« 本・人に強くなる極意(2013/10)・佐藤 優 | トップページ | 本・国家経営の本質 ―大転換期の知略とリーダーシップ(2014/10)・戸部 良一 (著, 編集, その他), »

2015年10月22日 (木)

映画・ジョン・ウィック

ジョン・ウィック、奥さんの好きなキアヌ・リーブス主演である。
脚本は単純である。
映画を見に行く前に調べると、面白い記事があった。
キアヌ・リーブスのアクションの師匠(?)は千葉真一のようだ。
身体全体を使って飛び跳ねるのが千葉真一である。
今回は、ガンアクションがほとんどである。

20151022_film3

ブリジット・モイナハンが登場する。
と言っても身体全体が見れるわけではない。
回想シーン??
もはや亡くなっている。
その結果のドラマと言っても良い。
綺麗な女優である。
リクルート、アイロボットに出ていた。
調べるとトータル・フィアーズのライアンの恋人役である。

アルフィー・アレン??
ロシアンマフィアの息子で、ジョン・ウィックを怒らせる。
何処で見たのか考えたが分からない。
奥さんが覚えていた。
ゲーム・オブ・セローンズ!!
チンチンを切り取られて、頭がおかしくなる役である。
チョッとおかしい人間を演じる役回りなのか??

20151022_film2

物語は妻を亡くした主人公が、亡き妻からの贈り物の子犬で希望を見出す。
ここにバカなロシアマフィアの息子が登場する。アルフィー・アレン!
69年型のマスタングを欲しがる。
マスタングの王様と言う。
(調べてみたら、世の中のニーズがより“High Performance”なスポーツカーを求める方向に向かっていく中この69~70年モデルは市場に投入された。 コンセプトは ルックス・走行性能及び、大排気量、高出力のエンジンを載せたモデルを投入していった。)
断られて夜に盗みに行く。
子犬を殺し、負傷させる。
親父の力でのさばっているアホである。
恐いもの知らずである。
復讐が始まる。
この復讐のドラマである。

ジョン・ウィックは裏社会では引退したと言え有名人である。
ロシアマフィアの親父はジョン・ウィックのおかげで組織が拡大した。
恐ろしさを知っている。
息子は知らない。
親である。
息子を助ける為に刺客を出す!
この襲撃場面は迫力がある!!
殺しまくる。部下もしり込みするのではないかと思うが・・・・・・・

20151022_film4

殺し屋を雇う!
女の殺し屋がエイドリアンヌ・パリッキ。
適役である!可愛くない・・・・・
凄腕の殺し屋が、ウィレム・デフォー!
この俳優も好きだ。
存在感がある!
最近見たのは、DVDでデイブレイカーであるが・・・・・・・
主人公とは友達である。
最後は辛いが・・・・・・
敵か?
味方か?
面白い役である!

息子に護衛も付く。
そこからは殺し合いが始まる。
マア暗い映画である。
夜に曇り空ばかりである。
これだけ死ねば部下が居なくなるのではないか・・・・・・

20151022_film5

ホテルのオーナーがいる。
いわくつきである!
逆らえないが、逆らうやつがいる!
女の殺し屋のだ。
この女優、どこかで見た感じがするが・・・・・・・

これだけ殺しまくっているのに警察が出て来ない!
ロシアマフィアの金庫まで焼く!!
教会である・・・・・・・
主人公はプロである。
攻撃する時は周到な準備をする。
自動小銃での乱戦も出来る。
長距離狙撃も出来る。
遠隔操作の爆破も得意である。
車の運転も超一級である。
一応防弾チョッキも装着しているが・・・・・・・
ゴルゴ13か??

20151022_film1

親父はバカ息子の面倒を見きれなくなっている。
この辺りは面白い。
ホテルのオーナーの怒りもある。
最後まで一気に観させる映画である。
大変面白かった映画です!

アウトローのトムクルーズと共演させると面白いと思うが・・・・・・・

ジョン・ウィック の公式サイト

« 本・人に強くなる極意(2013/10)・佐藤 優 | トップページ | 本・国家経営の本質 ―大転換期の知略とリーダーシップ(2014/10)・戸部 良一 (著, 編集, その他), »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画・ジョン・ウィック:

» 「ジョン・ウィック」 [ここなつ映画レビュー]
リズムのある作品が好きである。今回は「殺しのリズム」。お約束な復讐劇の設定で、21世紀の世には存在しないような殺しのルールが存在し、しかしなんとまあカッコよかったことか!「キアヌ・リーブス完全復活」である。何から復活したのかはこの際問うまい。いやいやキアヌ・リーブス本当にカッコよかった!ガンファイトのシーンだけでももう一回観たい位だ。あー、息子がキアヌ・リーブスみたいな顔だったらなぁ!しかしもちろん息子はキアヌ・リーブスみたいな顔ではないし、私も男にその生業を捨てさせるようなブリジット・モナハンのよ... [続きを読む]

« 本・人に強くなる極意(2013/10)・佐藤 優 | トップページ | 本・国家経営の本質 ―大転換期の知略とリーダーシップ(2014/10)・戸部 良一 (著, 編集, その他), »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。