フィンランド

2016年2月18日 (木)

本・大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (2015/10)②ヨーロッパ・アメリカ・池上 彰・佐藤 優

ソクラテスを生んだギリシャと今のギリシャはまったく別物である。
古代ギリシャが滅亡して1892年に、1900年ぶりに独立を果たす。
別であるのだが、同じと主張してヨーロッパ文明はギリシャ文明が造った。
なので助けるのは当たり前だと言う??
独立と言ってもオスマントルコ解体時に、緩衝地帯として造られた国である。
存在しているだけでよい!
産業が無い。工場でも造ると労働者を共産党が組織化する。
なので農業と観光しかない??
地政学上の問題もあるので援助は貰えた!
ギリシャは高をくくっている。
どうせ切れないと!!
ロシア・中国に接近するそぶりを見せる。
交渉能力はある。

ドイツのメンケル首相が、ギリシャ人はもっと働け!
と言ったようだ。
ドイツは9時に仕事をはじめて、12時で終わり13時から17時まできっちり仕事する。
ロシアは10時から仕事で、来てからゆっくりお茶してなんやかんやで12時になり、
14時まで昼食休憩で17時にまでだが16時には仕事は終わる。
実質3時間位しか働かないようだ!
ギリシャも似たようなものである。
やはりドイツは強い!
強いドイツはルターから始まる。
ヒトラーが尊敬するのはルターと言う!
ドイツはフランスより休暇の日数が多い。
それでバスで団体旅行なんかしている。
が階級社会である。
日本に来るドイツ人は、比較的エリートの階級であるが、そうでばければひんしゅくを買うような事をしている人も多い!
メンケル首相は東ドイツ出身になる。
アメリカはメンケルの真意をつかみたい。
なので盗聴する!
ロシアと何か密約でもあるのではないか??
フランスの小説に「服従」があるようだ。
ムスリムと極右勢力が伸びるが、ファシズムが嫌なのでムスリムの大統領が生まれる。
サウジ辺りから資金が出て、フランスは良い生活ができるようになる。
イスラムに改宗する。
服従すれば良い生活ができる。
本当になりそうな話である………
ドイツを批判するエマニュエル・トッドは、ヨーロッパから見れば敵を間違えている??
ドイツでは無く、イスラムだろう………

アメリカの選挙の話がある。
下院議員の選挙がある。
選挙区は、州議会が仕切る。
従って有利な区割りが出来る。
今は共和党が有利になっている。
いまだに南部旗を掲げる州がある。
南部では、アメリカに50の州ならぬ国があると思っている人がいる??
連邦議会の共和党の半数以上がパスポートを持っていない。
2008年の共和党副大統領候補、アラスカ州知事はアフリカが一つの国と思っていた??
ロシアは国境に緩衝地帯が欲しい。
北欧にはフィンランドがあった。中途半端な立場だった。
フィンランド化と言う時代があった。
冷戦時、フィンランドの生き残りの知恵だったようだ。
ウクライナにもそれが当てはめようとしている。
現実的な解決である。

ウェストファリア条約が出て来た。
30年戦争である。
カトリックとプロテスタントの戦争から始まったが、支離滅裂である。
戦争はもうこりごりとなった。
カトリック、プロテスタント、東方教会がある。
ギリシャ、ロシアは東方教会である。ロシアがギリシャに援助を申し入れている。
ユーロ危機で問題なのは、イタリア・スペイン・ポルトガル・アイルランドとカトリック系である。
これに対してプロテスタント系は勤勉であると言う。
ドイツ・オランダ・ベルギー………
イスラム教とキリスト教が対立している。
イスラム国は大量処刑もする。
間違いを犯す人間が法律を作るなどとんでもない。
神なら間違いを犯さない。イスラム法を絶対視する。

この本を読んでいる時期に、フランスで選挙があった。
極右政党が躍進している。
「小説 服従」の世界が現実味を帯びてきている。
これから移民反対の極右政党が躍進するであろう………
人口を考えると、圧倒的にイスラムが有利になっている。
人が増えれば食糧問題が出て来る。
エネルギーもある。
中国が一人っ子政策をとっていた。
とっていなければどうなっていたか??
もっと早い時期に戦争になっていたかも知れない………
アフリカも人口は増えている。
意図的に感染症を無くさず人口調整している??

英語でも教育は不要である。
母国語で教育してもらえるのは大変な事である。
みすみすそれを放棄するのか??
佐藤優が言っているが、語学なんて向き不向きがある。
不向きな人がやるのは時間の無駄であると!!
イギリスの士官学校でロシア語を教えて貰っている。
相当厳しい!!
出来ない人に無理にやらせる必要は無い。早めに諦めた方が良い!
藤原正彦もそれは言っていた。
それよりもっと教養を付けた方が良い。それには読書がある!
言語を変える。
中国共産党は、画数の少ない簡易体にした。
そうすればそれまでの漢字が読めなくなる??
そう言えばハングルである。
このハングルしか知らない朝鮮人は、過去の文献を読めない。
どうしてもハングルに翻訳しなければならない。
そうすると意図的に改ざん出来ると言う!!
怖い話である!

今役立つことは、すぐに役立たない!
教育は役に立たない事を教える??
帝国主義時代の植民地の教育がある。
イギリスは現地に教育機関を造る。
フランスは本国で教育する。
ポルトガルは何もしなかった………
モザンビークはポルトガルの植民地であった。
この留学生がイギリスに来る。
パブで酒を頼むが、字で書けと言われる。
書けない。それを見てイギリス人が笑う………
佐藤優が見かねて書いたそうだ。
イギリス人の意地の悪さを感じる!
日本はイギリス式を採用している。朝鮮半島・台湾・中国本土に学校を造っている。

東芝の粉飾がある。
この時気が付いている人も多い。
が上からの命令でやらなければならない。
こういう時にどうするのか?
上手くやれば出世する。
それを判断するためにも歴史を勉強する。
高校の世界史Aが良いと言う!
今度読んでみよう………

2013年3月 3日 (日)

フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活 「兵庫県立美術館」

3月10日まで開催されている。
見に行く予定が遅れてしまった。
昼過ぎに行ったが沢山の人がいた。
チケット売り場の行列が出来ている。

お客さまへのお願い。
鑑賞の妨げになりますので、携帯電話の電源はあらかじめお切りください。

チケット売り場で並んでいる人は、半数以上携帯を見ている。
当然電源は切っていない。

20130303_jiro_fin1


フィンランドの紹介がある。
スカンジナビアクロス。白地に水色!
実際に、昨年の10月にヘルシンキに行っている。
そう言う意味では懐かしい。
絵画、建築、ムーミン、デザインとあった。
絵画は雪の風景が多い。
建築も古い。
ムーミンは可愛らしい。本が紹介されている。小さく見にくいと思うが並んでいる。
カレワラ。フィンランドの童話!
絵がある。湖で女性が溺れている?
後で分かったが、身を投げたようだ。何故裸なのか?

20130303_jiro_fin2
アクセル・ガレン=カレラ 「レミンカイネンンの母」

ヘルシンキの駅のまわりの地図があった。
若い男女がそれを見て、自分たちだけで占領して喋っている。
後に待っている人も多い。
全然気にしていなかったみたいだった。
何も言わずに離れて行った。
泣きたくなった!
中で鑑賞している人も携帯を見ている。
流石に電話をしている人はいないが、メールをしている・・・・・・・

デザインルームは奥さんが気にいったみたい。
椅子があったが丈夫だった。

販売は繁盛している。
沢山の人が色々買っていた。
ムーミンの人形と、トートバッグを買った。
奥さんはヘルシンキの買い物を思い出していたようだ。
奥コメ:空港でムーミンの人形を見ていたら、主人が怒って何処かに行ってしまいました。困って携帯に電話したことを思いだしましたpout
小物が沢山あった。

小屋があり中に展示物がある。
写真が写せる。
並んでいる。二郎も並んだ。
前の女性が、何回もシャッターを切っている。
あきれるほど写している。
時間をかけて何も言わずに出て行った。
あまり感じはよく無かったが・・・・・・・
文句ばかり言っていると、奥さんに叱られています!

20130303_fin1


20130303_fin2


フィンランドのくらしとデザイン展のサイト

2012年11月11日 (日)

物語 北欧の歴史・武田龍夫

本書はデンマーク、スウェーデンを中軸に、両国から分離・独立したノールウェー、フィンランド、アイスランド北欧5カ国の通史である。

20121111_book2


今回のヨーロッパ旅行の飛行機の中で読んだ。
デンマークには行った事がある。
今回はフィンランドに行くので読んだ。
なかなかどころか、大変面白かった。
バイキングの起源から始まり、各国の栄枯盛衰が記述されている。
大国スウェーデンの栄光と没落。グスタフ2世。ロシアと張り合う!
同じく大国デンマークの栄光と没落。

目当てのフィンランドは途中から記述される。
フィンランドに十字軍が送られる。
スウェーデンから・・・・
よく分からないところだ。カトリックでなかったからか?
ロシアからも侵略される。
デンマークは大国だった。
スウェーデンを支配していた。
ノルウエーとも連合王国だった。
どちらも独立される。
フィンランドはスウェーデンの支配下にあった。
こういう話になると歴史は面白い。
今、デンマークは言い方は悪いが小国だ。
隣国が悪かったのではないか?プロシアだ!
プロシア参謀本部、モルトケの戦争!
対オーストリア、対フランスの戦争の前哨戦が、デンマークとの戦争だった。
当然負け!
話がそれた。

フィンランドの言語はハンガリー、エストニア語と同じ系列で、アジアから来たと考えられている。
森と湖沼の国。
国旗もスカンジナビアクロスで、白に青のクロス。
青は湖沼と澄んだ空を、白は清らかな雪を象徴する。
ロシア(ロシア正教)とスウェーデン(カトリック)に浸食されて国土も分割される。
スウェーデンの支配下になり、ナポレオン戦争時ロシア領になる。
ロシアとスウェーデンを味方にするためにフィンランドは餌だったようだ。
1917年独立を宣言した。もっと早いと思っていたが・・・・・・
スウェーデンの支配、ロシア大公国の100年を入れて、750年の以上たっての独立だったようだ。

第2次世界大戦前にソ連の侵略を受け、英雄的に戦った。
その善戦ぶりを見て、ヒトラーがソ連くみし易しと勘違いしたと言う。
大国ソ連の影響から逃れられず、妥協を図った。
この辺りの話はよく知っていた。
こうしてみると北欧の歴史も面白い。
行く前に読めてよかったと思う!

2012年10月24日 (水)

フィンランド4日目、ヘルシンキ空港で

奥さんが時間を間違った。
17時5分と17時55分を間違った。
なので50分早く着いた。
二郎は機嫌が悪くなる。
お茶をした。

20121021_airport1


それから荷物を預けた。重量的には奥さんが気を付けているので問題はない。
と言ってもギリギリのところだ。
乗り口は35番。
ここで奥さんが又お土産を買ってしまった。
二郎をおだてて買った・・・・・・

20121021_airport2

この時間、ヘルシンキから関空、名古屋、東京と帰る便がある。
3本もあるのにはビックリ!
場内放送が日本語で流れた。
これもビックリ!
名古屋便でまだ搭乗していない人がいる。実名が流れた。
名古屋便はバスで飛行機まで行く。焦っているのが分かる。
37と38が東京と名古屋だ。
冷やかしに見行くと、係員に間違えられて声をかけられた。
手を振って否定すると何も言わなくなった。
まぎらわしいことをするなと言う事か!
お土産に夢中になっているせいだと思うが、考えてほしいですネ!

ここで見なくてもいいものを見てしまった。
通路にある。やはり宣伝がうまい!
サムソンをフィンランドで初めて見た。

20121021_airport3


無事に出発できました!

フィンランド4日目、ヘルシンキ駅から空港へ

朝ホテルで荷物を預けた。
荷物置き場ある。開ける時はホテルのカードで開ける。
誰も管理していない。カードは完了したらカード入れに返す。
そう言う街なんだろう。性善説の国なのか?
街は静かだった。なぜこんなに静かかと思ったら、クラクションの音が全然しない。
おとなしい国民性なのか?
大声を出している人をあまり見ない。

20121021_hotel

ホテル ソコス バクーナ

と感心しながら荷物をホテルに取りに行き、駅へタクシーを探しに行く。
数も多くない。
すぐにタクシーはつかまって空港へ。
40ユーロ強だった。
無事空港に到着!
フィンランドの国民の皆さん、ありがとうございました!

フィンランド4日目、ヘルシンキ市内観光、国立博物館

オリンピックスタジアムを出てから国立博物館に行った。

20121021_musee1


開館前に行ったが待っている人がいた。
待っていると壁にシールが一杯貼ってある。
入場した印とすぐに分かった。
軍事博物館にはなかったが、美術館、博物館にはあるのだろう。

入口で建物を見上げると熊だけでない。
ウサギ、キツネもいる。

20121021_musee2

似てるかな?

20121021_musee4

20121021_musee5_2

入って見学する。お客さんはそこそこ入っている。
順路がある。これがうまく出来ている。
1階から入って3階まで意識せずに見物して1階に出る。
展示物は石器時代の遺跡から始まる。
キリスト教。
昔の生活様式。
雪の中をそりを使っている映像もあった。
ロシア皇帝?
絵画も多い。
要塞の模型もある。
ガラス細工の展示もある。
そうしているうちに20世紀になる。

生活の状況が展示されている。
軍服も出てくる。
当然銃もある。
そうして20世紀の映像が出てくる。
ヘルシンキオリンピックの聖火リレーがあった。
田舎道を3人で走っている。のんびりしている・・・・・・・
そして最後は携帯をかけている人たちがいる。
ノキアの国だ!

なかなか展示としては楽しめると思います!

20121021_musee3

ホール

フィンランド4日目、ヘルシンキ市内観光、オリンピックスタジアム

奥さんが朝の内の時間がある時に行っておこうとした。
1952年ヘルシンキオリンピックがあった。
高い塔があり市内を見下ろせる。
ヘルシンキはいつも曇り空で、時折小雨が降る。
そう言う季節に来たんだろう。
トラムに乗って行こうとした。
チケットを駅に買いに行ったがよく分からない。
いつものようにごまかして買ってくる。その才能には感心する。
今回は1日乗り放題を買ったようだ。余るだろうと思う。
7ユーロかかる。
そんなに遠くない。

20121021_ol1


行けば係員が怪訝な?顔で出迎える。
こんなシーズン外れに来る客も珍しいか?
とりあえず11階まで上がって市内を見下ろす。
ほとんど見えない。霧くもり空だ!

20121021_ol2

20121021_ol4

ここにヘルシンキオリンピックの写真があった。
のんびりしていると感じた!

20121021_ol3

早々に帰ることにした。

フィンランド3日目、ヘルシンキ、ホテルの鏡

夕方ホテルで休憩していたら電話が鳴った。
レセプションからだ。
外れた鏡が簡単に修理出来ないので、部屋を替わって貰ってもいいが・・・・
と言う連絡だった。
奥さんは断った。そのままでいいと!
しかし悪い仕事だ。
日本だったらと言うより、たいがいそうだと思うが全数チェックとなるのではないか!
色々ありますよネ!

20121020_hotel


奥さんコメント
後一泊だったのと、鏡に写っているように部屋に物を広げまわっていたので、部屋を変わるのは「NO!」、一言でしたhappy02

フィンランド3日目、ヘルシンキ市内観光、マンネルハイム像

フィンランドの英雄、マンネルハイムの像がある。

20121020_statu


当然あるだろう。
ロシア将校として、日露戦争、第一次世界大戦を戦ったようだ。
2回に渡るソ連との戦いの司令官を務めた。
そもそもソ連相手に、陸続きで勝てる相手ではない。
苦労続きだったと思う。
偉大な軍人政治家なんだろう!

20121020_gijido

国会議事堂

20121020holl

ミュュージックセンターの写真

フィンランド3日目、ヘルシンキ市内観光、中央郵便局,国立近代美術館キアズマ

ホテルの隣の中央郵便局、奥さんが何かあると思うので行こう。
と言って行ったが、別に何もなかった。

20121020_post

中央郵便局

国立近代美術館キアズマ、奥さんが行きたがっていた美術館だった。
ここも入場券を買った印に、シールを手の甲に貼る。

20121020_musee9

20121020_musee10_2


ここの展示にブリキを使った理解できないものがあった。
昔奥さんに連れられて淡路島に展示を見に行った事がある。
それを思い出した。

ちょっと恐ろしいものがある。
女性の裸体にペイティングする。
女性はじっとしている。
絵の具で塗っている。
ちょっと気持ち悪い!

その他のカテゴリー

古代史 | 室町時代 | 幕末 | 鎌倉時代 | アイルランド | アメリカ (カナダ・メキシコ) | イタリア | イングランド | オーストリア | ギリシャ | スイス | スウェーデン | スコットランド | スペイン | スロバキア | スロベニア | チェコ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポルトガル | ポーランド | ルクセンブルグ | ルーマニア | ロシア (バルト3国) | 中国 (モンゴル) | 中東 | 台湾 | 戦国武将(武将) | 朝鮮半島 |  上杉氏(越後・謙信他) |  中国 (毛利・宇喜多他) |  九州 (島津・竜造寺・大友他) |  会津 (蒲生氏郷・保科正之他) |  北条氏(小田原・早雲他) |  四国 (長宗我部他) |  大谷吉継 |  宮本武蔵_ |  徳川家康 (徳川関連) |  明智光秀 (明智・細川) |  東北 (政宗他) |  武田氏(甲斐・信玄他) |  真田一族 |  真田幸村 大河ドラマ |  真田幸村 本 |  真田幸村 紀行 |  石田三成 |  織田信長 (織田関連) |  豊臣秀吉 (秀吉関連) |  黒田官兵衛 |  黒田官兵衛 大河ドラマ |  黒田官兵衛 本 |  黒田官兵衛 紀行 | お勧め | アート | インテリジェンス・国際情勢 | コンサート | スポーツ | テレビ番組 | ナルト | 事件 | 仕事の悩み | 単なる女好きのおっちゃん | 名言格言 | 国内 旅行 | 坂の上の雲 | 山本五十六 | 旅行・地域 | 昔話 | 映画 | 時事 | 書籍・雑誌 | 独り言(よもやま話) | 科学 | 紹介、情報 | 講演 | 金融

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。