スペイン

2015年1月21日 (水)

本・絵画で読むグレコのスペイン・中丸 明

神秘の光を宿す画家エル・グレコに、スペインの古都トレドを案内してもらおう。鞄に教養忍ばせて、いざ情熱の国、スペインへ。スペインの魅力が凝縮した街トレドの食・歴史・文化、

20150121_book1

グレコの画業を楽しく軽快に案内する。
1999年発行である。20世紀最後に書かれた・・・・・
著者の本も良く読んでいる方である。
名古屋弁と言うか言葉に酔っている感じしないでもないが・・・・・
下ネタも沢山出て来る。面白いが・・・・・・
エル・グレゴは好きな画家である。
スペインに行った特に妙に印象に残った!
それ以来珍しく本を買ったりしている。
倉敷にも観に行った。昨年は大阪へグレゴ展を観に行った。
絵画の美術館でも時々一点だがある時がある。
そに時は嬉しい!
この本は一度読んでいるが、読み返した。それ程気にいっている画家だ!
最初に 『天正少年使節団』 がトレドに来た話から始まる。
かってのスペインの首都である。

トレドに行った時に観た絵画が、世界三大絵画の一つ、『オルガス拍の埋葬』!

20150121_painting

この絵の前に日本の観光客が三グループいた。
日韓ワールドカップ開催時に良くやっていると、自分ながら思った。
サントトメ教会にあるが、あるのはこの一枚だけらしい。
著者言う、スペインに来るならトレドだと!
著者自身、スペインに貧乏旅行?乞食旅行をしたようだ。
ギター?スペイン音楽に憧れていたのか?
それともスペインの情熱的な女性にハマったのか?
金のないのにと言ったら怒られるか?

グレコは良く金の事で依頼主と揉めたようだ・・・・・・
プライドが高いのか?死んだ時は一文無しだったようだ。
ギリシャ、クレタ島、ベネチュアを経てトレドに来た。

スペインの歴史が記述される。
侵略の歴史か?
ローマ、カルタゴ、西ゴード、ムーア人・・・・・・
イスラム、ユダヤ、キリストとそれなりに協調していた。
レコンキスタ、国土回復運動?
良かったのか?悪かったのか?
スペインはカトリック保護の国である。反宗教改革の国?異端と言われ追われた人も多い。

運河を造るかどうか?
「必要なら神が造っていたでしょう」
そりゃ技術の進歩が停滞する。

裏話と言うのが随所にある。
ルターが便秘だった。
ミケランジェロがホモ。
グレゴ自身、情人がいたとされる。

画風の説明がある。八等身?十等身?
顔も特徴がある。
オルガス拍の埋葬の絵の解説がある。
前から思っていたが、むっつりした顔しかない。
自身も絵の中に入っているようだが・・・・・・・
暗い絵なのか?
トレド風景。トレド景観と地図。異様な迫力を感じる。
お蔵入りにされた絵もある。
マリア等描くにはモデルがいる。そりゃ初恋の人なのか?
あまり高貴な女性では無かったようだが・・・・・
スペインの案内書でもある。面白かったです!

2013年3月 6日 (水)

ニュースの表示 (主役はマンチェスターユナイテッドか?レアルマドリッドか?)

病院に行った。
ここでも電光ニュースと言うか、ニュースが流れる。
暇なのでよく見ている。
スポーツニュースが流れた・・・・・
サッカーだ!
マンチェスターユナイテッドが・・・・・・・
何なんだろうと思った。
はっきり言えば、マンチェスターユナイテッドが勝ったと思った!
続いて、レアルマドリッドに・・・・・・
そう言えばUEFAチャンピオンズリーグクラブ選手権で争っている。
勝ったのかと思ったら、負けてベスト8に進めないと!

要は「マンチェスターユナイテッドが、レアルマドリッドに負けてベスト8を逃がした!」

細かいことだが、これはおかしいのではないか?

「レアルマドリッドが、マンチェスターユナイテッドに勝ちベスト8進出を決めた!」

同じ意味だがニュースはあきらかに、マンチェスターユナイテッドのニュースだ!
香川がいるのもその理由のひとつだろう!
暇にまかせてそんな事を考えていました!

20131006_cl

2011年12月26日 (月)

バルセロナからフランスへの移動②(列車の中で)

ついでいに列車の中で思った事がある。
やはりフランスは豊かだ。
スペインのみどりの無い風景から、列車で国境を越えたらとたんに緑の田園風景だ!
フランスは全土が耕作可能の豊かな大地と言う事がよく理解できた。


車内放送も違った。当たり前か?

奥さんが教えてくれたのでよく分かった。
アメリカ人がいた。声が大きく、笑いも後ろにふんどり返って大きな笑い声だ!

途中で降りて後フランス人が座った。
喋る時、前かがみになり普通の声で話す。
先程のアメリカ人とは違う。
奥さんが懇切丁寧に教えてくれた。
大変よく理解できました!

20111226_france1_2

2002年 フランス カルカッソンヌ 

バルセロナからフランスへの移動(列車の中で)

最近、サッカーでバルセロナが日本に来ていた。
先日は「MOTO」 の事を記述した。
それではないが思い出?がある。

2002年6月、バルセロナからフランス行きの列車に乗った。
バルセロナでの事だ。
座席指定で座っていたが、少し一人で外に出た。
帰ってくると、何か異様な雰囲気だった。
何かと言うと奥さんが立っている。
二郎が座るべき席に、変なおっさんが座っている。
座席を間違ったのかと思ってしまった。

そのおっさんはいきなり立ち上がって、何かペラペラと喋って隣の席に移った。
目付きもおかしかった。一定していない。
奥さんは、薬中と思っている。
どいてくれたから良かったが、隣にいる。
次の停車駅まで1時間はかかる。
気が気じゃなかった。
車掌が来て、おっさんと何か喋った。
おっさんは席を立ち他の車両に移った。ホッとした!

ようやく次の駅に止まった。
すぐに動き出した。外を見ていると、あのおっさんと駅員が揉み合っていた!
よく分からないが常習犯と思ってしまった。
チョッと気分の悪い思い出である!

20111226_spain

2002年 バルセロナ  グエル公園

その他のカテゴリー

古代史 | 室町時代 | 幕末 | 鎌倉時代 | アイルランド | アメリカ (カナダ・メキシコ) | イタリア | イングランド | オーストリア | ギリシャ | スイス | スウェーデン | スコットランド | スペイン | スロバキア | スロベニア | チェコ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポルトガル | ポーランド | ルクセンブルグ | ルーマニア | ロシア (バルト3国) | 中国 (モンゴル) | 中東 | 台湾 | 戦国武将(武将) | 朝鮮半島 |  上杉氏(越後・謙信他) |  中国 (毛利・宇喜多他) |  九州 (島津・竜造寺・大友他) |  会津 (蒲生氏郷・保科正之他) |  北条氏(小田原・早雲他) |  四国 (長宗我部他) |  大谷吉継 |  宮本武蔵_ |  徳川家康 (徳川関連) |  明智光秀 (明智・細川) |  東北 (政宗他) |  武田氏(甲斐・信玄他) |  真田一族 |  真田幸村 大河ドラマ |  真田幸村 本 |  真田幸村 紀行 |  石田三成 |  織田信長 (織田関連) |  豊臣秀吉 (秀吉関連) |  黒田官兵衛 |  黒田官兵衛 大河ドラマ |  黒田官兵衛 本 |  黒田官兵衛 紀行 | お勧め | アート | インテリジェンス・国際情勢 | コンサート | スポーツ | テレビ番組 | ナルト | 事件 | 仕事の悩み | 単なる女好きのおっちゃん | 名言格言 | 国内 旅行 | 坂の上の雲 | 山本五十六 | 旅行・地域 | 昔話 | 映画 | 時事 | 書籍・雑誌 | 独り言(よもやま話) | 科学 | 紹介、情報 | 講演 | 金融

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。