« ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑪大学とアウグストュス広場 | トップページ | ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑬再びライプツィヒ中央駅 »

2015年12月 5日 (土)

ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑫メンデルスゾーンの家

(2015年11月 ドイツ旅行の目次)

滝廉太郎に行けなかったが、メンデルスゾーンの家には行けた。
まわりは工事中である。

Leipzig_121

ここで入る時に日本人の親子連れに出会った。
男の子だった。
小さい時から教育されているのか??

Leipzig_122

ここではビックリするものがある。
オーディオガイドがある。
ドイツ、英語、フランス語に日本語である。
ビックリである。
各所にガイドのマークがあり、それをなぞると日本語の説明がある。

Leipzig_123

後でショップで日本語の本を薦められて奥さんが買った。
メンデルスゾーンの家、博物館が建設されるのに助力を尽くしたのが、ロックペイントの取締役、辻恵美子氏である。
辻氏はメンデルスゾーンの曾孫スザンナ・ハイグルーバッハ夫人と40年にわたって交流しておられた。
そう言う事で館内の案内も日本語がある。
奥さんは喜んでいる!

Leipzig_1213

メンデルスゾーンはヨーロッパ中を旅し、見識を深めた。
絵も得意だったようで、美しい風景画が展示されている。

Leipzig_129

音楽学校、ゆかりの人達か?

Leipzig_128

面白い部屋があった。
指揮者になれる!!
奥さんは喜んでいる。
嬉しそうに指揮している???

Leipzig_124

メンデルスゾーンはここにドイツ初めての音楽学校を作った。
グリーグ、ヤナーチェック、滝廉太郎、斉藤秀雄、カール・リヒター、クルト・マズルアが学んでいる。

Leipzig_1214

ともあれメンデルスゾーンはユダヤ人であり、ナチに迫害される。
第3帝国お気に入りの、ワグナーにも非難される。
早熟の天才とも言う!!

Leipzig_127

音楽学校の前にあったメンデルスゾーンの銅像は、1936年にナチスの権威者から取り除くように命令がでた。
銅像が再建されたのは2008年、人通りがあり良い緑化のある場所、ということでトーマス教会の側に置かれた。

Leipzig_1212

目次にもどる


« ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑪大学とアウグストュス広場 | トップページ | ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑬再びライプツィヒ中央駅 »

ドイツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402192/62818197

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑫メンデルスゾーンの家:

« ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑪大学とアウグストュス広場 | トップページ | ドイツ観光(4日目)ライプツィヒ⑬再びライプツィヒ中央駅 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。