ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ

2016年5月 9日 (月)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」5月9日 エピソード3

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 エピソード3
ジョン・スノウが生き返る。
想像するに、オオカミが生き返ったのを見て吠える。
それを聞いたダヴォス・シーワースが部屋に来る。
ものの見事に外れた………
ダヴォス・シーワースが来る。
魔女も来る。
魔女は炎の中に見たのはスタニス・バラシオンではない!
ジョン・スノウと思う!!
元の人間のようである。
野人に親友が祝福する!

20160509_gameofthr1

展開が目まぐるしい。
今回はサンサが出て来ないが、リコンが登場する。
アリアは相変わらず目が見えない。が棒術の腕は上がっている。
ブラン・スタークが過去を見ている。
父の若き日の戦いを見ている。
城の中に何があるのか??
見れなくて現在に戻る。
いずれ出て行く。三つ目の鴉に、それまでに教えることは教えると言われる。
父の戦いで、二刀流の戦いがあった。
日本では宮本武蔵である。
二刀流には欠点がある??
戦いの途中で握りを変えれない??
西洋の刀剣は重い。
重さで切る??
日本刀とは違う。
が、どちらも力、腕力がいる。
ドラマでは軽々と刀を放り上げていた??

デナーリス・ターガリエンが捕えられたままである。
族長の未亡人として、ヴァエス・ドスラクに連れて行かれる。
服をはがされる………
裸のシーンは無かった………(寂しい…)

アリアは大変である。
棒で打たれている。
が、徐々に上達している。
相手の女がいらっとする場面もある。
それよりこのジャクェン・フ=ガー何物なのか??
アリアに助けられたと言え、たかが馬車の火事である。
それまでに脱出できたと思うが………
この顔が本当の顔なのか??
何か裏がありそう。
アリアも大きくなっている。これから大女優の道を歩むのか??
綺麗すぎるのが問題である。
アリアにサンサの裸のシーンは無いのか??

20160509_gameofthr2

サーセイとジェレミーは戦いを始める。
七神正教である。
指導者は貧しい身なりである。そうすると贅沢三昧の生活をおくっている貴族は何も言えない。
クァイバーンが存在感を増している。
小鳥を引き継いでいる。
サーセイに忠実な巨漢は不気味である。
修道女はどうやって殺されるのか??
興味津々である。
娘を殺されたサーセイとジェレミーのドーンに対する復讐もある。
まずはハイ・スパロウ(雀聖下)をジェレミーが殺す!!

このドラマ、主人公はラムジン・スノウか??
恐怖で支配する。
ジョン・スノウが野人を引き連れて攻めて来る心配がある。
ラムジン・スノウは何とも思っていな。
がここにリコンとオシャが捕まえられて連れて来られる。
ラムジン・スノウの嬉しそうな顔!!
脚本家の腕の見せ所なのか??

ピーター・ベイリッシュが出て来ていない。
寂しい………
あのいやらしい策謀家の顔が無ければさみしい。
ヴァリスとティリオン・ラニスターVSピーター・ベイリッシュである。
いずれ始まるだろう………

20160509_gameofthr3

気になるが、ウォルダー・フレイはどうなっているのか?
もう出て来ないのか??
スターク家を皆殺しにした張本人である!
復讐はあるはずである。

サンサが出て来ないので、ブラニエーも出て来ない。
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物がある。
ここにブライエニーも紹介されている。演じるはグェンドリン・クリスティー。
写真入りだが、勘違いかも知れないが写真が違っていて、綺麗になっている???
怒られそうである!

真面目なサムが登場している。船で実家に帰る。船酔いで耐えられないのがサムらしい。
ジョン・スノウとジリのために知識を得ようとする。
〈知識の城〉は女人禁制のため、サムの故郷のに預けられる。

ジョン・スノウを刺した4人の絞首刑がある。
ためらうがロープを切る。
4人は死ぬ。手足をバタバタさせて死ぬ。
ここでスノウは上着を渡して出て行く!
本当に出て行くのかは来週である!
16日が待ち遠しい!!

2016年5月 3日 (火)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」5月2日 エピソード2

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風。
まだまだ安心は出来ない!
第2作である。
ダヴォス・シーワースらが守っているが味方は3人。
その内の一人が野人に救援を求めに行く。
野人の群れが救援に来る。
ジョン・スノウを殺した、〈冥夜の守人〉達と対立する。
野人の方が勢力がある。
捕えられて牢にぶち込まれる。
がジョン・スノウは死んだままである。
大蛇丸か長門をトレードしたい????

展開は早い。
ラムジン・スノウの残虐さがにじみ出て来る。
恐怖で支配している。
シオン・グレイジョイのチンチンを切り落とし人格を破壊している。
前回サンサ達に突き落とされて死んだ愛人を犬に食べさせていた。
今回はボルトン公を殺す。
世継ぎが生まれたために焦って殺す!
世継ぎと母親を犬に食べさせる。
今やボルトン公である。
ルース・ボルトン公は、北部をまとめようとする。
そに為にはスターク家が必要との認識がある。
ラムジン・スノウにはその認識がない!
直ぐに殺し過ぎの感じがしないでもない!

20160502_game_of_th2

やっとブラン・スタークが登場した。
三つ目の鴉といる。
いずれ出て行かなければならない!
スターク家はジョン・スノウを入れれば男の子3人、女の子2人が残っている。
いずれ末子のリコンも出て来ると思うが………

サンサはジョン・スノウを目指している。
アリアは相変わらず目が見えない。
この暗殺者の男。
最初馬車牢に入れられて運ばれていた。
アリアに火事の時助けられる。
しかし今の力を見ると簡単に脱獄出来たのではないかと思うが………

サーセイとジェレミーの復讐は?
七神正教との戦いが始まるだろう………
指導者は貧しい身なりである。
これを利用している!
サーセイに忠実な巨漢がいる。
いつ戦いの鐘が鳴るのか??

南は大変である。
ヴァリスとティリオン・ラニスターが策を練る。
ヴァリスがここに居ると言う事は、何か成算がある??
凸凹コンビ??
なかなか面白い。
ティリオンはドラゴンに会う。
この場面面白い。
鎖を外すがこれからのドラゴンの行動は???
母なる女王を探しに行くと思うが………

20160502_game_of_th3

鉄諸島のグレイジョイ家も問題である。
シオンの父が殺される。
姉は女王になる気満々であるが、選挙のようだ。
ここもどうなるか??
ラムジン・スノウにやられないと信じたい!!

魔女は自信を失っている。
大勝利を炎の中に見たが、結果は負けである。
死者を蘇らした事はない。
が、甦った人間は見たことがある。
ダヴォス・シーワースは頼みに行く。
出来ないと断るが、ダヴォスの頼みなのでとりあえず行く!
身体の血をふき取り綺麗にする。
髪の毛を切り、炎の中に入れるて燃やす。
もっと大げさな小道具があるのかと思ったがなかった!
傷口に手を当てて呪文を唱えるが何も起こらない。
魔女が部屋から出て行く。
見守っていた人たちが部屋から出て行く!
サアどうなる!
突然目がばっちり開く!

20160502_game_of_th1

COMEBACK!!!!!!
復活か??
目が開いたところで来週である。
人格が変わっていなければ良いのだが………
来週は楽しみである!

2016年4月25日 (月)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」4月25日 エピソード1

まとめて見るつもりが奥さんに挑発されて見てしまった。
7月まで待てるのか??
「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」
やはり面白い!
最初から冬の、雪の場面である。
ジョン・スノウが死ぬ???????
そこへダヴォス・シーワースが現れる。
ジョン・スノウを部屋に運ぶ。
魔女が来る。
ここまでは想像通りに進んでいる。
ここで生き返るかと思ったが………
夜である。
スノウの仲間が来る。
信頼出来るのは3人である。ダヴォスと魔女を入れても5人である。大狼のいる………
野人の元へ走る。

20160425_game1

場面は変わると、サンサである。
雪の中を逃げる。
猟犬が追ってくる。
危機一髪を助けられる。
ブライエニーである。
サンサに忠誠を誓う!
ラムジン・スノウもサンサを逃がし、父に責められている。

シーズン6の最初なので、登場人物の今の紹介が多い。
雪の中から一転して南になる。
ラニスター家の復讐が始まるのだろう………
ジェレミー、サーセイの復讐が始まる。
娘の死を悲しむ。
私の娘とは思えないほど純真である。
と言って泣く!!
昔の予言を思い出す。
3人の子供は皆死ぬ!
2人死んでいる。

ドーン領主ドーラン・マーテルを殺してのクーデター。
エラリア・サン。いやな女である。
娘も嫌な女である。ドーラン・マーテルの息子も殺す!
ここもラニスター家に復讐を求める。

ラニスター家とドーン領マーテル家の怨念に満ちた戦いが始まるはずである。
その前にラニスター家は、「七神正教」の始末をつけなければならない。
まずあの女は、絶対最初に殺される??

血が流れ過ぎている。殺しすぎではないかと思うが??

20160425_game2

デナーリス・ターガリエンは、ドスラク人につかまる。
両手を縛られている。
捕虜である。戦利品とでもいうのか?
ドスラク人の族長カール・モロは、元王のカール・ドロゴの未亡人と知る。
慣習に従いヴァエス・ドスラク(?)に連れて行く??
王の未亡人が過ごす場所のようだ。
裸にされそうになる!「して欲しかったが………」

目が見えないアリアの状況もある。
告白しないマージェリー・タイレル王妃もいる。「好きな女優である………」
それよりタイレル家の婆さんはどうなっているのか??
あの婆さんが黙っている分けは無い!!
ホモの兄は??
ラニスター家とタイレル家は、「七神正教」に対しては同盟を結べる。

ヴァリスとティリオン・ラニスターが街を歩いている。
策謀家の二人である。

ブロン、ブラン・スターク、ブランの弟リコン・スターク、リコンの付添いのオシャ、
ロバート・バラシオンの落しだね!!
これから楽しませてくれるのか?
最後に魔女メリサンドルが何かをしそうである。
当然、ジョン・スノウである。
ジョン・スノウは閉じ込められている。
ダヴォスもいる。
魔女メリサンドルも、いちいち裸にならなくても良いと思うが………
来週には何かあると信じて待とう!!

20160425_game3

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6が始まる。

4月25日(月) 今日から日米同時で放映される。
今回は早い!
情報は奥さんがつかんで来ている。
シーズン8まである。
但しシーズン8は短いとの事!
奥さんは思っている。
4月の最終週からならば、10話あるのでどうしても4か月になる。
特別に2話放映して、2ヶ月で終わらそうと言う気は無い。
商業主義に徹している??
上手くのせられている???

20160425_game_of_th

予告編は観ている。
話題はジョン・スノウである。
生き返ると信じている人は多い。
その根拠は魔女の存在である。
そう思わ無ければ、何故あの場所に魔女がいるのか?
忠実なしもべ、ダヴォス・シーワースもいる。
予告編でもそう言う場面はある。
しかしプロデュ―サ―と言うか関係者は辛い。
質問されても答えれない。
答えられないと分かっていて聞く方も聞く方である。
二郎も生き返ると信じている。

今後はサーセイとジェレミーの復讐も見物である。
ティリオンの決闘裁判でサーセイの代理を務めた巨漢がにらみを効かせていた!
この復讐劇は見物である。
凄惨な場面になる!
そう言う予告編もある。
復讐と言えば、ちんちんを切られたシオン・グレイジョイの復讐はあるのか??

アリアとサンサの姉妹も大きくなっている。
もう子供では無い。
この二人のヌードシーンは無さそうである。
前回は登場しなかったブラン・スターク。
これも大きくなっている。
その弟は出て来るのか??
これからのスターク家はどうなるのか?

ピーター・ベイリッシュ役のエイダン・ギレンがいる。
メイズランナー2に出ている。
両方ともいやらしい役である。
声優も同じである。
早く死なないのかと思うが………

デナーリス・ターガリエンはどうなるのか?
遊牧民ドスラクに捕まる場面で終わっている。
連れて行かれているが、元王妃の待遇では無い。
奴隷なのか?
エミリアクラークは好きな女優である。
良い結果を信じている………

宦官(?)のヴァリス!
“蜘蛛”とも呼ばれる。ヴァリスは得体のしれない諜報機関の頭であり、沢山の小鳥を飼っている。
禿げ頭の太った宦官であり、いつも人に媚びるような女々しい態度をとるが、貴族にも庶民にも恐れられている。
テリオンを助けている。
何を策すか??
どうも玉座には、デナーリスに向いている感じであった。
テリオンもそのつもりで助けた!

気になる要素は多い!
楽しみである!!!

2015年11月 7日 (土)

ゲーム・オブ・スローンズ5を観終わって!(シーズン6に向けて!)

ジョンスノウが死んだのについては、様々な意見がありそうである!
このドラマ、七王国にホワイトウオーカーに対する危機感がない!
壁の中での争いは、コップの中の争いである。
バイオハザードではあるまいが、味方が死んだ分だけ敵は増える。
ジョンスノウはこれがだいいちの危機と感じている。
なので野人とも結ぶ事をためらわない!

20151107_game_of

ジョンスノウは、最後の最後で刺された。
可愛がっていた少年にまで、思い切り刺される。
死んだのか??
ファンは生き返ると思っている。
二郎もそう思っている。

シーズン6のオープンがある。
ジョンスノウが血を出して倒れている。
そこへ、スタニスの忠実な家臣のダヴォスが現れる。
魔女メリサンドルも来る。
ダヴォスがメリサンドルに何とかしろと言う。
この辺は想像出来ないが、とりあえず一命をとどめる。
これが知れれば又殺しに来る。
友人が野人のところに走る。
「助けてくれ!」
野人達が駆け付け、ナイトウオッチと対峙する。
サア、どうなるのか??
その時、壁が揺れる。
ホワイトウオーカーが攻めて来ている。

20151107_game_of_2

と言う場面から始まるのはどうだろうか??
ファンに馬鹿にされそうである!
ナルトで、イタチと自来也が生き返ると信じていて、もろに外れた・・・・・・・・
同じ経験はしたくはないが、してしまいそうである・・・・・・・
奥さんに「そんな都合の良い話はありません」と言われてしまったが・・・・・・

見てみたいのは、壁を突破してきたホワイトウオーカーの大群と、
デナーリスの死んだ夫、ドロゴの部族、ドスラク人の大軍との対決である。
騎兵が主である。この兵は戦力になる。
方や雪の申し子みたいなものである。
方や灼熱の国の兵である。
戦う場所はどこなのか??
面白いと思うが・・・・・・・・

娘を殺された、ジェレミー・ラニスターの怒り。
マーテル家の愛人に対する恨み!
サーセイ・バラシオンの復讐が始まる。
修道女は間違いなく殺される。
いとこは??
教祖は??
タイレル家のマージェリーと、実際の領主とも言うべき婆さん!
怨念に燃えている??
陰湿な争いになる。
女の恨みは恐ろしい!

男も性格の悪いのがいる。
ラムジースノウ??
良い死に方をしないだろう・・・・・
リトルフィンガー!
このドラマ、約束なんて無いのか?
ロバートの遺言を、ただの紙切れと言って無視したサーセイ。 
私を信じない方が良いと言った、リトルフィンガー!!
親父をはめたとも知らずに、リトルフィンガーを助けたサンサ・スターク。
スパイの元締め、ヴァイスがいる。宦官である。
どうもターガリエン家に鉄の玉座を握らせようとしている。
サーセイを見捨てたのか??

合従連衡が始まる。
何処と何処が同盟を結ぶのか??
脚本家の腕の見せ所なのか??
一時的には、教祖を殺す為にまとまる。
殺した後、又戦いが始まる。

ロバートの落とし子がいる。王位継承権がある??
ダヴォスが逃がしている。
今後はダヴォスの動きが重要になるはずである。
ブラン、リコの兄弟もいる。
ロブスタークを惨殺したフレイ家はどうなっているのか?
没落するようだが・・・・・・
シーズン5では登場しなかった。

俳優達も大変である。
撮影に拘束される時間も長いだろう。
来年はシーズン6、再来年がシーズン7なのか?
アリサも大きくなり撮影が大変である。
サンサもである。
ともあれエミリークラークの大きな瞳が魅力的である。
(小さな声で、単にヌードシーンを期待しているだけなのか???)
関係無いか??

シーズン6が待ち遠しい!!!!

テレビ局も銭儲けに忙しい?? スターチャンネルを見て!!

ゲームオヴセローンズ、シーズン5が放映された。
スターチャンネルである。
もう少し早いかと思ったが、予想が少しずれた。
全10話である。
毎週1話ずつ放映される。
開始が8月末で、終了が11月初めである。
つまり4ヶ月契約しなければならない!
2ヶ月で終わりにしようとは思ってくれない。
そんな物ん何だろう・・・・・・・
気分が悪いので早く解約しよう!!

2015年11月 5日 (木)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5

8月末から11月初旬かけてスターチャンネルで放映された。
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5
2日間で一挙に観た。
メチャメチャ面白い。
終わってみれば、シーズン6が恐ろしくなる!

まず間違いなくサーセイ・バラシオンの復讐が始まる。
見せしめの為、裸で市内を歩かさせる。撮影は本人なのか??
唾を吐きかけられる。
最後の場面で騎士に抱きかかえられる。
この騎士は誰だかすぐに分かる。
ティリオンの決闘裁判で、戦った化け物みたいな騎士である。
間違いない!
性格が変わっているとも言われているので、復讐は残虐なものになるはずである!!

20151105_seri4

マーテル家がある。
その決闘裁判で殺された次男がいる。
この愛人が問題である。
領主のドーランは争いを好まない。
が愛人が復讐を望んでいる。
私兵もいる。
サーセイの一人娘はドーンに嫁ぎに来ている。
が愛人は復讐の為に、殺したい。
サーセイが憎い!!!
この愛人も権謀術数に長けている。
この一人娘は不義の子である。
が実の父が、ジェレミーであることを知っている。
親子の幸福な情景が一転する。
次回は、愛人とサーセイの陰湿な争いになる。
サーセイは宗教指導者とも戦わなければならない!

20151105_seri3

現在の王は、ジェフリーが殺されたので、弟トメンが継いでいる。
これに嫁いでいるのが、タイレル家のマージェリー!
美しい女性である。
兄はホモである。
この兄妹も牢獄に繋がれる。
ここは実権は婆さんが握っている。
女の戦いが始まる。
バラシオン家のサーセイ。
マーテル家の愛人、エラリアサンド。
タイレル家のオレナ婆さんとマージェリー王妃。
シーズン6は陰湿な女の争いである???

それに踊らされる男たち。
ジェイミー、ブロン、ドーラン・・・・・・
可哀想である・・・・・・・

北はまたややこしくなっている。
ジョンスノウが総帥に選ばれる。
野人を味方に入れて、 と戦おうとする。
敵の敵は味方!!
がナイトウオッチは納得出来ない。
ホワイトウオーカーがいる。
ゾンビである。
大量にいるし、襲われた人間がホワイトウオーカーになる。
いくらでも増える。弱点は分からない!!
が今までの恨みつらみが抜けきれない!!

20151105_seri2

結局ジョン・スノウは最後に死ぬ!
悲しい!!
これについては、ファンは生き返ると思っている。
そうでなければ、スタニスの忠実な家臣のダヴォスと、魔女メリサンドルが壁のところにいる分けが分からない!
首を落されたわけではない。
そもそも死んでいないかもわからない。
出血多量で死ぬ寸前かもわからない。
同じ気持ちのファンと一緒に、死んでいないか、生き返ることを信じよう!!
今までの悪行を許すから・・・・・・・・

この作品、適役と思う俳優が何人かいる。
"リトルフィンガー" エイダン・ギレン。いやらしい感じが良く出ている。
最初からロバートスタークを裏切っている。
グレイジョイ家の世継ぎの、アルフィー・アレン
本作ではチンチンを切られ、人格を無くしている役を上手く演じている
先日見た映画でもチンピラ役を演じていた。
そんな役しか回って来なくなる??
小人、サーセイとジェイミーの弟 ピーター・ディンクレイジ
これほどの俳優とは思わなかった。ファンである!!
巨躯の女性騎士、グェンドリン・クリスティー
この女優も出てきたら楽しい!
キャスティングが良いのだろう。
楽しいドラマである。

20151105_seri1

ルース・ボルトンとスタニス・バラシオンの戦い。
ラムジー・スノウとサンサ・スタークの結婚。
これにもリトルフィンガーが絡んでいる。
自分の娘をいけにえに捧げる。
その時点で負けている。
間違いなく反対する忠実な家臣、ダヴォスを伝令に出す。
天・地・人が揃っていない戦をやってしまった。
負けるべくして負けたようだ!!

デナーリス・ターガリエンは相変わらず美しい!!
理想の政治を求める。
追放した、ジョラー・モーモントが戻ってくる。
女王には忠誠を誓っている。
ここもなかなか複雑である。
ドラゴンに乗って消えたデナーリスは、荒野でかっての夫、カール・ドロゴの部族、ドスラク人の大軍に会う。
この兵は戦力になる。
モンゴルみたいなものである。タタール人??
馬に乗れる。全軍騎兵である。
この場面で出て来たのは、シーズン6への布石か???

20151105_seri5

福島リラが登場している。
わずかな時間である。デナーリスを支持しているようだ!
が、通りかかったティリオン・ラニスターと目が合う。
シーズン6の出演も期待したい。

今回はブラン、リコの兄弟は登場しない。
シーズン6が楽しみである。
これだけ長いと、アリサとサンサのスターク家の娘も大きくなっている。
同じくブラン、リコの兄弟もどうなっているのだろうか?
スノウがもし死んだのならブランが後継者である。
アリサは暗殺者の道へ!
サンサはどうなるのか?
不幸な一族である。
1年以上待たなければならないが、楽しみである!!

2015年9月10日 (木)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5の日本放送 福島リラの出演!!

8月27日から、ゲーム・オブ・スローンズのシーズン5がスターチャンネルで放送されている。
待ったかいがあったと言うべきなのか?
観るのは一挙に観るので9月末になりそうだが・・・・・・
それにしても予想通りに8月に放映される。
嬉しい限りである。
再びエミリア・クラークが観れる。
今度は裸のシーンがあるのだろうか??
(奥さんにバカにされそうである!)
調べていると面白い話がある。
福島リラが出演するようだ。
ウルヴァリン・サムライに軍師官兵衛に出演していた。
年齢不詳である??
嬉しいニュースである!!

20150910_serie

物語は、あれだけの登場人物がいる。
主人公(?)でも出ている場面は少ない。
福島リラもどれだけ出れるのか?
ともかく楽しみにしている。

2015年5月21日 (木)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 ひかりテレビ

ゲーム・オブ・スローンズ、第3シーズンまではDVDでレンタル出ている。
興奮して一挙に全部見た。
第4シーズンは昨年、光テレビで放映されている。
その時は興味が無かった・・・・・・・
今後悔しているが、今回アメリカで第5シーズンが放映される。
それでかどうか知らないが、4月から5月にかけてシーズン4が光テレビで放映される。
これは絶対見なければならない!
奥さんに間違いなく予約させた!
これで入っていなければどれだけ嫌味を延々と言われるのかと思うと、奥さんも真剣になる!
5月の連休に入り見始めた。
最後の9,10話が5月6日放映なので、それに合して観た!
執念である!

今回は、片腕を無くしたジェイミー・ラニスターが良い!
人が変わったと感じさせる。
女騎士、ブライエニーとの約束も果たす!
もっとも姉に対する執着心だけは変わっていないが・・・・・・
旅から帰ったのだからすっきりしたいのか?
髪を切っている!
イケメンである!演じるはニコライ・コスター=ワルドー!
調べてみて分かったが、何度か映画で見ている!
ドラマの最初の傲慢さは無い!
片腕を無くし自信を失っている。
これから重要になるのだろう・・・・・

20150521_game_3

ジェフリー王が毒殺される。(殺されてホッとしたが・・・・・)
不義の子である。妹も弟もだ!
結婚式の真っ最中に殺される!ワインに毒が盛られている・・・・・・
犯人は?
母のサーセイ・ラニスタ―は、毒殺直後名指しで犯人の名前を言う。
弟ティリオン・ラニスター!!!!!
父タイウィン・ラニスターも息子を犯人とする。
実際に犯人とは考えられない!
誰が考えても分かる!

結婚式で未亡人になる花嫁は、次を狙っている。
弟である!まだ小さいがお姉さまの魅力がある!
流石に色仕掛けのシーンは無かったが・・・・・・
ティリオン・ラニスターは、裁判になり死刑になる。
兄ジェイミー・ラニスターが何とか命を救おうと奔走する!
父タイウィン・ラニスターに取引を申し出る。
が裁判で愛人・娼婦に裏切られて死刑になる。
決闘裁判を要求する!ティリオンは小人なので戦えない!
父・姉はティリオンを殺そうとする。
兄ジェイミーは弟を救おうとする!
姉は決闘裁判に怪物を指名する。
姉は酷薄である!
結婚式で残った食べ物を民衆に分けるように言った花嫁に対して、豚のえさにしろと命じる。
ティリオンの為かって戦ったブロンに断られる。
がその怪物に恨みを持つオベリン・マーテルが仇討の為に引き受ける。
パワーVSスピードか?
引き分けか?
死刑になる!
結局ジェイミー・ラニスターが逃がす。
が、まさかティリオンが父のところに行くとは思わない!
ティリオンも、元愛人・娼婦が父のところにいるなんて思わない!
死にたくなる場面である!
今回も裸にセックスシーンが多い!
デナーリス・ターガリエンは穢れ無き軍団を率いている。
通訳の女性が綺麗である。
この女性の水浴びのシーンがある!
腹心だったジョラー・モーモントの過去がばれる。
バラシオン王のスパイだった。
今はスパイを辞めているが、デナーリス・ターガリエンに追放される。
演じるイアン・グレンはアイザック博士である。
好きな俳優である。復活を期待したいが・・・・・・・
デナーリス・ターガリエンは足元を固めようとする。
領土を確実に自分の物にして、次へ行く!(まるで武田信玄である)

20150521_game_2

アリサとサンサの姉妹が大きくなっている。
育ちざかりである!
最初からでは4,5年経っている?
そりゃ大きくなる!
違う人生を歩む!
サンサは生きる為に嘘もつけるようになる。
アリサは人を殺すことをためらわなくなる!
ピーター・ベイリッシュが出て来る。
エロ親父か?
サンサに気がある。もっとも母親が好きだったようだ。
なので父のエダード・スタークを裏切ったのか???
アリサは容易に人を信じない。
どうも暗殺者の道を進みそうである。
帰るところが無いのだから仕方がないのか?

壁ではジョン・スノウが活躍している。
上層部には良く思われていない!
が皆に認められつつある!
第9話はまるまるこの壁の攻防戦になる!
スタニス・バラシオンが救援に来る!
騎兵が来るが、雪の中である。

20150521_game_4

スタニス・バラシオンはどう動くのか?
〈光の王〉の女祭司メリサンドルは何を考えているのか?
魔女なのか?
申し訳ないが、もうこのおばさんの裸は見たくない!
スタニスには、忠実な家臣、ダヴォス・シーワースがいる。
主君の事をまず考えている!
スタニス・バラシオンはスティーヴン・ディレインは演じている。
スパイゲーム、キングアーサーに出ていた。印象に残る俳優である。
ダヴォス・シーワースはリアム・カニンガムが演じる。
映画センチュリオンで見た。もっともDVDでだが・・・・・・・

ブラン・スタークがようやく夢に見た場所に着き、「森の子ら」の一人に案内されて
「三つ目の鴉」に出会う。
ここはゾンビの世界か?
あまり気持ちよくは無い場面である!

こうなれば次が早く見たくなる!
シーズン7まで制作されるようだ!
それを見る為に、元気で頑張るゾ!!!!


20150521_game_1

2015年2月19日 (木)

ドラマ・ゲーム・オブ・スローンズ 第三章『剣嵐の大地』・DVD

土日で第三章を全部見た。自分でもよくやると思うが・・・・・
ドラマは順調に進んでいる・・・・・
最終回までは・・・・・・・
奥さんが言う。
このドラマに出演する女優は、裸になる事が前提なのか???
それほど裸のシーンが多い。
重要な役どころの女性も裸になる。
男なんてだらしないものである。
寝首をかかれるアホが多い・・・・・・・

20150219_film3

ドラマはそれぞれの展開がある。
ラニスター家では、王妃、皇太后のサーセイの父親が力を発揮する。
父の救援が無ければ城は守れなかった。
その父が陰謀を巡らす。
息子、小人と言っているが失礼にあたる。ティリオンである。
これがスターク家の長女、サンサと結婚すように命じられる。
父は息子を憎んでいる。
この子供が生まれる時に母親が死んでいる。
この時に、姉のサーセイはこれを楽しそうに見ている。
が災難は自分にも降りかかる。
息子の嫁の兄と結婚せよと!
まさかそんな事を言われるとは思っていない。
断るが、父に一蹴される・・・・・・
面白い場面である。
息子は結婚式まで上げるが、ティリオンはサンサに手を出さない。出せないのだろう・・・・・
息子と言っても、双子のジェイミー・ラニスタ―との近親相姦の子供である。
その息子の嫁に、お姉さんと言われなければならない。
そんな事を言えば殺すと脅す!

20150219_film2

ロブ・スタークがいる。
甘いが、果断に命令違反した諸侯を処刑する。
王たる者の威厳を示した。
が兵が離反する。
それを補うために、かって娘を貰う約束して保護にしたフレイ家に協力を求める。
受け入れられたように見えたが、ここで最後の虐殺が始まる。
この母親も約束すると言う。
かってそう言っておきながら、息子はフレイ家の娘を貰わなかった。
信じてもらえると思う方がおかしい!
ここでも裏切り者がいる!
大虐殺が行われる。
ウォルダー・フレイが憎々しげに演じられる。
復讐はあるだろう・・・・・
ここにようやく次女アリア・スタークがたどり着く。
家族に会える!
一瞬にして絶望に変る。
可哀想!!!!

ジェイミー・ラニスタ―は、再び捕虜になり右手首を落される。
人間が変わってきている。人柄と言うべきか?
女性剣士、ブライエニーと共に行く。
お互いに認め合うようになって来ている。
ジェイミー・ラニスタ―は熊と戦わされているブライエニーを、我が身を顧みず救う!
ジェイミーは姉のところに帰る。
さてそれからは第四章になる。早く見たいが・・・・・・

20150219_film5

ナイトウオッチのジョン・スノウは、雪の中で野人のイングリットと出来る。
ここでも堂々と裸になる。
温泉が都合よく湧いている。
野人たちが氷の壁を登って行く。相当な高さである。
落ちそうになるが助かる。スリリングな場面である。
ジョン・スノウの友達のサムが赤ん坊と母親を救い逃げている。
そこでジョン・スノウの弟に会う!
スターク家の家族はチョッとは近づいて来ている!
ジョン・スノウは結局逃げる。イングリッドを捨てて・・・・・
砦にたどり着くが、ナイトウオッチは女を断たなければならない!
がスノウは誓約を破っている。サムでも守っているのに・・・・・・

南では穢れ無き軍団8,000人がデナーリス・ターガリエンに忠誠を尽くす。
奴隷では無く、自由民として扱う!
傭兵も味方に付ける。
ドラゴンも大きくなっている。
今回久しぶりに入浴シーンがあった。
少し太ったか???

20150219_film4

負けたスタニス・バラシオンも復讐を考えている。
魔女が付いている。
が最も忠実な家臣サー・ダヴォス・シーワースがいる。
元密輸業者であり、息子を王に捧げている???
彼は魔女を恐れない!
主君に堂々と諫言する。
主君の娘とも仲が良い。慕われている。
リアム・カニンガムが演じていが、敵役だと思う!。
調べると、センチュリオン・タイタンの戦いに出ている。

親友であり兄弟同然のロブ・スタークへの援軍を要請するため、故郷の鉄諸島に
戻った、シオン・グレイジョイ!
自らまいた種とは言え、可哀想になって来る。
急に美女二人が現われる。当然裸になり挑発される。
中世の服である。下着なんてない。服を脱げば直ぐに裸になれる。
又この女性たちが綺麗である。
その後で切り落とされる。残酷な!
殺してくれと頼む。
その後、切り落とした張本人がソーセージを食べている。
あまり気分は良くない!
どうなるんでしょうか?????

雪と氷の北の壁から、緑豊かな温暖な地、そして砂漠と岩の南、海の国と目まぐるしく舞台は変わる。
もっと早く見たかった。さすれば第四章もテレビで見れたと思う。
残念無念である!

その他のカテゴリー

古代史 | 室町時代 | 幕末 | 鎌倉時代 | アイルランド | アメリカ (カナダ・メキシコ) | イタリア | イングランド | オーストリア | ギリシャ | スイス | スウェーデン | スコットランド | スペイン | スロバキア | スロベニア | チェコ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポルトガル | ポーランド | ルクセンブルグ | ルーマニア | ロシア (バルト3国) | 中国 (モンゴル) | 中東 | 台湾 | 戦国武将(武将) | 朝鮮半島 |  上杉氏(越後・謙信他) |  中国 (毛利・宇喜多他) |  九州 (島津・竜造寺・大友他) |  会津 (蒲生氏郷・保科正之他) |  北条氏(小田原・早雲他) |  四国 (長宗我部他) |  大谷吉継 |  宮本武蔵_ |  徳川家康 (徳川関連) |  明智光秀 (明智・細川) |  東北 (政宗他) |  武田氏(甲斐・信玄他) |  真田一族 |  真田幸村 大河ドラマ |  真田幸村 本 |  真田幸村 紀行 |  石田三成 |  織田信長 (織田関連) |  豊臣秀吉 (秀吉関連) |  黒田官兵衛 |  黒田官兵衛 大河ドラマ |  黒田官兵衛 本 |  黒田官兵衛 紀行 | お勧め | アート | インテリジェンス・国際情勢 | コンサート | スポーツ | テレビ番組 | ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ | ナルト | 事件 | 仕事の悩み | 単なる女好きのおっちゃん | 名言格言 | 国内 旅行 | 坂の上の雲 | 山本五十六 | 旅行・地域 | 昔話 | 映画 | 時事 | 書籍・雑誌 | 独り言(よもやま話) | 科学 | 紹介、情報 | 講演 | 金融

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

大和ミュージアム

  • 20120917_yamato12_2
    呉の大和ミュージアムです。 2012年9月に訪れました。