« 本・宮本武蔵 謎多き生涯を解く・渡邊大門 | トップページ | パリ市当局、橋を壊した「愛の南京錠」除去へ 総重量45トン(50トン?) »

2015年6月 2日 (火)

大阪都構想について:【辛坊持論】次世代の意思高齢者が押しつぶした!(同感である)

私も還暦を超えています!
以前にも思ったが、スコットランドの住民投票!
テレビニュースで、投票権のない女子高生と思うが、インタビューで
「私達の問題だ!投票させろ!」
と言っていた。
もっともな意見であると思う!
これからの、スコットランドの問題である。
将来の問題である!!!!
東北震災で津波を防ぐために防波堤を造る。
コンクリートによる対策である。
これに対して北海道の例がある。
コンクリートで固めた為、海に栄養分が行かずに、ホタテ等が全滅したとあった。
この時も、年配の人のインタビューで、「安心させて欲しい!」つまりコンクリートで固めてる意見である。
意見を求められると、60を超えれば残りの日の平安を求めるようになる。
そんなものだと思う!
そう思っていたら面白い記事があった。

20150622_shin
【辛坊持論】次世代の意思高齢者が押しつぶした。辛抱治郎、頑張れ!!
都合のよい記事を抜粋する。
都構想をめぐる住民投票、結果はご存じのとおり、0・8%の僅差で反対派の勝利になりました。
世論調査などを詳細に分析すると、この結果をもたらしたの は、期日前投票における大量の反対票だったことが分かります。
何せ投票日当日の読売テレビ出口調査で反対が賛成を上回ったのは70代以上の男女と、50代女性だけですからね。
特に20~40代の働き盛りの男性は、圧倒的多数が賛成票を投じています。これら大阪の次世代を担う人々の意思を、70歳以上の高齢者が押しつぶしたというのが、紛れもない事実なんです。
暗たんたる気持ちになるのは、そもそも若年~中堅層の人口は高齢者人口より少なく、今後ますますその傾向が強まることが決まっているからです。これら高齢者の約4人に1人は認知症、またはその予備軍とのデータも存在しますが、病気を理由に投票権が剥奪されることはありません。
先週、大阪でタクシーに乗ったら、推定年齢75歳ほどの運転手さんがいきなり私にこう言いました。「70歳以上は投票権剥奪すべきやと思うんですわあ。未来のことは、若い人に決めてもらわんといかんでしょう」。大阪の高齢者も捨てたもんじゃないですね。
さはさりながら、投票年齢の引き下げと、若年が投票所に足を運ぶ民主主義教育に一刻の猶予もありません。日本の未来のために。
実際にヒステリックに叫んでいた!
「大阪市が無くなるんですよ!それでいいんですか?」
自民党の女性市議のようだ。(ヒステリーのおばはんや無いかと思うが・・・・・)
辛抱治郎の言うとおりと思う!
大阪なんて高齢者だらけになる。
今から手をうたなければどうにもならない!
と言う事での大阪都構想であると思っている。
これも利権が絡むのだろう・・・・・・・・
今までの住民サービスが受けられなくなれば困る!
大阪の財政状況からしてどうなのか?
そのサービスが過剰で赤字ならば問題である!
それでも自分達の権限は守りたい!
と言う事かなと思ってしまう!
記事の通り大阪も高齢者だらけになる。
その内年金も支給されない状況になるかも知れない・・・・・・・
今を支える20代・30代・40代の意見は都構想に賛成のようだ。
大阪都構想と言うより、反橋下かを問う住民投票である。
自分達の利権は譲らない、でまとまった住民投票なのか?
次期市長は、自民・公明・民主・共産の党一候補か???
自民柳本議員の今後に注目したい!!!
期待では無い!!!
テレビで言った事をやるのかどうかをだ!
歴史的な自民と共産の意見の統一を図った?????
平松元市長の笑い声が聞こえてきそうである・・・・・・・・

« 本・宮本武蔵 謎多き生涯を解く・渡邊大門 | トップページ | パリ市当局、橋を壊した「愛の南京錠」除去へ 総重量45トン(50トン?) »

時事」カテゴリの記事

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/60220017

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪都構想について:【辛坊持論】次世代の意思高齢者が押しつぶした!(同感である) :

« 本・宮本武蔵 謎多き生涯を解く・渡邊大門 | トップページ | パリ市当局、橋を壊した「愛の南京錠」除去へ 総重量45トン(50トン?) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。