幕末

2014年11月30日 (日)

本・人間というもの・司馬遼太郎

『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などの膨大な作品群によって、人間とは何か、日本とは、日本人とは何かを問い続けた国民作家・司馬遼太郎。本書は、数ある名作・名随想のなかから、混迷の現代社会を生きる上での道標とすべき珠玉の言葉を、テーマ別によりすぐったアフォリズム集である。歴史・文明への透徹した洞察、人間への温かなまなざし―司馬文学の魅力を濃密に凝縮したファン垂涎の一冊。

20141130_book3


確かに面白い。何回か読んでいる。
単行本で読み、文庫本でも何回か読んでいる。
この度又ブックオフで見つけて買った本である。
面白い!
気になるのを集めてみた。

1、美人はわが身が美しいと思えばこそ、より美しくみえ、美しさを増す。才ある者は思いあがってこそ、膂力がある者はわが力優れりと思えばこそ、力を発揮する。『期待が人を育てる?』
2、人の一生は短いのだ。好まざることを我慢してやるより、好むことを磨き伸ばす。その方が大事である。
3、「一隅ヲ照ラス者、コテ国宝」最澄。
4、たとえ小人でも長所をとって小職に用いればよい。ただし長官に据えたり重職につけると国家をくつがえす。
5、人の好意をよろこばぬとかえって人は裏切る。
6、「世を動かすのは、これだ」 これは欲望をさす。
7、人間の一生のうち、飛躍を遂げようとおもえば生涯に一度だけ、渾身の知恵をしぼって悪事をせねばならぬ。
8、国家に責任をもっている専門家とか、その専門家を信用する世間の常識というものほどあやうくもろいものはない。大正末期から昭和初期の高級軍人や高級官僚は日本の把握が出来ず、幼児のようであった。
9、戦争は補給が決定する。その原則通り日本は負けた。
10、世間は他人の批評をするときはすべて道徳家になる。『大変よく分かる』
11、古来将軍の才能ほど稀有なものはない。源平争乱で将才を持ったのは義経だけである。戦国時代も数人しか出ていない。
12、光秀が聞く。勝手の秀吉の家臣に秀吉とはどう言う男だ。少しのてがらでもビックリする褒美をくれる。光秀は考え込んだようだ。
13、家康は誰よりも、信玄・謙信・信長・秀吉よりも長命だった。
14、家康は衆議にかけた。自分の案があっても幕僚の意見を聞いた。そうして幕僚たちの頭脳を練らした。『信玄もそうだったようだが・・・・』
15、白河以北は敬語が少ない。スチュワーデスを東北から採用しにくい。『和歌山は?』
16、日本と日本人は、国際世論のなかではつねに無視されるか、気味悪がられるか、はっきり嫌悪されるかのどちらかである。『まるで今の現状である』
17、日本人はその主君に対して忠誠心がない。『戦国時代まではそうなんだろう』
18、陸軍にあっては「戦車は戦車である以上、敵の戦車と等質である。攻撃力も防御力も同じである。これに疑問をいだくことは禁忌である。
19、名将とは臆病であらなければならない。それが自軍の欠点と利点を考える。
20、すぐれた謀略とはわざわざ罠を造ることではない。それは見えすいた作為で謀略ではない。たまたま発生してくる事象に少し手自然に近い作為を施すと言う。又ウソは誠実につかねばならない。誠心誠意だまさねばだませない!
21、人の運命は九割は自分の不明による罪だ
22、ある人物をひとに観察させるとき、よほどの器量の者にそれを見せなければ印象をあやまる。『信長の評価か?』

大変面白い本です。
時間がある時に読みかえしている本です!

2013年11月27日 (水)

司馬遼太郎 歴史のなかの邂逅〈6〉村田蔵六~西郷隆盛

日本史上最大のドラマともいうべき明治維新で、「三傑」と称された大久保利通、木戸孝充、西郷隆盛をはじめ、岩倉具視、江藤新平など、立役者となった人々の足跡―。第六巻には、この国の将来像を描くためのヒントがちりばめられた二十一篇を収録。   

20131127_book1

無名の人がいる。
歴史上に一度だけ名前が出て来る。
美濃浪人、所郁太郎。
切り刻まれた井上聞多を畳針で縫う。
適塾の出身だそうだ。緒方洪庵の言葉!
「医者と言うのは、人を救うために生きているのであって、自分の為に生きているのではない」
栄達を求めないと言う事か?

井上聞多を生かすために登場した事になる。
こう言う無名の人が沢山いたのだろう!

長州人、白井小助。
栄達を求めなかった?
がいびりに来る。いびられるのは山県有朋・伊藤博文・井上聞多・品川弥二郎・・・・・
昔を知っている人はややこしそう・・・・・

剣豪商人、大塚万之助、伊予宇和島出身。
田宮流の免許皆伝。抜刀術、居合い!
金貸しの手代になる。
腕がたつのは、鬼に金棒なのか?
坂本竜馬に会い、土佐藩後藤象二郎を紹介される。
英国との商品の納入について交渉する。交渉能力はあった。
鳥羽伏見の戦いで、」宇和島藩の米を高値で売ってもうけた?
土居通夫、大阪財界では、忘れられない名前となった!

肥前佐賀鍋島藩、葉隠れ!
薩長土肥、会津藩などは高い教育水準だったと言う。
旗本8万騎とは違ったようだ。だから薩摩の芋に負けたと、幕臣が言う!
佐賀藩は気違いじみていると言う。教育熱心なのが・・・・・
落第すれな、家録の8割が召し上げられる。
皆必死で勉強する。
が、大隈重信は批判的である。
要は、一つの型にはめようとする!
大隈重信は自由が欲しかったのではないか?ゆえに早稲田大学を造った。
葉隠れがある。
これに、孔子も釈迦も楠木正成も武田信玄も、鍋島家に仕えた事が無いのだから、崇敬する必要はない!
とあるそうだ。これをもってしても内容が分かると言うのが、大隈重信!
この藩は、幕末にアームストロング砲を造った。それだけの技術はある。
江藤新平がいる。大久保利通と並んで創造の才があると言う。
鋭い頭を持っていたのだろう・・・・・
山県有朋、井上馨を追求し、息の根を止める寸前までいった。

大久保利通。
西郷は愛されたが、大久保は憎まれたと言う!
外遊し、プロシアの政体をとりいれた。
江戸遷都の話、秘話がある。
はじめは、大阪遷都で決まりそうだった。(歳月にあったが、肥前佐賀、鍋島閑叟はロシア対策もあり東北への遷都を言っていた!)
が、匿名の投書がある。大阪は首都で無くとも衰えない。
江戸は首都で無くなればただの寂れた漁村になる。寒市とも言う。
それに新政府は金が無い。大阪では役所造りに金がかかる。江戸は既設
転用できる。
この話を大久保が往時を振り返ってした。
その場に前島密がいた。投書の本人だ。本人は功を誇らない!
知っている人が、本人がいると言った!しばらく言葉が無かったと言う!
大久保は家康を尊敬した。神君と幕臣のようにたたえた。
幕末、岩倉具視と組んで相当あくどい事をやったと言う!
著者は小説家だから平気で記述できる。
事実と思うが・・・・・・

西郷隆盛。
「日本の政府は、結局は太政官と言う。明治以降本質は変わっていなと言う!」
これは皮肉なのか?嫌味なのか?
明治以降に日本をどうするか?
西郷隆盛は考えていなかったという!
①本人は、自身が無能であると自覚している。と言うより自分が何者か分かっている。
②郷中頭になる。まとめ役だ。普通20歳までだが24歳まで務めたようだ。人望がある?相撲大会の商品も西郷から貰ったら喜びが違ったそうだ!
③西郷隆盛は郷土主義者と言う。郷土の連中を信じた。弟従道と大山巌がもっともすぐれていて、幕末まではフォロー出来た。
がその後は、従道曰く、単なる人殺しで信じがたいほどアホである桐野利秋であり、賢愚さだからぬ篠原国幹と言う。
その連中が、兄を誤らしたと言う!
西南の役と言うが、桐野利秋がどういう国家像を持っていたのか?
恐らく帝国だと思われる。
④主君島津斉彬亡き後、久光との葛藤に苦しんだと言う。長州の木戸孝允が西郷を嫌ったと言う。
これを西郷は悩んでいたと言う。内情を知り西郷の苦しみが分かったと言う!

村田蔵六~大村益次郎。
著者の持論だ。指揮官の才能なんて分からない。何処にあるのかも?
分からないままに終わる場合もありゃ、さっさと死んでしまう場合がある。
稀有な才能と言う。学校の成績では無い!
木戸孝允はそれを理解していた。
だから村田蔵六を見出し、抜擢する!
非業にお死を迎えるが、最後に薩摩の反乱を予測していたと言う!

やはり読んでいて楽しいエッセイです!

2013年11月26日 (火)

司馬遼太郎 歴史のなかの邂逅〈5〉坂本竜馬~吉田松陰

「維新史の奇蹟」と評される坂本竜馬を中心に、武市半平太、吉田松陰、高杉晋作、桂小五郎ら、怒涛の時代を生きた人々のさまざまな運命―。
『竜馬がゆく』『世に棲む日日』など数々の傑作が生まれた背景を伝える二十二篇を収録。 

20131126_book2

今回はあきれるほど坂本竜馬が中心である。
単行本のあとがき等集めてある。
講談のような話がある。著者がそう言っている。
織田信長みたいだ!
幕末の土佐藩に、」念力により神を現出する修験者がいた。
竜馬は修験者に、神を拝したいと言って場所を決めた。
そして、夜現れた修験者を殴り倒した!
偽神退治をしたようだ!神の正体なんてなんてこんなもんだ!

土佐藩の財政難がある。
30数万両と言う。とても返せない。
後藤象二郎が登場する。
岩崎弥太郎に藩邸、船を与え借金を押し付けたと言う。
才能があるのだろう。
九十九商会、三ツ川商会、三菱商会となる。

世界有数の会社になる。

映画『人斬り』がある。
原作と思ったが著者は参考人と言っている。
短編、人斬り以蔵がある。
これから橋本忍が脚本を書く。
著者も面白いと思ったようだ。
ただ著作権の問題があるのでどうかなと思ったようだ。
が橋本忍と言う事で了解した。
まして監督は、五社英雄だ!
吉田東洋暗殺。確か辰巳柳太郎だったと思う!
迫力があった。
武市半平太に仲代達也!
さまになっていた。感想を言うと怜悧と言う言葉が当てはまる。
三島由紀夫も出演していた。
面白い映画だった。

竜馬の女性関係も記述している。
別におかしくはない!英雄色を好むか?

長州藩が記述されている。
吉田松陰の教育。長所を褒める!
長州の公金使い放題の話は嫌になる。
芸者をあげて連日のどんちゃん騒ぎ!
高杉晋作、伊藤博文・・・・・
ちょっと異常だと思う?
同志が苦言を呈した。聞いてくれねば腹を切る!
高杉晋作は、立派に腹を切れ!解釈してやる!
やはり勝者だ!名前が残る。
木島又兵衛、周布政之助、長井雅楽・・・・・・・
著者の本で知ったが、鎖国と言うのは徳川幕府が決めたもではなく、今までずっとそうであったと思っていたようだ。
これを長井雅楽が違うと、正しい事を言ったと言う。
やはり人物はこの藩には沢山いたのだろう!

桂小五郎の子供の話がある。
おかしい話ではない。
がこれに会津藩士、秋月悌二郎が出て来る。
母親が死に、たまたま居合わせて、その子供を引き取る。
そして維新後木戸のところに連れて行く。
子供は木戸性にならなかったのは確かと言う!
昭和の元老、木戸内府は、桂小五郎の養子筋と言う!
そんな話が面白かったです!

司馬遼太郎 歴史のなかの邂逅〈4〉勝海舟~新選組

情熱、この悲劇的で、しかも最も喜劇的なもの―。歴史上の人物の魅力を発掘したエッセイを、古代から明治まで、時代別に集大成。第四巻は新選組や河井継之助、勝海舟らを中心に、動乱の幕末に向けて加速する歴史のなかの群像を描いた二十六篇を収録。   

20131126_book1_3

ここは幕末がほとんどである。
緒方洪庵の話ある。
こんな出来た人はなかなかいない!
『医者がこの世で生活しているのは、人のためであって自分の為ではない。決して有名になろうと思うな。又利益を追おうとするな。ただ自分をすてよ。そして人を救う事だけ考えよ。』
弟子のみんながそうだったとは思えないが・・・・
エイズ訴訟で、ノーベル賞を貰おうとした教授がいたが・・・・・
備中足守の出身である。
行った事はある・・・・

木村芥舟。咸臨丸でアメリカに行く。海舟とは合わないようだ。
この話も中村彰彦で読んだ。
福沢諭吉。「痩我慢の説」

勝海舟・榎本武揚に対する個人攻撃になる。
幕府崩壊後、芥舟は世を捨てたようになった。
が、勝海舟・榎本武揚は新政府に優遇された。
これを福沢諭吉は良く思っていない!
忠君愛国の情を持つことは「瘠我慢」として認める
江戸城を開城し、内乱を避けた功績は認めても、幕府に対する「瘠我慢」の情がなかったと非難する。

新撰組の話はやはり面白い。
兵は商業地帯は弱いと言う。
大阪、名古屋等商業が発達している。
九州と東北が強かったと言う。関東も家康が行って安定してから弱くなった。
大阪は第8連隊と言う。
またも負けたか8連隊!
中国戦線で、中国にまでそう言われて、からかわれたと言う。
新撰組の山崎烝がいる。同性の子孫がいる。著者の知り合いだ。
第8連隊だ。
近所の悪がきが部下でいる。
いざ突撃となった時、その部下二人がしがみついて話さない。
「今出て行ったら死ぬ。お母んに頼まれとんや!行ったらアカン!」
弱いはずと著者も言う!
著者も大阪出身とは言わなかったようだ。
九州の兵の中では言えない!部下が付いて来ない!

土方歳三。
栗塚旭が演じる。
斉藤一が左右田一平。
沖田総司が島田順二。
まだ中学生の頃か?これだけはまだ覚えている。
機能的な組織を作ったと言う。
薬草を刈り、薬にする。
村中総出で行う。効率よく動かさなければならない!
これを指揮したのが歳三と言う。
そう言うところから組織造りを学んだのか?
その故郷は天領だったと言う。幕府への思いが違ったのか?
「田舎剣術の師匠として村々を歩いた。自分もそう言う一生になるのか?」
これは近藤勇の事だ。そう思ったとしても不思議ではない!

見廻組がある。
清川八郎。著者言う、芸名だと・・・・
山形に清川駅があった。行った事はある。
この章は坂本竜馬暗殺の話になる。
食い違いはあるが、やったのは見廻組だと!
その黒幕は誰か?
半藤一利は薩摩説。と言うより怪しいと!
土佐説もありゃ大変だ。著者言う単に交通事故と思ったほうが良いのか?
詮索はしない。
実行犯の佐々木只三郎も最後は寂しい!

少し珍しい人が出て来た。
中村彰彦が記述している。先日読んだのではないか?
会津藩士、秋月悌次郎!
会津藩は京に行きたくなかった。が家訓があり行く!この辺は可哀想なところもある。
その京での公用方になる。時代は動いている。
薩会同盟を結ぶ。
当時の薩摩藩も大物を京に置いていない。どちらかといえば小物だ。
この時の薩摩は、高崎佐太郎が動く。
これにより長州を追い出す。
が薩摩に裏切られる。そして慶喜にも裏切られる。
その会津の息遣いが聞こえそうと著者は言う。
熊本で先生になる。真面目だったようだ。
そこで一度だけ訪ねる人があり痛飲して授業が出来なくなったことがあったそうだ。
訪ねた人は、薩摩の高崎佐太郎。
どんな思いだったんだろうか?
著者は秋月悌次郎はよく知らないと言う。
これについては中村彰彦を読んでみよう!

最後は河井継之助が出て来る。

著者は小藩に生まれた悲劇ともいう。
新政府には生かす度量はなかったようだ!
生きていれば、小栗上野介と共に面白い存在と思うが・・・・・

2013年6月30日 (日)

幕末史・半藤 一利

嘉永六年(1853)六月、ペリー率いる米艦隊が浦賀沖に出現し、役人たちは周章狼狽する。やがて京の都はテロに震えだし、坂本龍馬も非業の死を遂げる。将軍慶喜は朝敵となり、江戸城は開城、戊辰戦争が起こる。新政府が樹立され、下野した西郷隆盛は西南戦争で城山の地に没す。波乱に満ちた二十五年間と歴史を動かした様々な男たちを、著者独自の切り口で、語り尽くす。

20130630_book1


次は明治史があるのだろうか?無いだろう!
もっとも太平洋戦争で、インパール作戦が未だ抜けているようだが・・・・・・
維新の言葉がある。
たいがい、「御一新」 で通していたようだ。
『詩経』 に維新とあるようだ。

著者は自分でしょっちゅう言っている。どちらかと言うより間違いなく、反薩長である。
ペリー来航から始まる。
『百才あって一誠なし』
司馬遼太郎によって知った言葉だ。
誰の事かと言うと、徳川慶喜である。
この本は詳しい。節目節目で変節が詳しき記述されている。
幕臣も嫌になると思う!
が将軍である!
徳川家定、家茂、慶喜と短命の将軍が続いた。
混乱期は短期ではだめなのか?今の日本の総理がそんな感じだ!

半藤節で流れて行く。
井伊直弼が登場。
桜田門外の変。
ここらはさらりと流している。
西郷隆盛、高杉晋作、それぞれの活躍があり、薩長同盟にたどりつく。
著者言う、「歴史には意志がある」
転換期に、必要な時に必要な人間が現れる。
阪本竜馬もそうなんだろう・・・・・
この辺りになると、会津・桑名が哀れになって来る。
松平容保はそれ程重要な役回りでは無い!

歴史がよく分かるように書かれている。
学校の先生もこれぐらいのエピソードを交えて授業すればもっと面白い授業になると思うが・・・・・
阪本竜馬暗殺!
下手人は?
著者は薩摩説を主張している。
犯罪における犯人は利益を得る。
そこから土佐、後藤象二郎が出て来る。
阪本竜馬の船中八策。これを自分の物にする為、邪魔な竜馬を消した・・・・
本能寺の変と同様に、真相は分からないが、これが決定的な証拠だと、嬉しそうに発表して欲しくないが・・・・・

明治政府の初期の話になる。
ここからの役回りは、別の人間になるようだ。
無くなっている人が多い。
山県有朋、伊藤博文が台頭する。

版籍奉還、朝敵だった県の名前の一覧があった。
これから征韓論になり、この緊迫した政局が面白い。
岩倉具視が踏ん張る。
ここで引かずに征韓論は敗れる。が岩倉具視は褒められる。
そして台湾出兵がある。
クライマックスの西南戦争に行く。
西南戦争、戦争だ。
佐賀の乱、秋月の乱、萩の乱、神風連の乱とみな乱である。
西南戦争までで終わり。
最後に当時の天皇の立場は、庶民からすれば存在感は無かったようだ!
読んでいて楽しい本である。
是非に読むべきと思う!

その他のカテゴリー

古代史 | 室町時代 | 幕末 | 鎌倉時代 | アイルランド | アメリカ (カナダ・メキシコ) | イタリア | イングランド | オーストリア | ギリシャ | スイス | スウェーデン | スコットランド | スペイン | スロバキア | スロベニア | チェコ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポルトガル | ポーランド | ルクセンブルグ | ルーマニア | ロシア (バルト3国) | 中国 (モンゴル) | 中東 | 台湾 | 戦国武将(武将) | 朝鮮半島 |  上杉氏(越後・謙信他) |  中国 (毛利・宇喜多他) |  九州 (島津・竜造寺・大友他) |  会津 (蒲生氏郷・保科正之他) |  北条氏(小田原・早雲他) |  四国 (長宗我部他) |  大谷吉継 |  宮本武蔵_ |  徳川家康 (徳川関連) |  明智光秀 (明智・細川) |  東北 (政宗他) |  武田氏(甲斐・信玄他) |  真田一族 |  真田幸村 大河ドラマ |  真田幸村 本 |  真田幸村 紀行 |  石田三成 |  織田信長 (織田関連) |  豊臣秀吉 (秀吉関連) |  黒田官兵衛 |  黒田官兵衛 大河ドラマ |  黒田官兵衛 本 |  黒田官兵衛 紀行 | お勧め | アート | インテリジェンス・国際情勢 | コンサート | スポーツ | テレビ番組 | ナルト | 事件 | 仕事の悩み | 単なる女好きのおっちゃん | 名言格言 | 国内 旅行 | 坂の上の雲 | 山本五十六 | 旅行・地域 | 昔話 | 映画 | 時事 | 書籍・雑誌 | 独り言(よもやま話) | 科学 | 紹介、情報 | 講演 | 金融

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。