トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

アメリカ5日目・シカゴ・携帯電話について(海外では何処まで使えるのか?)

携帯はドコモである。ガラゲー携帯電話である。
単に携帯電話である。
今まで携帯電話を持って行ったのはヨーロッパだけである。
着くなり携帯が鳴る!
ドコモからのお知らせである。
それに使えるようになる。
表示が現地時間と日本の時間を両方掲示してくれる。
それが当たり前だと思っていた・・・・・

今回初めてアメリカに来た。
何も考えていない!
同じように使えると思っている!
が違った!
サンフランシスコに着いてからは、圏外の今まである。
ラスベガスでもシカゴでも変わらない。
とうとう日本のドコモに問い合わせた。
奥さんのソフトバンクから連絡した。
対応はよく、電話代がかかるのでこちらから5分後に連絡すると!
当然期待した!

かかってきて携帯電話の品番を聞かれた。
分かり難い!ようやく見つけて番号を言った。
冷たく(そう感じただけなのか?)言われてしまった。
その機種ではアメリカとタイと言った思うが、対応できないと!
ニューヨークも無理だと!

何も考えていない二郎の問題なのか?
チョッと情けなくなりました!

アメリカ5日目・シカゴ・ガイド③チップについて

チップについて教えて貰った。
やはりチップで生活している。
シカゴの最低賃金は時給で7から8ドルぐらいと言う。
日本円にすれは800円ぐらいなのか?
レストランで働く人は、時給3ドルぐらいと言う。
だからチップは必要!15から20%は必要!
これは奥さんが調べていた%である。
チップはその日のうちにくれるようだ。
カードでの支払いは、チップを書く欄がある。
金額―チップ―支払い額となる。

タクシーの事も教えてくれた。
タクシー料金の半分は会社がとる。残り半分とチップが収入になる。
ガソリンは自己負担と言う!

ホテルのボーイもチップがなければ生活しにくいのだろう!
どちらにしてもお客さんが少なければチップの金額も上がらない!

ホテルに着いたとき、中から飛び出してきてタクシーから荷物を降ろしてくれた。
そのまま中に入ったので、チップを渡すタイミングが無くなった。
夜食事に行った時、丁度外にいたのでチップを渡した!
愛想なのか?喜んで受け取ってくれた!
それから愛想がメチャメチャ良くなった。(元から良いが・・・・)
日本風に余計な金を取るとは思ってはいけないのだろう!

アメリカ5日目・シカゴ・フィールド博物館②写真

シカゴ・フィールド博物館の展示の写真をアップする!

20130423_chicago37

20130423_chicago34

20130423_chicago35_2

20130423_chicago36_2

20130423_chicago32

2013年4月28日 (日)

アメリカ5日目・シカゴ・フィールド博物館①

ガイドは、最後と言うか最後は行きたい場所まで行ってくれる。
博物館か?美術館か?
明日の予定を考えてたら、今日は博物館の方が良いとアドバイスを受けた。
と言う事で博物館に来た!
ガイドさんご苦労さんです!

20130423_chicago28

中は広い。お客さんは多くない!
当然恐竜がいる!
マンモスに翼竜が空にいる。

20130423_chicago33

20130423_chicago30

20130423_chicago31

チケットの女性は愛想がない!
昨日のマイケルジョーダンのレストランの受付の女性の愛想のよさ。綺麗さが上がるのと今日は反対だ!

壁画のコーナー、フランスのラスコー壁画の特設も見た。
復元の状況も映像化されている。
迫力はある。

20130423_chicago29

惑星の進化!
カンブリア紀から現在までの生物の化石と復元されたのが展示されている。
特にカンブリア紀の海の中の状態が映像化されている。
チョッと不気味な感じがした!
ここは見ていて楽しい!
恐竜は人気スポットである!
イギリスとは別の意味で楽しいところだ!
面白かったです!

アメリカ5日目・シカゴ・シカゴ・カブスの球場

カプスの球場は、古いと感じた!歴史がある。
現阪神タイガースの福留の話になった。
カブスでは高給取りで活躍しなかった。
そう言う選手はすぐに首を切られるそうだ!
ガイドさんは三振ばかりしていたと言う!
今どうなってますか?
と聞かれたので、先日ホームランを打ったと言ったら、反応はなかった・・・・・・・
安くて頑張る選手が好まれるのはいずこも同じなのか?

20130423_chicago24

20130423_chicago25

この球場で面白い話があった。
球場の道を挟んだ家がある。
この家の最上階、と言っても3,4階だが、客席を造って試合を観戦できるようにしている。
もちろん金は取る。
これが好評なのだそうだ!
ええんかいナ!
と思ったが、球団にいくらか支払っていると言う事だそうだ!
それなら納得!

20130423_chicago27

20130423_chicago26

アメリカ5日目・シカゴ・市内観光

ガイドさんが色々見せてくれる。
中国人街!漢字が目立つ!
なかなか賑わっている。
日本の寿司屋もある。
昔は日本の食材も売っていたが、今は郊外の店に移っているようだ!
普通は行かないが時間と二人だけだったので、南だけでなく北のエリアも案内してくれた。
シカゴ名物?
ステーキにピザ。ピザは厚い!
シカゴ市内から出ると、治安も悪いところがあるそうだ!
黒人、ヒスパニックも多い。
アイルランドからの移民も多い!
正教の教会もある。
又キリスト教の教会もあり、宗派にこだわっていない教会もあるとの事!
飲料水は湖から取る。水道水もガイドさんは飲んでいる。
排水は湖には流さないようだ・・・・・
北の方のマンションは、日本風に言えば億ションもあるそうだ!
シカゴは冬は零下10度から20度になるそうだ。
そんな話がたくさん聞けました!

20130423_chicago23

アメリカ5日目・シカゴ・シカゴ大学(オバマ大統領の家)

オバマ大統領の家だ!
弁護士をやっていた時の家で、今は売りに出されているようだ!
時々帰ってくるが、警備が大変だ! 家の前が壁でおおわれる。入口前に止めている車も警護のためだ!
が、案外と普通の家である!

20130423_chicago21

20130423_chicago22

アメリカ5日目・シカゴ・シカゴ大学(フランク・ロイド・ライト邸)

有名な建築家、フランク・ロイド・ライト。
日本にも住んでいた。
帝国ホテルの設計もした。現在建築の3大巨匠の一人!
フランク・ロイド・ライト邸。自宅兼スタジオと言う。
ここへ連れて来てくれたが、駐禁の場所だった。
なのでガイドさんは車のところで待っていてくれた。
案の定帰ると、大学の警備の女性が駐禁を取り締まりに来ていた。
前のバスは駐禁ではない。
それを言いたくなる時があるみたいだった!
ここまで来るのに、道路は車が綺麗に駐車していた。
駐禁もマナーが必要か?

20130423_chicago19

20130423_chicago18

20130423_chicago20

アメリカ5日目・シカゴ・シガゴベアーズの本拠地

陸上競技場を建て替えようとしたが、反対されたようだ。
表の外観だけを残して、中を造った。
103階からはビルの陰になり、全景は見えなかった!
自然史博物館からはよく見えた。
ベアーズも1985年にスパーボールを制したが、それ以来良い成績ではないようだ!
その試合は見た!
冷蔵庫の愛称がある選手がいた!
ウィリアム・ペリー!
間四角な選手だった・・・・・・
人気はあったようだが・・・・・・・

20130423_chicago16

20130423_chicago17

アメリカ5日目・シカゴ・シカゴ・ホワイトソックスの球場

シカゴは野球は2球団ある。
ガイドさんは、ホワイトソックスのファンである。
高津が在籍していた球団である。次に井口資仁が在籍して、2005年のワールドシリーズを制覇した。
ガイドさんに井口はどうしていますか?
と聞かれたので、ロッテでプレーしている。
と答えたら、まだやっているのかと言う返事だった!
高津は安月給から頑張っていたと、評価されていたと言う!
この球場は古そう!
車の中から球場を見た!

20130423_chicago14

20130423_chicago15

 

アメリカ5日目・シカゴ・ウイリスタワー(世界第5位443m110階建て)

ウイリスタワーの展望台に行く。
シアーズタワーと言っていたのが2009年に名前が変わった。
イギリスの保険会社の名前になった。
どこの国でもある事なのか?

20130423_chicago7

ここもセキュリティがきつい。
荷物もレントゲンを通す。
顔写真を撮られる。これは後で加工して販売している。
面白く加工してくれている。

行くと歓迎の言葉が並んでいる。
「ようこそ」があった。漢字、ハングルもあった。

20130423_chicago8

103階まで一挙に上がる。1分で上がる。
何階か表示してくれる!

20130423_chicago9

シカゴの街を4方向から、360度堪能できる。
凄い!
ビル群、鉄道、道路、郊外の住宅がよく見れる。
値打ちはある。
一方向にガラスの部屋が飛び出している!
床、天井、壁と全てガラスだ!
年を感じる。足がすくむ。
そこで床に寝転がって写真を写している若い女性がいる!
満面の笑みだが、こちらは青ざめている感じ!
団体客も多く、記念撮影もしている。
103階にお土産屋もある。あまり欲しい物はないが・・・・・・
興奮の場所である!

20130423_chicago10

20130423_chicago11

20130423_chicago12

20130423_chicago13

2013年4月27日 (土)

アメリカ5日目・シカゴ・旧天文台

最初に展望台があったところに来た。
湖のところにある。
静かなところだ。
今はプラネニュームがあるようだ。

20130423_chicago4

20130423_chicago5

銅像がある。
ガイドさんはよく知らないがギリシャの天文学の偉人と言った!
後で見に行ったら、コペルニクスだった!
ガイドさんもあまり興味がないのだろう!


ジョギングしていた人もいた。
街並みが、高層のビル群がよく見える!

20130423_chicago6

 

アメリカ5日目・シカゴ・街の説明

この付近はオフィス街だが、そんんあい人の流れを感じない。
ガイドさんがシカゴ、イリノイ州の説明をしてくれる。
奥さんが色々聞いている。
映画・逃亡者を来る前に見て来たと言った。
そうすると撮影があった病院を教えてくれた。
街も昔と変わっていると言う!
昔はステーキを早く食べさせてくれる店が多かったようだ。
そう言う店は無くなったと!
安くて美味しかったようだが・・・・・
古いビルは歴史的な価値もあるのだろう。
日本からも建築家が見に来るそうだ!
あまり日本の建築の参考にはなりそうでないが・・・・・
面白い話が多かった。

やはりガイドいると面白い話が聞けて楽しい。


20130423_chicago3


左の建物は映画「逃亡者」のシーンに使われた、ヒルトンホテル

アメリカ5日目・シカゴ・ガイド①自己紹介

シカゴ半日観光に申し込んだ。
ガイドさんとはホテルで待ち合わせしている。
定刻に車で来てくれた。
二郎より上!兄貴と同じ年だった!
自己紹介がてら色々話を聞いた!
チョッとガイドさんの事を記述する。
豊中に住んでいて、16歳で両親とこちらに来たようだ。
高校生だからこちらに来た。
兄は大学生で京大卒。
頭のいい家系なんだろう。
こちらでノートルダム大で数学を専攻した。
ジョー・モンタナの出身校だ。
今バツ2で3度目の結婚を最近されたそうだ。ラスベガスで!
次はバツ3かと笑わせてくれた。
おふくろさんは、健在で日本にいる。年は二郎の母親と同じだ。
それで夏には3か月シカゴに来るそうだ!
ギャンブルは好きだと言っていた。
阪神ファン!懐かしい吉田・村山・藤本の名前が出てきた。
そんな事を話してくれた!
車は大きい!6人乗れる。
今日は我が家だけなのでゆっくりできる!

20130423_chicago1

20130423_chicago2

 

2013年4月26日 (金)

アメリカ4日目・シカゴ・コンビニでの買い物(セブンイレブン)

マイケル・ジョーダン・ステーキ・ハウスに夕食にいった。(詳細は食べ歩き放浪記
帰りにアイスクリームを買って帰った。
やはり大きい!
カップも日本サイズはない!
セブンイレブンオリジナルのストロベリーを買った。
中には凍ったストロベリーが多く入っていた。
2,69ドル。
値段的は安い方である。

20130422_sevenelevn

アメリカ4日目・シカゴ・ビジネス街

ホテルの廻りを、買い物ついでに散策した。
高層のビルが並んでいる。
圧倒される。
商業地域ではないので人も歩いていない。

20130422_building1

20130422_building2

20130422_building3

20130422_building4

古い高層のビルは手が込んでいる。
最新のビルは高層だが、ガラス張りとかが多い。
その古いビルは凝っている。
外壁が彫刻?されている。

20130422_building7

街が高架になっている。
道路が良く揺れる。
チョッとびっくりだが面白い。

裏町のアクション映画で、裏口から逃げる場面がある。
壊れかけている非常階段みたいのが多いと思う。
そんな場所に出くわした感じがした。

20130422_building5

アメリカ4日目・シカゴ・お土産(ユニホーム)

奥さんが日本で調べている。
スポーツ用品のショップ
シカゴ・スポーツ&ノヴェルティ

20130422_shop1

ホテルから10分ほどのところにある専門店に行った。
シカゴには色々プロチームがある。カブス・ブルズ・ベアーズ・ブラックホークス・・・・・・・
地下には子供用がある。

20130422_shop2

20130422_shop3

少し買いました!いや大分買いました・・・・・

アメリカ4日目・シカゴ・ホテルAMALFI

ホテルはビジネス街にある。
AMALFI (アマルフィ )
落ち着いている。
ラスベガスが派手すぎたせいもある。

20130422_hotel2

黒人の男性が飛び出し来た。
黒い制服に、黒い帽子。
中に席があり外を見張っている?
お客さんとみれば飛び出し来て、タクシーから荷物を降ろす。
フロントはフロントらしくない。オフィスかと思ってしまう。
綺麗な女性が、2席で対応してくれる。
無事チェックイン!

フロントの横にはコーヒーがある。
セルフサービス?で、コーヒー、グリーンティー、チャイを選べる。
奥さんは最初分からなかったようだ。
そしてクッキーがある。

20130422_hotel1

部屋はゆったりしている。
ベネチアンは異常な広さだったが・・・・
テレビはフィリップ製。チョッとまだ暑さがある。
次回の更新時は日本も負けないように頑張って欲しいと思う!

20130422_hotel5

フロントの横の壁に、噴水がある。
壁が滝のように上から水が流れている。
確かこの壁の模様が特許だと思う。
壁に吸い付くように水が流れる。
見ていて楽しかった。

20130422_hotel4

20130422_hotel3



ホテルの朝食(食べ歩き放浪記

アメリカ4日目・シカゴ・シカゴ空港

今までとちょっと違う感じがする空港だった。国内線だったからか?
何事もなくタクシー乗り場へ!
渋滞していた。ホテルまで、約50ドル!

20130422_chicago2

20130422_chicago1

アメリカ4日目・ラスベガスからシカゴへ!

定刻通りに出発する。
満席である。
EとD席で窓際のF席が空いていた。
最後にスチュワーデスが足の悪い女性を案内してきた。
申し訳なさそうに、通路側の席を空けて貰えないかと!
当然移動した!
急いでいたのかフライト中、パンを食べていた。

大柄な黒人のスチュワーデスがいたが、優しくはない!
他の席の人だったが、パスポートを見せてほしいと!
高圧的に感じたが・・・・・・・

降りる時に、女性が立ったが足元にカバンを置いている。
立つとしゃがみ難くなると思ったので、二郎がカバンを上にあげてあげた。
丁寧にお礼を言われた!
旅先では、人の親切が身にしみる!
機内では、ほとんど寝ていた!
無事シカゴ到着!

アメリカ4日目・さらばラスベガスよ・・・・・・

結局3時には起きなければならないので寝ていない。
ブログのネタをワープロしたりしていた。
ホテルは無事チェックアウト!
お世話になりました・・・・・・・

タクシーでラスベガス空港へ!
この空港で面白い物を見た。
荷物の重量を各自が測れる。
チケットの手続き時に出来る!
奥さんも図っていた。

20130422_air1

同僚の荷物も心配だったが、とりあえずは問題無しだった!
よかったよかった!
ここはやはりセキュリティは厳しい!
荷物を預ける時に、係員が 「シカゴ?」
と聞いたが、シカゴが何か分からなかった。
アア、シカゴね!
ちょっとカッコ悪かった!
トラムで乗り継ぎへ行く!

空港内で軽く軽食をとった。

ゲートのとこまで行ったが、見送りはスロットマシン!
何処までもカジノの街である。
壁画がいかにもアメリカと言う感じだった!

20130422_air2

20130422_air3

この空港はパネルがNECだ!
分かり難い!
これがサムスン、LGならはっきりしている。
いずれ更新の時期が来る。
その時も頑張れるのだろうか?
ちょっと不安になるが・・・・・・・

20130422_air4_2

アメリカ4日目・ラスベガスで思ったこと!

砂漠の真ん中の街とは信じられない!
ギャンブルは、金を生むが何も作ってはいない。
虚業か?
グランドキャニオンは、太古?の時代に地殻変動があったんだろう。
又あるかもしれない!
がもう何万年も地殻変動は無いのだろう!
地層が逆転していると言う話は面白い。
ラスベガスの今後はどうなるのだろう?
ますます発展するのか?停滞、衰亡に向かうのか?
人はストレスの解消が必要である!
それを何に求めるのか?

ラスベガスのテーブルで席を知らないで着こうとした。
1回の掛け金が、最小で50ドル、つまり5000円である。
数秒で5000円がなくなる。
100ドルなら1万円だ!
大王製紙のバカ息子はいくらにはまったのだろうか?
一般人は1回に何枚か賭ければあっという間に10万円ぐらいは無くなる!

そうすればもっと掛け金の少ないテーブルに着けばよいのにと言う事になる!
が人間見栄がある!
安いテーブルにいて、金がないと思われたくない!
パチンコも同じで、1円パチンコで遊べばよいのに、無理して4円に行く!
勝負事は胴元が活用に出来てる!と教えられたのは谷岡一郎先生!
                
ブラックジャックもなかなか計算が出来ない。
相手はプロである。すぐに次へ行く。
回数をこなさなければならない!

日本にカジノ構想があるが、実際にかけ率など問題は多いと思う!
既得権を失う人達の反対!
パチンコ業界、競馬、競艇、競輪、オート、宝くじ等反対する。
ましてパチンコ業界と警察の癒着も言われている。
今の6代目の中京地区にある裏カジノ
それを表に出した方が早いのか?
カジノには時間がかかると思うが、一考の余地はありそう!
地産地消の考えであれば日本にもあってもおかしくない!
わざわざラスベガスまで来て、カジノをやらなくても近くにあるならそこへ行けばよい!
もっともらしい識者が反対するだろう!
禁酒法も無理な話だったと言う!無理するから非合法に走る。
現実にパチンコ屋が、アホほどある!
それを問題にせずに、カジノはダメとは言えないのではないか?

アメリカ4日目・ホテルベネチアンのテナント改装工事

12時を過ぎて帰ってきた。
珍しい光景に出合った。
改装工事をしている。
3人ほど、店で工事をしている。
こういうホテルも当然店の入れ替わりはあると言う事なのか!
しかしここは静かなところではない。
音に関しては工事もやりやすいと思うが・・・・・・・
資材の搬入は大変と思うが・・・・・

20130421_kouji

 

アメリカ3日目・ラスベガス・パリ凱旋門、エッフェル塔

エッフェル塔と凱旋門がある。
ホテル「パリス」

20130421_paris2_2


20130421_paris1_2

エッフェル塔の下に入れば、そこには青空がある。
一瞬勘違いする!
面白い物だ!


20130421_paris3_2

遅いディナーをこのホテルのレストラン 「Mon Ami GABI」 で取った。
詳細は食べ歩き放浪記に!


アメリカ3日目・ラスベガス・ベラッジオの噴水の芸術

ショーを見終わった後で噴水を見た。
水の芸術!
無料である。夜は15分毎にやっている。
凄いと思う!
お客さん優先である。
隠さず誰で見れることに値打ちがある!
ラスベガス物語に通りである。

20130421_funsui3

20130421_funsui1

20130421_funsui2

アメリカ3日目・ラスベガス・「オー」

前日に続き違うショー見る。
シルク・ド・ソレイユの「オー」。
太陽のサーカス「水」という意味とのことだ。カナダのサーカスだ。
これも日本で予約していった。

20130421_o1_2
ホテル ベラッジオの劇場

昨日と同じく、水の芸術である。
昨日は円形ホールだったが、今日は舞台だ!
写真撮影は出来ないと言われたようだ!
ほぼ満席である。
赤い垂幕がある。

開演前に、客席の天井より一人舞い降りて来て、空調で回る!
舞台前ではピエロなのか?色々各席を沸かせる!
うけていることは受けていた。
各席に立ち!お客さんに水を噴霧していた・・・・
開演後、赤い垂幕が一挙に天井に吸い込まれる!

20130421_o3

舞台

ちょっとビックリだった!
天井から、水中からショーがある。
人が上から落ちる!
落とされる!団体で!
馬もあり、楽しい!
床がプールかと思ったら、普通の床になっている。
動くのは分かるが、水をどうしているのだろうか?
急速に抜き、又入れる。
今回も飛び込みは多い!
打ち合わせが悪ければ、一巻の終わりである!
そう思えば危険なショーである。
縄梯子で上まで登って行く。
見ていても足がすくむ!
一番上からも飛び込む!
裏方が大変と思う!

20130421_o2_2
天井

最後は籠がゆっくり降りてくる。
それが下まで降りてきて、一挙に舞い上がり開演前の赤い垂幕が元通りになった!
マア楽しめるショーでした。
隣のカップルがとてもハイになっていた!

アメリカ3日目・ラスベガス・マフィア博物館

奥さんが行きたいと言った。
食事後タクシーで向かった。
ドライバーは女性。
博物館は閑静?なところにある。
「MOB博物館」

20130421_mafia1_2

最初によく見る顔写真を写すコーナーがある。
二郎も写したが、中にいれば鏡になっているので外は分からない。
外から見えるようになっている。

20130421_mafia3

そのまま行くと、マシンガンがあった。
一応引き金を引くと、銃が震え銃の音が出る。
そして標的にランプが付く。
60歳のおっさんがやる事なのか?
情けない感じがした!
が顔は喜んでいる!

20130421_mafia4

全米地図があり、マフィアのドンがあらわさられる。

マイヤーランスキー、ラッキールチアノの名前があった。
この辺りは、「谷岡一郎、ラスベガス物語」で勉強してきているのでよく分かった。

20130421_mafia5

20130421_mafia6

行った時タクシーが止まった。そこにタクシーの係員がいて、運転手が帰りはあの人に頼むように教えてくれた。
が帰りは居なかった。ちょっと焦る!
そこで奥さんが博物館まで戻り聞きに行ったら、丁度タクシーが来たので乗って帰った。
無事ホテルに着き、夜のショーまで休憩した。

2013年4月24日 (水)

アメリカ3日目・ラスベガス・昼の喧騒

流石に昨日は寝ていなくて疲れている。
朝3時から起きていた。
と言うわけで、今日は昼まで寝ていた。
朝食兼ランチはビュッフェ形式にした。
アメリカは流行っていいるところは流行っている。

それからマフィアの博物館に行った!

20130421_matin1

アメリカ・ラスベガス・Wynnホテルのショー 「ル・レーヴ」

Wynnホテルのショー 「ル・レーヴ」 の詳細を再度記述する。
楽しみにしていたショーの時間だ。
日本で予約していった。ひとり140ドルだ!
21時半から始まる。
会場は霧が漂っている。ドライアイスか?
舞台を見せないためなのか?
円形のホールで、360°観客がいる。

舞台、天井の写真。ホール全体も。

ショータイムの始まり。
少し空席がある。
ヒロインが登場する。当然美しい女性である

20130420_1_1


目まぐるしく場面は変わる。
求愛から始まるが、上手くいかない!
ポセイドンみたいな親分が登場する!
その部下達も登場する。
部下を見ていて、プロテメウスを思い出した。あまり関係ないが・・・・・・・
ヒロイン服装が変わるマジックもある。
布で身体を覆う。布を取れば服装が変わる。
水着みたいなものなので、何かトリックがあるのか?
鮮やかである。
このホールは天井が高い!
空から、水中から登場する。
飛び跳ねて水にダイビングする!
上から飛び降りる、落とされるが下の水深は5mはいるのでは?
水面下の床は上下する。又道も造れる。
考えてみると非常に面白い・・・・・・・

20130420_1_4

20130420_1_5

見ていて楽しかったシーン。
① 天井が布製で、一挙に天井に吸い込まれる!天井の写真
② 天井から舞い降りてくる。命綱はあるが怖い。特に二人なら片方はしがみついている?
手を滑らせたら事故になる。この場面の写真
③ 白の背広の天使が舞い降りてくる。一応翼は付いている。場違いな感じがしたが・・・・・・・・これも写真
④ 下のプールの中で、土台が動く。盛り上がったりするので、水に飛び込むときは間違いがあってはいけない。固いところに飛び込めば事故になる。木が盛り上がる写真
⑤ 何回かあったが、上から落ちる。凄い場面である。練習も大変だろう!上から落ちる写真。
⑥ 鳩まで飛び出す。
⑦ ヒロインが結ばれベッドで天井へ去る。上に上がりながら二人が消える場面を想像した!が違った!その写真
⑧ 最後は天井に花が咲く!綺麗である!天井の。写真

20130420_1_6

20130420_1_8

何をおいても練習のたまものであろう!
3、40人の人が参加していたのでは?
何グループかあるのだろう?
施設の管理と言い金はかかると思う!
楽しいショーだった!
が裏方を含めて凄い人間が参加している!
ショーの関係者の皆さん、ご苦労さんでした!
楽しく見れました!

20130420_1_7

アメリカ・ラスベガス・アウトレットの店

夜のショーまで時間があるので、アウトレットに行った。
タクシーで行った。
運転手はコスタリカの人。
初めイタリアかと思った!ローマで出会った詐欺師の、タクシーの運ちゃんに似ていたから・・・・・・
店が多く並んでいる。ブランド店も多い。
商売上手と言うのか?
靴だが、3足買えば45%off!
買うわナ!「
定価なんてあるのかと疑う!

20130420_outlet1

 

凄い人だった!


20130420_outlet3_2

20130420_outlet4

中華を食べた!

アメリカ・ラスヴェガス・さらばグランドキャニオン

空港で飛行機を待つ。
運転手にはチップは渡した。機嫌よく受け取ってくれた。
楽しい運転手でした。

帰りは飛行経路が違う。
ダムが見れないのが辛い!

20130420_grand_21


トラブルもなくラスベガスへ帰れた。
ホテル群が飛行機から見える。
やはり壮大な風景である!

20130420_grand_19

20130420_grand_20

ラスベガス郊外

アメリカ・ラスヴェガス・グランドキャニオン②展望台

次のブライト・エンジェル・ロッジ展望台に行った。ここでランチボックスを食べた。

20130420_grand_14


展望台はそれほど変わらないと思った。
但し、太陽とか気候の変わりで、色等変化を見せると言う!

20130420_grand_15

20130420_grand_16

ここでは、「NAID IN USA」 の表示があった。
中国ではないと言う事だろうが、ぬいぐるみは中国だ。
別に差別するわけではないが、やはり地元生産品を買いたい!
イタリアでも「NO CHINA」の表示があった。

20130420_grand_18

20130420_grand_17

ここは駅もあり、ホテルもあり沢山の人がいた。
ここも1時間足らずで観光。
一路空港へ!

アメリカ・ラスヴェガス・グランドキャニオンへ①

飛行機を降りてから、グランドキャニオンの展望台までバスに乗る。
運転手は陽気なヤンキーと言う感じのおじさん!
楽しい人だ!

20130420_grand_12


展望台2か所に連れて行ってくれる。そういう説明を受けてグランドキャニオンに行く!
バスはもう一組の観光客も一緒になった。おそらく中国人と思う!
このバスで面白い張り紙が運手席のガラスに貼ってあった。
「ツアーにバスの運転手のチップは含まれていない」
英語・日本語・中国語・ハングルで書かれていた。
日中韓とお客さんも多いのだろうと、改めて思った!
野生の動物も多いと!
リスがいるが下手に近寄ったらかまれると言う!
狂犬病と言うか菌を持っている。噛まれたら病院に連れて行くが今日は休みだそうだ!
応急処置をするとの事!
変なことはしないように。
エルフがいる!シカの事!
耳の長い人ではない・・・・・

ここは何もない!何もないことはないが、グランドキャニオンの警備員もいる。
一日門番みたいなことをしているのもしんどいと思う!
ここにはスーパーがあるが、持ち込み経費の加減で高いと言う。
買い出しに行く人も多いそうだ。
又小中学校があるが勉強熱心と言う!
まわりに遊ぶものがないからか?
そう言うニュアンスでガイドさんは喋っていた!

20130420_grand_13

 

アメリカ・ラスヴェガス・グランドキャニオン②入口と展望台

グランドキャニオンの石碑?がある。
皆写真を写す。
今回はすいていたが、観光シーズンは待つ人が多い。
順番で揉めることもあるそうだ!

20130420_grand_8

展望台に行く。
年間10人もいないが、転落する人がいるそうだ。
落ちたら助からないと言う。
手すりのないところへはいかにようにと言う注意があった。
ここは1時間ほどだった。

20130420_grand_9

20130420_grand_10


案内の人間が少なかったのでガイドさんと話が出来た。
東京の人。この前日本に帰ったようだ!
ガイドは7年ぐらい?
ご主人はアメリカ人。ここで奥さんが当てつけを言った。
「アメリカの男性は優しいでしょうね!」
少しむっと来た!いつもの事である!
色々話が出来て楽しかったです!

20130420_grand_11

 

アメリカ・ラスヴェガス・グランドキャニオンへの飛行

20130420_grand_5

日本語の観光案内を聞きながらグランドキャニオンまで行く。
飛行機から見ると楽しい。
道路もあり車も走っている。
人家も点在していた。ただしほとんどは何もない!
ダムの説明もあった。
ただ座席反対側で見る事は出来なかったのが心残りだった!
このダムの水力発電がラスベガスに電力を供給していると言う。
ラスベガスは幸運な町だ!

20130420_grand_6


時折揺れるがたいした揺れではない!
順調にグランドキャニオンに着いた。
観光案内の説明は、大変よく分かった。
ラスベガスの歴史も教えてくれる。インデアンも探検家も産業も説明してくれる。
松の伐採も産業の一つだそうだ!

ここは地層が逆転しているそうだ。
新しい地層の上に、古い地層がある。
相当な大地の脈層があったと言う!
今は荒れ地にしか見えないが・・・・・・・
将来、緑豊かな肥沃な大地に生まれ変わったりしたら面白いのに・・・・・・・
飛行は大変楽しかったです!

20130420_grand_7

アメリカ・ラスヴェガス・グランドキャニオンへの飛行機

飛行機はドルニエと説明があった。
プロペラ機である。

20130420_grand_3

ドルニエと言えば、バトルオブブリテンに参加した、ドイツの爆撃機がドルニエ17だったと思う!

席は真ん中に通路があり、両側に1席づつある。
窓から見降ろせるのが売りか?
今回前から2番目の席なので、操縦席が見えた。
計器が沢山ある。驚きの量だ。
これを操縦士が二人でチェックしながら操縦する。
見ていて楽しい!

20130420_grand_4

 

アメリカ・ラスヴェガス・グランドキャニオンへ

5時にはホテルを出る。
待ち合わせのホテル、トレジャーアイランドにバスが来る。
ほとんど寝れていない。
最初の場所だった。
結局他は、娘二人に誕生日を祝ってもらうかなり年配の男性。
娘は若かった。
それに何処からか分からないが、黒人の3人の娘!
賑やかだった。一挙に騒がしくなってしまった・・・・・・

最初に行ったところに日本人の女性の案内係りがいた。
結局この女性が最後まで案内してくれた!
おかげさんで大変楽しく観光出来た!
バスは飛行場まで行く。
そんなに時間はかからなかった。
そりゃ早い時間だ!

20130420_grand_1

空港で手続きをする。その時昨日の二人連れと出会ってしまった!
何か縁があるのか?
体重まで測定した。
ここで説明を受ける。
ガイドは英語と日本語!
案内の国を見ると、英・伊・仏・独・スペイン・中国・韓国・日本とあった。
日本語がなくならない事を祈りたくなった・・・・・・・
分かるように黄緑のシールを胸に張る。席も書いてある。

ここでランチボックスを貰った。
向こうで食べる。
いよいよ出発である!

20130420_grand_2

 

アメリカ・ラスヴェガス・コンビニ?への買い物

ホテル近くのコンビニに買い物に行った。
コンビニ問と言うより、ミニスーパーみたいな感じでした。
「Waigteens」

セヴンイレブンもあった。
行きたかったけど行けなかったが・・・・・・

20130419_convini

2013年4月23日 (火)

アメリカ・ラスヴェガス・ホテル・ベネチアン②内装

ホテルは金がかかっている。
それが売りと言うが凄まじいと思う。
ホテルはベネチィアをイメージしている。
入口から運河ある。
獅子も沢山ある。サンマルコ広場をイメージしていている。

20130419_hotel5

20130419_hotel6


少しびっくりしたが、青空の部屋の運河がある。
初め信じかけたが、天井を青空で雲を描いていた。
年中同じ雰囲気である。

見ていても楽しい!

20130419_hotel7

 

アメリカ・ラスヴェガス・ホテル・ベネチィアン①

奥さんが選んだホテルだ。
大きさに圧倒される。
人種の展示場?と言ったら問題か?
でも多かった。

20130419_hotel1

フロントも行列が出来ていた。タイミングが悪かったのか?
でも奥さんがやる。

無事完了!
がここは広い。4060室ある。
部屋まで行くのが大変である。
6-507号室。初め5で5階と勘違いした。
行けば丁度人が出てくるとこだったので分かった。

20130419_hotel2

20130419_hotel3

部屋は驚くほど広い。
窓側ソファがあり休憩出来すぎる。トイレ浴室が入口側で、真ん中にベッドが置かれている。
テレビはサムスン製!
装飾も凝っている!
絵画もある。
非常に感じがいい!
初めてのアメリカのホテルです!
従業員も多いが、愛想もよい!
流石に行き届いている。
ホテルでディナーにしたが、カジノところにあるレストランにした。

アメリカ・ラスヴェガス・空港

20130419_airport2

着けば、空港にスロットマシンが置いてある。

20130419_airport1


タクシーを拾って一路ホテルへ!

20130419_airport3

アメリカへ、サンフランシスコ空港②

ユナイテッドの乗る飛行機を見ていた。
係員と言うか整備の人が前輪のところに集まっている。
脚立もある。
ここが悪いんだろうか?
隣でそれをじっと見ている人もいる。
不安になる!
マア大丈夫だろう!

20130419_plane5


20130419_plane6

アメリカ・サンフランシスコ・商業施設

タクシーはここで清算した。チップが必ず必要である、20%と言う。
計算がややこしい。なのでつい多支払う事もあると感じたが・・・・・・・
イベントがあり、和太鼓があった。
はっぴには太鼓と漢字で書かれていた。
海に近い。ヨットが並んでいた。

20130419_fish1_3

20130419_fish4_4

チョコレート屋もある。簡単な遊戯施設もある。
家族連れが多かった・・・・・・
ここは屋外で食事している。
パンをスープの器にして、クラムチャウダーを食べている人は多い。

20130419_fish4_5

ここで来た時のタクシーが戻って来た。
ちゃんと来てくれた。
それから空港に戻った。

アメリカ・サンフランシスコ・ゴールデンブリッジ

噂に聞くゴールデンブリッジにタクシーで行った。
40分ぐらい走った。タクシーには待って貰っていて橋に行った。
赤い橋だ!
明石大橋を見慣れている眼から見れば少し古い感じはしないでもない。

20130419_port2



記念撮影をした・・・・・・・・
橋を見る場所としては、非常に眺めのよい場所で観光出来た。
同じような観光客は多い。

ひとつ気が付いたが、国旗が半旗になっていた。
奥さんが言っていた。ボストンマラソンの爆破事件の追悼のためだと。。

20130419_port4_2

アメリカへ、サンフランシスコ空港①

ここまではほぼ時間通りに来た。
ここで乗り継ぎになるが、便が遅れている。
ちょっと時間がありすぎる。
外で待っていると日本からの二人のお客さんが話しかけてきた。
やはり遅れているのどうなんですか」?
情報をめていたようだ・・・・・・

時間がありすぎる。
少なく見積もっても3時間以上ある。
がこの時間が正しいのか?
空港の係員に聞くと、早くなることはない!
それならばゴールデンブリッジでも見に行こうかと言う事になった。
タクシーの乗り場の係員がちゃんとどれくらいかかるか教えてくれた・・・・・・

20130419_delay1


結局6時間以上待つことになった。
時間通りに帰ってきたが、何度も時間が書き換えられる。
行ってよかったです!

20130419_delay2

空港は厳しい!
テロの影響なのか?
入国審査が大変だ!
指紋は取られた。手の親指、それと他の4本を!
本人の検査は、両手をあげて所定の位置に足を置いてレントゲンの確認をする。
当然靴は脱ぐ!
アメリカは大変な国だと思ってしまう。

アメリカへ、ユナイテッド航空の機内で・・・・・・

飛行機は飛行機だ!
がいつもと違う!
座席の前の画面がない!
文句を言っても始まらない。そんなもんなんだろう・・・・・・・
おかげさんでいつも映画を楽しみにしていたが、今回初めて映画を見なかった。
チョッとどころか大変シュックだった。
特に奥さんは、行く日の午前中に、封切された「映画リンカーン」を見ている。
ひそかにもう一度見れるのではないかと、密かに期待していたようだ・・・・・・
おかげさまで本を2冊読むことが出来た!

20130419_plane2


機内にはそういう事で、ところどころに画面が天井からぶら下がっている!
いつもとは違う風景。
アメリカなので東へ飛ぶ。地図が反対である。まして海の上である。
少し面白かった・・・・・・

少し空席があるが、ほぼ満席。
倒される心配がないと思ったが、案の定すぐに席を移ってきた人がいる。
ずっとリクライニングしている。
最後の食事も、受け取っていたが食べもしないでそのままだった・・・・・・・
後ろの二郎は迷惑だった。

この飛行機の搭乗員達は、年齢層が非常に高いと感じたが・・・・・・・・

20130419_plane3_2
サンフランシスコ上空

アメリカへ 関空にて・・・・・・・

いよいよ出発である。
初めてのアメリカへの飛行だ。
ユナイッテド!
少し緊張感はある。

20130419_plane1_5


ここで初めて気が付いた。
今までヨーロッパ行にしか長時間乗ったことがない。
つまりユーラシア大陸の上を飛んでいる。
海の上を飛んでいる。
別におかしくはないが、ちょっと変な感じ!
搭乗も無事終了。
荷物の手続きをしてくれた女性が、搭乗手続きを手伝い?に来ていた。

個人的な話。
いつもサスペンダーをしている。たいがい検査でブザーが鳴る。
嫌な感じだ!
今回は、サスペンダーを取ってもう一度通った。
何も無かった。
次回からはそうしよう!

トップページ | 2013年5月 »

フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック