見たかったようだ。
大聖堂は大きい!
ここは写真撮影はOK!

20150619_mist3

椅子がパイプ椅子みたいだった。
床の補修をした時にそうしたと感じたが・・・・・・・

20150619_mist7

現在も修復作業中で、足場も残っている。

20150619_mist6
ルーベンスのような絵がある。

20150619_mist5

奥に『ゲント祭壇画』がある。
ここは有料で、オーディオガイドがある。
狭いところに沢山の人がいた。
日本語がありホッとしたが・・・・・

20150619_mist1
フランドル絵画の傑作、ファン・アイク兄弟の作品

20150619_mist4

ベルギーはカソリック信者が多い。

興味本位だが、入口に物乞いの叔母さんがいた。
これは、縄張りがあるのだろうか?
いつも同じ人なのか?
何を考えているのだろうか・・・・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目⑥ ゲント 鐘楼

ゲント、コーレンマルクト(Koren Markt)駅
トラムから降りて歩くと鐘楼が見える。

20150619_gent_syo1
上まで上がりたいが無理である!

20190619_gent_syo3

鐘楼のそばに市庁舎がある。

20150619_gent_syo2

フランドル伯の居城から見た鐘楼。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月22日 (月)

2015年ベルギー 四日目⑤ ゲントでトラムの切符を買う

ゲントでトラムの切符を買いたいが、よく分からない。

20150619_tram1

券売機のところに、叔父さんがいて説明してくれた。
有難いことです!

20150619_tram3

が後で考えるとボランティアなのか?
その時、市内の地図もくれた。
ここも人が多い!
大学があるようだ!
トラムも混んでいる。

20150619_tram2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目④ ゲント駅に到着

ゲントに到着した。

20150619_gent_st1

地下の通路は天井が低い。

20150619_gent_st2

駅構内は広々している。スターバックスもあった。

20150619_gent_st3

ゲントの駅前は今も工事中である。

20150619_gent_st4


駅から市内を見るが、今一煩雑と言うかまとまりが悪い!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目③ ブリュセルからゲントヘ

ゲント行きの列車に乗ったが、1等である。

20150619_gare7

奥さんは動く気はない!
女性の年輩の車掌が来たので切符を買った。
ゲントの後で、オステンドまで行くと言ったらオステンドまでの切符を買うことができた。
はっきり喋る女性である。

20150619_gare9

ベルギーは豊かである??
車内からの風景は放牧の土地と言うか緑一面である。
そう感じたが・・・・・・・

20150619_gare8

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目② ブリュッセル中央駅での出来事

ブリュッセル中央駅、自動券売機で買うようになっている。
昔の切符売り場の両側に2台づつある。
が上手くいかない!

20150619_gare2

係員が付いてくれて説明してくれている。
ここでベルギー人と思うが、駅員にクレームを付けていたようだ。
トラブルがあったら観光客にも迷惑がかかる。
昔の方が良かったのに!

20150619_gare3

2台のうち1台がおかしかったようだ!
奥さんは駅のスタッフに手伝ってもらい切符を買おうとしたが、チップ入りのカードでしか支払いができない。
結局、電車で買ってくれと言われた・・・・・・

20150619_gare4

がいつもの如く、列車にホームが合っているのか分からない。
女性に聞いたが、分からないながら一緒に調べてくれた。
そうしていると拙者が到着したので車掌に聞いた。
女性である!

20150619_gare6


駅の係員に確認して、2回確認してようやく分かった!

20150619_gare5

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 四日目① ホテルからブリュッセル中央駅へ

ブリュッセル4日目、朝食は普通に食べた。

20150619_pe1

二郎はウィンナーが大好きだ。

団体客は居なかったのでホッとした。
早めに出発する。
ブリュッセル中央駅までは歩いてすぐである。
気候も良い!
さあゲント、オステンドへ出発である。

20150619_pe2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月21日 (日)

2015年ベルギー 三日目 ブリュッセル⑱ 食事が大変

夕食は奥さんが決めていた。
ムール貝である。
がここはレストランが並んでいる。
それに道が狭い!

20150618_di3

最初から客引きである。
大きく手を広げて止めようとする。
又二郎はそれを押しとどめる!
なかなか面白やり取りである!
それが何軒も続く!
とりあえず目的の店に着いた。

20150618_di1

シェレオン

20150618_di2


夕食の詳細は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月20日 (土)

2015年ベルギー 三日目 ブリュッセル⑯ ホテルに帰る

ブリュッセル王立美術館からブラブラと歩いて帰る。

20150618_pro1

グランプラスの塔が見えるので、目印には良い。
途中にイベント会場があった。

20150618_pro2

観客の席をどうするのかと思ったが・・・・・・・・

20150618_pro3

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目 ブリュッセル⑮ 王宮

ブリュッセル、王立美術館を出てから王宮まで行った。

20150618_royal_1

すぐ隣である。
像がある!

20150618_royal_3


第一次十字軍の指導者、ゴドフロワ・ド・ブイヨン!
前を路面電車が走っている!

20150618_royal_4


20150618_royal_2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目 ブリュッセル⑭ 王立美術館

ブリュッセル、王立美術館
奥さんが16年前に来た時とかなり変わっているそうだ。

20150618_mus_22

近代の作品は別の美術館に移転している。

20150618_mus_21

シャガールの特別展をしているが、これは観なかった。
マグリット美術館は新しくできたので、そちらを観た。
二郎はまったくわからない世界だ。
それと常設の展示がある。
ルーベンス!

20150618_mus_25


ブルッセルの城塞都市の絵画もあった。

20150618_mus_23

バベルの塔の絵は大きかった。

20150618_mus_24


奥さんは嬉しそうだった。
詳細は奥さんのブログ、日々の出来事で

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑬ ブリュッセル 王立美術館(ようやくたどり着く)

奥さんのお目当ての王立美術館である。
たどり着くまでに相当な時間がかかった。
二郎の機嫌が悪くなる!

20150618_musse_art1

ようやくたどり着いた!
これは偏見ではないがビックリした!
ハングルで書かれていた。

20150618_musse_art3

今回の観光でも思ったが、中国の人は多い。
団体から個人まで確かに多い!
これが中国語だったらまだ分かるが、ハングルとは・・・・・・・・
韓国も力を入れている???

20150618_musse_art4

大英博物館も、オーディオガイドの世界のエリアの区分に韓国があった。
ギリシャ、ローマと並んでいる。
中国がなかった。
ここもわざわざハングルの必要があったのか?
色々ありそうである!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑫ ブリュッセル ブリュッセル公園

ブリュッセルの地下鉄、Parc駅で降りてから地上に上がると公園になっている。

20150618_sig2

日本語がある。
ビックリした!!
「世界人類が平和でありますように」
奥さんは前日のバスから見ていたようだ。

20150618_sig_2


2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑪ ブリュッセル 人の親切が身にしみる

凱旋門から市内中心部に向かって歩いた。
簡単に昼食をとった。

20150618_eu3

沢山のサラリーマンがいたと思う!

20150618_eu4

昼食の詳細は食べ歩き放浪記

それから美術館に行く。
地下鉄に乗ろうとした。
が駅が分からない。
この辺だと奥さんは言うが、分からない。
またiPhoneで調べるがよく分からない。
道行く女性に聞いた。
「渡る世間に鬼はいない!」

地下鉄のMのマークがわかりにくい。
ここで降りて、と分かるところまで連れて行ってくれた。
それから急いで元に戻って行った。

20150618_eu5

ここはEU委員会本部がある。

20150618_eu1


が「TO LET」の案内も多い。
景気の動向に左右されるのか?

20150618_eu2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑩ ブリュッセル 王立軍事歴史博物館(ショップにて)

ブリュッセル 王立軍事歴史博物館、ここでお土産を買う。
当然軍事の資料である。
書籍も多かった。
が二郎の買うのはフィギアである。
竜騎兵と言うのか?
騎兵である!
店にいるのはかなり年配の男性二人。
奥さんに言わせれば、退役軍人か??
知識がいるのでそうかも知れない?
が持って行った物を見て、「ナイス」と誉めてくれた???
本当かいな?

20150618_arm_s1


奥さんがカードで支払おうとしたが、上手くいかない。
カードで払う人は少ないのか?

20150618_arm_s2


記念にどうぞ、とコインをもらった!
ありがとうございます!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑨ ブリュッセル 王立軍事歴史博物館(興奮の場) フランス兵と遭遇!?

王立軍事博物館、カフェで食事している。
誰が?
ナポレオンと女性?
ワーテルローのイベントのがあるからか?
そう思って帰りかけると、フランスの軍服を着た4人連れが見物していた。
これは絶対にイベント参加のフランス兵だと!
奥さんに聞いて貰った。
最初の人はフランス語が苦手なのか、別の人に変った。
やはりそうである!
写真を一緒に撮らせて貰った。
最初二人と写したが、呼んでくれて4人でも写した。
軍服もそれなりに使い古されていた!!

20150618_musee0


20150618_musee1

最後に信じられないが、「メルシー」と素直に言葉に出た!
奥さんの影響だろう!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑧ ブリュッセル 王立軍事歴史博物館(興奮の場)

15年前に始めて来たヨーロッパ、ベルギーできた博物館である。
もう一度来たかった。
特に戦闘機を見たかった。

20150618_arm_1

無料である。
入ると軍服、サーベル、銃などが展示してあるコーナーから入る。

20150618_arm_2


20150618_arm_4

それから砲がある。
初期の戦車もある。

20150618_arm_3

20150618_arm_8

広い部屋があり四方に軍服が展示されている。

20150618_arm_9

そしてお目当ての空のコーナーである。
嬉しい!!!

20150618_arm_7

自分でも思うが、いやらしい性格である!
前回と展示が変わっていると感じた。
それが分かる!
これは帰って調べなければならない。
が一通り2階まで観れた。
メチャメチャ嬉しい。

20150618_arm_10

前回は朝鮮戦争のMIG15とF86があったと思ったが・・・・・・
F16トムキャットがある。
が前はF4ファントムが置いてあったと思うが・・・・・・

Bf109が無かったのは寂しい。
ホーカーハリケーンにスピットファイヤーはあったが・・・・・
機銃、エンジンの展示もあった。
大変楽しく観れました!

個々の戦闘機については、帰ってからアップします!

陸は戦車である。
が前回は近くまで観に行けたが、今回はそうでは無い。
少なくなっている。
レオパルドもあった思うが・・・・・・・

20150618_arm_5


20150618_arm_11

海は簡単である。
がこれも少なくなっている???

20150618_arm_6


20150618_arm_12


大変楽しく見物出来ました!!!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑦ ブリュッセル 凱旋門(暇なのか!)

ブリュッセル、王立軍事歴史博物館を大満足して見る事が出来た。
それから凱旋門の反対側に行った。
クレーンが設置されていて、工事中だと思っていた!

20150618_gai_sky1

見ていて何をしているのかと思った????
何か騒がしい!
カウンターになっていて、中に係りの男性がいて、席にお客さん(?)がいる。
何人か座りながらシートベルトしていたようだ。

20150618_gai_sky2

どうもクレーンはこの即席のレストランを上げるようだ。
しばらく見物していた。
そんなに見物客はいない。

20150618_gai_sky3

が上に上がって行く。凱旋門は超えない。
そして信じられない事に自動車も1台揚げている。
レストランと車が上がっている。

20150618_gai_sky4

その周りを、ドローン(?)と言うか、ロボットが飛び回っている。
クレーンも2台ある。その為にあるのか?

20150618_gai_sky6

言っちゃ悪いが、何が面白いのか???
上では動けない。
やはりバランスを考えて人を配置する。
風もあるだろう・・・・・・・
揺れると思う!
食べた気がしないのではないか?

ベルギーは豊かな国なんだろう・・・・・・
と思ってしまう!
今度ガイドさんに事情を聞いてみたい!!!!

20150618_gai_sky5

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑥ ブリュッセル 凱旋門

ブリュッセル 凱旋門

20150618_cen1

前回にもここには来ている。
凱旋門は、パリ、ブカレストで見ている。
ここが一番落ち着いている。
凱旋門はパリ以外はそれほど存在が知られていない??

20150618_cen2

ベルギーは凱旋門を通らなければならない、凱旋しなければならない戦いがあったのか?
国連軍としての派遣も行っている。
朝鮮戦争にも参加している・・・・・
両大戦にはドイツの侵攻を受けている。
「必要は条約(?)の外にある」
ベルギーにとっては、今のドイツとフランスが仲が良いのが何よりだろう・・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目⑤ ベルギーの言語

ブリュッセルの地下鉄で気が付いた。
電光案内板がある。
2か国語表示されている。

20150618_sta1

駅の標示もそうなっている。
最も気が付いた駅は1字しか変わらないが・・・・・・・
MAALBEEK(オランダ語)
MAELBEEK(フランス語)

複雑な国である!

20150618_sta2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目④ ブリュッセル 地下鉄の切符を買う

海外での人の親切は身にしみる。
地下鉄で凱旋門まで行く。

20150618_met3

その切符を買うが上手くいかない。
フランス語ガイドで、次は英語ガイドでやってみた。
また二郎の『機嫌が悪くなる?
丁度隣に若いカップルが切符を買いに来た。
ここぞとばかりに奥さんが聞いた。
二人とも親切に教えてくれた。
ありがとうございます!

20150618_met1

もっとも切符はそのまま何もせずに乗った。
本当は検印を自分でしなければならない・・・・・・

20150618_met2

ボタンを回して操作するようになっている。クレジットカードとコインしか使えない。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目③ ブリュッセル 市場

聖カトリーヌ教会の広場。
目的の市場である。
人で溢れかえっている!

20150618_ichiba1

今日は市の立つ日ではない????
また奥さんは嫌味を言われる・・・・・・・
しかしこの廻りは、魚料理の店が多い!
一度来てみたい!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月19日 (金)

2015年ベルギー 三日目② ブリュッセル 聖カトリーヌ教会

教会がある。

20150618_st_c1

カトリーヌ教会を目指してやって来た。

20150618_st_c2

人はそんなに居なかった。

20150618_st_c3

席に座って見ていた。
前に足をかけて奥さんに叱られた!
お祈りの時、膝間つくためのものだと・・・・・・・

20150618_st_c4

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 三日目① ブリュッセル市内観光へ

今日はブリュッセル市内観光、」博物館、美術館に出かける。
2人で揉めながらの観光なのか?
予定表がある。
奥さんの予定では、まず市場に行く。
これは二郎が行きたがるので予定に入れてくれている。

20150618_rue1_2

ぶらぶら歩いて行く!
のどかなものである。
昨日の待ち合わせ場所には、昨日ほどではないが人が待っていた。
少し寒い!
奥さんが上着を取りに帰ってくれた・・・・・・・

20150618_rue2

フランスのパン屋、ポール。何件も見つけた。

20150618_rue3

モネ劇場、今はオペラをやっているそうだ。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑭ 夕食はグランプラス!

ブリュッセルのホテルに戻ると、エレベーターにスタッフの若い男性と一緒になった。
フレンドリーである。

20150617_di_1

遅くなったが、前に行ったことのあるグランプラスのレレストランに行った。
ケルベルク!

20150617_di_2

スキンヘッドのスタッフ、最初は無愛想だった、最後は機嫌よく給仕してくれた。
大ビンで頼んだ水があまったので持って帰ってよいかと尋ねると、かくして持ってねというジェスチャーがコミカルで楽しかった!

20150617_di_3

二郎の野菜のスープ、豚の血が入ったソーセージ。

夕食の詳細は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑮  バストューニュからブリュッセルへ

名残惜しが・・・・・・バストューニュからブルッセルに帰る。
快調に走るが、途中で工事中なのか???
動かなくなり大分時間がかかった。

ホテルを聞いて、順番に降ろしてくれる。
ガイドさんは二郎に日本語で挨拶してくれた。
ルクセンブルクで、「日本」と聞かれた。
「ジャパン」では無かった。
本日の観光客は55人!
ガイドさんに運転手さん、ありがとうございました!

20150617_bus


小さなバスケットを置いているので、チップをいただけたら有難いとガイドさんが言った。
こちらの収入は低いのであげるべきだ、と奥さんは言って置いていた。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑭  バストューニュの町

バストューニュの町の中心部に来た。

20150617_vi_bas1

ここにもモニュメントがある。

20150617_vi_bas2


20150617_vi_bas3

それにM4シャーマン戦車がある。
それだけ米軍に感謝している?

20150617_vi_bas4


20150617_vi_bas5


20150617_vi_bas9

戦車は後ろのところでへこんでいる。

20150617_vi_bas6

インフォメーションも中はバルジ大作戦である。

20150617_vi_bas7

ここでアイスクリームを食べた。
ルクセンブルクの口直しである???
バニラにストロベリー!

20150617_vi_bas8

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑬  バストューニュのモニュメント

バストューニュは第二次世界大戦の激戦地だ。
「バルジ大作戦!」
映画にもなっている。

20150617_bas1

この町が出て来る。
アントワープまでの重要な拠点である。
映画で覚えている。

20150617_bas3

ロバート・ショー扮する、ドイツ軍ヘスラー大佐が、この町を攻める。
パンテル戦車が並び、砲撃を行いながら進軍してくる!
それで覚えている。
もう一つ、「パットン大戦車軍団」
これにもの戦いが出て来る!
それもあり、来たかったところである。
ただ博物館は閉まっていたのが残念である・・・・・・・

20150617_bas4


20150617_bas5


20150617_bas9


20150617_bas8


20150617_bas2

戦争博物館は閉まっていた。

20150617_bas7

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑫ ルクセンブルク~バストューニュ

15時半にルクセンブルクを出た。
ベルギーのバストューニュに行く。
バスは快適に走る。
途中にトイレ休憩があった。
原っぱである。
要は太陽の下で用を足せと言う事の様だ。
メチャメチャ面白い!
何人か外へ出た。
知り合いに聞いていたが、これだったのか?
割り切りも必要である・・・・・・・・・

20150617_ikea

これは国境付近で見えたIKEA、駐車場には沢山の車がある。こちらでも人気のようだ。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑪ ルクセンブルク 市内観光 憲法広場から

憲法広場、モニュメントがある。

20150618_lu_con1

広場から対岸を見るのは楽しい。
公園になっている?

20150618_lu_con2


緑豊かで、こう言う風に造れるのは財力もあるのだろうと思う!
ルクセンブルクは、格差が北欧並みに小さいと言う。
国民も勤勉なんだろう・・・・・・・
どこかの南の国とは違いそう・・・・・・

20150618_lu_con3

橋を補修、補強しているようだ。
不便だろうと思った・・・・・・・

20150618_lu_con5

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑩ ルクセンブルク 市内観光 ギョーム広場

ギョーム広場で昼食をとった。
何故ここなのか???
奥さんが行く前にテレビを見ている。
たまたまルクセンブルグをやっていた。
ここの店の案内をしていた。
それで目星を付けていた店がある。
ガイドさんにも聞いている。
だいたい分かる場所までは連れて行ってくれた。

20150617_de1

少し嫌になりかけた!
こう言うテレビはやらせもあるのか?
それは言い過ぎかもしれないが、べた誉めするほどの店なのかと思ってしまった・・・・・・・・
テレビの問題である!!!!!

20150617_de3

お昼の日替わり定食、もっと違うものにすれば良かったか。

20150617_de4

ベリーののっているケーキを奥さんは気に入って食べていた。
マンゴーのケーキは激甘だった。

昼食の詳細は食べ歩き放浪記 

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月18日 (木)

2015年ベルギー 二日目⑨ ルクセンブルク 市内観光 自治宮殿

自治宮殿

20150617_lu_ji2

ここが最後の案内で、ここから自由時間になる。
ここの教会前に僧侶の格好をした、はじめ人形が置いてあるのかと思ったが、
パフォーマンスがあった。
3人連なっている。
写真は遠くからしか撮れないが・・・・・・

20150617_lu_ji3


20150617_lu_ji1

ガイドのポールさん、奥さんが少し話をしていた。
この日は55人の参加者だったが、多いときは60人になるそうだ。

20150617_lu_ji4

英語、スペイン語、フランス語を話す。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑧ ルクセンブルク 市内観光 歴史博物館

城門。

20150617_lu_po1

昔は町につながる道はここだけだった。

20150617_lu_po2

サンジャッン教会を抜けて、13世紀にできた橋をわたった。

20150617_lu_po3

エレベーターだ旧市街城塞内にもどる。

20150617_lu_po4


歴史物館がある。
入れなかったが、是非見たいところでもある。

20150617_lu_po5

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑦ ルクセンブルク 市内観光 ノートルダム寺院

ノートルダム寺院。

20150617_lu_egls1

憲法広場の東にある。
イエスズ会の教会である。中には入っていない。
ジャン前大公の婚礼が行われた教会。

20150617_lu_egls2_2

中には美しいタピストリーなどがあると言っていた。
奥さんは行きたかったが、時間がなかった。


2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目⑥ ルクセンブルク 市内観光 ボッグの砲台と城壁

ボッグの砲台と城壁

20150617_lu_for1

断崖絶壁ある。
ここに砲台があった。
18世紀にオーストリアの兵によって造られたようだ。
中には入れなかったが・・・・・・・

20150617_lu_for2


20150617_lu_for3


20150617_lu_for4

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る



2015年ベルギー 二日目⑤ ルクセンブルク 市内観光 サン・ジャン教会

ルクセンブルク 市内観光 サン・ジャン教会

20150617_lu_eg1

ここは観光中に橋の上から見たし、近くにも行った。
広場では演奏も行われる。

20150617_lu_eg0

城壁から写真を撮る。

20150617_lu_eg2

昔は男性修道院だったが、今はカルチャーセンターになっているそうだ。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目④ ルクセンブルク 市内観光 衛兵!!

バスは旧市街の憲法広場に停まる。
ガイドのポールさんが案内してくる。

20150617_lu_1

一時間ほどである。坂の多いところである。
近くにいかなければ案内は聞こえない。

20150617_lu_5

旧市街、きれいな街並みだ。

20150617_lu_0

大公宮がある。
衛兵がいる。

20150617_lu_2

絶対に思った!!!
イケメンのお兄さんを優先的に配置している。
突然動き出したが、これもしんどい仕事である。

20150617_lu_4

ルクセンブルクは陸軍しかないようだ。
かっては中立だったが、ドイツに2度とも侵攻されている。
『必要は法律の外にある』
そう言う表現だったと思う!
今はNATOにも加盟しているし、ユーロ圏である。
優等生だろうと思う・・・・・・

20150617_lu_3

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目③ ルクセンブルク

ルクセンブルクは金融で有名である。
ルクセンブルク大公国で、立憲君主制をとっている。
人口は50万人ほど・・・・・
国旗は初めロシアかと思った。
汎スラブ主義の3色、赤・白・青が使われている。
意味は違ったが・・・・・・
13世紀の大公の紋章に描かれている、赤・白・水色の3色はルクセンブルク家の紋章に由来している。
その紋章は、銀と青の横じまに爪を立てて猛り狂う赤い獅子が描かれたもの。
オランダの統治下にあったため、オランダの国旗とよく似ている。

20150617_con0

統治下とい言葉が出て来た。
日本は、朝鮮半島・台湾を統治下に置いた!
微妙な言葉である・・・・・・
国旗はよく掲げられている。
愛国心を保つためなのか???

ルクセンブルグは城塞都市であり、北のジブラルタルと言われる。
ジブラルタルが南のルクセンブルク、と言われないのが辛いが・・・・・・
ブリュージュも北のベネチィアと言われる。
南のブルージュとは言われない。
本家とは差があるのか?????

20150617_con
憲法広場

ルクセンブルク語がある。
ドイツ・フランス・ベルギーと国境を接している。
池上彰と手嶋龍一の対談で、ここは3ヶ国を一瞬で訪問出来るとあった。
確かに何か所か、3ヶ所あるようだ・・・・・・・
金融で生きて行けるのはしたたかな国なんだろう・・・・・・

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る


 

2015年ベルギー 二日目② ルクセンブルク観光へ出発

ガイドは年輩の男性!
ポールさんという。
バスは快適に走る。
時々案内をしてくれる。
英語、スペイン語、フランス語の3か国語で話している。

20150617_res6

途中でトイレ休憩がある。
0.3ユーロ、金は要る。
おつりが出ない代わりにチケットが出て、2枚でレストランの清算時に相殺してくれる。
休憩場所の詳細は食べ歩き放浪記

20150617_res1

レストランになっている。
ここでイチゴとオレンジジュースを買った。
珍しく奥さんの眼がイチゴに行った。

20150617_res2


20150617_res3

20150617_res5

バスは3時間ほどでルクセンブルクに着いた・・・・・・
途中で思ったが、風景は一面緑である。
森の中を切り開いたところもある。
まわりは放牧地が多いのか。
よく牛を見かけた。
これを見ているとベルギーは豊かな国と感じたが・・・・・・・

20150617_bus1

途中に国境がある。
今は素通りである。
がガイドさんが、パスポートを開けたければ開けてください!
と言って笑わせたが・・・・・・・・
ドイツ人のことも言っていた。
この内容は書いて、忘れた・・・・

20150617_bus2

ムーズ川、フランス、ベルギー、オランダを流れ北海に流れる。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 二日目① ホテルからルクセンブルグツアー集合場所へ

今日はルクセンブルク観光である。
奥さんが調べて選んだ。
普通ならルクセンブルクにわざわざ寄らない。
ベルギーに来たから行く気になっている。
バルジ大作戦、バストーニュの戦いのバストーニュにも寄る。
これが決め手である。
これは行かなければならない!
ブリュッセルからルクセンブルクへの電車による日本語ガイド付きツアーもある。
が奥さんは費用の事も考えて選んだようだ。
英語ガイドである!

20150617_ag1

8時45分出発である。
集合場所はホテルのすぐそばである。
沢山の人間がたむろしている。
結局9時過ぎに係りの女性が、バス乗り場へ案内してくれた。
直ぐ近くである。
その時は100人ぐらいいたのではないか??
バスは、ブリュージュ行とルクセンブルク行に分かれる。
それでもバスは満席である・・・・・・・・

20150617_ag2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月17日 (水)

2015年ベルギー 一日目⑩ ブリュッセルホテル廻り散策

ブリュッセルホテル廻り散策
ホテル前は広場になっている。
沢山の人がいる。

20150616_sansaku2

散策していて面白かったところがある。
まずチョコレート屋が多い!
そこらじゅうにある感じである。
それとワッフル屋!

20150616_sansaku3


商品の陳列は1ユーロである。
トッピングが色々出来るようだ。全部1ユーロなのかは疑問であるが・・・・・・
帰るまでに食べたい!

ここで泊まったホテルがある。
「アミーゴ」 ★★★★★
今から考えると、今まで泊まったホテルの中で一番とは言わないが、
上位に来るホテルである。
懐かしさを感じる!

20150616_sansaku1

お土産物屋を見ていて、ハングルの文字の案内があった。
漢字は無い。おそらく中国・日本向けでは無い!
そう言う店もあるのだろう・・・・・

トイレの案内があった。
トイレの写真と、何か国語かの表示があった。
「トイレ」と漢字が面白かった。
漢字は中国である。
そう言う漢字と思ったら、これも面白かった!
漢字なので何となく分かる!

20150616_sansaku6

ギャルリーサンチュベール

20150616_sansaku4

ここのレストラン、パッサージュで食事をした。

20150616_sansaku5

魚のスープ、美味しかったです!!

夕食の内容は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 一日目⑨ ブリュッセルホテル廻り散策(小便小僧)

有名な小便小僧にも行った。
観光客は多い。

20150616_mann1

はじめて来た時、なんじゃいと思ったが、今回も同じである!

20150616_mann2

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー 一日目⑧ ブリュッセルホテル廻り散策(グランプラス)

グランプラス
懐かしいところである。
2000年、二郎は初めてのヨーロッパ旅行で、得に印象に残ったところである。

20150616_gr1

20150616_gr3

相変わらず賑わっている。
2000年6月は拳銃を持った警官がパトロールしていた。
欧州のサッカー大会がベルギーとオランダで開催されていた。

20150616_gr2


ここで食事したいと思った!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー(ワーテルローイベント)一日目⑦ ブリュッセル「HOTEL ibis」

HOTEL ibis。
今回はワーテルーイベント観戦の現地ツアーを選んだ。ホテルも旅行会社が選んだ。少し歩けば、グランパレスである!
懐かしいが・・・・・・・・

20150616_hotel1

3つ星ホテルである。
フロントもラフな格好である。
同じジャージを着ている。

20150616_hotel7

奥さんもジャージだ!

スタッフの対応は、若い女性で良かった。
最初英語だったが、奥さんが慣れているフランス語に変った。
スタッフもその方が良かったみたい・・・・・・・

20150616_hotel4


20150616_hotel3


テレビもクーラーも地元の様だ?
「韓国製ではない・・・・・」

20150616_hotel5

冷蔵庫もセイフティボックスも無い。
(セフティボックスはレセプションの横にあり、書類を作るとすぐ利用できました)
個別シャンプーなども無い。
タオルも2枚である。

20150616_hotel6

椅子もパイプ椅子に近い。
お茶も無いし、お湯も沸かせない。
今までが贅沢過ぎたのかも知れないが・・・・・・・・
奥さんは読みが良いのか、ポットを持って来ている。

20150616_hotel8

朝食の内容は食べ歩き放浪記

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー(ワーテルローイベント)一日目⑥ ブリュッセル空港

ブリュッセルの空港は細長い?

20150616_air_20

荷物を取りに行くのに、端から端まで歩いた感じがした・・・・・・
大丈夫かなと思ったら、同じように感じている人もいた。
我が家に尋ねた女性がいる。
奥さんが教えたが、スペイン語で話かけられた。
ようやく着いた感じ!

20150616_air_21

行く途中に車の展示があった。
やはりドイツに近いのか?
メルセデス、アウディ、BMWと並んでいる。
流石と言うべきなのか・・・・・・・・

20150616_air_22


その中でトヨタがあったのには救われる気がした!

20150616_air_23


20150616_air_24

ディスプレイは地元なのか、よく分からなかった。
がサムスンではないのが、ホッとする!

荷物を取り外に出ようとしたら呼び止められた!
やはりチェックがあるようだ!
若いたくましい男性がパスポートをチャックしてくれた。
「スピーク イングリッシュ?」
当然奥さんの方を示した。(情けないか?)
「ビジネス?」
「ホリディ」と返事した。
にこやかに送り出してくれた。

ホテルまではタクシーを使った。
オフィシャルなタクシー乗り場がある。
タクシーはメルセデス!
運転手は感じよくにこやかに対応してくれた。
無事にホテルに到着しました。
約45ユーロでした!

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー(ワーテルローイベント)一日目⑤ アムステルダムからブリュッセル

アムステルダムからブリュッセルまでは40分ほど!
ローカル線なのか???

20150616_air1


20150616_air2


最果ての乗り場に来た感じ。
バスで飛行機まで行く。

20150616_air3

快適なフライトである。

20150616_air4

ブリュッセル近くの上空で思った事がある。
ここの農地は見ていて楽しい。
長方形に整備されていない。
昔からこうなんだろうと思う。
見ていて楽しかった・・・・・

20150616_air5

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る


2015年ベルギー(ワーテルローイベント)一日目④ アムステルダム

オランダ、スキポール空港。
着陸前に空から地上を見る。
雲の中を飛んでいる。
見ていて楽しい!

20150616_pla1


初めてのヨーロッパ旅行がKLMでこの空港だった。
その時はもっとレンガ色の建物が多かったと思ったが・・・・・
進入路の関係があるのか・・・・・・・
農地が見える。
空から見るとよく分かる。
きれいに長方形に区切られいる。
区画整理がうまく出来ているのと思ったが・・・・・

20150616_pla2

20150616_pla3

無事に着陸!
相変わらずこの空港は広い!

20150616_pla5

が一番慣れている感じがしないでもないが・・・・・
ここのデスプレイはサムスンである。
但しロゴは目立っていない!

20150616_pla4

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー(ワーテルローイベント)一日目③ 出発 関空へからアムステルダム

アムステルダムへの便。
今までにないほど飛行機はすいている。
4列も全部空いている席もある。
放送で、飛び立ってから席の移動を行っても良いと!
飛び立つ時はバランスを考えて配置しているとの事である。
但し乗務員に連絡して欲しいと!!

4列使って横になっている人もいる。
我が家は追加料金を払って2列席をとっていた。
男性乗務員が後の席に一人移動した方が快適ですよ、と言ってくれ、奥さんが後ろ席に移動した。
おかげで楽になったようだ!
グジャグジャいわれくて済む!
奥さんは昨年この時期に、エジンバラに行っている。
機内食は一緒だったようだ・・・・・

男性の搭乗員が多いと感じた。
オランダ人なのか? フレンドリーで親切だ。
身体ががっちりしている。
少し早めに着いたので嬉しかった!

20150616_7

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー(ワーテルローイベント)一日目② 出発 関空で

関西国際空港。
利用客が多いと感じたが・・・・・・
ここで朝食を取る。
いつも通りである。
「さち福」
ビュッフェである。
874円である!
ここは気に入っている。
茄子のおひたしに、玉子掛けご飯が気に入っている。
たっぷり食べた!

20150616_2


20150616_5


早めに搭乗口に着いた。
いつも通りにメールをしまくって時間待ち!
少し早めに出発出来た。
これは珍しい・・・・・・・
ともあれ11時間のフライトが始まる!!

20150616_3


20150616_4

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年ベルギー(ワーテルローイベント)一日目① 出発 関空へ

6月16日からベルギーに旅行だ!
6時前に出発した。
昨日は最後の夜の仕事で遅くなった。
無事完了してほとんど眠らずに出発した。
高速フェリーで出発した。
観光客が多い。見れば電気炊飯器の荷物をほとんどの人が持っている。
2個もっている人も多い。
これが、『爆買い』と言うものなのかと納得した。

フェリーは順調に行くが、我が家はそうでは無い。
奥さんが今一である。
フェリーの中で倒れている・・・・・・・・
最初からこの調子である。どうなるのか????


20150616_1

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

2015年6月15日 (月)

6月13日土曜日 6・7月特別例会 桂南光独演会

たまたま検索で見つけた落語である。
桂南光なので行く事にした!
楽しい落語だった!
奥さんが笑いまくっていた!
ここ姫路では3回目の様だ。
最初に主催者が挨拶した!
その説明と、会員の募集である。
ホールは300人強で満席である。
神戸朝日ホールのように横に広くなく、舞台を直で感じれる。
米朝師匠が亡くなり、その米朝の名前を出す小噺も楽しい。
「姫路の酒は上手い!」
とのリップサービスもあった!

20150615_nanko
桂 團冶郎   桃太郎
桂 佐ん吉   堪忍袋
桂 南光    骨つり
中入り
桂 米左    禁酒番屋
桂 南光    素人浄瑠璃
最初は我が家が落語に行く時の、常連である桂團冶郎! 
いつもの仕事が携帯電話の電源を切るお願いをすることである。
ただ、携帯を開けて赤いボタンを押して電源を切るようにお願いするのはどうかな?
二郎のは赤いボタンが無いが・・・・・・
南光の独演会なので、前の落語家が次はお目当ての南光師匠ですと、持ち上げる!
みんな笑えて面白い!
奥さんは、桂佐ん吉が面白かったようだ!
骨つりの小噺が面白い!
最初から、えらい女性の話が多い。
米朝師匠の芸者遊び。
芸者3人で200歳!大笑いである!
打ち上げに飲みに行く。
値段を言う人がいる。座っただけで3万円!
おちおち座って飲んでいられない。
中腰で飲む!
このホールは小さいので南光の顔がよく見える。
南光の表情が良い!
七色仮面か?多羅尾伴内か?
南光節と言うか、喋り方が面白い!
番頭、古女房、隠居の爺さんとか使い分けが楽しい!
女の話が終われば、骨つりに入る。
やたらと女の話が多いわけである!
釣った魚の長さで、金が貰える。誰でも張り切る!
自分が釣れたと言う!
そりゃ大きい!
が針が花に入っていないのでダメ!
骨を釣る!
その骨の主が夜中にお礼にくる!若い綺麗な女性である。
柳の下にドジョウは2匹は居ない!!!!!
桂米左は拍手が起こるぐらい、飲むのが上手い!
徳利を開ける音、こくこくと酒を注ぐ音!
何とも言えない!
酔っ払いもさまになっている。
本当に酒が好きなのではないか??
初めてだったが大変面白かった!
トリが、素人浄瑠璃!
マア面白い!
素人が浄瑠璃を皆に聞かす!
誰も聞きたくない!
これが二郎ならそこで終わる!
が大家である!
貸している部屋の住人達を読んで聞かす!
知らなかったが、浄瑠璃と言うものは長いようだ!
時間がかかる!
皆理由を作り居ない!
番頭が居なくなった人間の理由を説明する。
メチャメチャ面白い!
がんもどきの作り方を説明する。
毎月妊娠している人もいる。
結局居るのは番頭一人である。
番頭一人、番頭は健康で何の理由もない!
泣きが入るが、面白い!!!!
大家が怒り、全員出て行って貰う!!!
そんなに聞きたくないのか?
皆聞きたいと言うからやっているのだ!!!
全員戻ってくる。
が、大家にも意地がある。
「ワシも一回やらないと言ったからには、やれるか!」
番頭が言う。
「そんな事言いはったんですか?」
「番頭が聞いてないなら、ワシも言ってないな!」
メチャメチャ面白い!
姫路の客には大うけの様だ!
今日は大変に楽しめました!
奥さんも笑い過ぎていました・・・・・・・

2015年6月12日 (金)

本・なにがおかしいのか?朝日新聞・古森義久

異常な安倍政権叩き、慰安婦問題の誤報、「普通の国」化の妨害、中韓の代弁役、
なぜ日本を不当に貶めるのか?朝日新聞の常識は、世界の非常識。

20150612_book1

これだけ朝日新聞も叩かれれば、少しは変わるのだろうか?
何か無理みたい!
著者の本は何冊か読んでいる。
右かかっているとは思わないが・・・・・・
日本は拉致被害の件で、国益と数人の拉致被害者とどちらが大切か?
と言った人もいるようだ!
国民の事を考えているのか?
イスラエルと違うなと思った!

慰安婦報道の誤報を認めた!
よく分からないが、この吉田調書を無条件に信じたのか?
裏も取らずに信用し、採用した!
それは問題である!
誤報を何十年と認めずに、韓中に好き放題言われている元である。
日本の知性を代表している?????
そう思っているのだろう!
読売新聞に次ぐ部数である。
不買運動がよく起こらないと思う!「知らないだけかも・・・・・・」
著者も良く書いたと思う!朝日には嫌われていると思うが・・・・・・・
①   日本が嫌い。日本の国益は考えない・
②   日本の防衛には反対。中国の軍備は賛成か?
③   中・韓・反日を援護する思想警察。
④   報道方針と合わなければなんでも叩く。
⑤   オリンピックの東京開催に反対。
⑥   愛国心は徹底排除。
⑦   悪法を護り改憲に反対。

実際そうなんだろう!
海外向けの放送は、利害の反する国の主張も公平に伝えてこそ、その放送は権威あるものと認められる。
『国民を誤った情報で惑わさないように指導するのが正しい!』
と言って都合の悪い記事は検索できないようにしている国もある。
国民を正しい方向に導いているとなるのか!
そうなると下記のような話にもなる。
『日韓が領有を主張している竹島。』韓国は一方的に主張しているようだが・・・・・・
『日中がともに領有を主張する尖閣諸島』
中国は沖縄に対する日本の領有権を認めていない。
著者の嫌味がある。
『日中がともに領有を主張する沖縄』
最近になるが、一介の知事がアメリカに何をしに行くのかと思う!
沖縄のことしか言わない。たかが知事に誰が相手してくれると思っているのか?
この知事は本当に政治家かと思ってしまう!
世界にはもっと苦悩している地域もある。
沖縄なんか恵まれていると思うが・・・・・・
又、琉球王国(人民共和国)の住民投票があるのか?
朝日新聞が煽るだろう!!

韓中との摩擦を恐れる為に、ねつ造がまかり通る!
これだけ並べられても反論は無いようだ!
好きなと言うか信頼できる学者がいる。
谷岡一郎!!!
朝日新聞の世論操作のアンケートのテクニックがある。
当然誘導しているし、結論を素直に記述しない!
谷岡一郎ならアンケートにより望む結果を誘導出来るだろうと思う!
チョッと頼めばようと思うが!

朝日新聞は強いリーダー嫌いなようだ!
鳩山・菅が好みなんだろう!
自分たちに都合がよいのか??

慰安婦報道がある。
これだけの誤報を発しても、著者言うが懲りていないようだ!
「朝日新聞を糺す国民会議」 渡部昇一が議長か?
昔から批判し続けている。
が渡部昇一も相当な支持者がいるし、知識人として認められている。
うかつに手を出せないのか?
かって同和問題で、授業を邪魔された経験があるようだ!
誤報により毀損された日本人の名誉を、朝日新聞を糺すことにより回復することを目的とする。
「あらゆる手段と方法で朝日新聞と戦い、勝利し、朝日新聞を打倒し、日本人の名誉と誇りを取り戻す」
朝日新聞も大したものである!

安倍政権!
極端な右翼化??
それとも普通の国??
『安倍政権打倒は朝日新聞の社是」
本当かいなと思うが・・・・・・・・

安倍叩きがある!
例が並べられている・
メチャメチャ面白いと思うが・・・・・・・
こうなると朝日新聞はどんな政権を求めているのかと思う?

『夕刊 素粒子』
このコラムを批判している。
あまり賢いとは思わない・・・・・・・・・
北朝鮮の世襲と、日本の国会議員の世襲を同列に扱っているようだ。
小泉純一郎の息子。
岸信介の孫の、安倍晋三。
選挙で一応の洗礼は受けている。
直ぐに粛清される国とは違う!
瀬島龍三が亡くなった時のコラムも凄かったようだ!
小沢一郎を褒めまくっていた時期もある。
朝日新聞は読まないので分からないが、分からないで良かった!!!

最後の章が、若宮主筆の偏向になる。
何でも日本が悪い!
悪かった!
日本が嫌いなのか?
韓中の肩を持つようだ!
靖国問題もある。
いずれも日本に非がある記述をする。
日本の知性である?????
朝日新聞は読んでいない!
もう読まないだろう!!!!

2015年6月11日 (木)

本・バブルの歴史④・エドワード チャンセラー・アメリカ・日本のバブル

第8章が、カウボーイ資本主義  ブレトン・ウッズからマイケル・ミルケンまで
1964年、トルーマン大統領は「穀物価格が、市況商品市場の先行きを材料に賭けをする投機家の貪欲によって動かされるようであってはならない」
穀物の投機家を「不幸の商人」だと批判した。

現代は金融革命なのか?
インターネットで株式が家庭に進出している。
1日1000回取引する人もいる。
金融派生商品革命!
派生商品を胡散臭いと見るのは、各国の政府が何度も禁止しようとしたことでも分かる。
が自由主義経済論の新時代には、これは最先端になる。
金融工学と言う!
数式を並べる。黄金比も入るのか?
それで説明されてもほとんど分からない!
勧める金融機関の人間も分からないと思うが・・・・・
が、実績の儲けを見せられると信じやすくなる!
この辺りは、悪い頭では理解の外にある!
しかし、ヒラリー・クリントンは儲け過ぎるぐらい儲けていたようだ!
ジャンク債がある。
具体的には格付け機関が行なう格付けにおいてダブルB以下に格付けされた債券を指す。
ハイイールド債は、一般的に信用格付けが低く、元本割れが発生するリスクが高い分、利回りは高く設定されている。
投資資金を回収できず失う可能性が高いため、ハイイールド債は投資に精通したプロ向きの債券と言える。このハイイールド債を使って最も成功したのが、ジャンクボンドの帝王と言われたマイケル・ミルケンだそうだ。
この辺りは複雑すぎてよく分からない!
マイケルミルケンも起訴され、その名声は地に落ちた。
この本はそこまで記述されているが、その後を調べると、地獄から這い上がったと言われる。
良く言えば、不死鳥の如くよみがえった・・・・・・・
2007年の資産は21億ドルと言う。
この87年の暴落を数字に強い二人の学者が分析した。
このような暴落は、10の160乗に1回に過ぎない!
要は2度と起こらないという計算の様だ・・・・・・・・
又起こるだろう・・・・・・・・
投機、投資とは恐ろしいものである。

第9章が、日本の神風資本主義 
1980年代の日本のバブル経済とある。
その当時立花隆の本を読んだ。
日本の株の値打ちについて、そんな馬鹿な話は無い!おかしいと言っていた!
これを会社の嬉しそうに株をやっている人間に言ったところ、立花隆が間違っている!
そう断言したアホがいた!
直ぐに暴落した!
本人はそんな事を言った事も忘れていると思うが・・・・・・・・
この本にあるが、NTTの時価総額が50兆円を上回り、1社だけで西ドイツと香港の株式市場の合計を上回った!
バスに乗り遅れるな!
借金をしてまで次のNTTの株を買う!
そんな時代があった!

まだ大丈夫!!!
国がほっておかない!!!

自分の都合のよい事しか考えない。
「人は見たいものしか見ない!!!」
1995年に、野村証券は日経平均が8万円を超えると予想したようだ!

2015年4月で、2万円をようやく超えた!
今は2万1千円まで行くと予想されている。
今が買い時です!!
今しかない!!

金融機関も大変である。
最近藤巻健史の本を読んでいる。昔から読んでいるが・・・・・・・・
ハイパーインフレ一直線であると言う!
異次元の規制緩和と言って、100円単位の値動きで右往左往しているのは、バブルの崩壊前では無いのかと思ってしまう!
この本にある黒いチューリップの話から、現在に至るまで何度もバブルははじけている。
今回は大丈夫という保証は無い!

プロシア宰相ビスマルク!
「賢者は歴史に学ぶ!具者は体験に学ぶ!」
これだけバブルの崩壊の歴史がありながら、又同じ事になりそうに感じる。
何年か先に、中国・韓国・日本と話題になるのか?????
株価なんてどう動くか分からない!!!
そんな事は無い!と言う金融機関の担当者も多い!
黄金比を持ち出してきた担当者もいる!
しからば、浪速の料亭の女将はどうなのか??
分からないから、勝ち馬に乗るのではないのか????
占い師にも頼る!
稲川会の石井進。経済やくざと言われた!
企業も本業よりも株で儲けている時代があった????

「バブル経済は大蔵省と、日本銀行によって仕組まれたものである。」との声もある!
土地・絵画に群がり、値打ちも分かっているのか分からないが、最高金額で絵画を買う!
大昭和製紙の社長もいる!当時史上最高落札額の8250万ドル(当時のレートで約124億5000万円)で、競り落とした。
カジノで賭博に興じるために複数の子会社から個人的に巨額の融資を受けていと言われる、大王製紙のバカ息子!
製紙会社は儲かるのか???

野村証券では「回転商いで絞り取れ」が不文律だったと言う!
今も変わらないと思うが・・・・・・・・
もっともどの金融機関も同じと思うが・・・・・・・・・
読んでいると、今のアベノミクスも危ない感じが漂う・・・・・・

第10章があるなら、リーマンショックになるのだろう!
これは読みたかったが・・・・・・

エピローグ  経済学者の暴走
ソ連邦解体後、投機が脚光を浴びる時代なったと言う。
資本が自由に世界を移動する。
「株式市場には魔法のような力があり、国民が国の経済政策に関心をもつようになる」
単に株価の上がり下がりを見るだけではないかと思うが・・・・・・・・
効率的市場仮説の支持者は、通貨危機が起こるのは、政府の政策に間違いがあるときだけである。
そうでは無さそうである!!!
「金融派生商品は金融危機をもたらすダイナマイトと同時に、危機を国際的に波及させる導火線でもある」
「サブプライムローン」もそうなんだろうと思う!
実際に爆発した??
実際の例が多く記述されている。
嫌になりそうである!

しかしワタクシ目を入れて、一般の人は分からないだろう!
何かあればそれに対する理由が付けられる。
『結局のところ、錬金術は金属の世界であれ、金融の世界であれ、失敗する』
地道に働くのが一番なのではないかと思う!!!!

2015年6月10日 (水)

本・バブルの歴史③・エドワード チャンセラー・新しい技術

第5章が、迅速な通信の手段1845年の鉄道狂を扱っている。
18世紀後半から通信・交通の分野で本格的な革新が現われるようになった。
運河・鉄道・自動車・ラジオ・飛行機・コンピューター・・・・・・・
最近では新しいエネルギーがそうなんだろうと思う!
この章はイギリスの鉄道熱を扱っている。
しかし読んでいて思うが、当時の先進国たるイギリスでもバブルがあった?
いや先進国のイギリスだからあったのか?
国内で運河を掘り水運が開ける。
それに鉄道ができ蒸気機関車が席巻する。
最初は日本と同じで、音・煙で人体や動物に多大な影響を与えるとして反対が多い!
が全国に鉄道網が引かれる。
金が要る!
鉄道王と呼ばれる人が出て来る。
株価を上げなければ資金が集まらない。
騙しみたいなものである!

イギリス以外の国は鉄道投機が暴走する危険を避ける方法を取っている。
プロイセンは鉄道投機が起こった時、直ちに抑え込む手段を取り新線の認可を拒否した!
フランスは工兵隊が路線を決定し、入札により民間業者に任せた。
ベルギーは政府が鉄道の建設と運営に責任を負う方式が取られた。

ビルゲイツが「ゴールドラッシュは猛烈な投資を引き起こす事が多い。一部は成功するが、熱狂が終わって振り返ったとき、失敗に終わった企業の山をみて頭をひねる」
『何を考えていたんだ』『熱狂だけでここまで馬鹿なことをしたのだろうか』
今の日本の株価がそうなのかと思ってしまうが・・・・・・・・

第6章が、「誤魔化され、魔法をかけられ、悪魔に取りつかれ」 金メッキの時代の投機
1980年代の後半になる!
警句じみた話が並んでいる。
アメリカ人は投機を好むと言われる。
未来志向の国であり、将来が良いものになると信じている。
リスクを好む傾向は極めて強く、金持ちでも現在の境遇に満足せずに、さらに上を狙って賭けに出ようとする。
アメリカの性格は、投機の国と言える!

マークトゥイン、
「卵はひとつのカゴに盛るな!」分散投資の事だろう!
だから「卵はひとつのカゴに盛り、そのカゴをよくよく見守れ」集中投資の事か?

『人生には投機に手を出すべきでは無い時期がある。投資に回せる金が無い時期と、金がある時期だ!』
『投資機会を見つけ出せるのはたいてい、機会が無くなってからだ!』

なにかマーフィーの法則を読んでいるみたいである!
ここでも鉄道の話がある。
アメリカは広大である。
読んでいて思うが、上手い話には裏、嘘・詐欺(?)がある。
逃げ切っている人間もいるが、一般の自分は賢いと思っている人は損をしている???
『金メッキ時代』上手い言葉である!
要は外見に騙されていると言う事なのか??
空売りでもなんでも切り抜けなければならない!
アホほどもうかる話は、眉唾物である!

第7章が、新時代の終わり1929年の大暴落とその影響になる。
20世紀になる。
1929年に株価は一段と高い高原状態にしっかりと定着した?
この時期は新しい特許も多かったようだ。
経営も科学的なっている??
禁酒法の利点がある。
「家具・自動車・楽器・ラジオ・旅行・保険・教育・書籍」に需要が移る???
「恐怖のない新時代」
『株式を相場の頂点で買ったとしても、投資した金額を取り戻せる時期が必ずくると予想できる』
投機熱が再燃する。
将来を見込んで投資するようになる!投機か??
『現在の適正な利子・配当収入を犠牲にしても、将来の値上がり益期待して証券を買うのは、投機そのものであって、投資ではない。現在の安定を犠牲にして、将来の偶然にかける物だから』
今の金融機関の担当者そのままである。
良いのか悪いのか?株も買いやすいようなルールになる。
営業担当者にはノルマが課せられる。
この時期はラジオ・自動車・映画等の産業が伸びたようだ。
GMは10倍に跳ね上がっている。
当然警告がある。
『歴史繰り返す傾向があり、投機の行き過ぎが必ず相場下落の行き過ぎと苦痛をもたらすことを教えている。投機のお祭り騒ぎが広がり過ぎれば、やがて訪れる暴落は投機家に打撃を与えるだけでなく、経済全体の恐怖をもたらす!』
暴落は突然訪れるのか?
まだ大丈夫だ!
言う事なのか?信じたくない事は信じない!
「投機と信用が限度に達し、再び景気循環が猛烈な勢いであらわれ、永久運動機関は逆方向に回転しだし、新時代は過去のものになる!」
アベノミクスも大丈夫なのかと思ってしまう!

本・バブルの歴史②・エドワード チャンセラー・南海泡沫会社

第3章が、忘れてはならず、許してはならない南海の愚挙
フランスのニシシッピ―計画がある。
これも眉唾だったようだが、これに刺激されてイギリスも同じような物を造る。
高名な南海会社の話になる!
世の中が一段落して平和になる。
閑になれば欲が出て来る。
自分も儲けたいと!!!
仕組みが分からない。
単純ではない!各種の年金型国債を株式に転換する。
要は株価が高い方が良い!「当たり前の話だが・・・・・・」
計画の成功は、国債保有者と投資家を騙せるかにかかっている???
手口が記述されている。素人には分からない!!!
現在人でも引っかかる???

事業内容も面白い!伝説もあるようだ・・・・・・
鉛から銀を抽出する事業
頭脳用空気ポンプ事業
性病治療
人間の髪の毛の売買
眉唾物である・・・・・・・
良く信用する気になるなァ~と!
国王から一般人まで、科学者・政治家と言い、欲の皮が突っ張っている!
ニュートンも儲けて、結局損したようだ!
女性投資家の例がある。ぼろ儲けしている人もいる??
儲けた人はいる。
売り逃げと言うのか、冷静だったんだろう!
日本のNTT株の放出と同じで、買わな損や!
国が保証している????
自信のない物には手を出さない事なのか!

第4章が、愚か者の黄金1820年代の新興国
イギリスに、1821年ありもしない南米の国から移住の話が持ち込まれた。
国王を名乗っていたのは、スコットランド人のようだ。
この詐欺師は資金を持って家族とフランス逃げた・・・・・・・・・
「新興市場」「新興国」への取引が盛んになる。
「第三世界」「後進国」より「新興市場」は投資先として魅力的に聞こえる????

南アフリカ・メキシコの鉱業株等がある。
鉱山もイギリスの技術力を持ってすればもっと生産量があがる???
結局鉱業会社は失敗する。
「投機の対象になった国についての無知と言う」

国内の企業もある。
「首都圏海水浴会社」
ロンドンまで海水を運び、保養地まで行かずに海水浴の効用を得られる。
(海水を運ぶのだから鉄管では直ぐに錆びる。SUSなら高額である。ちょっと考えただけで無理であるが・・・・・)
「ロンドン傘会社」
傘を持ちあるかなくても良いように、少額で傘を借りれる施設を造る。
「首都圏漁業会社」「ロンドン質会社」「ロンドン安全共同墓地会社」
面白い話である!

景気の上昇局面では、繁栄がいつまでも続くと思われる。
投機が行き過ぎになり、投資家を鴨にする詐欺が増える。
「だれでも、幸せなときほど、信じやすくなる」
危機が終わると金融機関は過去の愚行と損失を忘れて明るい未来を夢見て、愚かとしか言えないほど信じやすくなる!

10年間隔でブームと危機の循環があるとの説もある。(これは信じれる!)
今も全然変わっていないのか!

2015年6月 8日 (月)

本・バブルの歴史①・エドワード チャンセラー・チューリップ投機

チューリップ恐慌からインターネット投機へ
2000年に発行されている。
20世紀に記述されている。したがってリーマンショックは記述されていない。
記述して欲しいが・・・・・・・・
最初に読んでいる。
がその頃はそんなに真剣に読んでいなかったかもしれない。
今回改めて読み直した!
簡単にローマ時代からの歴史が記述されていて、チュ-リップ恐慌の話になる。
それから日本のバブル崩壊になる。
言い方は悪いが、大変面白い!

20150608_book1

人間の本質なんて変わらない!
内容は下記の通りである。
プロローグ  遅れた者は悪魔の餌食
第1章  このバブルの世界  金融投機の起源
第2章  エクスチャンジ通りの株式取引  1630年代の起業熱
第3章  忘れてはならず、許してはならない南海の愚挙
第4章  愚か者の黄金   1820年代の新興国
第5章  迅速な通信の手段 1845年の鉄道狂
第6章  「誤魔化され、魔法をかけられ、悪魔に取りつかれ」 金メッキの時代の投機
第7章  新時代の終わり  1929年の大暴落とその影響
第8章  カウボーイ資本主義  ブレトン・ウッズからマイケル・ミルケンまで
第9章  神風資本主義   1980年代の日本のバブル経済
エピローグ  経済学者の暴走
第1章が、このバブルの世界 金融投機の起源でチューリップ投機の話がある。
1630年代のオランダは、投機熱が爆発しやすい条件が整っていたと言う。
禁欲主義が守られなくなって来ている????
チューリップは、オスマントルコに、神聖ローマ帝国の大使として赴任した大使が持ち帰ったようだ。
トルコはエライ!!!
コーヒーと言い自国が起源だと言っていない????
言っているのかもしれないが・・・・・・・
オランダは土地が狭く、花壇に植える花としてチューリップは適していた。
チューリップにもランクがある。名前もある!
最高が黒いチューリップ??
実際に黒いのかどうか知らない?
真っ黒と言うのは無いようだが・・・・・・・
取引の方法が記述されている。
かなりいい加減に感じるが・・・・・・・
「投機家は自分は他人より偉いと思っている!」
投機の熱狂が終わると、投機家を代表する人物が世間のさらし者になり、資産を奪われ刑務所に行くようになる。
しかし投機の精神は、権威の否定・宗教の否定・上下関係の否定であり、自由を求め通説を嫌い、制限を嫌悪する!
しかしたかがチューリップではないか!
なければ生活出来ない事は無いと思うが・・・・・・・
個人的意見!
時計も1000円から、何百万もするロレックスがある。
あまり違いは感じないが・・・・・・・
まわりにも好きな人が多い!
そう言うもんなんだろう・・・・・・・
第2章が、エクスチャンジ通りの株式取引  
1690年代の起業熱ということで、チューリップから30年ほど後の世界である。
当時ブローカーは、周旋屋かポン引きを意味したようだ。
そいう中で、株式仲買人・取締役・応募・引き受け・ブッド・買い付け選択権の言葉が知られるようになる。
1690年には道徳には目もくれずに私利私欲を追及する新人類が登場した。
1960年の間違いかと思ったが・・・・・・
株式の売買をする常設取引所が出来る。
いろんな新会社、特許が出て来る。それに投資(?)するようになる!
読んでいると眉唾物である。
現在も変わらないと思うが・・・・・・
言わいる、株のチャートを扱うようになる。便利になる。
アダムスミスが宝くじの購入を「リスクを軽視し、根拠なく成功を期待する」例として挙げ、これが人間に共通の傾向になっている。
1690年代の投機家も同じと言う!
投機がいつの時代にも変わらないのは、人間の性格が変わらないからと言う。
貪欲、利益を得たいという欲求は、どの時代・地域・どの人にも見られる普遍的な感情と言う!
損失の恐れ、隣人を真似する傾向、群衆のだまされやすさ、賭博の心理も同様と言う!
面白い話があった。
1690年代には婦人の頭飾りの高さに比例して、株式相場は上下する。
1920年代は、スカートの丈と株価の関係が注目された。
要は誰も自信を持っていない!!!!!!

2015年6月 7日 (日)

宮本武蔵生誕地 揖保郡太子町宮本 

パンフレットを調べると下記のようだ。
宝暦12年(1762)に書かれた地誌【播磨鑑】に当時、宮本武蔵が太子町宮本村で生まれたと記されています。
また、晩年の武蔵を知る唯一の史料、自筆「五輪書」に武蔵が自ら「生国播磨の武士・・・」と記載をされています。
残念なことに、宝暦年間の大火災にて村の大半が罹災し、武蔵に関する資料・古文書・系図等の大部分が消失。
さらに、明治20年におきた再度の大火災により、総ての史料・古文書等は灰となってしましました。
現在、武蔵生家跡として言い伝えられた場所には、古井戸が残っているだけです。

宮本武蔵生誕の地は3ヶ所の候補地がある。
(まだ3つだから良い。官兵衛の生誕地は近江木之本?播磨黒田庄?。まだ日本各地には、徐福伝説に邪馬台国もあるようだが・・・・・・・・・)
岡山県美作市大原、高砂市米田町、揖保郡太子町宮本である。
そのうちの一つがここ、揖保郡太子町宮本である。
3ヶ所のあと2ヶ所は美作市大原と高砂市米田町にある。全部行く予定である。
姫路に所要があり、そのついでに太子町まで行った。

千種川から石海神社へ入ったが、川べりに案内がある。

20150523_taishi_01

20150523_taishi_02

石海神社のまわりに史跡は固まっている。
祭神は舎人親王(とねりしんのう)。創立年月日は不詳とある。
公園には案内書があり、自由に持って帰れる。
駐車場付である。

20150523_taishi_03

20150523_taishi_04

20150523_taishi_05

「宮本武蔵生誕の地」碑がある。
何でも造りゃいいのかと思ってしまうが・・・・・・・・・
が、何も無ければ無視されるのか??

20150523_taishi_15

20150523_taishi_07

あまり関係ないと思うが、力石?がある。
力石には、重さが刻印されている。

20150523_taishi_08

20150523_taishi_09

公園の西側で奥さんが見つけた。
『武蔵産湯井戸』
明智光秀にも同じような史跡がある。
光秀も生誕地は何か所かあるようだが・・・・・・
上に滑車がある。

20150523_taishi_11

20150523_taishi_13

20150523_taishi_14

荒神さんの境内の無残な傷跡を残した椋樹があり、全てを見ていたと!
再度の大災害を物語っていると言う。
修復はなされているようだ・・・・・・

20150523_taishi_16

20150523_taishi_17

武蔵の幟が立っている分けでは無いし、静かなものである。
何年か前の大河ドラマで宮本武蔵をやっていたが、その時も本家争いがあったようだ。
吉川英治で美作が有名になっている。
宣伝の差なのか??
武蔵が語っていると言うが。生まれたところを武蔵は認識しているのか?
誰かに聞いて知っている。
それは両親なのか?
いずれ身近にいた人だろう・・・・・・・
あまりあてに出来ないのではないかとも思うが・・・・・・・・
ここも古文書が焼けたと言うが、内容は伝承だけで何が書かれていたのかは分からないのではないか?
それで主張するのは、やはり問題が多いと思う!!!

2015年6月 6日 (土)

本・秀吉の出自と出世伝説・渡邊大門

卑賎の出身、異様な容姿、残虐行為、謎の出世譚―史実と伝説の間で揺れ動く、天下人の「闇」のベールを剥ぎ取り、「人間秀吉」の生涯に迫る。

20150606_bok1
著者の本で、読み忘れていた本である。
もっとも新書本である!
やはり面白い!
確かな資料が無いので、分からないことだらけみたいである。
その中から推測する!
分かっている事は、下記のようだ!
①   貧しい百姓の息子であること。
②   若い頃、薪拾いをしていたこと。
③   非常に厳しい生活を強いられ、乞食のようであったこと。

出生、出自の推測がある。
それぞれに真実があるのだと思う!
生年月日なんて正確には分からないと思う!
だいたいでしか覚えていないのだろう・・・・・・
父も「筑阿弥」「弥右衛門」????
よく分からない!
竹中半兵衛の息子があらわした「豊鏡」がある。
ここに「あやし」の民???
の出身とある。父母の名前も分からない。
「あやし」とは、「賤」の字をあてる。
卑賤の出自と言う説もあるようだ。
百姓ではないようだ!
連雀商人説がある。
商品荷物を「連雀」と言う背負い運搬具にくくり付けて行商する。
木綿針を購入して売り歩いた話もある。
こいう話からは、差別民の事に触れなければならなくなる。
露骨に記述は出来ない。
すれば問題になる。なる方がおかしいと思うが・・・・・・
家康もそう言う説がある。
著者が自然な形で考えると言う。
キーワードは「非農業」「卑賤視」「商人」「職人」と言う。
大変な上昇志向があり、努力したのは間違いないと言う。
著者らしく、分析も納得させるものがある。
読んでいて楽しい!
秀吉の指は6本あったと言う。親指が2本に分かれるようだ。
これは珍しくは無いと言う。
現在ならばすぐに手術できるが、神経が複雑に交じっている。
単に切断すればよいと言うものではない様だ!
異様な容姿と性格と言う!
野心家であり、その野望が諸悪の根源となしている。
残酷で嫉妬深く、不誠実な人物、欺瞞者、虚言者、横着者である。
本心を明かさず、偽ることが巧みで、悪智恵に長け、人を欺くことに長じていることを自慢している。
どんな人間なのかと思ってしまうが・・・・・・・
見せしめの為に皆殺しもやっている。
城攻めも、見方の被害は少ないが、敵方は相当殺されている。
嬲り殺しの様だ・・・・・・・
やはり残虐な人間なんだろう!
ここで中国大返しと、美濃大返しの話がある。
本能寺と賤ヶ岳である。
この検証は読んでいて辛い!!!!
ロマンが無くなる。
そんな超人的な話ではない様だ・・・・・・
またまたロマンが無くなる!
羽柴と豊臣の姓を家臣に与える。掌握術の一つのようである!
与えられた方は迷惑か?
蒲生氏郷が、蒲生と郷の字を家臣に与えまくって、前田利家にたしなめられた話は知っている。
秀吉の吉!
大谷吉継、田中吉政、大友吉統、堀尾吉晴がいる。
秀吉の秀!
宇喜多秀家、徳川秀忠らがいる。
晩年の秀吉。
淀君との間の子供は???
誰の子供なのか?
秀吉も了解したうえでの不義密通なのか?
だいたい10カ月前に一緒にいなかったようだ・・・・・・
日本は養子制度がある。
かなり家系もいい加減なものなのかと思ってしまうが?
朝鮮出兵、秀次の処刑等おかしいのは事実と思う!
最近よく読む、渡邊大門の本である。
確かに、いろんな説を出して検証している。
否定されるほうが多いようだが・・・・・・・

2015年6月 5日 (金)

本・考証 宮本武蔵・戸部新十郎

古今無双の剣豪か?実力下位の者としか戦わなかった売名家か?評価が二分する宮本武蔵。しかし、生涯不敗であったことは事実らしい。晩年には「五輪書」を著し、剣聖の名をほしいままにする武蔵だが、果してその実像は―?実力派歴史作家が、長年の研究をもとに明らかにする、剣聖武蔵の全貌。

20150605_book1
最近、渡邊大門の本を続けて読んだ。
真田に宮本武蔵である。
ならば、又真田に武蔵巡りをやりたいと思った。
と言う事で武蔵関係である。
かって読んで面白かった本である。今また読み返している。
著者の本はよく読んでいる!
生国の候補地、高砂市米田は登場しない。
美作と播磨太子は出て来る。
平福も登場する。平福は間違いなさそうである。
戸部新十郎は、剣客に詳しい。
まず武蔵は名人か?非名人か?
これに直木三十五、菊池寛、吉川英治が登場する。
文壇の巌流島の対決とも言う。
吉川英治言う。
『武蔵の史実は、たかが、六・七十行に要約されるだろう』
実際そうらしい。
直木三十五への回答が「宮本武蔵」と言う!この吉川英治の武蔵像の影響が大きい。
親父なんかも、この本は好きだった。
面白いから読め!
と言われて読んだが、全然面白くなかった。
と言う事で、武蔵のイメージは他で理解した。
この戸部新十郎・司馬遼太郎・新宮正春と言うところである。
武蔵は強かったのか?
その評価がある。
これは面白い!
当時の剣客の名前が沢山出て来る。
柳生流、直新陰流等名だたる流派がある。
直木三十五は、武蔵はこれらの名人と戦っていない。と批判している。
逆に言えば、これらの剣客は、どんな名人と戦ったのか?
要は、真剣試合等なかなか出来ない。
挑んでくる方は失うものは自分の命だけである。
勝てば栄達が待っている。
挑まれる方は負ければ、全てを失う。
他流試合等出来るものではないと言う!
柳生流も他流試合は禁止である!
要は、著者の言うように、名人の方が武蔵を避けた!!!!!
 
この武蔵の強さを表わす話がある。
渡辺幸庵と言う!
非常な長命で、柳生流、柳生但馬守の弟子で免許皆伝とっている。
この人が武蔵と但馬守を比較している。
碁は知らなかったが、碁に例えれば井目の差がある。
石を9つ置くようだ。
プロでは初段から9段まで3子置くかどうかという!
9子と言う事は、プロとアマの差である。
それほど強いと!
この話はよく出て来る。司馬遼太郎も記述している話である。
生まれから修業、対決が記述されている。
吉岡一門との対決!
これも良く分からないようだ!
肝心の武蔵がこの対決を記述していないようだ。
決定的な対決である。
自慢しない方がおかしいのでは??
吉岡良く分からない。
何を信じるのか?
関ヶ原の合戦は西か東か?
吉川英治の影響がある。西軍・宇喜多秀家に属していると言う!
これが信じられている。
だいたい武蔵がどちらか書かないのがおかしい。
西の関ヶ原なのか?
九州、黒田官兵衛に属したのか?
どうも九州が強そうである!
直木三十五が武蔵を批判しているところで、富来城での出来事を記述している。
富来城は国東半島である。
九州なのか?
巌流島の決闘!
これも良く分からない。
佐々木小次郎も良く分からない。
年齢も分からない。
みな想像である!
エピソードと言うか異説が沢山ある。
まだ生きている小次郎を武蔵の弟子がなぶり殺しにした。
勝ったのは武蔵と言う事実は変わらない!
読んでいて面白いが、どうなのかと思う!!!
晩年はあまり面白くない・・・・・・・
読み返してみたが、大変面白い本でした!!!!

2015年6月 4日 (木)

本・我愛羅秘伝・岸本斉史・小太刀右京

原作のその後を描く秘伝シリーズ第5弾!! 風影・我愛羅の物語!!
テレビの中忍試験が砂で行われていた。
ここで陰謀がある。
砂、風影への反乱である。
砂もややこしいところと思った。
砂漠であり、昼は暑く、夜は寒い!!!
過酷な国である。

20150603_naruto

我愛羅の姉、テマリがシカマルに嫁ぐ!
木の葉と砂の結婚である。
他里の結婚になる。
こういう場合はややこしい。
信用されないところがある。
そして我愛羅に縁談がもたらされる。
本人はそんな気はない!
が砂影の後継者を残さなければならない。
カンクロウ・テマリ・我愛羅と後継者はいる。
本来カンクロウが兄であるので、風影になる資格はある。
もしカンクロウ・我愛羅が亡くなりでもすれば、テマリの子供が風影を継ぐことになる。
これは問題が多い!
木の葉の血が入る!
我愛羅もそれは分かっているので、見合いを受け入れる。
これには長老の意志が入っている。
王室の結婚は難しい!
下手な結婚をすれば、王位継承権を主張される。
砂は身近な一族の娘を選んだ!
我愛羅にたいしてテマリが文句を言う。
女心が分かっていない!
「お前が言うか?」
綺麗な女性の様だ!
姉が又出来る忍びのようだ!

各国は緊縮財政である。
軍縮に走っている。
カンクロウは前線で若者と苦労している。一緒に戦っている!
若者はカンクロウに風影になって欲しい!
クーデター計画がある。
これに長老も絡んで来る。
我愛羅に刺客が放たれる!
石の抜け忍である。

見合いの席上から、見合い相手が拉致される。
我愛羅が追う!
色々伏線がある。
見合い相手も事情がある!
複雑である・・・・・・
大蛇丸の名前が珍しく出て来た。
出て来ただけでよかったが・・・・・・

カンクロウがクーデターの首謀者に祭り上げられる?
カンクロウも覚悟を決める?
ここら辺りは想像通りの展開になる!
不満のある、まだまだやれると思う長老達との対決!
我愛羅も風影である!
果断な決断を行う!
面白かったです!

2015年6月 3日 (水)

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 時代にあらがう、信念の金融 ファンドマネージャー・新井和宏

凄い人がいる。
期待した内容の番組ではないが、面白かった。
「どんな期待をしていたのか?」
人間、色々経験すると人生が変わるのか???
家庭的に恵まれず、苦労して勉強している。
人間形成には苦労が必要であると!
最初に入った金融機関がある。
放送では金融機関の名前を映している。
今はその名前ではないようだが・・・・・・
そこからファンドに移る。
10兆円の金を動かしていたようだ。
自信満々だったんだろうと思う・・・・・・・・
わが世の春だったんだろう・・・・・・

ファンドマネージャーという仕事の使命は、投資家から託された金(かね)を株式投資などを通じて増やすことだ。
現在鎌倉と思うが、普通の民家で仲間と仕事している。
撮影された季節が冬であるが、部屋の中でもジャケットを着て仕事している。
節約しているんだろう・・・・・・
現在9千人の顧客から140億円を託されているようだ。
地道に活動している感じである。
投資の方法も映し出されている。
運用するファンドは東日本大震災以降、日本の株式市場全体が下げた時期でも、下げ幅を小さく押さえて、ファンド開始時に預かった出資金は、5年間で170%にまで増えている
ようだ!

20150603_nhk

自分が知っている金融機関の担当者とは、えらい違いである!
貸し渋りがある。現在では当たり前である。
戦後、銀行がリスクを冒して小さな企業に融資し、育てあげた姿がある。
バブル崩壊以降は「貸し渋り」「貸しはがし」である。
「あるべき金融」の姿を追い求め、日々地道な挑戦を続けている。
メチャメチャカッコいい!
実際に、林業、タオル業者等、運転資金が付きかけたところへ融資している。
投資している顧客も、そう言う風に使われるならと思っている人もいる。
儲けるだけでなく、社会の役に立てばと思う!

がやはり商売である。
慈善事業ではない!
金を継ぎ込んでも続かないと思うと手を出せない!
実際の例があった。
融資を受ける方は期待している。
が問題点をズバリ指摘する。
社会に貢献しようという志を貫く企業を見捨てれない!
苦労も多そう!
自分の理想に向かっている!

観ていて思った事がある。
①   ここに投資したいな・・・・・・・「欲の皮が突っ張っているから無理か!」
②   現在のアベノミクスをどう思っているのか?今後の見通しである!

番組ホームページ

ギリシャの戦後補償請求について(韓国は応援しないのか?)

ギリシャは東西の狭間にある???
映画『300』、続編『300帝国の進撃』
東のペルシャに攻め込まれている。
その後ぺロポンネス戦争があり、アテネとスパルタが争う。
マケドニア王国に征服されるまで統一国家を形成することはなかった
ギリシャ諸ポリスはマケドニアを盟主としたヘラス同盟に属することとなる。
ギリシャ人はアレクサンドロス大王の東方遠征に従軍して長年の宿敵ペルシア帝国を滅亡させた。

その後は、ローマ帝国領!
東ローマ帝国!
オスマントルコ!
支配者は変わっている??
1830年に独立しているが、国内のまとまりは悪い。
第2次世界大戦、ドイツは1941~1944年、ギリシャを侵略、占領した。
1944年ナチス親衛隊はギリシャ中部ディストモ村で虐殺を行った。
ギリシャでは、当時の被害者の生き残りと遺族への補償金支払いをドイツに命じた判決が出ている。
ドイツは条約で請求権問題は解決済み、との立場を取っている
虐殺と言うか、問題は多いと思う!
ディストモ村で虐殺は218人のようだ。
これを多いと見るか?
手違いと見るか?

ドイツもヨーロッパ中で、このような事件を起こしている。
ユダヤ人だけでは無い。
ドイツも東西に分かれているので補償もややこしいようだ。
補償は終わっている!
イヤ、未だだ!
ドイツは終わっていると思っているようだ。
ギリシャはまだと思っているようだが、今になって強力に主張している感じがする。
ドイツに22兆円と言う数字をあげている。
これだけ貰ってもギリシャは立ち直れるかどうか分からない。
ギリシャが破綻している時に、なんと公務員の数が多いのかと思ったのは事実である。

20150603_grece

ドイツ、日本も遊んで建てなおしたのではない。
ドイツは東西に分かれて大変であった。
統一してもツケが出ているようだ。
ギリシャは一生懸命働いて、今破綻しているのか???
そうであればもっとEUも協力するだろう!

ギリシャもペルシャに侵攻されている。
ローマ帝国領!
東ローマ帝国!
オスマントルコ!
もある。
これらの国に対する補償はどうなるのか?
ペルシャ???
現イランが補償するのか?
絶対に無い!

ローマ帝国ならばイタリアか??
オスマントルコはトルコか??
どこも補償しない。
直近の侵略国に対して補償は有効なのか?

中国も各地に侵攻している。
モンゴルもヨーロッパに侵攻している。
韓国もかっては中国に侵攻されている。

ギリシャも韓国に援助を求めればどうなるのか?
日本にドイツを見習えと言っている国である。
韓国もEU、ドイツを敵に回す度胸は無い!!
ギリシャも結局孤立無援なのか??

ギリシャは6月に破綻するのか?
どうなるのか?
借金はする方が勝ちなのか?

最後にもう少し調べると下記のような記事があった。
ギリシャ国内には、不法移民が多い。ギリシャでは人種差別的な攻撃に関して有罪判決が下ることはほとんどなく、人種差別が横行している。
移民はギリシャ人の不満のはけ口にされている。
国連難民高等弁務官事務所によれば、ギリシャの警察は海上で難民を乗せた船を見かけた場合、移民を乗せた船を引っ張ってトルコなどに「押し戻す」行為が行われているという。これにより船が転覆、死亡する者も出ているようだ。
不法移民を収容する施設は過密状態で不衛生であり、さらに勾留期限は無期限となっている
自分の事を棚にあげてと言われても仕方がないと思うが・・・・・・・・

パリ市当局、橋を壊した「愛の南京錠」除去へ 総重量45トン(50トン?)

ニュースを見ていると、面白い記事があった!
パリでだが、橋にかかっている南京錠の重みで橋が壊れる!
何故南京錠をかけるのか?
恋人たちが南京錠を掛けて愛を誓うという行為の起源は定かではないが、欧州各地の大都市をはじめ、遠くはアフリカ北部モロッコや中国にも広がっているようだ。


20150603_pont1

ポンデザール橋では2008年から、各国から訪れた恋人たちが自分たちの名前を記した南京錠を欄干に取り付け、その鍵をセーヌ川に投げ込んで永遠の愛を誓うようになっていた。
しかし昨年、錠の重みでポンデザール橋の一部が壊れたため、橋に南京錠を掛けられなくするアクリル板の設置や、「自分撮り」を勧めるなどの対策を取った。それでもポンデザール橋のみならずパリ市内のあちこちで情熱的に南京錠を掛け続ける恋人たちを止めることはできなかった。
昨年スロベニアに行った。
そこで南京錠の橋の案内があったので観に行った!
20150503_pont2

スロベニアの次に行ったのは、スイス・チューリッヒに行った。
ビックリしたのはここでも橋に南京錠を掛けていた。
20141111_pont3

記事を読んでいると、パリの他の橋も同じようにかけられているようだ!
暇なんか!!!
と言いたいが・・・・・・
それでも45トンである。
全部合わせたら何トンになるのか?
資源の無駄使いなのか?
撤去した南京錠は、スクラップになるのか?
南京錠屋の仕事が少なくなる???
でもないか?
これを取り外す時、鍵は無い。
が南京錠屋さんなら開けれるか?
そうでなければ切断しなければならない。
面白い話である!

2015年6月 2日 (火)

大阪都構想について:【辛坊持論】次世代の意思高齢者が押しつぶした!(同感である)

私も還暦を超えています!
以前にも思ったが、スコットランドの住民投票!
テレビニュースで、投票権のない女子高生と思うが、インタビューで
「私達の問題だ!投票させろ!」
と言っていた。
もっともな意見であると思う!
これからの、スコットランドの問題である。
将来の問題である!!!!
東北震災で津波を防ぐために防波堤を造る。
コンクリートによる対策である。
これに対して北海道の例がある。
コンクリートで固めた為、海に栄養分が行かずに、ホタテ等が全滅したとあった。
この時も、年配の人のインタビューで、「安心させて欲しい!」つまりコンクリートで固めてる意見である。
意見を求められると、60を超えれば残りの日の平安を求めるようになる。
そんなものだと思う!
そう思っていたら面白い記事があった。

20150622_shin
【辛坊持論】次世代の意思高齢者が押しつぶした。辛抱治郎、頑張れ!!
都合のよい記事を抜粋する。
都構想をめぐる住民投票、結果はご存じのとおり、0・8%の僅差で反対派の勝利になりました。
世論調査などを詳細に分析すると、この結果をもたらしたの は、期日前投票における大量の反対票だったことが分かります。
何せ投票日当日の読売テレビ出口調査で反対が賛成を上回ったのは70代以上の男女と、50代女性だけですからね。
特に20~40代の働き盛りの男性は、圧倒的多数が賛成票を投じています。これら大阪の次世代を担う人々の意思を、70歳以上の高齢者が押しつぶしたというのが、紛れもない事実なんです。
暗たんたる気持ちになるのは、そもそも若年~中堅層の人口は高齢者人口より少なく、今後ますますその傾向が強まることが決まっているからです。これら高齢者の約4人に1人は認知症、またはその予備軍とのデータも存在しますが、病気を理由に投票権が剥奪されることはありません。
先週、大阪でタクシーに乗ったら、推定年齢75歳ほどの運転手さんがいきなり私にこう言いました。「70歳以上は投票権剥奪すべきやと思うんですわあ。未来のことは、若い人に決めてもらわんといかんでしょう」。大阪の高齢者も捨てたもんじゃないですね。
さはさりながら、投票年齢の引き下げと、若年が投票所に足を運ぶ民主主義教育に一刻の猶予もありません。日本の未来のために。
実際にヒステリックに叫んでいた!
「大阪市が無くなるんですよ!それでいいんですか?」
自民党の女性市議のようだ。(ヒステリーのおばはんや無いかと思うが・・・・・)
辛抱治郎の言うとおりと思う!
大阪なんて高齢者だらけになる。
今から手をうたなければどうにもならない!
と言う事での大阪都構想であると思っている。
これも利権が絡むのだろう・・・・・・・・
今までの住民サービスが受けられなくなれば困る!
大阪の財政状況からしてどうなのか?
そのサービスが過剰で赤字ならば問題である!
それでも自分達の権限は守りたい!
と言う事かなと思ってしまう!
記事の通り大阪も高齢者だらけになる。
その内年金も支給されない状況になるかも知れない・・・・・・・
今を支える20代・30代・40代の意見は都構想に賛成のようだ。
大阪都構想と言うより、反橋下かを問う住民投票である。
自分達の利権は譲らない、でまとまった住民投票なのか?
次期市長は、自民・公明・民主・共産の党一候補か???
自民柳本議員の今後に注目したい!!!
期待では無い!!!
テレビで言った事をやるのかどうかをだ!
歴史的な自民と共産の意見の統一を図った?????
平松元市長の笑い声が聞こえてきそうである・・・・・・・・

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。